ヴィーガンの歴史

 

 

 

ヴィーガンの概念は、西洋ルートの文脈から発生してきた。

 

 

西洋ルート・東洋ルート共に、「不殺生・非暴力」と「輪廻」の発想があった。

 

 

「VEGAN」という言葉は、英国の土木技師ドナルド・ワトソンが作った。
英国ベジタリアン協会会員だったワトソンは、ベジタリアン協会が卵や牛乳を食していることを良しとせず、完全菜食であるヴィーガン協会を設立した。

ワトソンの意図を正確に表現するのに、
また我々VEGANの意図を正確に表現するのに、
「完全菜食主義」との訳はふさわしくない。
「動物擁護主義」と訳すのが適当である。