56 足立区生物園(180531/東京都足立区)

調査開始日本一周!動物園水族館調査【北日本編】について
http://animal-liberator.net/animal-liberator/about-zoo-aquarium-investigation

これまでの調査リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/investigation-list
#動物を解放しよう
#日本ですべての動物園水族館閉鎖そのステキな理由

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

Z-45
足立区生物園
http://seibutuen.jp/

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E5%8C%BA%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%9C%92

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

《参照》
〔動物園の動物 異常行動リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

【写真】(Googleフォト)

https://photos.app.goo.gl/0yfQXHHMqv32kLmv2

【動画】(YouTube再生リスト)
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrOx8WR82Z5nDdR5WRikm4Z

この時期、幼稚園生や保育園生が収容所への遠足に出ています。
こう行った展示を見て、人間は動物を支配し、利用して良いという無意識を刷り込まれていきます。

動物園の飼育員やトレーナーは、動物にやさしい人々である。 という無意識があります。
もちろんそんなことはあり得ません。 平気でこのような虐待行為もしますし、その行為の正当化もします。
動物の世話は仕事であり、動物が収容されることによって生活費を得て、そして動物の遺体も食べます。
本当に動物に優しく、気持ちを組み、痛みや心に共感したならば、飼育員やトレーナーであることは不可能になります。
そのようなことに耐えられず、辞めた方々もいらっしゃいます。

56 足立区生物園(資料)(180531/東京都足立区)

180531 56 足立区生物園:資料1 観察展示室

180531 56 足立区生物園:資料2 あだちの生きもの観察室

180531 56 足立区生物園:資料3 チョウの大温室

資料4 動物へのハラスメント→オーストラリア舎→池→合鴨

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

調査継続のため、ぜひご協力をお願いいたします。