メリークリスマス 聖なる日

人々は、聖なる日を家族や恋人と楽しくあるいは静かに過ごし、幸せに感謝します。

一方、七面鳥、ニワトリ、ウシ、ブタ、その他膨大な動物が、
クリスマスに向けて、生まされ、育てられ、薬漬けにされ、屠殺場に運ばれ、殺され、調理され、
クリスマスツリーが飾られた温かいリビングの食卓に、動物の遺体が並べられます。
また、母が愛する我が子を盗られ、さまざまな病気やケガに苦しみながら絞り出された牛乳や卵は、ケーキやシュトーレンと姿を変え、人々の幸せを演出します。

苦しみ抜いた動物たちが、人類の口の中に吸い込まれていきます。

つまり、自分が幸せになることと、他者が幸せになることや地球が平和になることは、まったく関係無い
どころか、暴力と侮辱の限りをつくし、地獄に陥れることによって、幸せになれることもあるのです。

個人的で主観的な幸せと、総体的で客観的な幸せがあると考えています。
我々は後者を提案していくとともに、それが未来への鍵であると信じています。


よかったら、これからはヴィーガンクリスマスを
メリークリスマス。