本日(2019.03.18) 21:00より、FB中継します

22日金曜日、京都で行われるシンポジウム『悩める動物園水族館』
最初、『悩め動物園水族館』だと思ったら、違いました。
今度シンポジウムやりましょうか。

今回の中継では、フライヤーを参照しながら、収容所側の言い分を添削していこうと思います。
お手元にフライヤー画像を用意しご覧いただければ幸いです。


フライヤーに書かれている文言を読まれた方は、驚いたかもしれません。
皆さん立派な肩書きの方々です。
どの世界もそうですが、自分たちの行なっていることに内省的に向き合ってこず、褒められてばかりきていると、あるいは内々で褒め合っていると、このようになってしまうのかもしれません。

お楽しみに。

中継は目黒のFBページで。
https://www.facebook.com/mineto.meguro

なお、
動物産業は潜在的な自己矛盾と罪悪感を抱えているため、
それらが意識に顕在化していない人々は、平気で、
それらが意識に顕在化している人々は、及び腰ながら、
恥ずかしいキャッチコピーやエクスキューズを操ることになります。
「いのちと向き合う」
「いのちを大切に」
「いのちきらめく動物園(水族館)」
「(動物が)暮らしています」
「(動物が)仲間になってくれました」
「(イルカ達がショーを)頑張ってくれます。失敗したら、ごめんなさい!」
一度気づいてしまうと、現実を真逆に理解した、偽善と矛盾と自己中心主義と短絡的な欲望の充足のための非倫理的な恥ずべき言葉の数々にすぎません。
これまでは気づかれてきませんでしたが、もう抑えることはできません。
お楽しみに。