イルカ猟調査レポート:ハナゴンドウ 捕獲1/殺害4(2020/1/31)|動物解放団体リブ

1月29日〜2月15日まで行った、イルカ猟調査のレポートをまとめます。

2020年1月31日

出発

調査初日。太地漁港へ向かいます。

(0:53)

太地漁港

イルカ猟の船が出航します。
イルカの群れは母を中心とした家族。
イルカたちが捕まったら、家族は分断され、あるものは殺され、あるものは水族館に一生監禁されます。
イルカたちが捕まらないことを祈ります。

(0:47)

岬の上から

ここで船の動きを見て、イルカが見つかったかどうかを判断します。
見つかったら、ザ コーヴ上の高台に移動します。
今すでにイルカ漁船が通常と違う動きをしているようです。

(1:05)

高台へ

沖で、イルカ漁船がフォーメーションを組んだのを確認。
車で別の高台に移動します。

(0:41)

高台から

(1:00)高台からイルカ漁船の動きを確認します。
太地に近づくとイルカたちが必死で逃げる姿が確認できます。

(1:00)
イルカを追うイルカ漁船。イルカ漁船は12隻。
フォーメーションを組んでイルカを追い詰める。
この漁船団の前にイルカの家族が必死で逃げている。

一旦太地漁港へ追い込む

イルカ漁船は、イルカたちを一度太地漁港方面に追い込みます。
その後、太地漁港の北にあるコーヴに追い込んでいきます。

(2:16)

すぐ近くまで追い込まれてくる。

なんとか逃げようと頑張っています。
小さい家族です。

(2:35)
小舟が参加し、イルカを追い詰める。
小舟の乗組員も金属の棒で船を叩き、イルカに轟音を浴びせる。

イルカの家族の闘い

イルカトレーナーと水族館関係者が猟に参加しています。
シェアをお願いします。
一人でも多くの人に知ってもらうために。

(1:51)
イルカ猟を眺めるイルカトレーナーたち。
イルカの家族が轟音で追い込まれ、パニックに陥り、分断され、
自分たちが選んだイルカは水族館に売り払われ、他のイルカは殺される。
そのイルカたちの姿を見て、イルカトレーナーたちは心が痛まないのだろうか。
笑顔でイルカとの絆をアピールするイルカトレーナーたち。
イルカトレーナーの表の顔と、裏の顔は全く違う。

ついに追い込まれる

朝には自由だったイルカの家族たち。

(1:46)

小舟でさらに追い込む

コーヴに追い込まれました。もう絶対に逃げられません。
小舟のエンジン音と泡でイルカをパニックにさせ、コーヴの奥にさらに追い込みます。
イルカトレーナーがイルカの選別し、残りの家族は殺された。

(1:45)

(0:43)
グレーのビニールの下に、イルカの死体がある。
尾びれにロープが巻かれ、引きずられている。

イルカの遺体を踏みつけて運ぶ

1人が水族館に売るためイルカトレーナーによって運ばれ、
4人の家族は殺されました。

遺体をバラバラにしパック詰めにするために漁港に運びます。

太地町に行くとわかりますが、そこここにイルカやクジラの絵があります。
観光客を招く笑顔のイルカのイラスト、
道の駅のクジラのイラスト、
循環バスのイルカのイラスト、
クジラのオブジェ、
「クジラと共に生きる」などのキャッチコピー。
そして、イルカショーや、ドルフィンスイムなどの誘客ビジネス。

なぜこんなことができるのか。
人々が、実態を知らないからです。
今回の調査だけでも、少なくない方から「知らなかった」「もう水族館には行かない」との声をいただいています。
たった一度、知れば、人は変わり得る。
リブでは、イルカを守りたい方々を組織化し、効果を最大化していきます。
今後の動きを注目していてください。

(0:40)

太地漁港から

ハナゴンドウ 捕獲1・殺害4
捕獲されたハナゴンドウは、水族館で人間を楽しませる訓練へ、
他の家族はすべて殺されました。
人々がイルカショーを楽しむために、イルカが殺され続けています。
イルカショーは楽しい?
イルカショーは悲しい?

(2:02)

20200129-30 出発-那智勝浦到着
20200131 レッドコーヴハナゴンドウ捕獲1・殺害4
20200201 ブルーコーヴ
20200202 レッドコーヴスジイルカ捕獲3・殺害37 
20200203 レッドコーヴハンドウイルカ捕獲6
20200204 レッドコーヴマダライルカ捕獲20・リリース15
20200205 ブルーコーヴ
20200208 ブルーコーヴ
20200209 レッドコーヴスジイルカ殺害30
20200210 レッドコーヴハンドウイルカ殺害5・リリース5
20200211 レッドコーヴカズハゴンドウ殺害35
20200212 レッドコーヴハンドウイルカ_殺害4・リリース26
20200213 ブルーコーヴ
20200214 ブルーコーヴ
20200215 ブルーコーヴ

Project0 イルカ

日本のイルカを0に
http://animal-liberator.net/project0_dolphin/

〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力

イルカ猟調査レポート:出発-那智勝浦(2020/1/29)|動物解放団体リブ

1月29日〜2月15日まで行った、イルカ猟調査のレポートをまとめます。

2020年1月29日 太地イルカ猟調査出発

2020年1月30日 那智勝浦到着

那智勝浦町は太地町の隣の町。
新しく作られていたイルカの生簀を見にいきました。
ここからさらに多くのイルカが、水族館などに供給されるでしょう。

リンク

レッドコーヴとは、入江が血の色に染まる日。イルカたちの捕獲や殺害のあった日です。
ブルーコーヴとは、青い海の日。イルカたちが無事だった日です。

20200129-30 出発-那智勝浦到着
20200131 レッドコーヴハナゴンドウ捕獲1・殺害4
20200201 ブルーコーヴ
20200202 レッドコーヴスジイルカ捕獲3・殺害37 
20200203 レッドコーヴハンドウイルカ捕獲6
20200204 レッドコーヴマダライルカ捕獲20・リリース15
20200205 ブルーコーヴ
20200208 ブルーコーヴ
20200209 レッドコーヴスジイルカ殺害30
20200210 レッドコーヴハンドウイルカ殺害5・リリース5
20200211 レッドコーヴカズハゴンドウ殺害35
20200212 レッドコーヴハンドウイルカ_殺害4・リリース26
20200213 ブルーコーヴ
20200214 ブルーコーヴ
20200215 ブルーコーヴ

〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力