イルカ猟調査レポート:スジイルカ_捕獲3・殺害37(2020/2/2)|動物解放団体リブ

1月29日〜2月15日まで行った、イルカ猟調査のレポートをまとめます。

2020年2月2日

太地漁港 イルカ漁船の出航

2月1日 イルカ猟の出航です。
毎月2日は世界的なイベントAFOTSに参加しました。
利用され続ける動物たちの、悲しみや辛さに思いを寄せ、一日断食しました。
[AFOTS]
ウェブサイト フェイスブック インスタ

イルカの追い込みがはじまる

だんだん岸に近づいてきました。

望遠レンズで撮影したイルカ

イルカの姿が見えます。
イルカ漁船はフォーメーションを作り、イルカを追い込んでいきます。
この動画では聞こえませんが、イルカ漁船は大きな金属音を鳴らし、イルカをパニックにして追い詰めています。

イルカがコーヴに閉じ込められる

追い込まれてしまいました。
スジイルカです。
スジイルカは、体のわきに美しいラインが入った綺麗なイルカです。

追い込まれたスジイルカの家族。
これから殺されることになる。

選別と殺戮

タープの下では、水族館用のイルカの選別と、殺戮が続いています。イルカたちの呼吸音と、尾びれで水面を叩く苦しみの音が、下の湾に響き渡っています。

イルカを殺さないで、とお願いする人々。

パニックになり 網に引っかかっるイルカ

スジイルカはパニックになり、網に引っかかりやすいイルカです。
なんども呼吸。呼吸が浅くなっています。
イルカ猟師の方々が網から外してあげています。
しかし、優しさからではありません。
このあと、3人を捕獲、残り37人を殺害、家族を全滅させました。

船に積んだイルカの遺体を運ぶ人々。
グレーのビニールの下に、スジイルカたちの遺体が積み重ねられている。

イルカの血の海を泳ぐダイバー

37人ものイルカを殺した後、
イルカの血の海をダイバーが泳いでいました。
溺れ死んだイルカを取りこぼしていないか、確かめるためです。

イルカ猟が終了

3人が捕獲され水族館へ。残りは皆殺しになりました。
コーヴがイルカたちの血の海になっています。

20200129-30 出発-那智勝浦到着
20200131 レッドコーヴハナゴンドウ捕獲1・殺害4
20200201 ブルーコーヴ
20200202 レッドコーヴスジイルカ捕獲3・殺害37 
20200203 レッドコーヴハンドウイルカ捕獲6
20200204 レッドコーヴマダライルカ捕獲20・リリース15
20200205 ブルーコーヴ
20200208 ブルーコーヴ
20200209 レッドコーヴスジイルカ殺害30
20200210 レッドコーヴハンドウイルカ殺害5・リリース5
20200211 レッドコーヴカズハゴンドウ殺害35
20200212 レッドコーヴハンドウイルカ_殺害4・リリース26
20200213 ブルーコーヴ
20200214 ブルーコーヴ
20200215 ブルーコーヴ

Project0 イルカ

日本のイルカを0に
http://animal-liberator.net/project0_dolphin/

〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力