おうちにかえろうよ

 

「おうちへかえろうよ」

 

 

 

子ゾウたちには、「心があります」

市原ぞうの国では、子ゾウであっても平気で暴力を振るいます。
子どものうちに「心を壊す」必要があるのでしょう。

アナウンスする園長は、延々お金のことをしゃべり続けます。
ゾウたちは、ブルフックで、暴力を振るわれ続けられます。
この最悪の空間の何が面白いのでしょうか。

 

「おうちへかえろうよ」と言っている子どもは、子ゾウたちを見て帰りたがっていました。
何かを感じたのかもしれません。
その子は帰れますが、子ゾウたちは決して帰ることができません。

もしよかったらこの動画を拡散してください。
暴力の下にあるゾウたちを守りましょう。

 

動物を解放しよう。

 

____________

クラウドファンディング 
「日本一周!動物園水族館【南日本編】

今日は世界ヴィーガンデー

終了は今日の23:00まで。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

目標成立しましたが、また23:00まで時間があります。
この日本の動物の解放の歴史に重要な足跡を残すプロジェクトに、参加しませんか。

本日23:00前から、
「祝!! クラウドファンディング成立・調査開始記念FB中継」いたします。

中継はこちらから
https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/

 

 

今日は朝早くから今まで、ずっとこの動画の編集をしていました。
皆様へお礼を差し上げるのが遅れてしまっていて、大変申し訳ありません。

クラウドファンディング 達成しました!

 
 
皆様のおかげで無事達成することができました。
ご参加くださった方、シェアしてくださった方、皆様のお力です。
必ず達成できると確信していましたが、それでも心が焦る時はありました。
ともあれ達成できてホッとしています。
 
これでスタート台に立つことができました。
明日から本格的に準備して、2日には出発します。
長い調査になります。
気合が入り、目が醒める思いがします。
 
この調査が、来たるべき未来、動物の解放のその瞬間を1秒でも早めるために重要なターニングポイントになるように進めていきます。
どうもありがとうございます。
 
 
南日本編の特設サイトを作りました。
まだ何もいじっていない状態ですが、FBページとともに、こちらに進捗をアップしていきます。
今回、中継等は、LIBのFBページで行います。
こちらからご覧いただければと思います。
 
 
 
いよいよ2日に出発し、3日から調査開始です。
ぜひ一緒に調査をしているような感覚で見ていただければと思います。
 
また旅先ではできるだけ多くの方にお会いできればと思います。
調査中はいっぱいいっぱいですので、近くまで来たようでご都合合うようでしたらご連絡いただければうれしいです。
 
 
ともあれ、スタートです。
やりましょう。
 
 
 

LIB Live School 4 自然生態系 人工生態系

「人間は生態系の頂点だから、動物を支配してよい」
「人間は食物連鎖の頂点だから、肉を食べてもよい」

当然ながら間違いです。

ライオンの檻に入れて差し上げたいほど。
ハンターなどは素手ではイノシシにも勝てません。

人工生態系の王者を気取っている裸の王様が我々人類です。

Readyforの記事はこちら
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/88364

 

 

 

自然生態系を回復しないと行き着く先は地球を巻き添えにした自滅です。
その最大の原因は動物利用
そして根本的な解決策はヴィーガニズムです。

目の前に答えがあるのにわからないというのが、私たちの出来の悪さです。
丁寧に伝えていきます。

 

____________

クラウドファンディング

「日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018111日、世界ヴィーガンデーの、23:00まで。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

いよいよ明日まで。
あと、141,000円のところまで来ました。

このプロジェクトは、日本の動物解放の歴史のマイルストーンとなるでしょう。。
ぜひご参加ください。

テリー (市原ぞうの国)

市原ぞうの国のテリー。「種オス」です。
北日本編で見たゾウの中で、一番ひどい常同行動。
何トンもある身体を、ぐわんぐわん一心不乱に揺らし続ける姿は、異様で、怖いほどでした。
26才。搾取され続けた人生。

____________

クラウドファンディング
 日本一周!動物園水族館【南日本編】 
2018111日、世界ヴィーガンデーの、23:00まで。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium
残り、2日となりました。あと、289,000円で達成。
このプロジェクトは、日本の動物解放の歴史のマイルストーンとなるでしょう。
一緒に実行しましょう。
ぜひ、ご参加ください。

(10月30日 8時10分時点の状況)

 

 

 

テリーは市原ぞうの国の一番奥、のさらに奥に監禁されています。

【テリー】

 


インド生まれ。26才
7年前、17才の時に市原ぞうの国に監禁されました。
ゆめ花・りり香・もも夏の父です。
http://www.zounokuni.com/animals/


ゆめ花・りり香・もも夏の母はプーリー

客の見ている前ですら、あれほどの虐待を行なっています。
見えないとこでは、いったい何が行われているのでしょう。
いつも気になるのが、プーリーの目の前で子どもたちの調教(虐待)が行われていないかということです。
本当に最低です。

 

なお、象使いのタイ人は入れ替わっています。

 

坂本小百合園長は、まだ4才の結希(ゆうき)を
「種ゾウにしたい!」
とウキウキした様子で話していました。

 

まだまだ、「サユリワールド」の犠牲者を増やすつもりのようです。
〔FB:サユリワールド〕
https://www.facebook.com/SayuriWorld.JAPAN/

 

__________________

意見の届け先

残念ながら動物たちは、動物利用業者の手の中にあります。
動物を守るためにはあなたの声が必要です。
【市原ぞうの国】
http://www.zounokuni.com/
住所:〒290-0521 千葉県市原市山小川937 
TEL0436-88-3001
メールフォーム:http://www.zounokuni.com/contact/

【FBページ】
市原ぞうの国
 https://www.facebook.com/zounokuni/

サユリワールド
 https://www.facebook.com/SayuriWorld.JAPAN/

ゆめ花をママに!
 http://urx3.nu/N2yM

キャラ エルファページ
 https://www.facebook.com/zounokuni.elpha

【Twitter】
 https://twitter.com/elpha_zounokuni

ヒグマとレーシングカー 東北サファリパーク

ただでさえ繊細で異常行動が多いクマのすぐ脇を、レーシングカーが爆音で通って行く
最初この光景を見て、言葉を失ったことを覚えています。
すごい音でした

 

 

東北サファリパークは、あまりにもレベルが低い。
このような施設がまだ存在できることが驚愕です。

 

犠牲なるのはいつも、言葉を持たない動物たち。
動物の権利を擁護しましょう。

 

爬虫類館とゾウにドリルを指している件に関して、リブ関係者が問い合わせたところ、改善する気など無く、現実を隠しなんとか誤魔化そうとする回答でした。

この爆音を一日中聞かされたら誰でもおかしくなるでしょう。

繊細な動物であるクマはなおさらです。

エビスサーキットは、(株)東北サファリパーク系列会社が運営しています。

(株)東北サファリパーク系列
 ・東北サファリパーク(ゾウライド ラオス)
 ・岩手サファリパーク(ゾウライド ラオス)
 ・那須サファリパーク
 ・那須ワールドモンキーパーク(ゾウライド ラオス)
 ・エビスサーキット

つまり、ドリルを使用するラオス系のゾウライドはすべて、東北サファリパーク系列です。

 

【東北サファリパーク関係まとめ】

1. 動物達の生き地獄【東北サファリパーク収容所 爬虫類館 】
 http://animal-liberator.net/animal-liberator/readyfor180921
2. 象の頭につけた傷にリンゴをねじ込む【那須ワールドモンキーパーク】
 http://animal-liberator.net/animal-liberator/readyfor180928
3. ゾウライドやゾウのショーは、最低最悪の遊びです。
 http://animal-liberator.net/animal-liberator/readyfor180916

___________________

動物を擁護する意見は、なるべく上の階層に伝えた方が効果的です。
階層順になっています。
[福島県]
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/
  住所:〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 
  TEL:024-521-1111
  知事に直接連絡が効果的です
[福島県 動物愛護センター]
  TEL: 024-953-6400
[二本松市]
  http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/
  TEL:0287-72-6901  
[東北サファリパーク]
  http://tohoku-safaripark.co.jp/
  住所:964-0088 福島県二本松市沢松倉1
  TEL:0243-24-2336 
  FAX:0243-24-2433
  メールフォームhttp://tohoku-safaripark.co.jp/contact/
  FB:https://www.facebook.com/TohokuSafaripark/
くるまの遊園地 エビスサーキット 
  
http://www.ebisu-circuit.com/
  住所:〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1
  TEL:0243-24-2972
  FAX:0243-24-2936
  Mail:info@ebisu-circuit.com

 

__________________


【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018111日、世界ヴィーガンデーまで。

クラウドファンディングはこちらから

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、3日。
35万6千円。

名古屋港水族館イルカサーフィン問題_5:2回目の質問(2018年10月28日)

大村秀章知事

先般、名古屋港水族館が「名古屋港水族館フェイスブックの記事削除」をした件に関してご連絡させていただいたLIB〈リブ〉:Animal Liberator. netの目黒峯人と申します。

愛知県建設部港湾課長名義で回答が届きました。

以下、

1.なぜ、消したのか、合理的で明確な理由をお聞きしたい。
名古屋港水族館は公式フェイスブックについてはガイドラインを設けて運用しておりますが、今回につきましては、これに触れるものがありましたので、非表示とさせていただきました。
その後、非表示とした後も、同様のコメントが多く投稿されるなどの状態が続き、フェイスブックの管理上の妨げとなる恐れがあったため、元記事そのものの削除を行ったものです。当財団といたしましては、イルカの水中での卓越した運動能力を皆様の感性に直接訴えかけ、学んでいただくことを目的として記事の投稿を行いました。

2.イルカの上からバク転するような芸をはじめとする、イルカをサーフボードとして扱うような芸について動物の権利や尊厳、倫理的な観点からどうお考えなのか。
 環境エンリッチメントの一つとして、トレーナーがイルカと同じプールに入り触れ合う行為をしています。トレーナーたちはイルカたちを心から愛し大切にしています。イルカに乗るという行為もイルカを見下したり虐待しているわけではありません。
「イルカパフォーマンス」は演示展示という展示の手法であり、演出の一部としてイルカに乗る場面があります。これにより、水中でのイルカの卓越した運動能力を観客の感性に直接訴えかけ、学んでもらいます。
*環境エンリッチメント
動物福祉という理念のもとに、飼育動物の心理学的幸福を実現するために行う飼育環境を豊かにする試み 

3.イルカを飼育し使役するような非倫理的な行為自体やめるべき。合理的に納得できる説明を。
 水族館には社会的に「種の保存」「教育」「調査・研究」「リクリエーション」の4つの役割を担っていると考えています。
命の大切さ、生きることの美しさを感じながら、動物や彼らが生息する環境について楽しく学べる場所を市民に提供するとともに、地球上の野生動物を守って次世代に伝えていく役割を果たしています。
飼育動物に対しては徹底した健康管理を行い、科学的な研究を行っています。

以上

 

この回答はお読みいただければわかりますように根拠や証拠が乏しいものです。引き続き質問をさせていただきます。

 

以下

1_1.「名古屋港水族館は公式フェイスブックについてはガイドラインを設けて運用」
ガイドラインの公開をお願いいたします。
ガイドラインが明確でなければ、今後またそれに触れるような投稿がなされてしまいます。ガイドラインを公開しないまま削除を続けでしまえば、名古屋港管理組合様におかれましても、他者の意見や感性を統制していると言われても仕方ありません。ガイドラインを公開していただければそれに触れないように書き込むことができます。どうぞよろしくお願いいたします。

2_1. 「環境エンリッチメントの一つとして」
イルカショーやイルカトレーナーがイルカを踏みつける行為が、イルカにとっての環境エンリッチメントであるとする根拠をお示しください。

2_2. 「イルカに乗るという行為もイルカを見下したり虐待しているわけではありません」
私が、課長、あるいは水族館職員の皆様の上に立って、そこからバク転をさせていただけますでしょうか。毎日何回も。どのように感じられますか?

2_3. 「観客の感性に直接訴えかけ」
認識されていることとは存じますが、日本では一定数の、海外では大多数の人々が、「イルカを飼育し使役することは不快に感じるという感性」を持っています。件の投稿に書き込んだ方の感性も同様です。その感性に対する配慮はいかが対処されますでしょうか。

3_1. 「4つの役割」
動物の解放、あるいは権利に関して意識が高い人々は、動物園水族館が表面には出さない5つ目の役割は、失礼ながら動物を犠牲にした「金儲け」だと看破しています。
4つの役割に関して、「レクリエーション」以外は矛盾と欺瞞が多い役割ですが、ここでは「種の保存」に関してデータの公開を求め、お互いに客観的事実を確認したいと思います。根拠があってこそのご主張だと思います。すでにデータはあるはずですので、その公開をお願いいたします。

①これまで飼育した全イルカの「名前/性別/出生年月日(推測可)/両親の名前と出生地/死亡年月日/死亡理由」
②これまで飼育した全イルカの数、現在飼育しているイルカの数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
③これまで飼育した全シャチの「名前/性別/出生年月日(推測可)/両親の名前と出生地/死亡年月日/死亡理由」
④これまで飼育した全シャチの数、現在飼育しているイルカの数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
⑤これまで貴水族館で飼育した全哺乳類の数、現在飼育している全生物の数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
⑥これまで貴水族館で飼育した全鳥類の数、現在飼育している全生物の数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
⑦これまで貴水族館で飼育した全爬虫類の数、現在飼育している全生物の数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
⑧これまで貴水族館で飼育した全両生類の数、現在飼育している全生物の数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。
⑨これまで貴水族館で飼育した全魚類の数、現在飼育している全生物の数、それに基づいた「種の保全」に貢献しているという数字的な根拠。

3_2. 「命の大切さ、生きることの美しさを感じながら]
市民、とりわけ子どもたちはこのようなショーを見ることによって、『動物達の命、その美しさと自然で本来的な生き方を尊重する』ことを見失うでしょう。本当の意味での命の守り方、大切にする方法は、動物の権利(生存権・自由権)を尊重し、自分の人生を全うすることを尊重することを教えることです。監禁し、冷凍の魚を食べさせ、ビタミン剤や精神安定剤を投与することではありません。

地球上の野生動物を守りたいのなら、真っ先に野生から捕獲して水族館に導入することをやめる必要があります。貴水族館は幸い今後そのようなことはないと思われますが、繁殖も同じことです。
自然に決して帰ることができないイルカやシャチを作り出すことと、「命の大切さ、生きることの美しさ」がどう整合性を取られるのかお答えいただきます。

3_3. 「動物や彼らが生息する環境について(楽しく)学べる」
動物や彼らが生息する環境について学ぶために、イルカを調教しないと成立しないパフォーマンスを行う根拠をお示しください。

3_4. 「飼育動物に対しては徹底した健康管理を行い、科学的な研究を行っています。」
徹底した健康管理と科学的研究を行っていれば、動物達への非倫理的扱いが許されるわけではありません。動物園や水族館の職員の皆様は、確かに特定の動物に関してはプロだと思います(そうでない方も多いと感じていますが)。しかしながら、動物の権利概念や、動物倫理、海外の動向に関しては、圧倒的に知識が乏しく、意識が低いようです。水族館職員やそれを支える運営スタッフの方々はどれほど、それらについて情報を収集し学んでおられるでしょうか。またもし学んでおられなかったら、これから学ぶ意思はございますでしょうか。

以上

 

大変失礼ながら名古屋港管理組合様に信頼に足る点がございませんので、こちらに送付させていただきます。

回答期限は11月9日とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

リブ代表 目黒峯人

 

______________________________
 
【名古屋港水族館イルカサーフィン問題 これまでの経緯】
1.  非倫理的な投稿に対し声が上がる(2018年9月26日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-1
2. 記事を削除(2018年9月27日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-2
3. 愛知県知事 秘書室に質問状(2018年9月28日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-3
4. 名古屋港管理組合から回答(2018年10月15日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-4
 
___________________________
 
【意見の届け先】
〔愛知県〕
 https://www.pref.aichi.jp/
 TEL:052-961-2111(代表)
 somubu-somu@pref.aichi.lg.jp (知事秘書課)
〔名古屋市〕
 http://www.city.nagoya.jp/
 TEL:052-961-1111
 市民相談のページ http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/59-12-0-0-0-0-0-0-0-0.html 
〔名古屋市動物愛護センター〕
 TEL:052-762-0380
 FAX:052-762-0423
 
《備考》
設立者:名古屋港管理組合(※愛知県、名古屋市が母体となって設立され、名古屋港の管理業務を行っている)
運営者:公益財団法人名古屋みなと振興財団

名古屋港水族館イルカサーフィン問題_4:名古屋港管理組合から回答(2018年10月15日)

 
 
〔転載〕
1.なぜ、消したのか、合理的で明確な理由をお聞きしたい。

名古屋港水族館は公式フェイスブックについてはガイドラインを設けて運用しておりますが、今回につきましては、これに触れるものがありましたので、非表示とさせていただきました。

その後、非表示とした後も、同様のコメントが多く投稿されるなどの状態が続き、フェイスブックの管理上の妨げとなる恐れがあったため、元記事そのものの削除を行ったものです。当財団といたしましては、イルカの水中での卓越した運動能力を皆様の感性に直接訴えかけ、学んでいただくことを目的として記事の投稿を行いました。

2.イルカの上からバク転するような芸をはじめとする、イルカをサーフボードとして扱うような芸について動物の権利や尊厳、倫理的な観点からどうお考えなのか。
 環境エンリッチメントの一つとして、トレーナーがイルカと同じプールに入り触れ合う行為をしています。トレーナーたちはイルカたちを心から愛し大切にしています。イルカに乗るという行為もイルカを見下したり虐待しているわけではありません。
「イルカパフォーマンス」は演示展示という展示の手法であり、演出の一部としてイルカに乗る場面があります。これにより、水中でのイルカの卓越した運動能力を観客の感性に直接訴えかけ、学んでもらいます。
*環境エンリッチメント
動物福祉という理念のもとに、飼育動物の心理学的幸福を実現するために行う飼育環境を豊かにする試み

3.イルカを飼育し使役するような非倫理的な行為自体やめるべき。合理的に納得できる説明を。
 水族館には社会的に「種の保存」「教育」「調査・研究」「リクリエーション」の4つの役割を担っていると考えています。
命の大切さ、生きることの美しさを感じながら、動物や彼らが生息する環境について楽しく学べる場所を市民に提供するとともに、地球上の野生動物を守って次世代に伝えていく役割を果たしています。
飼育動物に対しては徹底した健康管理を行い、科学的な研究を行っています。

 

〔所感〕

お読みいただければわかります通り、大変不十分な回答です。
追加で質問を行います。

 
 
______________________________
 
【名古屋港水族館イルカサーフィン問題 これまでの経緯】
1.  非倫理的な投稿に対し声が上がる(2018年9月26日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-1
2. 記事を削除(2018年9月27日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-2
3. 愛知県知事 秘書室に質問状(2018年9月28日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-3
 
___________________________
 
【意見の届け先】
〔愛知県〕
 https://www.pref.aichi.jp/
 TEL:052-961-2111(代表)
 somubu-somu@pref.aichi.lg.jp (知事秘書課)
〔名古屋市〕
 http://www.city.nagoya.jp/
 TEL:052-961-1111
 市民相談のページ http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/59-12-0-0-0-0-0-0-0-0.html 
〔名古屋市動物愛護センター〕
 TEL:052-762-0380
 FAX:052-762-0423
 
《備考》
設立者:名古屋港管理組合(※愛知県、名古屋市が母体となって設立され、名古屋港の管理業務を行っている)
運営者:公益財団法人名古屋みなと振興財団

名古屋港水族館イルカサーフィン問題_3:愛知県知事 秘書室に質問状(2018年9月28日)

2018年9月28日、愛知県知事秘書室へ質問状を送付しました。
直接、名古屋港管理組合(名古屋港水族館を運営)に質問をしても、フェイスブックのように無視されなかったことにされかねない懸念があるからです。
 
______________________________
 
 
大村秀章知事
 
はじめまして、目黒峯人と申します。
 
LIB〈リブ〉:Animal Liberator. netという団体を主宰しております。
 
さて、先般、名古屋港水族館のフェイスブックページにおいて、イルカトレーナーがイルカの背中の上からバク転をするという芸の投稿がされていました。
これは、動物倫理、動物の権利から見てまったく許されることのできない、非倫理的で、動物の尊厳に対する冒涜です。
 
9月9日のセーリングのW杯の開会式で行われた、イルカショーに大きな批判が集まったのは記憶に新しいところです。
この出来事が示しているのは、水族館関係者をはじめとする日本人の動物の権利、動物の尊厳に対する目に余る意識の低さです。
イルカショーを行うことが良いことだと信じきっており、それを世界は称賛するだろうと認識していることに驚きを禁じえません。
 
名古屋港水族館のこの芸もまったく同じことです。
9月2日にされたこの投稿に対して、動物を心配されている多くの方が意見を届けました。
しかし、名古屋港水族館は一切答えることなく、ウォールを消して黙殺しました。
フェイスブックをご確認いただければ、記事が消されていることがわかるでしょう。
(なお、記事自体は残っています。ウォールから消したということです。このことは、記事自体は残っており、リンクを知っている人からは見ることができますが、一般の方々の目から隠したということを示しています)
 
名古屋港水族館は行政の施設です。
真摯に市民の声に応え、釈明する必要があります。
しかしながら直接では、答えることをしません。
 
そこで、適切な対応をご指導をしていただくとともに、以下の質問と要望への回答を求めます。
 
質問は以下
1. なぜ市井の声をウォールから消したのか、合理的で明確な理由をお聞きしたい。
2. イルカの上からバク転するような芸をはじめとする、イルカをサーフボードとして扱うような芸について、、動物の権利や尊厳、倫理的な観点からどうお考えなのか。
3. そもそもに、イルカを監禁し、エサでコントロールし、使役しするような非倫理的な行為自体やめるべきです。なぜそのような行為を続けているのか、その理由を、動物の権利や尊厳、倫理的な観点から、合理的に納得できる説明を求めます。
 
海外ではイルカの監禁自体を放棄する動きはとっくに始まっています。意識が極めて低いと言わざるをえません。当然ながら水族館は文化ではありません。「文化の違い」というようなピントを外したご回答はご遠慮願います。
 
要望は以下
1, 今後、意見には真摯に応え、当然ながら、市民からの声をページから消すような不適切な対応・運営はやめていただきたい。
2. 動物を心配する意見に真摯に回答することを求めます。
 
以上、ご対応をお願いできれば幸いです。
 
 
______________________________
 
続いて、補足のメールも送付しています。
______________________________
 
 
大村秀章知事
 
今朝、質問状を送付させていただきましたLIBの目黒峯人と申します。
以下の点を補足させていただきたいと存じ、メールを差し上げました。
 
①ご回答の期限を10月15日(月)とさせていただきます。
②この質問状は公開させていただいております。
 ご回答の有無や内容も公開させていただきます。
 

大変お忙しいと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。

LIB〈リブ〉:Animal Liberator. net
目黒峯人
 
 
______________________________
 
【名古屋港水族館イルカサーフィン問題 これまでの経緯】
1.  非倫理的な投稿に対し声が上がる(2018年9月26日)
http://animal-liberator.net/animal-liberator/portofnagoyapublicaquarium-1
 
___________________________
 
【意見の届け先】
〔愛知県〕
 https://www.pref.aichi.jp/
 TEL:052-961-2111(代表)
 somubu-somu@pref.aichi.lg.jp (知事秘書課)
〔名古屋市〕
 http://www.city.nagoya.jp/
 TEL:052-961-1111
 市民相談のページ http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/59-12-0-0-0-0-0-0-0-0.html 
〔名古屋市動物愛護センター〕
 TEL:052-762-0380
 FAX:052-762-0423
 
《備考》
設立者:名古屋港管理組合(※愛知県、名古屋市が母体となって設立され、名古屋港の管理業務を行っている)
運営者:公益財団法人名古屋みなと振興財団