死亡率89% 赤ちゃん誕生の影にある真実|89% mortality The truth behind the birth of dolphins|動物解放団体 リブ

【死亡率89% 赤ちゃん誕生の影にある真実】

イルカの赤ちゃんの死因と死亡人数

 溺死 3人
 授乳障害 3人
 死産・流産 6人

いおワールドかごしま水族館で、「待望 イルカの赤ちゃんが誕生」というお祝いムードのニュースがありました。
しかし、この影でどれほどのイルカの死と苦しみがあるのかは伝えられません。

いおワールドかごしま水族館では、
2008年〜-2019年の間に、イルカは16回妊娠しています。
そのうち現在生きているイルカは、たった3人。
死産・流産・生まれて5日以内に死亡しているイルカは、なんと11人もいます。
死亡率、89%。
母の目の前で、子供が溺れていく姿を見るのはどのような気持ちがするでしょう。

なお、以前投稿した、『イルカへ投与していた薬61種類、プールには消毒液』の水族館は、ここ、いおワールドかごしま水族館です。

Facebookでは何事もなかったようにイルカの赤ちゃんの投稿をしています。
https://www.facebook.com/kagoshimacityaquarium/

可能な方は声を届けていただければと思います。
あなたの声が、動物を守ります。

《参考》
ハンドウイルカ出産のお知らせ
http://ioworld.jp/news/news-19943
父:ラスター(推定28歳)
母:カール (推定11歳、初めての出産)
子: 性別:不明、体長:推定120cm、体重:推定20kg

※年齢が「推定」と書いてあるイルカは、太地町のイルカ猟から買ったイルカがほとんどです。
野生から捕獲監禁し、正しい年齢がわからないためです。

[89% mortality The truth behind the birth of dolphins]

Causes and deaths of dolphin babies

 Drowning 3
 Lactation disorder 3
 Stillbirth / miscarriage 6

At The Kagoshima City Aquarium, there was a news about the celebration mood,
“The long-awaited dolphin baby is born.”
However, this shadow does not tell how much dolphin death and suffering.

At The Kagoshima City Aquarium,
Between 2008 and 2019, dolphins are 16 times pregnant.
Among them, only three dolphins are currently alive.
There are 11 dolphins who are stillborn, miscarriage, or die within 5 days.
Mortality, 89%.
What does it feel like to see a child drowning?

In addition, “61 drugs used for dolphins” posted earlier is here,The Kagoshima City Aquarium.

They are posting dolphin babies as if nothing happened on Facebook.
https://www.facebook.com/kagoshimacityaquarium/
If possible, please send them your voice.
Your voice is to protect the animals.

“reference”
Notification of hand dolphin birth
http://ioworld.jp/news/news-19943
Father: Raster (estimated 28 years old)
Mother: Carl II (estimated 11 years old, first birth)
Child: Gender: unknown, body length: estimated 120 cm, weight: estimated 20 kg

  • Dolphins whose age is written as “estimated” are mostly dolphins bought from dolphin hunting in Taiji.
    Because they are captured and confined from the wild and do not know the correct age.

京都市動物園の、ライオン アカゲザル いのちに敬意?|動物解放団体リブ

一生を監禁され、搾取され、死んでいこうとしているライオンの姿。
ライオンは涙を流していました。

ストレスと毛づくろいのしすぎで皮膚が見えているアカゲザル。一部アレルギーのように見える部分もあります。
日本中のアカゲザルやニホンザルは同じように毛が抜けてぼろぼろになっています。

記事で読むとまるで動物園が良いことをしているように読めますが、写真は雄弁です。
動物福祉とは、動物搾取・奴隷継続の誤魔化しに過ぎません。
動物を救うには、動物解放しかありません。

毎日新聞
「「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ アカゲザルも 京都市動物園「福祉向上」掲げ」

https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/040/150000c?fbclid=IwAR16jyWJV4j72kNIzp2kS7-ZUvPojugjd9UsQTjzbaWO7o9cFyDfihCG4uA


『 毎月どうぶつサポーター 』大募集キャンペーン中

 (3月31日まで)
あなたの力が、動物解放を進めます。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう

① ボタンをクリック
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ 入力


1月15日(水)までに、5名の方が『 毎月どうぶつサポーター』になってくださいました。
本当にどうもありがとうございます。
あと95名(100名目標)。
どうぞよろしくお願いいたします。

京都市動物園「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ|動物解放団体リブ

「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ アカゲザルも 京都市動物園「福祉向上」掲げ(2020年1月15日)

https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/040/150000c?fbclid=IwAR16jyWJV4j72kNIzp2kS7-ZUvPojugjd9UsQTjzbaWO7o9cFyDfihCG4uA

一定の評価はしますが、他の動物の監禁は変わらず行われていることは忘れてはいけません。

新構想を象徴する園の「理念」は、
「ヒトを含む全ての動物のいのちと暮らしに敬意を持って向き合う」
だそうです。
ヒトに対して、いのちと暮らしに敬意を持って監禁しますか?

動物園とは欺瞞と矛盾そのものである、ということです。
先の言葉を実現するには、動物解放以外にはあり得ません。

リブは、動物園水族館を閉鎖させるまで、動物を解放し、自由にし、尊厳の尊重と権利を確立するまで、手を緩めることはありません。

京都市に以上の意見を届けています。


『 毎月どうぶつサポーター 』大募集キャンペーン中

 (3月31日まで)
あなたの力が、動物解放を進めます。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう

① リンクをクリック
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ 入力


1月15日(水)までに、5名の方が『 毎月どうぶつサポーター』になってくださいました。
本当にどうもありがとうございます。
あと95名(100名目標)
どうぞよろしくお願いいたします。

太地町 イルカ猟調査 同行者募集

2020年1月30日(木)~2月3日(月)にかけて、イルカ猟の調査を行います。

日本の”伝統文化”、イルカ猟。しかし、賛成派も反対派も実際に見たことがある人は少ないと思います。
リブでは、昨年に続き今年も太地町を訪れます。
調査に同行される方を募集します。

イルカ猟の調査は、時間や手順が決まっています。
どこの湾の生簀にイルカが捕らえられていて、どこでイルカの遺体が売られているかなど、確認すべき場所も決まっています。
調査に同行される方には、調査のルートや方法など必要な知識を伝授します。



太地町では、それぞれの想いを抱かれるでしょう。とても貴重な経験を得、また、新たな見識を得られるでしょう。

1月30日(木)~2月3日(月)の4泊の日程で参加できる方を優先的に募集しています。
参加ご希望の方は、メッセンジャーかメールにてお知らせください。

以下詳細です。
ご検討いただければ幸いです。

【太地町 イルカ猟調査 同行募集】

〔日時〕

2020年1月30日(木)~2月3日(月)

〔スケジュール〕

※すべての予定はその日の猟の有無等により適宜変更します。

30日(木)
 名古屋集合組→名古屋駅集合、車でピックアップ
31日(金)
 早朝:イルカ猟調査
 夕方:現地集合組→那智勝浦駅でピックアップ1日(土)
1日(土)
 早朝:イルカ猟調査
    太地町見学
 時間不明:現地集合組→太地駅or那智勝浦駅でピックアップ
2日(日)
 早朝:イルカ猟調査
    くじらの博物館見学
 夕方:現地解散組→太地駅or那智勝浦駅へ送迎
3日(月)
 早朝:イルカ猟調査
 名古屋帰宅組→名古屋駅まで同行
 ※名古屋組で2日にご帰宅されたい方がいらっしゃいましたらお申し出ください。

〔募集人数〕

・名古屋集合チーム:残3名
・現地集合チーム(土日のみ):残1名
・ご自分の車で参加される方:何名でも

※名古屋集合チームは、リブの車 ”風と共にJi-Yu-Go” で、私と共に行動します。
※現地集合チームは、リブの理事 りょうさんと行動します。
※ご自分の車で参加される方がいらっしゃいましたらその旨お知らせください。

〔料金〕

食事代・宿泊代・車以外の交通費等:各自
ガソリン代:折半
※宿泊場所は、活動される方々が泊まる旅館になると思います。
 一人部屋4500円、複数人部屋3500円です。
 温泉が付いている旅館です。

〔申込先〕

animal.liberator.net@gmail.com

太地町 イルカが監禁されている生簀マップ

女性として生まれて《ゾウ、シャンティーの生涯》|動物解放団体リブ

わたしは 女性のゾウでした。
わたしは シャンティーと呼ばれました。

ある日
わたしは わたしが生まれた場所から 連れ出されました。
長い時間 身動きが取れず
暗くて狭い場所から出ることもできず
とても怖くて不安だったことを覚えています。

まぶしい光。目に焼きつく たくさんの人。
嗅いだことのない臭い。
感じたことのない空気。
見たことのない景色。
知らない人。知らない場所。
そして、知らない男性のゾウがいました。

いつしか
わたしには お腹の中に赤ちゃんがいました。
わたしは お腹の中の赤ちゃんと長い時間を過ごしました。

ある日
わたしは お腹がとても痛くなり
苦しくて苦しくて
永遠にも感じる時間の中で
赤ちゃんは生まれました。
けれど 赤ちゃんは動きませんでした。
そして 
わたしの赤ちゃんはどこかに連れて行かれました。

いつしか
わたしには また お腹の中に赤ちゃんがいました。
わたしは また お腹の中の赤ちゃんと長い時間を過ごしました。

ある日 また
わたしは お腹がとても痛くなり
苦しくて苦しくて
立っていることもできずに
その場に倒れました。
耐えがたい痛みの中で
苦しくて 息ができなくなりました。

わたしの名前を呼ぶ声は だんだんと遠くなり
そして 聞こえなくなりました。

わたしは わたしがいた場所を上から見ています。

わたしが死んだあと、別の女性のゾウがきました。
わたしと同じように、赤ちゃんを産みました。

わたしは 女性のゾウでした。
けれど 時々わかりません。
わたしは なんでしょう。
わたしは わたしの生涯を
自由に生きることは認められませんでした。

わたしは 女性のゾウです。
わたしは 一人の女性のゾウです。

ゾウの飼育下での繁殖は極めて難しいとされています。

日本でのアジアゾウの繁殖成立例はたった13例。
その内、5人のゾウがわずか5年以内に亡くなっています。
シャンティーのように母子共に亡くなるケースや早産、流産だったケースを合わせると動物園での繁殖計画で失われた命は数知れません。
今も日本の動物園はゾウの繁殖に躍起になっています。
動物園は “ 種の保存 ”が “ 動物園の使命 ”であるとし、繁殖の正当性を主張します。
しかし、リスクを冒してでも強行するのは、各動物園の存続や利益のためであり、ゾウのような入手困難な人気動物の確保が動物園にとって不可欠だからです。
そこに個々の動物たちの尊厳と権利はありません。
すべてが人間目線で語られる中、人間の身勝手な都合で命を落とす多くの動物たちの「声」を伝え届けられたらと思います。

毎月1,000円~
動物の未来を変える力になる。


キャンペーン期間:3月31日まで
募集人数:100名

あと 97名 です!

リブでは今、『 毎月どうぶつサポーター 』になってくださる方を
大募集しております。
リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
もし、リブの活動にご賛同いただけましたら
ぜひ、『 毎月どうぶつサポーター 』になってください。

一緒にこの社会を、動物たちの未来を変えましょう。

キャンペーン期間:3月31日まで

募集人数:100名

あと 97名 です!

リブでは今、毎月どうぶつサポーターになってくださる方を大募集しております。

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。

もし、リブの活動にご賛同いただけましたら

ぜひ、『 毎月どうぶつサポーター 』になってください。

一緒にこの社会を、動物たちの未来を変えましょう。

毎月どうぶつサポーターになってくださった方からの メッセージ

リブを知ったきっかけは、2018年1月の動物園・水族館の講演でした。その時、目黒さんの等身大の語り口に、未来に向けて俯瞰するスケールの大きさを感じました。また、強い者に対しては理路整然と歯に衣着せぬ物言いができる頼もしい代表だと誇りに思っています。会員に見せる少年のような笑顔も素敵です(笑)が、何より捕らわれの動物たちが目黒さんのオーラを一番感じている筈ですね。

リブは、未だ「少数派」ですが、皆で力を合わせて拡充させましょう!
何事が起きようとも揺ぎなき「どうぶつのみかた」の動物解放団体リブ!

因みに私は年齢的にシニアなので、せめて生きているうちにリブの“スピリッツ”を孫たちへバトンタッチしたいです。

東京都 C.H 様

【 ★5分で 毎月どうぶつサポーター★ 参加手順 】

赤いボタンをクリック ↓
「毎月」を選択
支援金額を選択(¥1,000~)
次へ
必要情報を入力

ご参加のほど、どうぞよろしくお願いします。

NPO法人 動物解放団体 リブ
ファンドレイジング担当理事 : 板垣さやか