インドライオン「モハン」死亡 種の保全は本当?

(写真は、東京ズーネットから)

インドライオンのオス「モハン」が死亡しました(2019/11/27)

https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=ueno&link_num=25988

「母親は「チャンディ」。
三つ子のアニタは2017年3月28日に死亡。
シャクティは2019年10月26日に死亡しました。

モハンの死亡に伴い、上野動物園のインドライオンはいなくなりました。

※インドライオンはライオンの亜種の一つです。体型はよく知られるアフリカライオンとほとんど差がありませんが、全体的にやや小型です。インドライオンは現在、インドの保護区「ギルの森」に約300頭しか生息していないと推定されています。」
(以上、東京ズーネットから引用)

__________________

明らかに、動物園がインドライオンの個体数減少の原因となっている。

結局彼らはインドライオンを減らしました。

「種の保全」を主張するなら、どれだけ減らし、どれだけ増やしたか、すべての動物種のリストを公開するのが筋です。
イメージ操作で「種の保全」を主張するのは、卑怯な手口と言わざるを得ません。
サイエンス、科学を主張し、動物を守ろうとする人々を批判するなら、自らの実態を明らかにしてからです。

またこういった動物園を、WWFをはじめ、環境保護系、生物多様性系の団体や個人が支持しているのは、まったく情けないことです。
本気で問題を解決しようとしているでしょうか。
それ以前に、動水の実態を知っているのかすら疑問です。

どの団体が本気で解決しようとしているのか。
見定める目を持つことも、また重要なことです。





動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

〔参考〕
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由
動物の異常行動リスト
日本一周!動物園水族館調査について
日本一周!動物園水族館調査 全施設 写真/動画まとめ

11月 リブ 経営レポート

11月1日からNPO法人になりましたので、今後毎月経営レポートを公開します。

11月30日時点で、
 メンバー 45名
 収支   − 111,594円
の赤字となります。
(※給与が出ているメンバーは目黑のみで月々80,000円としています)

団体としては惨憺たる有様を公開するのは気が引けるのですが、日本の動物解放活動の現実を明らかにすることは重要です。

リブの年間予算は59万円。
これが日本の動物解放市場です。

59万円を、動物産業市場に換算してみますと、
・日本のスーパーの肉売場の平均売上2日分以下。
・繁忙期の水族館が12分で売上げるチケット代(予想)。
・動物産業界の大物でしたら1日分の稼ぎにもならないでしょう。

パワー(ヒトモノカネ)の違いを改めて認識します。

もしよかったらマンスリーサポーターにご参加ください。



〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram

天下一対談 谷津裕子先生

『天下一対談』は、代表の目黑が、各界で活躍されている方々と対談するシリーズです。

第一弾は、谷津裕子先生
谷津先生は、
東京慈恵会医科大学医学部看護学科 教授
首都大学東京大学院 客員教授
京都大学大学院 非常勤講師

として活躍され、
またイギリスのグラスゴー大学で動物倫理・動物福祉を学ばれました。

谷津がなぜ動物問題に取り組むようになったか、
どうやってヴィーガンになっていったのか、
執筆中の本について、これからの日本の活動について、
たっぷり語り合いました。
そして、谷津先生おすすめの本も紹介しています。

話したいことはまだまだあったのですが、第一弾です。
面白くてためになる話が沢山あります。
秋の夜長、勉強の秋、面白いのでぜひご覧ください。
何かやることがあるひとは、音声だけ聞いてても面白いと思います。

※チャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/channel/UCAw63ViIrQM_PV9R9ERhDPQ



動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

YouTubeチャンネル出演:CCJ

CCJ(Citizen Channel Japan|市民メディアの会)
https://citizen-channel.com/
の、情報発信YouTubeに出演させていただきました。

ジャスミンカフェ
https://www.facebook.com/Jasmin-cafe-380329505391665/?ref=br_rs
リブのこと、動物園水族館のこと、イルカ猟のことなどについて話させていただきました。
御覧ください。

《参考》
ブレーキング:ゾウの心を壊す
https://youtu.be/SVckvi_gWVo

署名にご参加ください。
「一刻も早く、ゾウたちに「ブルフック」や「ドリル」を使うのを止めてください」
http://chng.it/LNppTZf5Rj



動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

〔参考〕
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由
動物の異常行動リスト
日本一周!動物園水族館調査について
日本一周!動物園水族館調査 全施設 写真/動画まとめ

戦略: 動物産業 市場の縮小

例えば、一つの動物産業業者を閉鎖させたとします。
閉鎖には、人・時間・資金など、多大なリソースが必要です。
動物解放を進める団体や個人は、現在の日本では極めて少数です。
これまで閉鎖を求める活動も行われていますが、リソース対効果は低いと観察されます。

しかしながら、それだけのリソースをかけて業者が一つ無くなったところで、その業種の市場はそのまま残っています。人は
その余剰分の利益を取りに、ほかの業者が参入し、結果として市場規模は元に戻ります。

上記の状況を勘案すると、動物解放における最も有効な戦略は、
動物産業市場の縮小です。

手順は
動物産業以外に、動物産業の実態を伝える
・実態を可視化することで生まれるネガティブイメージにより動物消費を減らし
・既存動物産業の旨味を減らし
・新規参入を防ぎ
・市場を縮小し
・新たに生まされる動物数を順次縮小
・未来の動物解放を行う

となります。

つまりターゲットは、動物産業ではなく、動物消費者です。
遠回りのように見えますが、これが最も早いルートだと考えられます。

説得材料は様々であり、ターゲットにフィットした材料と方法で行うことが効率を高めます。
・倫理
・気候変動
・健康
・形而上学的理由
・ファッション
・等

※注
上記材料の内、倫理以外はヒューマニスティックでエゴイスティックな動機です。
気候変動・健康・形而上学的理由が満たされたら、あるいは別な根拠が示されたら、再び動物搾取に戻る可能性があります。
ほか3つの理由でハードルを下げたあと、倫理という利他的、アニマリズム的な動機にシフトさせる必要があります。

動物園水族館 情報コントロールの実例 / Zoos & Aquariums is cheat consumers by not organizing information]

【動物園水族館 情報コントロールの実例】

(読売新聞のケース)



どのように情報コントロールを行っているか、ケースワークをしましょう。
動物園や水族館は、見せる部分と隠す部分を、厳密にコントロールしています。

種の保存は、動水の生き残り戦略の、要の一つ。
動水は、種の保存に関して、以下のケースを ”整理せずに” 表現することによって私たちを混乱させ、騙し、無知のままにし、利用します。

〔私たちへ表現する部分〕(新聞やTV等で知らされるケース〕

◯成功している種の保存(動水はこのケースを私たちに論理的、科学的、実証的に見えるようにプレゼン、私たちは動水は種の保存に真摯に取り組んでいると感情的に印象づけられる)

〔私たちから隠す部分〕(私たちは以下のケースをほとんど知らされていない)

①外来生物の人工移入(トキはそもそも中国生まれ)

②繁殖した外来生物の自然環境への流出、その被害、責任の所在(アライグマ、キョン、アカゲザル等、”侵入生物”)

③失敗している種の保存(流産、死産、死亡数が繁殖数を上回っている動物など)

④保存すべきでない種の保存(ホワイトライオン、ホワイトタイガーなど)

⑤種の保存に見せかかけた商材の確保(シャチ、ゴリラなど)

⑥種を保存・繁殖に成功しても、野生に返さない(キリン、ライオン、イルカ等々、動水によって家畜化された野生動物)

私たちに見せるケースと、隠しているケースでは、隠しているケースのほうが圧倒的に多いはずです。



[Zoos & Aquariums is cheat consumers by not organizing information]

Let’s do casework on how information control is performed.
Zoos & Aquariums strictly controls the parts to be shown and hidden.

This case is related to “preservation of seeds” out of four roles.
Species conservation is one of the most important survival strategies for running water.
In case of success (?), Such as Japanese crested ibis and Japanese crested Leucopsar rothschildi, a large presentation is given.

Zoos & Aquariums can confuse information, deceive consumers, leave them ignorant, and use them.

[Parts to be expressed to consumers] (Cases reported in newspapers, TV, etc.)

◯ Conservation of successful species (Zoos & Aquariums presents this case so that it appears logically and empirically to consumers. Consumers emotionally impress that the zoo is serious about preserving the species)

[Parts to hide from consumers] (Consumers are hardly informed of the following cases)

(1) Ibis is originally born in China, not preserving species, but artificially transferring foreign species
(2) Outflow of alien organisms that have propagated into the natural environment, their damage, and where they are responsible(Raccoon, Muntjac, Rhesus monkey, etc. “Invading organisms”)
(3) Preserving failed seeds ((Abortion, stillbirth, animals with more deaths than breeding))
(4) Preservation of species that should not be preserved (White Lion, White Tiger, etc)
(5) Secure merchandise that appears to preserve seeds (killer whales, gorillas, etc.)
(6) Even if the seeds are successfully preserved and bred, they will not return to the wild (giraffes, lions, dolphins, etc.)

There should be an overwhelming number of hidden cases between the cases that we show and the cases that are hidden.

自然とともに生きてきた日本人/Japanese who lived with nature

自然とともに生きてきた日本人

AFP BB NEWSより

インドでは過去5年間に、2300人近くがゾウに殺されている。」
https://www.afpbb.com/articles/-/3254562


このゾウは5人の人間を殺害しました。
しかしインドは、ゾウを殺さず、公園のパトロールとして訓練するか、できなかった場合は安全なところで解放するとのことです。

アメリカでは、国立公園でトレッキングをする人々に対して、寝るときには食べ物を木の上から吊るして、クマが取れないようにするというルールがあります。
このルールの趣旨に関して行政側は、
「これはあなた達を守るものではない。クマを守るための措置だ」
と明確に主張します。

一方、
八百万の神、自然や動物を尊重し、動物にやさしく、自然を愛するという私たち、というセルフイメージを持つ日本、
クマによる死亡者は、過去10年間で19人

クマに人間が殺されると、さらには人里に降りてきただけで、人々はパニックに陥り、ヒステリックに大騒ぎし、殺せ殺せと要求し、集団で殺しにかかり、殺害すると安心します。

日本人の動物への態度には明確な特徴があります。
対人間であっても、死刑を求める人々が異常に多い国であることも関係しているでしょう。

様々な人が日本人のメンタリティーの特殊性を論じています。
これが、外国で通用する活動手法が、日本では通じないことの原因です。
改めてその現象や原因の収集、整理、分析から始め、対処することが、動物解放活動にとって必須でしょう。

環境省:クマ類による人身被害について
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/injury-qe.pdf

________________


[Japanese who lived with nature]


In India, nearly 2,300 people have been killed by elephants over the past five years.”
This elephant killed five people.
However, India does not kill elephant and trains as a patrol in the park, or releases them in a safe place if it fails.
https://www.afpbb.com/articles/-/3254562

In the United States, there is a rule for people who trekking in national parks to suspend food from the tree when sleeping, so that bears cannot be taken.
Regarding the purpose of this rule, the administrative side
“This does not protect you. It is a measure to protect the bear.”
Clearly insist.

On the other hand,
In Japan, with a self-image that we have been involved with animals as an 8 million god, we are animal-friendly and love nature.
There have been 19 deaths from bears over the past decade.
When a bear is killed by a human being, and then just descends into the isolator, the person panics, makes a hysterical fuss, demands to kill, takes a group kill, and feels safe when killed.

Japanese attitudes towards animals have distinct characteristics.
Even if you are interpersonal, there may be an unusually large number of people seeking death penalty, and it is also related to being the only country in the developed country that is performing the death penalty.

Various people discuss the peculiarities of Japanese mentality.
This is the reason why the activity methods that are valid in foreign countries cannot be understood in Japan.

It will be essential for animal release activities to start by collecting, organizing, and analyzing the phenomena and causes.

Ministry of the Environment: Personal injury caused by bears
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/injury-qe.pdf


動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

〔参考〕
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由
動物の異常行動リスト
日本一周!動物園水族館調査について
日本一周!動物園水族館調査 全施設 写真/動画まとめ



動物園水族館の衰退プロセス/Zoos & Aquariums Decline Process

【動物園水族館の衰退プロセス】

「経済」「科学」「文化」「教育」「人権意識」の発展・成熟とともに、
動物への暴力・殺戮は大規模・大量化し、
やがてその反省とともに動物を尊重する社会へと変化するプロセスを経る。

動物を監禁し、侮辱し、一生を搾取する動物園水族館は閉鎖に向かう。
関係者は、先のない事業からは撤退したほうがよい。

このプロセスは、人類の動物利用搾取からの脱却、動物の尊厳の尊重へのシフト、
ヒューマニズムからアニマリズムへのシフトとパラレルに進む。




[Zoos & Aquariums Decline Process]

With the development and maturity of “economy”, “science”, “culture”, “education” and “human rights awareness”
Violence and slaughter of animals has become massive,
Eventually, with this reflection, human will undergo a process of changing to a society that respects animals.

The zoo and aquarium, which confines, insults, and exploits life, is heading for closure.
Stakeholders should withdraw from projects that are heading for decline.

This process is a departure from human exploitation of animals, a shift to respect for animal dignity,
Proceeding in parallel with the shift from humanism to animalism.




動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

リブ 全体戦略/LIB Strategy]

※これまでリブは相手方に打ち手を読まれるのを防ぐため、戦略系は公開しないで進めてきました。これからは、戦略、会議や予算、マンパワーなどすべて公開していく方針に切り替えました。

リブ 全体戦略

動物園水族館問題を2年以上 手掛け、ようやくターゲット設定と未来に繋がる打ち手の設定ができるようになりました。
「情報収集→目標設定→戦略→実行→評価」
の、戦略と実行の中間くらいの位置まで来たということです。

動物園水族館問題全体は、構造で進めていきます。
シャチとゾウに関してはそれぞれ進行させていきながら、全体プランに収束します。
シャチに関しては2023年に大きな見直しを行うことになりますが、そこに関しても打ち手を打っておきます。
活動の効果=インパクト評価はChangeを軸に見ていき、また適宜打ち手を高度化するツールとします。




なおProject 0で扱う5種の動物はそれぞれ問題解決の難易度が違います。
難易度は、社会的背景によって変化しますので、適宜見直しを加えていきます。



[LIB overall strategy decision]

Until now, LIB has been moving forward without revealing the strategy system in order to prevent the opponent from being read by the opponent. From now on, we have switched to a strategy to make all strategies, meetings, budgets, manpower, etc. public.

We have been working on the zoo and aquarium problem for more than two years, and now we can set targets and hitters that will lead to the future.
“Information collection-> goal setting-> strategy-> execution-> evaluation”
It has come to the middle of the strategy and execution.
The entire zoo and aquarium issue will proceed with the structure shown in attached image 1.
The killer whale and the elephant will converge on the overall plan as they progress.
A major review of killer whales will be made in 2023.
The effect of the activity = impact assessment will look at Change as the axis, and will be a tool to improve the batting as appropriate.

The five animals handled in Project 0 have different levels of difficulty in solving problems.
The difficulty will vary depending on the social background, so we will review it as appropriate.

特定非営利活動法人(NPO法人) 動物解放団体リブ 設立

令和1年11月1日 ワールド ヴィーガンデー、動物解放団体リブを登記し法人となりました。
正式名称「特定非営利活動法人 動物解放団体リブ
英語名「Animal Liberator.net
略称「LIB
となります。


団体立ち上げから2年2ヶ月、事業・組織拡大、社会的信用の獲得のため、法人にするタイミングが来たと判断しました。
リブは、現場の団体です。
現場に行き動物の現状を記録し、動物の声を代弁し、社会に現状を伝え、下からの変革を促す役割の組織です。

今後、さらなる展開を目指し、これまでにない活動、戦略をもって動物解放に進んでいきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人 動物解放団体リブ
代表理事 目黑峯人



動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member