勇猛・勇気・伝統・文化/Bravery, courage, tradition and culture|LIB

【勇猛・勇気・伝統・文化】


Albi Deak氏(https://www.facebook.com/sea.mammals)が、すばらしいビデオを作ってくれました。


日本人でイルカ猟をやめさせようとする人は、本当に少ないのが現状です。
しかし、徐々に声をあげ、動き始めた人が増えつつあるのは確かです。
私ものそのうちの一人。

世界中の海を自由に泳ぎ回るイルカやクジラは、日本に近づくと殺されます。

やさしさや倫理を大事にし、弱いものを守ろうとする人々より、
食欲や利益を大事にし、弱いものに暴力を振るう人々の方が圧倒的に多いのが、現実です。
しかしいつの日かこの割合を逆転しましょう。

古いタイプの人々は、動物へ暴力を振るうことが、勇猛さや勇気の証明、伝統や文化と思い込んでいます。
しかし、当然ですが、動物へ暴力を振るうことは、卑劣であり卑怯な行為であり、いじめや弱い者への暴力を楽しむような伝統や文化は誇りを汚すものです。

私たちが行動し、パラダイムシフトを起こすことによって、
動物を守ることこそが勇猛さであり勇気の証明であり、新しい伝統や文化となるでしょう。


[New, bravery, courage, tradition and culture]


Albi Deak (https://www.facebook.com/sea.mammals) made a great video.

There are really few Japanese people trying to stop dolphins.
However, it is certain that more and more people are gradually raising their voices and starting to move.
I am one of them.

Dolphins and whales that swim freely around the world are killed when they approach Japan.

Than those who care for kindness and ethics and want to protect the weak,
The reality is that there are overwhelmingly more people who care about their appetite and profits and violence against the weak.
But one day we will reverse this rate.

Old type people believe that violence against animals is a proof of bravery, proof of courage, tradition and culture.
But of course, violence against animals is a sneaky and obscene act, and traditions and cultures that enjoy bullying and violence against the weak are only shame.

By acting and causing a paradigm shift,
Protecting animals is proof of bravery, proof of courage, and a new tradition and culture.


動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

アノニマス・フォー・ボイスレスの翻訳動画

アノニマス・フォー・ボイスレスの翻訳動画を共有します。
コミュニケーションの参考になる動画です。
話しかけられた人が最後に「私もボランティアしようかな」とまで言っています。
質問ベースで、情報を的確に伝えています。素晴らしいコミュニケーション能力。
バンクーバーでキューブ
 
アメリカ在住で、日本語で動画を作ってくださっている、Jayson Collins(YouTubeチャンネル Still a Vegan) さんが、翻訳してくださいました。
Jayson Collinsさん
他にもEarthling Ed(超有名ヴィーガン活動家)の日本への向けてのメッセージなどとても興味深い動画があります。
Earthling Ed
ぜひチャンネル登録を。
Still a Vegan
 
この動画では、現場の様子がよくわかります。相手と目を合わせて話したり、共感ベースのコミュニケーションで相手の言うことを受け取りながら話を進めたり、的確な質問で自分ごとにしてもらうやり方だったりと、とても勉強になりました。
 
_______________
 
キューブという手法について
キューブはマスクをかぶって一切喋らず映像を流す人と、
アウトリーチという興味を持った方に話しかける役割の人に分かれます。
アウトリーチは、問答法(ソクラテス式問答法)という、質問ベースの会話を行います。
(※私は参加したことがありませんので伝え足りないことがありましたら教えてください)
 
ソクラテス式問答法についてはググってみてください。