レッドリスト1 レッドリストはたくさんある|動物解放団体リブ

レッドリストとは、絶滅しそうな動植物のリスト

レッドリストは一つしかないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は数多くあるのです。

レッドリストと聞くと、無意識に思い浮かべているのは、
IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト。

IUCNレッドリスト が世界標準

日本オリジナルのレッドリスト

主なものは2種類。

・環境省レッドリスト(陸の動物)
水産庁レッドリスト(海の動物)

さらには、都道府県ごとのレッドリスト、学会などが作ったレッドリストがあります。

世界各国やNGOが独自に作ったレッドリストもあり、乱立している状況です。

つまりオリジナルのレッドリストは、地球の利益よりも、国益や省益、産業の利益に沿うように作られることがある、ということです。

水産庁と環境省のレッドリスト

行政や産業は、自分たちに都合の良いレッドリストを、自ら作り、客観的な根拠であると主張します。
マグロ漁、捕鯨、イルカ猟、ツキノワグマ猟などの根拠として持ち出すものです。

当然、世界には通用しませんし、呆れられていますが、主権者である私たちを丸め込むには十分です。
注意しなければなりません。

活動的には少なくともIUCNのレッドリストを参照し、
行政や産業、そして意思決定者である主権者にもIUCN基準を求めましょう。

日本の行政機関、政治家には、私たちは地球人であるという意識が欠落しているように思います。
”我が国”が存続することができるのは、まず地球があるからです。

関連投稿


《参照》
IUCNレッドリスト
https://www.iucnredlist.org/
環境省レッドリスト
https://www.env.go.jp/press/files/jp/110615.pdf
水産庁レッドリスト
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170321.html

レッドリスト 〜泥棒が作る財産目録〜|動物解放団体リブ

レッドリストはたくさんある

レッドリストと聞くと思い浮かべているのは、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでしょう。
しかし、騙されていませんか?

イルカ漁や捕鯨や根拠は、日本行政が作ったレッドリストです。
日本では、
陸上の動物のレッドリストは、環境省
海中の動物のレッドリストは、水産庁
が作っています。

IUCNレッドリストと水産庁レッドリストの比較

IUCNと水産庁のレッドリストを比較してみましょう。

IUCNレッドリスト(クジラ目のみ)

CR 3種
EN 10種 
VU 7種
NT 6種
LC 34種
DD 29種

水産庁レッドリスト(すべての海棲生物)

CR 0種
EN 0種 
VU 0種
NT 0種
(LC 0種)
DD 1種

水産庁のレッドリストは信用できるか

IUCNレッドリストには、クジラ目89種類すべて入っています。
中でも、日本が商業捕鯨を行なっているイワシクジラは絶滅危惧種ENです。
パンダやシーラカンスより、絶滅の危険が高い。

IUCNレッドリストは、地球を守るために作られたもの。
水産庁レッドリストは、利益を確保し、天下りを確保するために作られたもの。

泥棒に、我が家の財産目録を作らせているようなものです。


【太地町 イルカ猟調査 同行者募集】

太地町のイルカ猟の流れを余すところなく伝えます。
太地町立くじらの博物館や森浦ワン(クジラ牧場)を案内します。
貴重な企画です。
まだ、名古屋出発組と、自車で現地集合の方を募集しています。

https://www.facebook.com/events/2502742226616469/


関連投稿

《参照》
35 Updated Cetacean Red List Assessments published in Nov 2018
https://iucn-csg.org/35-updated-cetacean-red-list-assessments-published-in-nov-2018/
水産庁レッドリスト
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170321.html

Freee NPO会計キット 勘定科目一覧|動物解放団体リブ

NPO法人用 勘定科目をまとめました。

会計ソフトFreeeを導入したNPO法人、これから導入しようと検討している法人もあるでしょう。

私たちは導入したばかり。
使いこなせるようになるほど便利なソフトだということがわかります。

会計の際に参照する用に、また導入の検討用に、勘定科目を一覧にしましたのでお役立てください。

A 経常収益の勘定科目
Freeeに入っている経常収益の勘定科目は、【事】(事業費)と【管】(管理費)に分けられています。
しかし活動計算書では分ける必要は無いので、独自に作成しました

B 経常費用の勘定科目
Freeeに元々入っている勘定科目です。
カテゴリーで分け、使用頻度の高い順に並べています。

勘定科目 説明
A 経常収益  
 1. 受取会費  
   正会員受取会費 一般の会費
   学生正会員受取会費 学生の会費
   賛助会員受取会費 団体に賛同する人々の会費
   法人会員受取会費 法人の会費
 2. 受取寄付金    
   マンスリーサポーター 毎月の定額支援
   個人寄附 個人からの寄附
   法人寄附 法人からの寄附
   その他寄付金 その他
 3.受取助成金等  
   民間助成金 民間組織からの助成金
   行政補助金 行政組織からの補助金
 4.事業収益  
   グッズ販売 物販(課税売上)
   書籍売上 書籍販売(課税売上)
 5.その他収益  
   イベント参加費 イベント売上(課税売上)
   雑収益 それ以外の収益(課税売上)
   その他受取利息 利息による収益(課税売上)
   
B 経常費用  
 1. 事業費  
 (1)人件費  
  【事】給料手当 労働に対する対価。全額損金算入可
  【事】役員報酬 役員に対する報酬。損金参入に条件
  【事】通勤費 通勤にかかる費用
  【事】法定福利費 健康保険・年金・雇用保険・労働保険
  【事】福利厚生費 社員へのサービス費(社員旅行等)
  【事】退職給付費用 退職金
  【事】臨時雇賃金 アルバイト・パート
  【事】ボランティア評価費用 参照
  【事】雑給 アルバイト・パート
 (2)その他経費  
  【事】旅費交通費 電車代・飛行機代・宿泊代
  【事】車両費 車購入・ガソリン・自動車保険
  【事】通信運搬費 スマホ代・ネット代
  【事】印刷製本費 チラシ・リーフレット・書籍
  【事】広告宣伝費 SNS広告・CM
  【事】消耗品費 10万円以下、使用期間1年未満の物品
  【事】雑費 どこにも当てはまらない費用
  【事】新聞図書費 新聞・本・電子書籍
  【事】会議費 会場にかかる費用(5000円未満)
  【事】研修費 研修・セミナー
  【事】諸会費 加入している団体の会費
  【事】交際費 得意先の接待など(5000円以上)
  【事】支払手数料 取引にかかる手数料
  【事】リース料 リース料金
  【事】謝金 出席や講演に対してのお礼金
  【事】業務委託費 他者へ業務を委託した費用
  【事】保険料 火災保険・損害保険など
  【事】仕入高 販売目的で購入した製品の代金
  【事】売上原価 販売する商品にかかった費用
  【事】減価償却費 固定資産価値の減りを費用として計上
  【事】地代家賃 施設賃借料・駐車場や借地の使用料
  【事】賃借料 土地 建物 機械 車両などの借料
  【事】水道光熱費 水道 電気 灯油 
  【事】修繕費 建物 設備 機械 器具の修理費
  【事】施設等評価費用 参照
  【事】支払寄付金 寄付金の支払
  【事】支払助成金 助成金の支払
  【事】支払利息 利息の支払
  【事】為替差損 為替相場の増減による損失
  【事】貸倒引当金繰入額 参照
  【事】貸倒損失 参照
  【事】租税公課 税金 国税 地方税 罰金 過料
 2. 管理費  
 (1)人件費 (1. 事業費と同じ)
  【管】給料手当  
  【管】役員報酬  
  【管】通勤費  
  【管】法定福利費  
  【管】福利厚生費  
  【管】退職給付費用  
  【管】臨時雇賃金  
  【管】ボランティア評価費用  
  【管】雑給  
 (2)その他経費 (1. 事業費と同じ)
  【管】旅費交通費  
  【管】車両費  
  【管】通信運搬費  
  【管】印刷製本費  
  【管】広告宣伝費  
  【管】消耗品費  
  【管】雑費  
  【管】新聞図書費  
  【管】会議費  
  【管】研修費  
  【管】諸会費  
  【管】交際費  
  【管】支払手数料  
  【管】リース料  
  【管】謝金  
  【管】業務委託費  
  【管】保険料  
  【管】仕入高  
  【管】売上原価  
  【管】減価償却費  
  【管】地代家賃  
  【管】賃借料  
  【管】水道光熱費  
  【管】修繕費  
  【管】施設等評価費用  
  【管】支払寄付金  
  【管】支払助成金  
  【管】支払利息  
  【管】為替差損  
  【管】貸倒引当金繰入額  
  【管】貸倒損失  
  【管】租税公課  
   
C 経常外収益  
  【管】固定資産売却益 参照(特別利益)
  【管】過年度損益修正益 参照(特別利益)
   
D 経常外費用  
  【管】固定資産除・売却損 参照(特別損失)
  【管】災害損失 参照(特別損失)
  【管】過年度損益修正損 参照(特別損失)

2019年12月 経営レポート|動物解放団体リブ

クラウドファンディングで自転車操業してきた結果、毎月の赤字となっています。
爆発力はあるが、体力がないといった状態です。

団体としてしっかりした力をつけることが必要。

今月は外での事業は行わず、経費削減します。
来月は外へ出る事業が続くので、累積赤字が増えるる予定です。

団体としてありがたいのは、毎月のご支援です。
「毎月どうぶつサポーター」

明日から3月31日まで、ファンドレイジングキャンペーンを行います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2019年11月 経営レポート|動物解放団体リブ

11月1日からNPO法人になりましたので、今後毎月経営レポートを公開します。

11月30日時点で、
 メンバー 45名
 収支   − 111,594円
の赤字となります。
(※給与が出ているメンバーは目黑のみで月々80,000円としています)

団体としては惨憺たる有様を公開するのは気が引けるのですが、日本の動物解放活動の現実を明らかにすることは重要です。

リブの年間予算は59万円。
これが日本の動物解放市場です。

59万円を、動物産業市場に換算してみますと、
・日本のスーパーの肉売場の平均売上2日分以下。
・繁忙期の水族館が12分で売上げるチケット代(予想)。
・動物産業界の大物でしたら1日分の稼ぎにもならないでしょう。

パワー(ヒトモノカネ)の違いを改めて認識します。

もしよかったらマンスリーサポーターにご参加ください。



〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member

動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram