京都水族館 間違った治療 イルカのマリアが亡くなりました/Kyoto Aquarium Wrong Treatment Dolphin Maria Died

【京都水族館 間違った治療 イルカのマリアが亡くなりました 】


以前お伝えした、口の中がボロボロになってしまったマリアが亡くなりました
マリアは、人間の欲に一生を奪われました。
鴨川シーワールドで生まれながらの奴隷として生を受け、京都水族館に監禁され、監禁され、病気にされ、薬漬けにされました。
水族館の商材として収益をあげさせられ、自称イルカ好きの人々の欲望を満たすためショーをさせられました。
口の病気は、最初から原因不明でした。
そしてそのまま死んでしまった。
何年も治せず、そして殺したということは、治療が間違っていたということです。

獣医は原因を特定できず、なんとネットで検索しながら治療をするという素人と変わらないと思える治療を行っていました。
レーザーを当てていますが、イルカトレーナー?獣医?は、笑いながら、雑談しながら治療を行い、傷口以外の皮膚も焼いています。
水族館は、マリアの何年間病気が続いているか「教えたくない」と回答し、情報公開を拒否しました。

マリアが亡くなった後、信じられないことに、水族館や自称イルカ好きの人々は苦しませ続けたマリアに”感謝”を捧げました。
マリアは、マリアの家族は、マリアの仲間たちは、その感謝を受け取っていますでしょうか。

マリアが監禁されなれば、自称イルカ好きの欲望を満たす役割をさせられなければ、家族に囲まれ、自由に生き、海の中で死んでいったでしょう。

水族館と自称イルカ好きの人々と、
イルカを監禁し苦しめる水族館から解放しようとする人々、
イルカの味方はどちらでしょうか。

答えは明らかです。


ドルフィンプロジェクトを通じ、2名の獣医に見ていただきました。
ウェブサイト:https://www.dolphinproject.com/
FB:https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/
A氏
膿瘍。穴の開口部は開いているため、長期間感染していたことがわかる。歯と歯茎の状態は複雑で、特定の抗生物質治療が必要。
B氏
骨髄炎と周囲の組織の感染、または周囲に外傷を及ぼすほど進行した深刻な虫歯の症例に見える。二次感染を引き起こす可能性がある。あるいは、あごは傷となった部分の内部で明らかに腫脹しており、露出した組織は私には癌のように見える。捕獲下のイルカでは口腔がんは珍しくなく、通常舌下だが、扁平上皮がんは顎に浸潤する可能性がある。もちろん、情報が限られているため、上記はすべて推測である。

[Kyoto Aquarium Dolphin Maria Death Wrong Treatment]


Maria, whose mouth was tattered, died.
Maria was deprived of life by human greed.
Received life as a born slave at Kamogawa Sea World and was confined to the Kyoto Aquarium, and drugged.
Maria was made profitable as an aquarium product.
She was shown to meet the dolphin fan’s desire.
The cause of oral disease was unknown from the beginning.
And she just died.
Having not cured and killed for years means that the treatment was wrong.

The veterinarian was unable to identify the cause, and was treating what seemed to be the same as an amateur who was treating while searching online.
A dolphin trainer? Veterinarian? , laughs, chats, and burns skin other than the wound.
I asked Kyoto aquarium “How many years Maria has been sick?” The aquarium responded “I don’t want to tell” , refused to disclose information.

With aquariums and people who like self-proclaimed dolphins,
People trying to free aquariums from confining and suffering dolphins,
Which is the dolphin ally?

The answer is clear.


Two veterinarians watched it through the Dolphin Project.
Website: https://www.dolphinproject.com/
FB: https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/
Dr A
From the pics you sent me I can confirm that looks like an open dental abscess. In the pic n.4, it’s possible to recognise also the spill pus. The opening of the hole has almost clear margins, so it was present an infection for a long time. The condition of the teeth and gums is really complicated, it would need specific antibiotic treatment.

Dr B
I think you’re right that this could a severe case of dental decay that has advanced to osteomyelitis and infection of the surrounding tissues, or possibly trauma leading to secondary infection. I would also consider cancer as a possible differential here. While it isn’t overtly tumorous, the jaw is clearly swollen internally in that area and the exposed tissues appear carcinoma-like to me. Oral cancer is not uncommon in captive dolphins and, while they are usually sublingual, squamous cell carcinomas can invade the jaw (though I’m not aware of a case that has been reported in this species). Laser therapy is a common treatment modality for oral/throat cancer, so fits the scenario. All speculation without more info of course.



動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo
〔動物の異常行動リスト〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔日本一周!動物園水族館調査〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/

クジラ目データベース 共有

・クジラ目全種類
・日本に住むクジラ目
・商業捕鯨/小型捕鯨/追込み漁/突き棒漁 対象種
・ワシントン条約
・IUCNレッドリスト
・最大体長等
作成しました。順次更新します。
お役立てください。


動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放を成遂げる仲間になりませんか。
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

Dolphin hunt documentary – Taiji, Japan

February, 25th 2019

Dolphin hunt in Taiji starts from 1st september until end of february next year.
There are many discussion regarding the dolphin hunt, however, no one actually seen the “REAL” dolphin hunts. 
I followed “A Day of the Dolphin Hunt in Taiji” 6:15am-1:57pm

Reported by Mineto Meguro, from LIB (Animal Liberator. net) 
I would be VERY happy if you could spread this page to as many people as possible.
Hope that this chain of compassion, care and goodness towards all the animals.

6:15am On Facebook live: Leaving Dolphin hunt boat

This is on live image of Dolphin hunt boat from Taiji port.

(4:25)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています

Early morning at 6:00am, Dolphin hunt boats leaves in line to do the dolphin hunt.
At around 12 boats

On the shore, the boats turns 180° looking for dolphins.

Dolphins are migratory they go thruou the Taiji shore on black current.
Dolphins does not belong to Taiji town.

There are two main purposes of dolphin hunts

  1. Sell the dead courpse (foods, tradition)
  2. Sell the living dolphins (to aquariums, NOT tradition)

They make more money on LIVING sells.

Taiji and pro-hunts insists on tradition (dead ones) but actually what they really need is LIVING sells.
LIVING sells can be sold to the aquarium, resort hotels, dolphins therapy, dolphins touching events, swin with the dolphins, etc.

Half of them are sold to overseas.
Mostly to China.
In the year 2000-2015 they sold to 12 countries – 216 to China, 36 to Ukraine, 35 to South Korea, 15 to Russia, etc.

Many preys are captured in Taiji port and Moriura bay.

Always at around 100-200 dolphins are captured in whole Taiji town. 

Russia captured more than 100 dolphins, but Taiji is worse.
https://news.yahoo.com/russia-battle-free-nearly-100-captured-whales-033412177.html;_ylt=AwrXgSNJcm9ct1MAkR3QtDMD;_ylu=X3oDMTEyaWw0MGZtBGNvbG8DZ3ExBHBvcwMxBHZ0aWQDQjY5NDZfMQRzZWMDc3I-

The activisits are not only considering about the dolphin hunts. 
We also takes breeding seriously.
Breeding is a very irrational acts to make living slaves or products, domestize the wild creatures just for our pleasure.
Zoos and aquariums calls this as “Species Preservation”

Moriura bay in Taiji town is planning to construct a humongous-sized cetacean breeding bay 

I followed the work of “Dolphin project” people in Taiji 
Amazing people who tries to help the dolphins and making records. 
Most of them are vegans. 

In Japan,
They mistakenly thinks that those activists are racists they only attack Japanese. 
They are only protecting dolphins.
But actually it’s not. 

They work in every part of the world such as USA, Mexico, Greece, Feroe islands, etc. 
Protecting every dignity and rights for the animals.

Dolphin Project
Website:https://www.dolphinproject.com/
FB:https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/
Tw:https://twitter.com/Dolphin_Project

9:40am Facebook live : Boat found dolphins

(2:24)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

After 3 hours and a half of departure, it seems that they’ve found the dolphins.
Gathering at one point in the sea. 

Black smokes of the boats on horizon, once they found dolphins. 
Motors are full-throttle.
Its hard to detect, but Dolphin project people finds it very fast. 

They start the drive hunt formation from the opposite size from Taiji port. 

Have you seen dolphins playing and swimming along the ship on TV?
Hunters use their natural instinct of playfulness.
They chase, capture, kill and eat the dolphins. 
Spear hunt – they stab harpoons to the dolphins back and kill.

Dolphins pods are made by their family and firends. 
They run away, helping the children or weaker dolphins by mothers and friends swim on both sides to protect. 

9:56am Drive hunt

(0:49)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

There are dolphin pods and all around them are fleets.

They are obstructing the dolphins to escape to the sea, and their fleet chase from the back. 

They use “Bangers” its an iron rod with filled oil to bang with a hammer.

Roaring sound in the water. 
Dolphis use ultrasonic sound to communicate and to recognize around them. 
Bangers will confuse and take away those functions from the dolphins. 
They panic and try to run away from the sound. 

Dolphins will panic, swin as fast as they can, that takes energy from them and unables them to breathe. 

Some young male dolphins might be able to run away because they are stronger. 
But mothers who want to protect children or weak ones, they opt to stay even they can escape. 
Hunters knows very well about Dolphin’s compassionate behaviors. 

10:26am COVE : Preparation for hunt

(0:45)

Hunt boat let dolphins towards the COVE.

Block the escape way to capture them all to the cove.

Cove is located 2 min. by car from Taiji port.

About the Cove

Before they were killing in the place nearby the car road and everybody can see the blood-covered ocean in there. 
Because of the movie “The Cove” and the activists work, they started to hide the killing. 
Nodaways, they take the dolphins to the smaller cove, that is hard to see. 
In the cove they do the selection and slaughter. 

Those people are in this place. 

1 Dolphin hunters 
Kill the dolphins and capture those to sell (living)
・ Drive hunt by boat
・ Chasing dolphins to with a small boat (net)
・ Prepare after dolphins comes to the back of the voce. 
・ Entering the ocean, wearing wet suits to slaughter the dolphins. 

2 Dolphin trainers
They do the selections to sell to the aquarium, in othe words, selecting which dolphins to kill. 

3 Activists
Those who wants to help dolphins.

4 Lay people : Locals, tourists, etc. 

5 Police

6 Maritime Security Agency 

On that day some National Research Institute of Far Seas Fisheries, Japan Fisheries Research and Education  people came here too. 
※National Research Institute of Far Seas Fisheries, Japan Fisheries Research and Education 
http://fsf.fra.affrc.go.jp/eng/index-e.htm

10:30am Dolphins are captured, some of them escaped.

(1:54)

Boats drove dolphins near the voce
Hunters holding hammer to hit the banger.

Dolphin pod
Boats are coming to the cove. 

Small boats are placing some nets 
Net to capture dolphins not to escape from the cove.

Risso and bottlenose dolphins. 
Famous in the aquariums.
Rissos can swin very deep.
But he is panicking cant breathe well, depriving the energy. 

Some dolphins escaped from the net. 
Great!

Dolphin boat turning with a black smoke. 
Motor full to do the drive hunt. 

10:36 Hunters banging the bangers

(0:34)

Banger is a rod to make Bang-Bang sound. 

Oil is filled inside the metal rod, the tip is larger to dissipate more sound. 
They put this banger into the water and by banging, dolphins wil panic. They catch and drive them by this sound. 

The speed of the sound is 340m in the air but 1500m in the water, is much faster. 
The music and fireworks sound are too close to the dolphins, and diffuse inside the water tank and is tremendeous stress for the dolphins. 
We must know that it may be fun for the humans, but is very painful to the dolphins. 

10:39 Again dolphins were taken into the cove but escaped.

(1:34)

10:40 Dolphins escaped (second time) the boat turns and chase them with a black smoke.

10:40 Facebook on live : Battle for the dolphins.

(22:35 )(Screen shakes

10:45,30
Again dolphins were chased into the cove. 
Dry, creepy sound of the bangers.
More foreigners are watching than Japanese now.
Dolphin projects are showing this during the hunt season on internet. 

10:47
First net
Total 3 nets. 
First net are placed between the shore and the boulders, once they placed this, the dolphins cannot escape anymore. 

Second net are placed inside the first net to separate the pods. They turn the motor sound towards the dolphins to panic. 

Third net are place inside the second, and in there they select and slaughter. 

10:47.37
Some dolphins escaped. 
We cant see them. 
Maybe they are under the boat to escape. 
Boats are chasing the dolphins. 

10:49.02
Again dolphins are taken back to the cove. 

10:50.40
4th attempt to escape.
Great !

10:51.43
This black-smoke boat are as if doing a war towards the innocent dolphins. 

10:52.41
International Marine Resourse guys laughing at this scene. 

10:53.57
Again, dolphins are chased down to the cove. 

10:54.19
Hunters placing the first net to chase them completely into the net. 

10:56.03
They placed a first net. 

Dolphins captured
They can’t escape anymore

Their destiny has determined – either be killed and eaten or be shown to amuse people for the rest of their lives. 

10:57.22
Hunters chase with the motor sound, placing the second net. 

10:58.55
Pod are coming back
Seems they worry about their friends and families. (boats are still far away, they were not chased)

11:00:28
Second net placed, dolphins captured. 

11.02.23
Hunters started to take away the first net. 
I wasn’t aware at that time but this was to chase more dolphins to kill at at once.

 

11:11 The dolphins outside of the net were chased

(0:55)

They were outside of the net, worrying about their families, they run away but again they were chased.

11:11 Fifth attempt to escape!

(0:12)

Again they escaped from the net. 

I really wished that they would escape. 
So as everybody in the whole world watching this by Dolphin Project’s internet on-live. 

11:14 Facebook on live : They were chased again.

(1:44)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

They are trying to chase more dolphins who opted to stay because they care about their family and friends.

11:19 The rest of the pods were chased down.

They came to the cove. 
Their lives are over

11:23 Last pod to the third net


Threatening with the motor sound and bubbles, to chase them towards the third net.

11:32 Chasing another pods into the second net.

From the first net to the second making net smaller little by little. 

Dolphins are panicked they stranded by themselves to the shore. 
Blowhole of stranded dolphins.
Some dolphins jumpled and hit hardly to the wall.

11:34 Dolphin trainers came for the selection.

Dolphin trainers came to select the dolphins on boat.
Today, there are three boats to transport living dolphins.

What will happen to the living sell dolphins?

Dolphin hunt starts, they will know the Dolphin’s type and if there is an order, they will communicate to the trainers and aquariums.
Trainers comes on boat to the cove to select. 
They prefer female, pretty skin and quiet ones.
Sex discrimination happens in here too.

They wear the wet suits to capture dolphins together with hunters. 
Those not selected will be killed or if they are over quotas, released.
Babies and chilren cannot survive, of course. 
Human children cannot survive without family, neither. 

Dolphin trainer put dolphins on stretchers tie them along the small boat.
To capture then in many places in Taiji.

Activists are deperately begging not to kill them, the dolphin trainers on boat are laughing at them.
They seem SO different then what we see at the dolphin show. 


What happens to the dead corpse dolphins?

Due to the blood-covered cove became world-wide attention and criticized, and to avoid those shocking image, they now use Normay method to kill.
Thrust the harpoon-like tool to the spiral of dolphins.
Twist then to cut the spiral.
After pulling the tool, they put cork-like lid to the wound part. 
They say its a “Humane” way, less pain but
1. Some dolphins could not die, some suffers more than 20 minutes or more. 
2. Because they close the wound part with a cork, dolphins will drown by their own blood. 


11:35 Slave for life or waiting to be slaughtered.

Dolphin trainers destined them to be a slave for their lives. 
Or the hunters will brutally kill them
Dolphins has no idea
No dolphins could go back to the ocean where they belong
Whichever that will be, this is a hell.


11:44 Facebook on live: Other Dolphin trainers comes to select

(0:28)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

They place a tarp to do the selection and killing, in order to avoid the activists will film to show the rest of the world.

12:08 Dolphins transportation – 1st boat.

(0:48)

They pour water with a dipper.
To wash their blood and to protect the skin.
Some dolphins were bleeding.
Beautiful skin dolphins can be sold at a very high price.
Some local aquarium or dolphin swin are not very beautiful.
High-end places dolphins has prettier skin.
Female can be sold at high prices because they will have babies. 
Male are cheaper.
Low-cost concentration camps they use buy male dolphins and cast away.

12:12 Dolphin trainers transports dolphins – 2nd boat.

(0:12)

Dolphin trainers captures dolphins.
Dolphins face naturally seems as if they are smiling, but actually this is what they are going through. 

12:13 Face book live: Living dolphins

(2:34)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

On the previous day, 12 Rough-toothed dolphins were captured to be sold at the aquarium.
If one dolphin-person are sold ¥5,000,000 yens, total sales ¥60.000.000 ($600.000 USD) 

Risso’s and bottlenose were hunted today. 
Dolphin trainers taking them away along the boat.

Isana Fishermen’s association, Taiji Whale Museum, Taiji development company, Dolphin selling company are getting a huge profit.
Aquariums can get great merchantise. 

Dolphins will be captured for good in this small tank, amusing humans and die. 
Do you really want to go to the dolphin show?

12:27 Facebook on live : Some dolphins are taken away, some are killed.

(7:28)
(We are looking for someone to translate into English/英語に翻訳してくださる方を募集しています)

2 Risso’s dolphins and 6 bottle nose dolphins were taken away.
The rest of Risso’s are shoving onto the back of the cove. 
They are selecting and killing at the same time, so the dolphins are seeing and very aware that their friends and families are murdered and soon it will be his or her turn.

Motor sound, they are desperate to run away but is impossible to do so.

It freaks me out to even think about if this happens to me or to my family or friends. 


13:03 Last Risso’s dolphins will be chased by 3 small boats.

(3:44)

There are silence after three boats chased them away.

But in the back of the cove, the dolphins are harpooned and quietly writhe in agony.

13:06 Taking away the third net.

End of dolphin hunt.

13:11 Dolphin trainers taking the dolphins aout.

(1:33)

Transporting the living sell dolphins on both sides.

In the tank of the aquarium you will find a crane in somewhere this crane is used to put dolphins into the tank.

13:24 1st boat with dead dolphins.

(0:47)

This is for the meat-selling. you see some fins, hunters are stepping on vinyl sheets to cover the dead ones.

In Taiji, they label as Risso’s meat, Bottlenose meat, but in other areas of Japan, they label as “Whale meat” 

Dolphins are part of the whale and is less than 4 metres. 

13:25 Small boat will pass away the dead corpse.

(0.35)

Under the vinyl sheet so that nobody can take photos.

Small boat will drag the body to the Taiji port or directly give to the Dolphin boats

Easy to find the dead body boat because they are so slow.

13:27 Second boat with the dead corpse.

(1:28)

Second small boats with a dead corpse and some hunters to go back to the Taiji port. 

13:42 Dolphins trainers chit-chatting on the boat.

(1:13)

Move to Taiji Port.

On the first boat some dolphin trainers are on board. 

This trainers on top of the victims were doing capture process. 
They are going toward the port, so some victims are also on the boat. 
Talking and laughing.
They know many dolphins were killed. 
And they were the ones who decide their destiny.

Carrying the dead corpse.
Under the tarps, are the dead dolphins.

13:50 Transporting dead dolphins into the dissection area.

(4:32)

Dead dolphins under the blue vinyl sheets. 
To the dissection area 
There are Risso’s head on the left side of the tarp.

Dolphin boat to drag the dead dolphins.
Big gray ship is for pelagic whaling ship.
Harpoon gun and blue vinyl bag around. 
Harpoon gun thrust into the body of the whale, they will spread into the body and cannot be taken away.
Whales will suffer tremendeously, after after he or she lost all of the energy, they lift the whales onto the ship.

There are 3 types of whalings in Japan.
1 Drive hunt
2 Spear hunt
3 Pelagic whaling Baird’s beaked, Pilot whale, etc.
Taiji does all 3 types of whaling.

13:52 Floating Risso’s dolphins

(1:49)

They were alive just until now.

13:57 Dead Risso’s face

(3:22)

They did all they can to survive.
8 were captured, 19 were killed.

Very sad.



Dibates are going differently between pro-hunts and con-hunts.
Pro’s are talking only from the point of view of the humans. 
But actually, many con-hunts are not only for the dolphin hunts.

We try to protect the rights and liberty of all beings. including the dolphins. 

Those who wants to protect the animals has the point of view of the animals, they are part of the animals, that is why they don’t want humand to kill or hurt, capture them. 

Those who exploit the animals makes any excuses so they can get profits. 
Biggest profit is the meat (dead corpse)
We say it is a tradition to eat meat, is a common sense, we are grateful so it’s okay to eat, environmental issue, sustaining , diversity, etc. etc. these are all human’s excuses.
Those animals who suffer, in pain, frightened are left behind. 

You or calf, which is better in value?
What is the objective, and reasoable explanation that you have more value?
What about you and the dolphins? Pigs? Tunas? or Salamanders?
You are more valuable – This is just an illusion.

We are all one, living on this planet earth.
We are always one-sided, exploiting as we wish. 

Who is the biggest vermin on earth?

We should change now.
Now is a paradigm-shift!

Liberate the animals!

太地町 イルカ漁ドキュメンタリー

(2019年2月25日)

太地町のイルカ猟は、毎年9月1日から翌年2月末日まで行われます。
イルカ猟に関する議論は様々ありますが、イルカ猟を実際に見たことがある人はほとんどいません。
イルカ猟の1日を追いました。
6時15分〜13時57分。短いですがまるで何日も経ったような気がしました。

リブ(動物解放団体:Animal Liberator. net)の目黒峯人(みねと)がレポートを行います。
このページを、人に伝えていただければうれしいです。
動物への共感・配慮・善意の連鎖が続いていくことを望んでいます。

6時15分 フェイスブック中継:イルカ漁船の出航

太地漁港から、イルカ漁船の出港のライブ映像です。

(4:25)

早朝6:00すぎ、イルカ漁船が隊列をなしてイルカ猟に出航する。
12隻前後。
※なお活動家が「イルカ猟」「イルカ猟師」等と記載することがあるのは、イルカが哺乳類のため。

沖に出た後、船は180°展開し、それぞれの場所でイルカを探す。

イルカは、回遊型のイルカで、暖かい黒潮に乗って太地沖を通り過ぎて行く。
イルカは太地町のものではない。

イルカ猟の目的は2つ。
①遺体販売(鯨肉食。伝統)
②生体販売(水族館等に販売。伝統ではない)
収入が多いのは生体販売である。

太地町や推進派が主張するのは伝統(①遺体販売)であるが、
実態は、
②生体販売が主目的である。

②生体販売は、水族館、リゾートホテル、ドルフィンセラピー、ふれあい体験、ドルフィンスイムといった娯楽商材利用、教育研究利用、軍事利用等を目的として行われる。

半数は海外に販売される。
主要販売先は中国。
2000-2015の販売先は、
中国216頭 ウクライナ36頭 韓国35頭 ロシア15頭 など12カ国。

太地漁港と森浦湾には多くの生簀があり、イルカたちが監禁されている。

太地町全体に、常に、100人を超えるイルカが、多いときでは200人以上のイルカが監禁されている。
ロシアの施設がイルカを100人以上監禁していると問題になったが、その比ではない。
https://www.afpbb.com/articles/-/3213181?cx_part=search

私たち、動物解放・動物権利を主張する人々はイルカ猟のみを問題視しているわけではない。
イルカの繁殖も同じことである。
繁殖とは、
一生人間を喜ばせるためだけに生きる奴隷/商材を作る、あるいは、野生動物の家畜化という、極めて非倫理的な行為である。
それを、動物園水族館では「種の保存」と表現する。

太地町森浦湾では鯨類の一大繁殖地を作ろうと計画している。

太地町ではドルフィンプロジェクトに同行させていただいた。
何年もの間、イルカを守ろうとイルカ猟の記録を取り続けて来た方々。
私が会ったドルフィンプロジェクトのメンバーの多くはヴィーガンだった。

日本では
・日本だけを差別的に攻撃する人々
・イルカのみを守ろうとする人々
との誤解がある。

・アメリカ・メキシコ・ギリシャ・フェロー諸島など、世界中でイルカを守る活動をしており
・すべての動物の尊厳、権利を守ろうとしている人々である。

Dolphin Project(ドルフィンプロジェクト)
Website:https://www.dolphinproject.com/
FB:https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/
Tw:https://twitter.com/Dolphin_Project

9時40分 フェイスブック中継:イルカ漁船がイルカを見つけた

(2:24)

出航から3時間半後、イルカ漁船がイルカを見つけた様子。
海の一箇所に集まり始めている。

イルカを見つけると水平線に、イルカ漁船の数だけ黒煙が上がる。
イルカ漁船がエンジンを全開にしたからである。
目視が難しいほどの黒煙であるが、ドルフィンプロジェクトの方々はすぐに見つける。

イルカを見つけると、イルカ追込み漁船は太地港の逆方向から、イルカの群れを囲い込む形に展開する。

イルカが船に近寄ってきて、一緒に泳いだりする映像を見たことがある方もあるだろう。
イルカ猟は、その好奇心や一緒に遊びたいという気持ちに付け込む。
追込み猟は、近づいて来たイルカの群れを追いかけ回し、捕獲し、あるいは殺し、遺体を食べる。
突棒猟(つきぼうりょう)は、近づいて来たイルカの背中に上から銛を突き刺し、殺し、遺体を食べる。

イルカの群れは家族や仲間で構成されている。
子どものイルカや体の弱いイルカを、母や仲間が両脇を泳ぎ、守りながら逃げる。

9時56分 太地沖 イルカ漁船がイルカを追込む 

(0:49)

漁船団に囲まれるようにイルカの群れがいる。

前方に長く伸びた猟船が、イルカが外海に逃げられないように行く手を阻み、後ろの方にいる漁船団が後ろからイルカを追い立てる。

追込みは「バンガー」という鉄の棒に油を充填した棒を海の中に入れ、金槌で棒を叩きながら行われる。

水中に轟音が響き渡る。
イルカは超音波を使い、コミュニケーションし周囲を認識する。
バンガーはその機能を混乱させ、奪う。
轟音に囲まれたイルカたちはパニックに陥り、音から逃げようと追い立てられる。

パニックになったイルカはパニック全速力で泳ぎ、体力を奪われ、呼吸が浅くなり、深く潜れなくなる。

若い男性のイルカは体力と気力で逃げ切れることもある。
しかし、必死で子どもを守ろうとする母親や、弱い仲間を守ろうとするイルカたちは、例え自分が逃げることができても、守るために残る。
イルカ猟師たちはそれをよく知っている。

10時26分 コーヴ:イルカ猟師が準備を始める

(0:45)

イルカ漁船は、一度太地港方面にイルカの群れを追込み、コーヴに向かわせる。

その後、逃げ道を防ぎ、徐々にコーヴに追い込んで行く。

コーヴ(Cove)とは、「入り江」のこと
太地港から車で2分ほどにある。

コーヴについて
以前は国道沿いの誰もが見れる場所で、海を血に染めながら殺害していた。
映画「ザ・コーヴ」や活動家の発信によってその残虐性が知られ、見える場所では行われなくなった。
現在は、海側の、国道からは見えない位置にある小さいコーヴに追い込まれる。
コーヴでは、選別・殺害が行われる。

この場所には以下の人々がいる。
①イルカ猟師
  ①遺体販売用のイルカの殺害と②生体販売用イルカの捕獲を行う。
  ・イルカ漁船でイルカを追い込む役割
  ・小船でイルカを追い込む役割(網も張る)
  ・湾の奥でイルカが追い込まれた時の準備をする役割
  ・ウェットスーツを着て直接海に入りイルカを追い込み捕まえ殺害する役割
②イルカトレーナー:水族館などに売るイルカの選別を行う。逆に言うと、殺害するイルカを選別している。
③活動家:イルカを助けたい人々。
④一般市民:地元の方や観光客。
⑤警察:陸上の警戒に当たる。
⑥海上保安庁:海上の警戒に当たる。
この日は、国際水産資源研究所の方々が5名来ていた。
 ※国際水産資源研究所
 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 国際水産資源研究所
 http://fsf.fra.affrc.go.jp/

10時30分 イルカが追い込まれる。しかし必死で逃れた。

(1:54)

イルカ漁船が、コーヴの入り口までイルカを追込んで来た。
猟師の手にはバンガーを叩くための金槌が見える。

イルカの群れの姿が見えた。
イルカ漁船が次々とコーヴに姿を表す。

小船が網を張り始める。
イルカがコーヴから出られないようにするための網。

追い込まれているイルカは「ハナゴンドウ」と「ハンドウイルカ 」。
水族館でもおなじみのイルカたち。
ゴンドウ系は深く潜れる。
しかしパニックで呼吸が浅くなっているため、体力が削がれてしまう。

直後、イルカたちが包囲網から必死で逃れた。(1回目の脱出)
すごい。

イルカ漁船が黒煙を噴きあげ、転回する。
エンジンを全開にして追いかけ、回り込もうとする。

10時36分 バンガーを叩くイルカ猟師

(0:34)

「バンガー」について。
バンガー(BANGER)とは、バンバン(BANGBANG)と音を鳴らす棒のこと。

バンガーは、金属でできた棒である。
金属の棒にオイルが充填してあり、さらに棒の先端は広がっており、音が拡散しやすいように作られている。
この棒を水中に差し込み、金槌で叩くことによって水中に轟音を出し、イルカをパニックに陥れ、音で囲い込み、追込んでいく。

音の伝わる速度は、空気中では秒速340mだが、水中では秒速1500mという極めて早いスピードで伝わる。
イルカショーの音楽や花火の音は、イルカのすぐそばで鳴らされ、さらにタンクの中で乱反射する。
イルカにとって非常なストレスとなる。
人間にとっては楽しい演出であっても、イルカにとっては苦痛であることを知っておくことは大事なことである。

10時39分 再びイルカたちが追込まれ、そして再度逃れる

(1:34)

イルカたちが再びコーヴに追い込まれて来る。
しかし、10時40分、再度イルカは逃れ、(2回目の脱出)
イルカ漁船は転回し、黒煙を噴きあげて追いかけていく。

10時40分 フェイスブック中継:イルカたちの息を飲む闘い

(22:35 )(画面が揺れます)

10時45分30秒
再びイルカがコーヴに追い込まれてくる。
バンガーの乾いた嫌な音が響く。
今この瞬間のをネット見ているのは、日本人より海外の人の方がはるかに多い。
猟期中、ドルフィンプロジェクトがインターネットを通じて中継している。

10時47分
1枚目の網を張り始める。
網は全部で3枚張る。
・第一の網はコーヴの岬と岩の間に張る。これを張られたらもう逃げることができない。
・第二の網は第一の網の内側に張り、群れを分裂させる。小型ボートのエンジンをイルカに向け、音と泡で追い詰める。
・第三の網はさらに内側に張り、その中で選別と殺害が行われる。

10時47分37秒
イルカたちがイルカ漁船の包囲網から逃れた。(3回目の脱出)
追い込まれた後、姿が見えなくなっている。
おそらく船の下を潜って逃げていると思われる。
イルカ漁船は黒煙を吹きながらイルカを追っていく。

10時49分2秒
再びイルカたちが追い込まれてくる。

10時50分40秒
イルカたちは再度イルカ漁船の包囲網から逃れる。
これで4回目の脱出。(4回目の脱出)
すごい。

10時51分43秒
黒煙を吹き上げイルカを追い詰めていく漁船は、イルカに対する人間の一方的な戦争のようだ。

10時52分41秒
隣にいた国際水産資源研究所の人々が、その光景を笑って見ている。

10時53分57秒
イルカたちが再度、コーヴの入り口まで追い込まれてきてしまった。

10時54分19秒
イルカ猟師たちが、第一の網を張り始め、イルカたちを追込む。
イルカたちは完全にコーヴの中に入ってしまった。

10時56分3秒
第一の網が張り終わった。

イルカたちが捕らえられた。
もう逃げられない。
殺されて遺体を食べられるか、一生人間の見世物になるかの運命が決まった瞬間。

10時57分22秒
猟師たちは、小船のエンジン音でさらにイルカを湾の深くに追い込み、第二の網を張り始める。

10時58分55秒
第一の網の外にイルカの群れが戻ってきている。
仲間を心配しているように見える(追い込み漁船は離れたところにいる。追い込まれてきたわけではない)

11時00分28秒
第二の網が張り終わる。イルカたちはその中に閉じ込められた。

11時02分23秒
猟師たちが第一の網を外しはじめた。
このときは気付かなかったが、残りの群れをさらに追い込み、一網打尽にするためにいったん網を外す作業だった。

11時11分 網の外にいたイルカたちが追い込まれてくる

(0:55)

家族を仲間を心配するように網の外にいたイルカたち。
一度逃れたが、また追い込まれてきてしまった。

11時11分 イルカたちが5度目の脱出!

(0:12)

イルカたちが再びイルカ漁船の包囲網から逃れた。
これでなんと5度目である。(5回目の脱出)
私は、心の底から逃げ切ることを祈っていた。
ドルフィンプロジェクトの中継を通してこの光景を見ている世界中の人々が、同じように祈っていた。

11時14分 フェイスブック中継:追込まれるイルカたち

(1:44)

家族や仲間を心配して残っているイルカを、さらに追い込もうとしている。

※ポッドとは群れのこと

11時19分 群れの残りが追い込まれてしまった

(2:38)

残りの群れが追い込まれてくる。
コーヴに入ってしまった。

第一の網が張られはじめ、張り終わる。
イルカたちの人生が終わった。

11時23分 最初の群れを第三の網に追い込む

(0:48)

最初の群れを、小船のエンジン音と泡で脅し、第二の網から第三の網に追い込む。

11時27分 後に捕まった群れを第二の網に追い込む

(3:05)

後の群れを、第一の網から第二の網に追い込む。
順繰りに追い込み、網を狭めていく。

パニックに陥ったイルカたちは、自ら岸に座礁していく。
座礁したイルカの噴気。
以前、ジャンプして脇の壁に激突したイルカもいたそうだ。

11時34分 イルカトレーナーたちが選別に来た

(1:09)

イルカトレーナーたちが船に乗ってイルカの選別にやって来た。
この日は、②生体販売用イルカを搬送する小船が、計3隻来る。

生体販売されるイルカに何が起こるか。

イルカ追込み漁が始まり、種類がわかり、そのイルカが水族館等から注文があるイルカの場合、イルカトレーナー・水族館関係者に連絡がいく。
イルカトレーナーはボートに乗ってコーヴに来て、イルカの選別をする。
主に選ばれるのは、女性で、皮膚がきれいで、おとなしいイルカ。
ここでも性差別が行われる。

イルカトレーナーはウェットスーツを着て、イルカ猟師とともに生体販売用イルカを捕獲する。
選ばれなかったイルカは、猟師たちによって殺害されるか、
捕獲枠を超えているなど何らかの理由によってリリースされる。
子供のイルカをリリースすることもあるが、当然ながら生きていくことはできない。
人間でも、家族を殺し、子どもをリリースしても生きていくことはできないのと同じこと。

イルカトレーナーは、イルカをイルカ用の担架に乗せ、小型ボートの脇にくくりつけ運んで行く。
太地町の各所にある生簀に監禁するため。

活動家が「イルカを殺さないでください」と必死のお願いをする姿を、ボートの上のイルカトレーナーは笑って見ていた。
イルカトレーナーは、一般的なイメージと実態とが、かけ離れている。

遺体販売されるイルカに何が起こるか。

コーヴが血に染まる従来の殺害方法が批判を受け、また、ショッキングな映像を撮影されるリスクを避けるために現在は、ノルウェー方式で殺害している。
銛に似た屠殺道具を、呼吸口の後ろから脊髄に突き刺す。
さらに捻って脊髄をねじ切る。
引き抜いた後にコルクに似た栓を傷口に挿入し、蓋をする。
苦痛の少ない”人道的”な殺害方法と主張するが、
1. 死なずに暴れ続けるイルカもいる。20分以上場合によってはさらに長い時間動いていたイルカもいる。
2. 傷口に蓋をすることによって血はイルカの体内にとどまる。イルカは自分の血で溺れていると思われる。


11時35分 一生の奴隷になるか、虐殺かを待つイルカたち

(0:31)

イルカトレーナーに一生の奴隷の運命を与えられるか、
イルカ猟師に殺害されるか、
イルカたちには知るすべもない。
この日は海に戻されるイルカは一人もいなかった。
どちらの人生であっても、地獄。

11時44分 フェイスブック中継:別のイルカトレーナーが選別に来る

(0:28)

選別と殺害は、幕を張り、その下で行われる。
活動家に撮影され、世間に見られるのを避けるため。

12時8分 イルカを運び出すイルカトレーナー 1隻目

(0:48)

柄杓で水をかけながら運び出す。
柄杓で水をかけるのは、怪我をしたイルカの血を洗い流すため、また皮膚の保護のため。
この日も血を流しているイルカがいた。
イルカは、皮膚が綺麗なイルカほど高く売れる。
地方の水族館やドルフィンスイムなどに監禁されているイルカは見た目が綺麗でないイルカがいる。
しかし、品川のエプソンスタジアムやリゾート施設など、高価格帯の収容所に監禁されているイルカは綺麗な皮膚をしている。
また女性のイルカの方が、繁殖に使えるため高く売れる。
男は安い。
低価格帯の収容所は、男性のイルカを買い、使い捨てる。

12時12分 イルカを運び出すイルカトレーナー 2隻目

(0:12)

イルカトレーナーが、イルカを拉致していく。
水族館の楽しいイルカショー、イルカの癒体験で、まるで笑っているようなイルカたちはこういう体験をしている。

12時13分 フェイスブック中継:生体販売について

(2:34)

この前日、2月24日にはシワハイルカが12人、水族館用に売られるために囚われた。
仮に1人500万円で売ったとして、6000万円の売上。

今日追い込まれたイルカはハナゴンゴウとハンドウイルカ 。
イルカトレーナーがボートの脇にイルカを括り付けて、連れ去っていく。

生体販売を行う、いさな漁協・太地町立くじらの博物館・太地開発公社・イルカ販売専門業者は大きな利益を得、
水族館は優秀な商材を手に入れる。

このイルカたちは、狭いタンクの中で一生人間を楽しませ、死んでいく。
今、目の前でショーをしているイルカがそのイルカかもしれない。
イルカショーは本当に楽しいですか?

12時27分 フェイスブック中継:連れ去られるイルカ、殺されるイルカについて

(7:28)

ハンドウイルカ6人、ハナゴンドウ2人が連れ去られた。
そして残りのハナゴンゴウがコーヴの奥に追い込まれている。
動画の中で「イルカたちは自分たちが殺されると思っていない」と言っている。
しかし、後からわかったのだが、選別と同時進行で、殺害も行われているようだ。
つまり、追いこまれているイルカたちは仲間が殺される場面を目前で見、自分たちが殺されることに気が付いている。

モーター音が聞こえる。
イルカたちは、なんとか逃れようと必死に頑張っている。
しかし、決して逃れることはできない。

もし自分が、自分の家族が、仲間が同じ目にあったらどうだろう。
恐ろしいことだ。

13時3分 最後のハナゴンドウを小船3隻で追い詰める

(3:44)

最後のハナゴンドウを3隻で追い詰める。
追い詰め終わった後、静寂が戻る。

しかしコーヴの奥では、イルカたちが、体に銛を突き刺され、静かにのたうち回っている。

13時6分 第三の網を外す作業

(1:47)

第三の網を外す作業。
イルカ猟が終わりに近づいている。

13時11分 イルカを運び出すイルカトレーナー 3隻目

(1:33)

小船の両脇に、②生体販売のイルカをくくりつけ運んでいる。

水族館のイルカのプールをよく見てみると、どこかにクレーンがあるはず。
イルカをプールに搬入監禁する時に使用するクレーン。

13時24分 イルカの遺体をくくりつけた小船 1隻目

(0:47)

①遺体販売、イルカの遺体をくくりつけた小船が、イルカ漁船に向かう。
イルカたちのヒレが見え隠れしている。
遺体に被せたビニールをイルカ猟師が足で押さえつけている。

遺体を食品として陳列する時、太地町ではイルカの名前(ハナゴンドウ 、オキゴンドウ等)を記載するが、
東京や大阪を始め、他の自治体でイルカが販売されるときは、クジラ肉/鯨肉等と記載される。

なお、イルカとは成体で4m以下のクジラのことである。

13時25分 小舟が、イルカ漁船に遺体を渡す

(0.35)

小船のグレーのビニールの下から、イルカ漁船のブルーのビニールの下に渡す。
遺体を見られたり、撮影されたりするのを避けるため。

小船が遺体を太地港まで引いて行く場合と、イルカ漁船に渡す場合がある。

遺体を運ぶ船は、かなり遅いスピードで進むためすぐにわかる。

13時27分 イルカの遺体をくくりつけた小船 2隻目

(1:28)

イルカの遺体をくくりつけた小船 2隻目と、
それに続く太地港へ帰る猟師を乗せた小船。

13時42分 イルカ生簀の上で談笑するイルカトレーナー・遺体を運ぶ船

(1:13)

太地港へ移動。

最初の船はイルカトレーナーの乗っている船。

生簀の上にいるのは、捕獲作業をしていたイルカトレーナー。
太地港方向行きの船に乗っていたイルカトレーナーなので、生簀には先ほどの猟で捕まえたイルカが入っているのだろう。
談笑している。
コーヴでは多くのイルカが殺されたことを知っているのに。
その生き死にを決めたのは自分たちなのに。

最後に太地港に入ってきている小船は、イルカの遺体を運んでいる。
小船の向こう側にビニールを掛け、その下にイルカの遺体を引いている。

13時50分 小舟とイルカ漁船が、イルカの遺体を解体場に運び入れる

(4:32)

小舟がイルカの遺体を運び入れる。
船の向こうのグレーのビニールの下にいる遺体を、青いビニールの下に入れる。
この下から、上のイルカ解体場に引き上げる。
解体場の青いビニールの左側に、一瞬ハナゴンドウの頭が映る。

小船と入れ違いに、イルカ漁船が遺体を引いてくる。
その奥に見えるグレーの大きな船は、沿岸捕鯨用の捕鯨船。
船首に捕鯨砲があり、青いビニール袋が巻いてある。
捕鯨砲は、クジラの体に突き刺さり、体の中で鉤爪が広がり、抜けなくなる。
クジラが苦しみもがき、力尽きると引き上げる。

日本での捕鯨は3種類。
①追込み猟
②突棒猟
③沿岸捕鯨(ツチクジラ・ゴンドウクジラなどを殺害)
太地町では3種類とも行なっている。

13時52分 ハナゴンドウの遺体が浮かんでいる

(1:49)

さっきまで生きていたハナゴンドウたち。

13時57分 引き上げられるハナゴンドウの死に顔

(3:22)

イルカたちは闘い抜いた。
8人が監禁、19人が殺された。
悲しい。


イルカ猟賛成派、”イルカ猟反対派”で議論がすれ違っています。
イルカ猟賛成派は、人間目線から人間同士として、イルカ猟の是非を論じています。
しかし、そもそも”イルカ猟反対派”の多くは”イルカ猟反対派”ではありません。

『イルカを含めたすべての動物の生命と自由と権利を守ろうとする人々』です。

動物を守ろうとする人々は、動物側の目線から、動物の仲間として、仲間を殺して欲しくない、傷つけて欲しくない、監禁して欲しくない、と思っています。

動物を搾取する人々は、何とか理由をつけて、既得権益を保持しようとします。
食肉(遺体食)は、最大の既得権益です。
伝統・常識・感謝・いただきます・環境問題・持続可能・生物多様性等々、これらすべて人間側の視点です。
苦しみ、悲しみ、恐怖に打ち震えている動物たちは置き去りにされています。

さて、
子牛とあなた、どちらが価値が上でしょうか。
あなたの方が価値があるという客観的、合理的な理由はありますか?
イルカとあなたは?豚とあなたは?マグロとあなたは?サンショウウオとあなたは?
あなたに特別な価値があるというのは幻想です。

我々は地球に共に生きる仲間です。
私たちはこれまで一方的な搾取をほしいままにしてきました。

地球にとって最大の害獣は誰でしょうか。

私たちは変わるべき時が来ています。
今が、パラダイムシフトの時です。


動物を解放しよう。

太地町立くじらの博物館

イルカの赤ちゃんの死体を見て、ショーを見て、死体を食べて、イルカトレーナーを育て、異常行動に陥っているイルカを眺め、イルカを満喫できる場所でした。

太地町は、世界の水族館へのイルカ供給の中心地です。
大きなお金を稼いでいます。
日本の文化伝統と言いますが、世界中の水族館にイルカを売り払う文化などありましたか。

イルカトレーナーたちはすべてを知っています。
さて、イルカトレーナーはやさしいでしょうか。倫理的でしょうか。

イルカを殺すな、解放しようという人々は、どうですか。

イルカトレーナーがやさしく、イルカを殺すなという人たちがおかしい人たちだとされています。
何か間違っていませんか?

_____________
〔日本一周 動物園水族館調査 進捗〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/
〔リブ:マンスリーサポーター募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

2018年 今年も太地町の虐殺がはじまる|LIB

あと4日後、9月から開始です。

和歌山県の捕獲枠は、2,532人。

伝統と言いますが、実態は、戦後から。

群れごと虐殺し、若いおとなしい女性のイルカを、中国やアラブの水族館に売り払い、ウクライナの軍に売ったことすらあります。

太地町が世界的に悪名高いですが、もっとも殺しているのは岩手県。
今年の捕獲枠は、10,703人です。

水産庁は、データ改竄など当たり前、ごまかし、嘘、国外と国内とでは言うことが違いますし、関係団体や漁業者とのひどい癒着、天下りと、ダークサイドの組織です。

イルカを助けようとする人たちもいれば、イルカを殺そうとする人たちもいる。
動物を助けようとする人もいれば、殺して食べようとする人たちもいる。
人間を助けようとする人もいれば、搾取する人、殺そうとする人たちもいる。
殺すのは簡単です。
生かすのは本当に大変。

それでも生かす人でいたいものです。

《参考》

『あなたは、イルカはどこから来るか、知っていますか?』

【①イルカ猟】
【②繁殖】
【③輸入】

【①イルカ猟】
水族館のトレーナーがイルカを選別し、残ったイルカは虐殺されます。
日本のイルカ猟
https://www.youtube.com/watch?v=ujhnB22o_DM

イルカは、中国やアラブの水族館に高額で売られています。
http://elsaenc.net/petition/fromtaiji/

あるいはウクライナなどに軍需兵器として売られます。
https://www.news-postseven.com/archives/20140829_272949.html

これは日本文化なのでしょうか。

以下、
『日本の施設で飼育されているイルカたち』より抜粋
貴重な資料です。
http://uk.whales.org/sites/default/files/japan_aquaria_japanese_inventory_final.pdf

1-3)イルカはどこから?
水族館で飼育されているイルカの大多数は、追い込み猟で生け捕りにされたイルカです。日本では、現在、水産庁が、捕獲を許可するイルカの種と頭数を定めて静岡県と和歌山県に通達し、両県の知事が、各々、県の漁協漁師にイルカ追い込み猟の許可を出しています。こうして、現在、静岡県「いとう漁業協同組合富戸支所」と和歌山県「太地町漁業協同組合」の2か所が追い込み猟を行なうことができますが、富戸は 2004 年の猟以降、イルカ猟を停止しています。従って、2005 年以降、水族館に搬入されるイルカのほとんどは、和歌山県の太地が行なう追い込み猟で捕獲されたイルカということになります。意図的な捕獲以外では、定置網にかかったイルカ、座礁・漂着したイルカも水族館へ運ばれ展示に使われています。

1-4)イルカの追い込み猟とは?
イルカの追い込み猟は、まず、外洋でイルカの群れを見つけることから始まります。群れが見つかると、漁船から水中に鉄パイプをさし入れて激しく叩き、海中に大きな音を送って、イルカの音波探知機能を撹乱させます。同時に、漁船が連携してイルカの退路をふさぎ、パニック状態になった群れを、じりじりと狭い湾や漁港内に追い込み、湾や港の入口を漁網でふさいでイルカを中に閉じ込めて、捕獲します。太地の場合は通常、畠尻湾、富戸の場合は、富戸漁港に追い込んでいます。追い込んだイルカは、湾内に一晩おき、翌朝、まず水族館用を生け捕り、残りを肉用に殺して解体しますが、肉の需要によっては、不要になったイルカを、また海へ放します。

1-5)イルカ追い込み猟の問題点
イルカ追い込み猟は、極めて残酷で非人道的な猟法であるとして、世界動物園水族館協会は、日本の追い込み猟で捕獲されたイルカを輸入しないように、同協会加盟水族館に警告を出しています。今では、多くの映像がイルカ猟の屠殺の残酷さを示しています。一方、イルカの生け捕りについても、その残酷さが広く理解されるようになりました。

4
イルカ追い込み猟は、イルカが生きていく上で必要不可欠な音の世界を撹乱することから始まります。追い込みの翌朝、閉じ込めたイルカを執拗に追い回して、水族館の飼育に適したイルカを選別します。パニック状態に陥ったイルカは漁船だけでなく、仲間同士が激しくぶつかり合って傷つき、生け捕り作業が始まってから約1時間で、海は血の色に変わります。漁網に絡まって窒息死するもの、パニックして溺死するもの、捕獲時にショック死するものもいます。イルカが備えている自意識、判断力を総合して考えれば、こうした長時間にわたる暴力的な捕獲がどんなに残酷かが分かります。

1-6)イルカ追い込み猟は、何のため?
現在、イルカ追い込み猟は、主に二つの目的で実施されています。一つはイルカの肉を食用にするため、そして、もう一つは、水族館やその類似施設に生け捕りにしたイルカを補充するためです。

【②繁殖】
繁殖=家畜化=決して野生に帰ることができない、水族館にとっては商材であるイルカを作ること。
水族館同士でイルカを交配させ分配する。
また、イルカの赤ちゃんはよい商材となるため、繁殖に力を入れ、生まれたことを誇る。
実際は生まれながらの奴隷が生を受けてしまったということ。

【③輸入】
鴨川シーワールのシャチなどは、世界中の反対を押し切って、無理やり輸入。
狭いプールに押し込みました。
ベルーガなどもそうですね。
イルカ、鯨類を徹底的に利用し搾取します。

【イルカを守る動き】
アイスランドでは、イルカのサンクチュアリ(水族館や動物園や家畜産業で傷ついた動物を引き取り修正飼育する施設)を作りベルーガを受け入れ始めています。
https://jp.reuters.com/article/whale-idJPKBN1JN0KC

米ボルチモアの水族館は、水族館自身がサンクチュアリを作ろうとしています。
http://animals-peace.net/wildlife/dolphin/baltimore.html (PEACE 命の搾取ではなく尊厳を)

クジラサンクチュアリ (IFAW)
https://www.ifaw.org/japan/our-work/whales/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AA

【音について】
イルカショーの音がイルカにどう聞こえているでしょう。
90デシベル=カラオケ音(店内中央) 犬の鳴き声(直近) 怒鳴り声
100デシベル=電車が通る時のガード下 地下鉄の構内 声楽のプロが歌う声
さらに、音の伝わる速さは、
空気中=秒速340mですが、
水中 =秒速1500mです。
高速の音がプールの狭いコンクリートの空間で乱反射しています。
イルカの聞こえる周波数は=100 Hz~150 kHz
人間は=20Hz~20kHz
はるかに聴覚が優れています。
人間よりはるかに聴覚が優れているイルカにとってこの空間はどのような空間なのでしょう。
自然には無い、最悪の空間であるのは間違い無いでしょう。

《参考》
http://www.jas-audio.or.jp/jas-cms/wp-content/uploads/2015/01/029-036.pdf

___________________

LIB マンスリーサポーター 会員 寄付:ご支援募集中〕

http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

動物の解放のため、活動拡大のため、ご協力をお願いいたします。

保存版:イルカ猟 捕獲枠・実績

〔 MAP:漁捕獲枠・実績 2015〕
〔 MAP:日本のイルカ解体場 2018〕
〔グラフ:日本のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕
〔グラフ:岩手県のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕
〔グラフ:太地町(和歌山県)のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕

○現在、捕獲枠を持っている県は、8県。
 北海道・青森・岩手・宮城・千葉・静岡・和歌山・沖縄。
 うち、青森・静岡ではすでに行われていません。
 捕獲枠を返上していただけたらすばらしいですね。

○最大捕獲県は岩手県。
 次が和歌山県。

○クジラ解体場は4カ所。
 とはいえ、沖縄での解体はどうなっているのか知りたいものです。

○全体的に捕獲漁は大きく減っています。
 原因が、世論なのか、需要なのか、高齢化なのか、あるいは、イルカ自体が減っているのか不明です。

保存してご活用いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捕獲対象のイルカ イルカ捕獲枠の調べ方

 
捕獲対象のイルカと捕獲可能人数の、検索の仕方を共有します。
検索の仕方はコピペしておくと、他の案件の検索にも使えます。
 
【捕獲対象のイルカの種類】
 捕獲対象のイルカの種類が書いてあります。
 〔指定漁業の許可及び取締り等に関する省令〕
 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=338M50010000005#202
  イシイルカ(リクゼンイルカ型イシイルカを含む。)
  カマイルカ
  スジイルカ
  ハンドウイルカ(バンドウイルカ)
  マダライルカ(アラリイルカ)
  ハナゴンドウ
  コビレゴンドウ(マゴンドウ)
  オキゴンドウ
  シワハイルカ
  カズハゴンドウ
  ※先日LIAの動画で浮いて亡くなっていたのは、ハナゴンドウと、シワハイルカでしたね。
 〔検索の仕方〕
  1 検索エンジンで、”法令検索”で検索→ e-Gov(電子政府の総合窓口)
  2 「法令索引検索」で、”指定漁業”で検索する
  3 ”No.1 指定漁業の許可及び取締り等に関する省令”をクリック
  4 (歯鯨をとる漁業の禁止)第八十二条
 
 
【捕獲対象のイルカの種類】
 表1に捕獲枠が書いてあります。
  〔平成 28 年度国際漁業資源の現況〕
  http://kokushi.fra.go.jp/H28/H28_47.pdf
 ※和歌山県と岩手県が飛び抜けてますね。
〔検索の仕方〕
  1 検索エンジンで、”国際漁業資源 現況”で検索
  2 国際漁業資源の持続的利用と適切な保存・管理のために(水産研究・教育機構)
  3 ページ右にある、”最新の国際漁業資源の現況 最新のファイルへ”をクリック
  4 ”No.47 小型鯨類の漁業と資源調査(総説)”をクリック
  5 ”表 1. 漁業形態及び根拠地別の小型鯨類捕獲頭数(2005 ~ 2015年)”にある
 
 
【その他】
鯨類(いるか等小型鯨類を含む)の捕獲混獲等の取扱いQ&A
http://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/w_faq/konkaku_faq.html
 
和歌山県 農林水産部 水産局 水産振興課
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071000/index.html