子どもたちのために 国立動物園建設を止めよう/Stop building the National Zoo for children

【子どもたちのために 国立動物園建設を止めよう】

国立動物園 建設のために、多額の税金が投入され、
国立動物園 存続のために、永続的なコストが発生する。

少子高齢化に伴い経済が衰退していくことが明らかなのに、
動物で稼いで 年金もらって悠々自適な動物園関係者の思い込みとロマンで、
子どもたちにさらなるお荷物を押し付け、残してもらっては困ります。

教育にも悪い。

フォローを。
NPO法人国立動物園をつくる会
FB:http://u0u0.net/WuAI
Web:https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/


[Stop building the National Zoo for children ]

A large amount of tax will be invested to build the National Zoo.
Permanent costs are expected to be incurred for the operation of the National Zoo.

Although it is clear that the economy will decline with the declining birthrate and aging population,
With the pension and romance of the zoo official who can earn money from animals and get a pension.

It is not good for the children to push additional packages and leave them.

It is also bad for education.

Please follow
NPO corporation
Meeting to consider the Japan National Zoo
FB:http://u0u0.net/WuAI
Web:https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放を成遂げる仲間になりませんか。
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

「特定非営利活動法人国立動物園をつくる会」に質問をしています

5月11日に特定非営利活動法人国立動物園をつくる会主催
第13回 シンポジウム 『日本の動物園の新地平~北の大地から日本の動物園を考える』
が行われます。

Website

https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/news/13thSymposium.html?fbclid=IwAR26AESChvHoIpg3_k_6P-x_OphvzLKnQbB-YvXUQ7f2k4_m_Lf8bKrzMwM

Facebook

https://www.facebook.com/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E4%BC%9A-404815280001837/


以下の質問をさせていただきました。

_____________
このご時世に、まだ税金でハコモノを作ろうと計画されていることに疑問を感じます。
貧困や教育、介護、DV、差別、人権、気候変動等、税金を使うべき社会課題は星の数ほどあります。

1. ハコモノと、新しい行政組織を作られるということになると思います。
我々が危惧するのは使い古されたパターン、つまり、官僚や行政の方々の職の確保と天下り先の確保です。
政官財学メディアスクラムで、税金と利益を分配する仕組みになりませんでしょうか。

2. 動物園関係者の方々の狙いとして予想されるのは、
動物園業界全体の生き残りのための、
・現在関係者の方々のポジション確保と経済的利益の獲得
・新規関係者の就職先(専門学校への利益)
・名誉職・ブリーディングローンで動物園全体の動物の安定供給
・”学術目的”という名での海外の絶滅危惧種など希少生物の迂回導入等

3. 動物への被害に関しては、国立動物園が、一度作られてしまいましたら、動物園を満たすだけの動物が、ほとんど永遠に導入され続け、搾取され続けることになります。
お金を使うなら、現地で活動している団体や生息域内保全を行い、エコツーリズムなどを行い教育とし、繁殖した動物を解放する事業を行う方が有効だと考えられます。

これらは貴プロジェクトに関する基本的な疑問の一部です。税金を使う以上、細部において、その資金を出す日本国民への説明責任があります。
シンポジウムの内容の可視化、そして上記疑問への、根拠に基づいた明確な回答を求めます。

特定非営利活動法人国立動物園をつくる会主催 第13回 シンポジウム 『日本の動物園の新地平~北の大地から日本の動物園を考える』

シンポジウムFBページ
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=577183292765034&id=404815280001837&__xts__[0]=68.ARBx9ELbwQx6H_vCsZuJyG4VRFDmiIdqOJI5jUCnbJ-uCrkNj02t3uF-e9CBPYWKzwKofTFsxtqiR8W9v6q8snSQFu6k1TLVpiV9Cqx6x9rgnri4j-Sfqvs3a8xMT6LvS0v4N8D5FLf7ZsfYgZDS3hsaCMKC4mDljRPJ2yA6a4CGlmVDHC-_qaFAzesphKWkksootvuBQ2JjT3yk8KHjQuLtGfRvNUNWvz4vsB1EnZuFoTWgjjQdiKLGx_vP6EU5wauBE_NYkPZkTz9MESbX5bJvOEINDmkVcazZBaAKfLi96p56VSXQ_Fo66Zw_XshN0NCjzaApU3pUzk3xXxEN824&__tn__=-R

Website
https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/news/13thSymposium.html?fbclid=IwAR0HSoKyYiyLS2jupGrb68ZgVGtTEjOVZ_hoXJKj7jSfI3Z6F83npknrNW0

特定非営利活動法人国立動物園をつくる会が、コメント欄に以下のコメントをされていましたので、質問させていただきました。
「ほんと劣悪な動物園が多すぎます。社会的に早急に排除したいです。本来、動物好きこそ、動物園に行きたくならないといけないのですよね。ありがとうございます!」

ご担当者様

>劣悪な動物園が多すぎるとのことですが、
・データを取られているのでしょうか。
・基準はどのようなものでしょうか。
・象の単独飼養は”劣悪”に当たりますでしょうか。
・異常行動を起こしている動物を飼育している動物園は劣悪と言えるとお考えでしょうか。

・具体的にどの動物園を指していらっしゃいますか?
・あるいは、どの動物園は優良とお考えでしょうか。またその理由を教えていただければ幸いです。

また、
>社会的に早急に排除
とのことですが、法律上どのように実効性のある”排除”を行うおつもりでしょうか。

税金を使う事業になると思います。
お考えを可視化し、判断させていただければと思います。
以上

________________

参加したいですが遠いですね。
北海道の方で行ける方いらっしゃったらご連絡いただければ幸いです。

〔概要〕
NPO法人国立動物園をつくる会主催 第13回 シンポジウム
場所:札幌市円山動物園 科学館ホール
日時:2019年5月11日(土)13:00~17:00

国立動物園を閉鎖する国 コスタリカ  これから作ろうとする国 日本

コスタリカは国立動物園の閉鎖を決めました。
「野生動物たちの生態系を尊重しながら保護していく世界の手本となる」
立派で、人類として誇らしく思います。
このような動物行政を行う国もまた、誇りを持てる国です。

これから作ろうとする国は、日本です。
中心となっているのは、国立動物園をつくる会
代表者は、小菅正夫氏。今年、円山動物園に象を4人も収容するなど、収容所会での大物です。
他のメンバーも動物娯楽産業の方々。全員、動物の遺体も食べているでしょう。
ウェブサイトには、空虚で浅薄な、一瞬で崩れ去るロジック(保護や教育や生物多様性など)、正当化がつらつらと並べられています。
この事業にぶら下がる人々の手に入る有形無形の利益を公開していただきたいものです。

そして、ウェブサイトのトップにはなぜか野生動物の写真ばかりが使われています。

《参考》
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo


(写真は TABI LABOより)

国内にある2つの国立動物園を来春閉鎖することを決定しました。動物園で飼育されていた動物たちを野生へと返す、世界で初めての試みを計画中。環境大臣のRené Castro氏は、それが救出目的、保護目的でない限り、一切の飼育をしないと決意を述べました。

NPO法人 国立動物園をつくる会〕https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/

(写真は国立動物園をつくる会より)

代表者氏名 小管 正夫
認証年月日 20170509
所轄庁 北九州市

このままだと、不幸な動物がさらに増え、そしてその仕組みが固定化されます。
また莫大な税金が国立動物園建設に使われるかもしれません。
時代がまったく見えていない、非倫理的で、反自然で、無駄遣いの馬鹿げた事業です。

出来上がってしまったら潰すのは大変です。先回りして作らせないことが、極めて有効です。
ぜひ意見を届けて下さい。

Facebookhttps://www.facebook.com/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E4%BC%9A-404815280001837/

TEL090-3470-8466

メールフォーム:https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/contact/

住所:〒 805-0035 福岡県北九州市八幡東区山路二丁目1番40号

動物園法の制定 させてはならない理由|LIB

現在の動物園水族館の根拠法は、博物館法です。
動物園はより良い動物園を目指すために動物園法の制定を目指しています。
動物園法は聞こえは良いのですが、おそらくそうはなりません。
皆様には認識していただいて、先回りしていただきたいと思っています。

本当の目的は、
「動物園」を規定する法律ですので、あくまでも動物園という名称を占有するものとして運用されると予想されます。堀井動物園のような会社が「動物園」という名称を使えなくし、「動物園」をその他動物娯楽利用施設と分離させ、地位の確保を狙う目的。

行政系の動物園が財政難に陥る中、税金からの予算確保に後ろ盾を与えるものとして使える法を作っておく目的。

国が海外から連れてくる動物の交渉など関してより関われるようになる目的。

官僚的にはこれが最大の目的ですが、天下り先の確保。

国立動物園、あるいは動物園法に規定された動物園や水族館から発生する、雇用、餌、運送、その他発生するあらゆる仕事に関わる人々に安定した利益を確保する目的。

そして、族議員がそこに生まれる組織票を獲得する目的。

といったシナリオではないかと読んでいます。
ありがちなシナリオです。
しかし、一回成立してしまえば止めるのは大変です。

そして最も大切なことは、
【犠牲になるのはいつも、物言えない動物たち】
です。

ということを見越して、つまり、このままでは、まず間違いなく成立しますので、「動物園」というポジティブなイメージの言葉からの概念・価値転換をはかることが必要です。
それが未来のあり方。

「動物園」や「水族館」という言葉は人間中心主義に基づく言葉です。
その実態は、動物や水族の権利や尊厳を一切認めず、収容し、繁殖し、監禁し、一生を搾取し続け、マネタイズを行う装置です。

我々LIBは動擁護団体であり、動物の立場からアドボカシーを行う団体です。
動物の立場から見た場合、「動物園」や「水族館」に当たる
最も適切な言葉は「収容所」であり「監禁施設」です。

《参考》
動物園に関する制度と現状について五十嵐聡美
http://www7b.biglobe.ne.jp/~y-mihara/2013.4Igarashi.pdf

生 物 多 様 性 保 全 に お け る 動 物 園 の 役 割 一 国 立 動 物 園 を 考 え る 動 物 園 と 法 東 郷 佳 朗 (神 奈 川 大 学 )
http://www.kokuritsudoubutsuen.jp/imagefolder/Taro-2014.5.24_togo.pdf