プロジェクト0『日本に監禁されているゴリラを0に』|LIB

ゴリラ監禁施設は、7施設
計21人のゴリラが監禁されています。

ゴリラはヒトです。
ゴリラを解放しましょう。

収容所は、「絶滅の危機にあるから、保護し繁殖しなければならない」と主張します。
しかし、90年代には、50人のゴリラがいました。
現在21人。
成功していますでしょうか。

また繁殖したとしてもそれは決して野生に帰ることができない、家畜化された生まれながらの奴隷です。
動物の尊厳をないがしろにし、侮辱する行為ではないでしょうか。

そもそも、収容所自体が、現地のゴリラを捕獲し、絶滅の危機に追いやった原因です。
一体何を言っているのか。
現実に自らが引き起こしていることと、その責任を自覚していただきたい。

このプロジェクトは、複数の種を0にするプロジェクトの一つです。
今後それぞれの種に関する情報を収集し、ウェブサイトにまとめていき、広く啓発を図ります。

協力いただける方いらっしゃいましたらお願いいたします。


【ボランティア募集】
・情報収集してくださる方
・ウェブサイトを作ってくださる方

《参考》
ゴリラ監禁施設
 八木山動物公園(宮城県仙台市)〔1人〕
 千葉市動物公園(千葉県千葉市)〔2人〕
 恩賜上野動物園(東京都台東区)〔8人〕
 浜松市動物園(静岡県浜松市)〔1人〕
 日本モンキーセンター(愛知県犬山市)〔1人〕
 東山動植物園(愛知県名古屋市)〔5人〕
 京都市動物園(京都府京都市)〔3人〕

ゴリラの分類
 ニシゴリラ(亜種:ニシローランドゴリラ・クロスリバーゴリラ(350人しかいない))
  ギニア湾沿いの西アフリカ熱帯雨林地帯に生息
  寿命は、40~50年
 ヒガシゴリラ(亜種:ヒガシローランドゴリラ・マウンテンゴリラ・グラウアーゴリラ・ブィンディゴリラ)
  アフリカ中央の熱帯林や山林に生息
  ドラミングするのはヒガシゴリラだけ