日本で行われているゾウの虐待|LIB

調教は、痛みを与えて行われます。
すべての施設が、「ゾウは痛くない」と言います。
実際に見ると、明らかに痛がって怯えています。
日本では、「ドリルで突刺す方法」と「ブルフックで皮膚を引っ掛けたり、叩いたりする方法」が、いまだに行われています。
北日本では
 
YouTubeで「Bullhook」で検索してみると、どのように使われているか見ることができます。
ひどいものです。
 
「国内最多飼育数となるぞうさん」を誇っている市原ぞうの国は、あろうことか「ツボを押している」と言っていました。
ぜひ行ってみてください。
そして表面の楽しさや、アナウンスの言葉などではなく、ブルフックを使われた時の、ゾウの動きや表情を見てください。
表面の楽しさのすぐ下に、痛み、怯え、痛みを避けようとするゾウたちの必死の苦しみが見えてきます。
それが一回わかってしまえば、もう二度と楽しむことはできません。
 
調教とは虐待です。
ゾウのイベントは、虐待そのものです。
虐待ショーを見て楽しいでしょうか。
 
日本からゾウの虐待をなくしましょう。
 

いいかげん『収容所』と言うな|LIB

どう見えますでしょうか?

私は、
「いいかげん、動物園、水族館と言うべきではない。」
とお答えします。


動物園水族館という言葉は、まるでポジティブな施設のように聞こえます。
確かに人間から見たらそうでしょう。
そのイメージは、業界側も消費者も壊されたくありません。

しかし、我々のミッションは、動物の権利を獲得し、解放することです。

”我々は、動物側に立って、人間社会を見ている”

動物から見た場合、動物園水族館は、動物の収容所であり、強制監禁施設であり、牢屋です。

動物に対してやさしく、倫理的になるためのきっかけは、
「自分だったらどう感じるか」


あなたは、こんなところに一生閉じ込められたいでしょうか。
毎日毎日、人に見られながら、大声や嘲笑を聴きながら、人生を送りたいでしょうか。
冷たいコンクリートの上で、家族や自然の夢を見ながら、死んでいきたいでしょうか。

人間は動物たちにそれを強いています。

もう止めなければなりません。
もう十分です。

私たちリブは、社会に新しい価値を提供します。
それは、動物に権利を付与し、解放する価値。
そして、動物にも人間にも地球にも優しい社会を作る、という価値です。

着実に前進していきましょう。

私たち、動物を救おうとする人々の、仲間になってください。

【撮影地 動物園水族館【北日本編】より】

Z-5 釧路市動物園(180412 北海道)
Z-15 岩手サファリパーク(180512/ 岩手県一関市)
Z-16 仙台市八木山動物公園(180511/宮城県仙台市)
Z-22 日立市かみね動物園(180707/茨城県日立市)
Z-26 那須サファリーパーク(180709/栃木県那須郡)
Z-29 草津熱帯園(180717/群馬県草津町)
Z-32 群馬サファリパーク(180716/群馬県富岡市)
Z-34 東武動物公園(180524/埼玉県南埼玉)
Z-38 智光山公園こども動物園(180523/埼玉県狭山市)
Z-40 千葉市動物公園(180630/千葉県千葉市)
Z-42 市原ぞうの国 & サユリワールド(180602/千葉県市原市)
Z-46 羽村市動物公園(180526/東京都羽村市)
Z-48 恩賜上野動物園(180619/東京都台東区)
Z-49 井の頭自然文化園
180401/東京都)
Z-51 江戸川区自然動物園(180601/東京都江戸川区)
Z-52 多摩動物公園(180525/東京都日野市)
Z-57 よこはま動物園ズーラシア(180607/神奈川県横浜市)
Z-59 野毛山動物園(180608/神奈川県横浜市1)
Z-60 横浜市立金沢動物園(180613/神奈川県横浜市)
Z-61 平塚市総合公園ふれあい動物園(180605/神奈川県平塚市)

サイの異常行動 サシバエの吸血|LIB

サイが異常行動に陥り、
傷口という傷口に、サシバエがびっしりたかり 血を吸っていました。

言葉を持たないサイは、苦しみを全身で表現していました。

動きが遅い動物は常同行動がわかりづらい。
時間を縮めると、いかに同じ行動をし続けているかわかります。

動物たちは人知れず苦しんでいます。
しかし、ほとんどの人はまだ気づけてあげていません。

撮影は、Z-22 日立市かみね動物園。

【茨城県】
http://www.pref.ibaraki.jp/
〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6
029-301-1111

【茨城県動物指導センター】
〒309-1606 茨城県笠間市日沢47
愛護推進課
0296-72-1200

【日立かみね動物園】
http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/
317-0055 茨城県日立市宮田町5-2-22
0294-22-5586

__________________

誰にも気付かれず苦しんでいる動物たちに、

気付かれても誰も助けてくれない動物たちに、

光をあてましょう。

動物を解放しよう!

動物園水族館の真実を知っていますか?|LIB

クラウドファンディング告知動画、改めて公開。
 
前回 北日本編では、述べ158人もの方のご支援をいただき、104の施設を調査しました。
 
北日本調査で、これまで知られていなかった動物たちの現状に、光を当てることができました。
そのことによって、多くの方が気づき、あるいは疑問を持ち始めています。
これは、ご支援ご参加くださったすべての方々が力を合わせた成果です
みなさんがいなければ、この結果はありませんでした。
ありがとうございます。とても素晴らしいことです。
 
この動画で使用した映像や画像は、調査で撮影したものです。
・群馬サファリパーク(群馬県)
・市原ぞうの国(千葉県)
・男鹿水族館GAO(秋田県)
・市川市動植物園(千葉県)
・河北児童動物園(山形県)
・宇都宮動物園(栃木県)
・恩賜上野動物園(東京都)
・むつ市脇野沢野猿公苑(青森県)
・東武動物公園(埼玉県)
・宝登山小動物公園(埼玉県)
・日立市かみね動物園(茨城県)
・仙台市八木山動物公園(宮城県)
北日本全体でこのようなことが起こっていることがわかります。
 
しかし、まだまだこのような動物たちが日本中にいます
私たちは、動物たちがおかれている現実に光を当て、
未来、動物を解放するために、今できることに全力を尽くしています。
 
クラウドファンディングの最終日は、11月1日 世界ヴィーガンデー
南日本編は、147施設を調査する予定です。
 
なんとしても達成したい。
最後までやり抜きたいと思います。
 
ぜひ、南日本編に、ご支援ご参加、どうぞよろしくお願いいたします。
ご支援はこちらから。
 
日本を変えましょう。
 
____________________
 
これまでのReadyfor新着情報抜粋
『ゾウライドやゾウのショーは、最低最悪の遊びです。』
『悲しい自傷 苦しみは人間とまったく同じ』
『飼育員は、動物にやさしいか』
『象の頭につけた傷にリンゴをねじ込む』

95 日立かみね動物園(180707/茨城県日立市)|LIB

日本一周!動物園水族館調査【北日本編】について
http://animal-liberator.net/animal-liberator/about-zoo-aquarium-investigation

これまでの調査リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/investigation-list
#動物を解放しよう
#日本ですべての動物園水族館閉鎖そのステキな理由

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

《参照》
〔動物園の動物 異常行動リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

〔動物利用問題 ヴィーガン=未来の生き方〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/chart_animal_use/

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

日立かみね動物園  Z-22
http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%AB%8B%E5%B8%82%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%AD%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92

【写真】(Googleフォト)
https://photos.app.goo.gl/saxkchP9WnnuaeUF8

【動画】(YouTube再生リスト)

【95 日立かみね動物園(180707/茨城県日立市)】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCr3OGxOH3XIzCnp0XQoCOiO

1 調査開始 29年間監禁されているスズコとミネコ

調査開始
旧型監禁施設
ドアや柱の擦れた跡は、象の苦しみの跡
サイはクロサイ
ゴリラは亡くなった。長い苦しみが終わった。

2 ゾウ1 足首に巻かれた鎖 奴隷の証

足首に巻かれた鎖は奴隷の証
東南アジアではゾウに人間の怖さをわからせるために、徹底的に恐怖を味合わせます。
使うのはブルフック。
https://www.thedodo.com/baby-circus-elephant-training-1695763541.html

日立かみね動物収容所でも、飼育員が腰にぶら下げています。
もっとも掲示物には「手かぎ」と記載されており、「ブルフック」とは書いていませんでしたが。
正しい名称を隠すなど、いちいちやることが作為的です。

3 ゾウ2 常同行動

スズコの常同行動のパターンのようです。

4 サイ1 サイの傷口にびっしりたかるサシバエ1

サイは複数箇所に怪我をしていました。
その傷口にサシバエがびっしりたかっていました。
水場は糞尿で汚く、入りたくないのかも知れません。
またあのような不潔な水に傷口を付けたら感染症なども起こしてしまうかも知れません。
痛く、痒いでしょう。
かわいそうでした。

5 サイ2 飼育員にサシバエを叩いてもらいに行く

サイの行動を観察してみましょう。
たった10分間でもかなりのことがわかります。
 
0:00 ヒグマ牢屋の前に集まる飼育員
0:16 常同行動(人知れず常同行動に陥っている)
1:30 水たまりの匂いを嗅ぐ
1:45 常同行動
4:12 排尿。
    尿が水たまりや池にまで入っている様子。
    観察している間、サイは池には入らず、水たまりは匂いを嗅ぐだけ。
    ただ、体の下半分を水につけたような跡があるため、入っているかもしれない。
5:40 飼育員が出てくる
5:46 サイが気づく。飼育員の元へ向かう
6:49 飼育員がサシバエに気づく
7:23 飼育員がサシバエを叩く
8:50 サイが戻って行く

このあと、飼育員が再び戻ってきました。
サイは気づかず、飼育員が戻りかけたときにやっと気づいて、小走りで飼育員の方に向かいました。
しかし、飼育員は気づかず帰り、サイはしばらく後ろ姿を目で追いかけ、やがて諦め、再び常同行動に陥って行きました。
なんとも悲しく、辛い光景でした。

6 サイ3 常同行動(10分41秒撮影)

常同行動 10分41秒間撮影

7 サイ4 常同行動と客がサイを見ている時間(20分17秒撮影)

約20分撮影して、客は8組。
平均滞在時間は、なんと25秒。
サイは常同行動を繰り返す。
サイの苦しみには誰も気がつかない。

0:00-0:16(16秒) 最初のカップル。通り過ぎるだけ。
0:11-0:47(36秒) 次のカップル
2:46-3:07(21秒)家族連れ。通り過ぎるだけ。
8:49-8:54(5秒)男性。通り過ぎるだけ。
9:39-9:44(5秒)男性。通り過ぎるだけ。
(11:50 排便。水に混じる)
12:55-13:24(29秒)家族連れ。
13:40-14:57(1分17秒)家族連れ。77
18:13-18:25(12秒)男性。通り過ぎるだけ。

まず、このサイの常同行動のデータは取っているのでしょうか。
延々行き来を繰り返しているかわいそうな状態です。
まさかやっていないとは考えたくないですね。
そこまで日本の動物園がレベルが低いとは思いたくありませんが、やっていない可能性もあります。
素人が短い時間、しかも不備のある観察しただけでも様々なことがわかります。

また、税金で回しているのであれば、サイの牢屋の全景を撮影して観測、全ての牢屋で同じことをやり、サイがどれくらいの経済効果をもたらしているか算出し、市民に公開すべき。

もっとも我々は、経済効果があろうとなかろうと、動物の搾取全てを即時廃止することを求めています。
たったこれだけのために、このサイの一生をドブに捨てるような搾取すべきではありません。

8 サイ5 常同行動20分→30秒に縮めて観察

このサイは一生、歩けなくなるまでこれを続けるのでしょう。
あなただったら、そんな人生を送りたいでしょうか。
自分が送りたくない人生を、他者に送らせてもいいのでしょうか。

動物を解放しましょう。

9 ヒグマ常同行動

ヒグマの飼育は放棄すべきです。
無理なことはわかっているはずです。

このヒグマ牢屋は新しそうです。
しかし、結局狭く、一日中人間から見ろされる設計です。
これだけ長い間クマを飼育していながら、未だに平気でこのような牢屋を設計して疑問に思わないというのは、理解しがたいです。

なお、近くにいた飼育員にクマがどこからきたか尋ねたら、「知らない」ということでした。
おそらく嘘をつかれたと思いますが、もし知らないことが本当だとしてもかなりまずいですね。

10 カバ 採食エンリッチメント

採食エンリッチメントをしていました。 丸太に刺すのですが、丸太は一本でしたので、一瞬で食べ終わっていました。 これはエンリッチメントになっているのでしょうか。

11 ライオンを撃ち殺す真似をする子ども

収容所(動物園水族館)の教育、学校教育、食育、テレビ、漫画、アニメ、ゲームに囲まれて、動物への暴力搾取を当たり前のことと思いこまされ、さらには人間を殺すことも仮想現実の中で趣味レーションするようなことを日常としていたら、
当然、このような子どもが作られて行くでしょう。

地球に住むものが、人権を認め合い、他者の領分を守り、多様な価値観をすり合わせながら共存する教育が必要です。
しかし、我々が受けている教育は真逆です。
人間同士奪い合い、戦い、殺し合い、利益を最大化する教育。
それを脱した人であっても、動物の搾取・利用は当然とする人も多い。
根が深い問題ですね。

【95 日立かみね動物園〔資料イベント〕(180707/茨城県日立市)】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqF9jgHqQGW_xMlSpdDAByi

【95 日立かみね動物園〔資料施設〕(180707/茨城県日立市)】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqxAegzIIZBJf22LjYF8M2w

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

調査継続のため、動物解放のために、ぜひご協力をお願いいたします。