動物たちを記憶する:大宮公園小動物園のツキノワグマ/Remembering the animals: A black bear in Omiya Park small zoo

動物たちを記憶する:大宮公園小動物園のツキノワグマ

途中に出てくる、クマで遊ぼうとする客は何も見えていません。
クマの方が見切っていることに気づきもしません。
これが動物園教育の賜物です。
動物を見て「かしこ~い」「頭いい~」と言う人がよくいますが、なぜ自分の方が上だと思っているのでしょう。

映像は動物解放活動家 TAIからの提供です。

また、動物のオリの前で「くっさ」「ゲロ吐きそう」などと言う人は多く見られます。
しかし、あなただってこのような環境に監禁されたら、ほどなくひどい悪臭を放つようになります。
この環境に押し込めているのは誰か、それを求めているのは誰か、そこに臭いの元があります。
臭いは元から断たなければいけません。

JAZA=日本動物園水族館協会の関係者は、他の動物園を劣悪だと見下げています。
しかし、大宮公園小動物園はJAZA加盟。
実態は映像の通り。

「NPO法人 国立動物園をつくる会 」の関係者とやりとりしていますが、自らの人間中心主義、種差別、動物搾取に目を瞑り 美談を繰り返しています。
https://kokuritsudoubutsuen.or.jp/
彼らはもう無理ですね。

人間は 、
「動物を守る人」と「動物を傷つける人」
に分けられます。
動物を守る人を増やしましょう。

なお、途中から聞こえる鳴き声は隣のハイエナです。
こちらのハイエナも酷い異常行動に陥っていました。

Remembering the animals: A black bear in Omiya Park small zoo

In just 7 minutes you can see how crazy the zoo is.
This is the zoo education.
There are many people who look at animals and say “smart” or “clever”, but why do you think that you are better?

Also, there are many people who say “stink” in front of a cage.
However, even if you are confined in such an environment, you will soon get a bad smell.
There is someone who is squeezing in this environment, who is asking for it, and there is an odor source.
The smell should be turned off from the beginning.

JAZA = An official of the Japan Zoo Aquarium Association deems other zoos to be inferior.
However, Omiya Park Small Zoo is a member of JAZA.
The actual situation is as the picture.

People are ,
“A person who protects animals” and “a person who hurts animals”
Divided into
Let’s increase the people who protect animals.

Recently I say a lot of good things.
I wonder if I will make a collection of quote.

In addition, the cry heard from the middle is Hyena next door.
This hyena also fell into a terrible abnormal behavior.

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター・寄付・会員募集中 月々500〜Donation〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

ミニブタの苦しみ|LIB

ミニブタの末路も悲惨です。

雑菌だらけの土やコンクリートで、皮膚は荒れ、目ヤニも多く、サシバエに吸血され、
太り過ぎで足を痛め、ヨタヨタ歩いている子も。

子どもの頃はみんなかわいい。お客さんは注目します。
動物園水族館にとって、動物の赤ちゃんや子どもは稼ぎ頭の商材です。


なので大々的にプレゼンをします。
皆さんも見たことがあるでしょう。


「動物の赤ちゃん大集合!!」
「〇〇の赤ちゃん生まれる!」
「〇〇の赤ちゃん公開開始!!」

しかし、必ず年をとります。
お客さんの中には「汚~い」と顔をしかめる人も見かけます。
また、大人になると人知れず民間業者に払い下げられることも。

動物は人間のおもちゃではありません。
動物は動物のために生きています。

いくつかの動物園では、ブタは、ヤギや羊などと一緒に入れられています。
なぜか。
ヤギやヒツジのフンを食べさせるためです。


(井の頭自然文化園収容所:2 お腹をすかせてヤギの後を追いかけて糞を食べるブタ 1(180401/東京都))

コスト削減、掃除の手間の削減です。

ブタはとても知能が高く、清潔好きで、好奇心旺盛で、遊び好きの動物です。

犬よりも頭が良いと言われています。

しかしながら、見世物にする動物、ペットにする動物、食べられる動物としか見られていません。

私たちは、動物の、人間に対してもですが、目に見える表面で判断してしまいしがちです。

しかし動物や人間の価値は、表面のさらに奥、内面・心にあります。
いい代えれば、
「あなたは、そこに存在している、それだけで価値がある

そしてその価値は、すべての動物がまったく同じです。

しかし残念ながら、私たちはその価値を踏みにじってしまっています。
動物に対しても、そして人間同士でも。
動物の内面に共感できるには、気付きと慣れが必要です。
その共感ができるようになると、世界はこれまでとは違う風景を見せます。

それはとても素敵で美しい世界。

動物を解放しよう。

__________________


【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。
2018111日、世界ヴィーガンデーまで。

動物たちに、光をあてましょう。
調査にご協力をお願いいたします。
クラウドファンディングはこちらから
 
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、26日。


動物を解放しよう!

__________________

写真撮影地(日本一周!動物園水族館調査【北日本編】より)
Z-33 宝登山小動物公園(180522/埼玉県長瀞町)
Z-38 智光山公園こども動物園(180523/埼玉県狭山市)
Z-36 大宮公園小動物園(180524/埼玉県さいたま市)
Z-46 羽村市動物公園(180526/東京都羽村市)

47 大宮公園小動物園(180524/埼玉県さいたま市)

日本一周!動物園水族館調査【北日本編】について
http://animal-liberator.net/animal-liberator/about-zoo-aquarium-investigation

これまでの調査リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/investigation-list
#動物を解放しよう
#日本ですべての動物園水族館閉鎖そのステキな理由

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

《参照》
〔動物園の動物 異常行動リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

〔動物利用問題 ヴィーガン=未来の生き方〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/chart_animal_use/

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

Z-36
大宮公園小動物園
http://www.parks.or.jp/omiyazoo/

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%85%AC%E5%9C%92

【まとめ】

特に印象的だったのは下の写真のフサオマキザルです。
片方の毛が抜けてしまっているフサオマキザルが狂ってしまっていました。
ひっきりなしに動き回り、パニックを起こし叫びます。

このフサオマキザルが叫び始めると、もう1人のサルがすっとやってきて寄り添います。
そうすると叫んでいたサルが落ち着き始めます。
しかし、寄り添うサルの表情もとても辛そうでした。

このサルたちは一生、人間の見世物のためにこの姿を晒し続けます。
そしてほとんどの人々はこの苦しみに気がつかない。

そして、一番心配だったのは、このうちの1人が死んだら、もう1人はどうするのかということ。

まさに地獄です。

【写真】(Googleフォト)

https://photos.app.goo.gl/5pjwSH2M2QAthW7T2

【動画】(YouTube再生リスト)

 https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrlavF-w8A00DRen9EKgP6p

1 調査開始

2 異常行動 アカハナグマ1

アカハナグマの異常行動です。 ここの収容所は、古いタイプの牢屋飼育で、狭く、動物にとっては苦痛の大きい環境の作りでした。 多少大きい、ツキノワグマやハイエナのケージも中途半場な大きさで、動物への尊重は感じられず、とりあえず言われたことをやって見た感を感じました。 特に入り口右側の鳥の牢屋はひどい。 廃園していただきたいものです。

3 異常行動 アカハナグマ2

別の牢屋のアカハナグマも異常行動していました。

4 異常行動 ハイエナ

新しく作り変えたようですが、中途半端な作りの牢屋です。

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

調査継続のため、ぜひご協力をお願いいたします。