アザラシの白内障|LIB

【クラウドファンディング開催中 11月1日まで】
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

【少なくない水族館で、アザラシの目が真っ白になっています】

飼育員によると塩素のせいだということです。

 

ここで挙げた写真は、
日本一周!動物園水族館調査【北日本編】で調査した、
・A-42 箱根園水族館(神奈川県)
・Z-25 那須どうぶつ王国(栃木県)
・A-20 アクアワールド大洗(茨城県)
・A-14 仙台うみの杜水族館(宮城県)
のものです。
他の水族館にもいました。

爪もぐにゃぐにゃに曲がってしまっているアザラシもいました。

広い海や湖から連れてこられ、狭いプールや完全室内のプールに押し込まれ、写真のようなタンクから、塩素を入れられます。
ビタミン剤抗生物質を飲まされ、イルカには精神安定剤を使っているという収容所の話も聞きました。

肛門から体温を計られ、血液を取られ繁殖させられ商材としてできるだけ持つようにか管理され、毎日毎日人に見られて生きています。

人間にさえ捕まらなければ。

そして死んでも剥製にされ、自然に還ることもできず、皮膚が擦り切れるまで触られ続けるアザラシもいます。

塩素のせいではないんです。
そもそもは私たち人間のせいなんです。

「保護された動物ならいいのじゃないか?」

とよく聞かれます。

まず第一に、保護するなら保護施設でいいはずです。
そしてそういった保護施設はすでにあります。

第二に、これが重要なのですが、保護して回復したら自然に戻してくれるわけではないのです。

よく考えてみてください。

営利や存続が命題の動物園水族館にとって、珍しい動物を保護するということは、タダで商材が手に入るということです。
実際に、北海道でアザラシの保護施設とされる、とっかり(あざらし)センターで保護したアザラシは回復しても、海に返されるかどうかは、自治体や指定管理者の方針次第です。また繁殖もどんどんしています。

つまり、保護施設と称しながら、「日本の水族館へのアザラシの供給地」が、本当の姿です。

【クラウドファンディング開催中!11月1日まで。】
あと163万4000円で成立。 残り43日! 

日本中すべての、動物園水族館を調査する
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』

このような動物たちがいることを、多くの人に知らせたい。
ご支援、ぜひよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium
動物を解放しよう!

37 仙台うみの杜水族館(180513/宮城県仙台市)|LIB

日本一周!動物園水族館調査【北日本編】について
http://animal-liberator.net/animal-liberator/about-zoo-aquarium-investigation

これまでの調査リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/investigation-list
#動物を解放しよう
#日本ですべての動物園水族館閉鎖そのステキな理由

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

《参照》
〔動物園の動物 異常行動リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

A-14
仙台うみの杜水族館
http://www.uminomori.jp/umino/index.html

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%9D%9C%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8

【写真】(Googleフォト)

https://photos.app.goo.gl/Q8Gt9wEVQYXQQEvs6

【動画】(YouTube再生リスト)
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrRxixm2njUKsnZGngZSafO

1 調査開始

2 スナメリ 壁際を上下へ泳ぎ、体を擦り付ける行動を繰り返す

スナメリ 壁際を上下へ泳ぎ、体を擦り付ける行動を繰り返していました。
保護されたスナメリということですが、掲示物を読んでも、解放しない理由が判然としませんでした。

水族収容所にとっては、無料で一生利用できる”商材”が手に入ったことになります。

北海道では、アザラシを”保護”していますが、解放はほとんど行なっていません。
実質的に、日本中の動物収容所・水族収容所へアザラシを供給する、供給基地の役割を果たしています。

スナメリhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AA

3 流行りの、水族収容所と音楽と映像のコラボレーション

ベースの効いた音楽と映像に観客は魅了されます。
しかし、動物にとっては、音も光もストレスです。
イルカは耳が良い動物です。
また、音は空気中を毎秒340m進みますが、水の中では1500m進みます。
そしてその音は水槽内で乱反射します。
水族館側はわかっていて、製作者は全くわからず、動物たちを苦しめているのです。

4 アシカへの命令

ショーは、”信頼関係”ではなく、”主従関係”。
奴隷主と奴隷の関係です。
身体の拘束と、食べ物の支配で、言うことを聞かせているにすぎません。

アシカは、トレーナーの動きを注視しています。

もし信頼関係というなら、アシカを海に離したら、アシカはトレーナーの元に戻ってきて、”ショー”を行うでしょうか。

5 イルカとの信頼関係

ショーは、”信頼関係”ではなく、”主従関係”。
奴隷主と奴隷の関係です。
身体の拘束と、食べ物の支配で、言うことを聞かせているにすぎません。

イルカは、トレーナーの動きを注視しています。

もし信頼関係というなら、イルカを海に離したら、イルカはトレーナーの元に戻ってきて、”ショー”を行うでしょうか。
証明していただきたいと思います。

6 スナメリ 魚を追いかけ、再び、壁際を上下へ泳ぎ、体を擦り付ける行動を繰り返す

しばらくたって戻ってきたときの様子です。

スナメリは魚を追いかけ、再び、壁際を上下へ泳ぎ、体を擦り付ける行動を繰り返していました。

魚にとってもスナメリにとっても不幸なことです。
人間を喜ばせるためだけにこの環境に投げ込まれています。

7 流行りの、水族収容所と音楽と映像のコラボレーション クラゲ

クラゲをLEDライトで照らし、効果の一つとして扱っていました。
動物への侮辱としか取れない展示でした。

作品的にもまったく良くありません。

8 おかしくなっているアシカ

アシカがよだれを垂らし、目を向き、壁に向かって体を揺らし、すっかりおかしくなっていました。

一体水族館は何をやっているのでしょう。

9 イロワケイルカのタンク

今後、イロワケイルカはほとんど日本で収容される可能性はないでしょう。
水族収容所は残念がっています。

本来は、イロワケイルカが自分が住むところで自由に自分の思うままに生きれるということ。
素晴らしいことです。

イロワケイルカ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB

10 魚を追いかけるスナメリ、逃げる魚

魚を追いかけるスナメリと、逃げ惑う魚です。
スナメリは退屈で追いかけ、魚は追いかけられ、恐怖とストレスを感じます。
もしかしたら傷も付けられているかもしれません。
閉じた空間での出来事。
双方にとってとても不幸な出来事であり、これは死ぬまで続きます。

動物を解放しよう。

11 動物を解放しよう

施設内はすごい人。駐車場もいっぱい。団体客も乗り付けます。

今日1日でどれだけ売り上げたのでしょうか。
その金は、動物たちを閉じ込め、さらに新たな動物を閉じ込める資金源となります。
またその金は、職員やトレーナー、そして関わる企業や株主の元に入っていきます。

動物利用産業は、動物を商材として金儲けをします。
それを消費する、動物消費者。
動物利用産業と動物消費者が、巨大な動物利用市場を作り上げています。

動物収容所・水族収容所、畜産業界、動物実験業界、狩猟、ファッション。
動物を徹底的に苦しめて成り立つ経済は、もうやめにしませんか

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

調査継続のため、ぜひご協力をお願いいたします。