アザラシの白内障|LIB

【クラウドファンディング開催中 11月1日まで】
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

【少なくない水族館で、アザラシの目が真っ白になっています】

飼育員によると塩素のせいだということです。

 

ここで挙げた写真は、
日本一周!動物園水族館調査【北日本編】で調査した、
・A-42 箱根園水族館(神奈川県)
・Z-25 那須どうぶつ王国(栃木県)
・A-20 アクアワールド大洗(茨城県)
・A-14 仙台うみの杜水族館(宮城県)
のものです。
他の水族館にもいました。

爪もぐにゃぐにゃに曲がってしまっているアザラシもいました。

広い海や湖から連れてこられ、狭いプールや完全室内のプールに押し込まれ、写真のようなタンクから、塩素を入れられます。
ビタミン剤抗生物質を飲まされ、イルカには精神安定剤を使っているという収容所の話も聞きました。

肛門から体温を計られ、血液を取られ繁殖させられ商材としてできるだけ持つようにか管理され、毎日毎日人に見られて生きています。

人間にさえ捕まらなければ。

そして死んでも剥製にされ、自然に還ることもできず、皮膚が擦り切れるまで触られ続けるアザラシもいます。

塩素のせいではないんです。
そもそもは私たち人間のせいなんです。

「保護された動物ならいいのじゃないか?」

とよく聞かれます。

まず第一に、保護するなら保護施設でいいはずです。
そしてそういった保護施設はすでにあります。

第二に、これが重要なのですが、保護して回復したら自然に戻してくれるわけではないのです。

よく考えてみてください。

営利や存続が命題の動物園水族館にとって、珍しい動物を保護するということは、タダで商材が手に入るということです。
実際に、北海道でアザラシの保護施設とされる、とっかり(あざらし)センターで保護したアザラシは回復しても、海に返されるかどうかは、自治体や指定管理者の方針次第です。また繁殖もどんどんしています。

つまり、保護施設と称しながら、「日本の水族館へのアザラシの供給地」が、本当の姿です。

【クラウドファンディング開催中!11月1日まで。】
あと163万4000円で成立。 残り43日! 

日本中すべての、動物園水族館を調査する
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』

このような動物たちがいることを、多くの人に知らせたい。
ご支援、ぜひよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium
動物を解放しよう!

63 箱根園水族収容所/だっこして!ZOO!(180606/神奈川県箱根町)

日本一周!動物園水族館調査【北日本編】について
http://animal-liberator.net/animal-liberator/about-zoo-aquarium-investigation

これまでの調査リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/investigation-list
#動物を解放しよう
#日本ですべての動物園水族館閉鎖そのステキな理由

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

《参照》
〔動物園の動物 異常行動リスト
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

A-42
箱根園水族館
https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/

Z-64
だっこして!Zoo!
https://hakone-hugzoo.com/

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/

%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E5%9C%92#%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E5%9C%92%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8

【写真:箱根園水族館(Googleフォト)

https://photos.app.goo.gl/reluwMmzSWJ35aPw2

 

【写真:だっこして!ZOO!】

【動画:箱根園水族館】(YouTube再生リスト)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCq3J_dxKpEjijlWwZwmDXpA

1 調査開始

調査開始

2 外に出たいタカアシガニ(悲しい動画)

タカアシガニが、人工岩を登っていました。
危険を冒して登りますがその上には壁があるのみです。
そして、そこから出られることは一生ありません。
動画では見えづらいですが、最後にタカアシガニがジャンプを試みます。
壁に阻まれ水槽の底まで落ちてきます。
このタカアシガニはこれまで何度、脱出を試みて来たのでしょうか。
そしてこれから何度、脱出を試みるのでしょうか。
動物を監禁してはいけません。
動物への意識を変え、動物を解放しましょう。

3 魚のいじめ

魚でも鳥でも哺乳類でもいじめがあります。 自然界では逃げられ、不要な衝突は避けられます。 しかし、閉ざされた空間では、逃げ場所もなく、いじめ続けられます。 今日も、明日目が覚めても、ずっといじめられ続けます。
自分だったらどうでしょうか。 体の大きい、いじめが好きな人間と、同じ狭い空間に閉じ込められ、寝ても覚めてもいじめられ続けます。 そういうことを人間は押し付け、「動物園」や「水族館」などと名付け、自分だけが楽しんでいます。
動物を解放しましょう。

4 目が真っ白になってしまったバイカルアザラシ

塩素で白内障になったということでした。 ひどいですね。
それでも食べ物で釣って、”ショー”をやらせます。 施設も観客も一旦立ち止まって考えてみる必要があるのではないでしょうか

【動画:だっこして!ZOO!(YouTube)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqw8FDhEnnjrkoM8rkDj0KK

1 ベルトを嫌がるキツネザル

このキツネザルはこの動画を撮る前にも、ベルトを嫌がり鳴き叫んでいました。 木屑を掘ると、下にはプラスチックしかありません。 それでも掘り続ける姿がとてもかわいそうでした。

2 アカハナグマ 異常行動

動物園のこれよりは広い環境、土や木が入れられている環境でも、異常行動を起こすアカハナグマ 。 そんな繊細な動物を、この狭い空間で、一日中人間の目に晒しています。 そのことに全く問題を感じないのでしょうか。 またこの行動をどう捉えているのでしょうか。 金のためなら動物の苦しみは無視なのでしょう。

3 アカハナグマ 異常行動

ずっと異常行動に陥っていました。
アナウンスの飼育員の甘えた、媚びた声が空虚に響きます。

4 ミーアキャット 異常行動

ミーアキャットも異常行動に陥っていました。
観客は「かわいい」と言っていました。
正解は『かわいそう』です。
しかし、誰も、このミーアキャットの苦しみに気づく観客はいません。
飼育員はもちろん気づいているでしょうが。

【63 だっこして!ZOO!〔資料施設〕(180606/神奈川県箱根町)】

180606 63 だっこして!ZOO!:資料1 360°

180606 63 だっこして!ZOO!:資料2 入って右側全体像

180606 63 だっこして!ZOO!:資料3 入って左側全体像

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

調査継続のため、動物の解放のため、ぜひご協力をお願いいたします。