人工繁殖=レイプ |動物解放団体リブ

【人工繁殖とは、精神ある動物を 薬漬けにし、レイプし、無理やり妊娠させる行為】

さらにイルカの場合は、67%の赤ちゃんが死亡しています(死産含む)。

※2019年までの人工繁殖実績。須磨海浜水族園、鴨川シーワールド、名古屋港水族館、つくみイルカ島、海きらら、OMRC、15例中10人死亡。

水族館や研究者、メディアはイルカの人工繁殖を「種の保存」や絶滅危惧種の救済だと主張します。

しかし、彼らが言う「種の保存」とは、あくまでも「水族館での種の保存」です。

もし 本当の「種の保存」やイルカ保護を考えるならば、日本で行われているイルカ猟に反対すればいいのです。

水族館にとって、イルカは利益存続のための重要な存在です。
多くの水族館は、自然保護を謳う傍ら、太地町の追い込み猟から野生のイルカを購入し、自然のイルカ減少に加担してきました。
しかし JAZA加盟水族館は、追い込み猟からのイルカの購入ができなくなったため、今は打開策として、人工繁殖の研究を盛んに進めています。

人工繁殖は、母体にも相当な負担がかかります。
排卵誘発剤の投与や薬物投与による肉体的・精神的負担、出産のリスクも伴います。

人工繁殖という名の下に、薬漬けにされ、レイプされ、無理やり妊娠させられるイルカや動物たち。

私は 人間とは違う動物というカテゴリーを超え、女性への冒涜とも感じます。

皆さんはどう感じるでしょうか。

動物園や水族館が主張する「種の保存」という言葉にごまかされないでください。
(リブ 板垣さやか)

追記:人工繁殖実績につきまして漏れや追加が有ればご指摘ください。

ウィルス 動物 人類/Virus Animals Humankind|動物解放団体リブ

【ウィルス 動物 人類】 

ウィルス禍は、
1 人類が動物虐待・殺害によって引き起こし、
2 動物虐待・殺害によって収束させようとします。

新型コロナウィルス COVID-19は、
1 人類が、コウモリ(あるいはコウモリでなくても動物由来)の虐待・殺害(殺す/食べる)によって引き起こし、
2 世界中の製薬会社が信じられないほど膨大な動物実験=動物虐待・殺害を行うことによりワクチン開発を行い収束させようとします。

鳥インフルエンザは、
1 人類が、ニワトリの虐待・殺害(人工繁殖/過密飼育/殺す/食べる)によって引き起こし、
2 ニワトリの虐待・殺害によって収束させます。

豚コレラは、
1 人類が、ブタの虐待・殺害(人工繁殖/過密飼育/殺す/食べる)によって引き起こし、
2 ブタの虐待・殺害によって収束させます。

「感染症は家畜がくれた死の贈り物」
ジャレド・ダイヤモンド(進化生物学者)

上記から明らかなように、ウィルス禍の原因は、人類の振舞いです。
人類による動物虐待・殺害が、人類自身のパニック、死亡、経済の衰退を引き起こしています。

人類は、自ら問題を起こし、問題の解決を弱者に押し付けています。
しかしこれは、当然ながら根本的な解決にはなりません。
今後も次々とウィルス禍が発生し、あるいは頻発、拡大することが予想されます。

新型コロナウィルスが去ったとしても、現在のような動物産業、動物消費に依存した経済、つまり動物虐待・殺害に依存した経済では、再び過ちを繰り返すのは明らかです。

現在のような状況ですら、人々は動物を殺し、遺体を食べ、分泌物(乳)を飲むキャンペーンを行い、動物の虐待・殺害を行い続けています。
自らの過ちや、地球全体に迷惑をかけていることを客観的に見つめることができない人類が斯くも多いことか、と観察しています。

コロナウィルスが去った後、再び動物産業や動物消費者の動物虐待・殺害も息を吹き返すでしょう。
しかし、それは新たなウィルス禍の可能性を再び高めていることに他なりません。
動物産業・動物消費に依存しない、より倫理的で環境主義的な経済にシフトしなければ、人類どころか地球自体が存続できないでしょう。
人類は 地球や動物を必要としていますが、地球や動物は 人類を必要としていません。

ウィルス禍の最も有効な解決方法は、人類が、自分自身が変わることです。
謙虚になること、自分が存在することの負荷を最小限にする意識をすること。
地球に生かさせていただいているという自覚を持ち、動物虐待・殺害を止め、遺体を食べる習慣を捨て、他存在との共存の道を切り開いていくことにあります。

そのために寄り道している暇はありません。
一気に動物解放を進める必要があります。
一緒に進めていきましょう。

動物を解放しよう!


〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力

[Virus/ Animals/ Humankind]

The virus disaster is
1 Human beings caused by animal abuse and killing,
2 Tries to converge through animal abuse and killing.

New Coronavirus COVID-19
1 Caused by the abuse and killing of bats (or even non-bats of animal origin)
2 Pharmaceutical companies around the world are trying to develop and converge vaccines by performing incredibly large animal experiments = animal abuse and killing.

Bird flu
1 Caused by human abuse and killing of chickens (artificial breeding / overcrowding / killing / eating)
2 Converge by chicken abuse and killing.

Pig cholera,
1 Caused by human abuse and killing of pigs (artificial breeding / overcrowding / killing / eating)
2 Converge through pig abuse and killing.

As is clear from the above, the cause of the virus is humankind.
Animal abuse and murder by humankind has caused human death, social panic, and economic decline.

Mankind raises problems and pushes them to solve the problems.
But this is not, of course, a radical solution.
Virus outbreaks are expected to occur, occur frequently, and spread one after another in the future.

Even if the coronavirus disaster has gone, it is clear from the fire that repeating the mistakes in the current animal industry and in the economy that relies on animal consumption, that is, in the economy that relies on animal abuse and killing.

Even in the present situation, people continue to kill animals, eat dead bodies, campaign for secretions (milk), and abuse and kill animals.
I observe that there are so many people who cannot objectively look at their mistakes or that they are bothering the whole earth.

After the Coronavirus leaves, animal abuse and killing of the animal industry and animal consumers will come to life again.
But that’s nothing but raising the possibility of a new virus again.
Without shifting to a more ethical and environmentalist economy that does not rely on animal industry or animal consumption, the Earth itself will not survive, not just humanity.
Mankind needs the earth and animals, but the earth and animals do not need mankind.

The most effective solution to the virus disaster is to change humans.
Be humble and be conscious of minimizing the burden of being present.
Aware of being alive on the earth, stopping animal abuse and killing, abandoning the habit of eating corpses, and paving the way for coexistence with other beings.

We have no time to detour for that.
It is necessary to promote animal liberation at a stretch.
Let’s work together.

Let’s liberate animals!

GAIN と GAP/GAIN & GAP|LIB

GAIN と GAP

GAIN(大型類人猿情報ネットワーク)
日本で、ヒトを監禁している収容所リスト、マップ、名前、生年月日、家系図のデータベースサイトです。
ぜひご覧ください。
私たちに必要なデータベースです。

https://shigen.nig.ac.jp/gain/index.jsp

日本に監禁されているヒトは、
 ・ゴリラ:6収容所/20人
 ・オランウータン:19収容所/46人
 ・チンパンジー:48収容所/306人
 ・ボノボ:1収容所/6人
 ・テナガザル:43収容所/177人
計555人

GAINは、京都大学霊長類研が運営。京都大学は、動物園とがっちりタッグを組み、野生動物の家畜化に力を貸しています。京都大学は研究ネタを手に入れ、動物園は学術目的というエクスキューズを得る、ウィンウィンの関係。

海外の研究者たちは、GAP を作り、ヒトの権利を獲得し、実験から解放しようと力を尽くし、
日本の研究者たちは、GAINを作り、ヒトの権利を侵害し、実験動物の獲得と利権保持に力を尽くします。

GAP(大型類人猿プロジェクト)
https://www.projetogap.org.br/en/


GAIN & GAP

GAIN (Great Ape Information Network)
This is a database site of a list of camps that confine hominidae in Japan, maps, names, dates of birth, and family tree.
Please take a look.
This is the database we need.

https://shigen.nig.ac.jp/gain/index.jsp

Hominidae confined in Japan
・ Gorilla: 6 camps / 20 people
・Orangutans: 19 camps / 46 people
・Chimpanzee: 48 camps / 306 people
・Bonobo: 1 camp / 6 people
・Gibbon: 43 camps / 177 people
555 people in total.

GAIN is run by Primate Research Institute, Kyoto University. Kyoto University forms a solid tag with the zoo and lends its power to domesticating wild animals. Kyoto University obtains research material, and zoos get excuses for academic purposes.

Researchers abroad have made efforts to create GAP, acquire human rights, and release from experiments,
Japanese researchers make GAIN, infringe on human rights, and strive to acquire experimental animals and retain interests.

GAP (Great Ape Project)
https://www.projetogap.org.br/en/


動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram

〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力

〔参考〕
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由
動物の異常行動リスト

[資料]1999年 ニュージーランドが大型類人猿に”法的権利”を与えた原文を翻訳|LIB


1999年、ニュージーランドでは、
大型類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)
に一定の権利を認めました

LIBでは、動物へ権利を付与する未来への指針になる資料として、原文を翻訳しました。
〔翻訳:Hiroko Yatsu〕

地球の歴史、あるいは社会史に残る出来事であろうと思います。
遠い未来、極めて大きな一歩であったと評価されるでしょう。

日本は動物に対して極めて意識が低い国であると、まず、自己認識するところから始めなくてはならないと思います。


New Zealand:
ニュージーランド

Animal Welfare Act 1999  
動物福祉法 1999
http://www.legislation.govt.nz/act/public/1999/0142/56.0/DLM49664.html

Public Act       1999 No 142    
一般的法律 1999年第142号
Date of assent    14 October 1999   
1999年10月14日承認
Reprinted as at 1 March 2017     
2017年3月1日転載

 

This Act is administered by the Ministry for Primary Industries. 
この法律は1次産業省によって施行される。

 

  • Part 1 Care of animals  
    第1編 動物のケア
  • Part 2
Conduct towards animals 
    第2編 動物への行為
  • Part 3 Animal exports  
    第3編 動物の輸出
  • Part 4 Advisory committees 
    第4編 諮問委員会   
  • Part 5 Codes of welfare 
    第5編 ウエルフェア規定
  • Part 6
Use of animals in research, testing, and teaching 
    第6編 研究、実験及び教育における動物の使用
  • Part 7
Provisions relating to administration 
    第7編  管理に関する規定
  • Part 8 Offences 
    第8編 違反
  • Part 9 Miscellaneous provisions 
    第9編 雑則 

Part 6
Use of animals in research, testing, and teaching
第6編 研究、実験及び教育における動物の使用
80  Purposes
   目的
81  Effect of this Part 
   本編の発効

Restrictions 制限事項)

 

82  Restrictions on research, testing, and teaching involving use of animals
   動物の使用
を含む研究、実験及び教育上の制限
83  Restrictions on carrying out of projects
   プロジェクトの実施における制限
84  Power to carry out certain projects
   特定プロジェクトの実施における権限
84A  Prohibition on use of animals in research, testing, and teaching for making cosmetic
   化粧品製造目的での研究、実験及び教育における動物使用の制限
85  Restrictions on use of non-human hominids 
  人間以外のヒト科動物の使用の制限
86  Revocation of approval
   承認の撤回

(Codes of ethical conduct 倫理的行為規定

 

87  Codes of ethical conduct
   倫理的行為規定
88  Contents of code of ethical conduct
   倫理的行為規定の内容
89  Application for approval
   承認の適用
90  Changes to proposed code 
   提示された規定の変更

91  Approval of code of ethical conduct  
   倫理的行為規定の承認

92  Time limits 
   時間制限
93  Approval to be personal to code holder
   規定を保有する個人の承認 
94  Duration of approval
   承認の継続期間
95  Application for amendment, suspension, or revocation of code of ethical conduct
   倫理的行為規定の修正、保留又は撤回の適用
96  Amendment, suspension, or revocation 
   修正、保留又は撤回
97  Review of decisions
   決定の再調査

Animal ethics committees 動物倫理委員会

98  Establishment of animal ethics committees
   動物倫理委員会の設立
99  Functions and powers
   機能と権限
100  Criteria
   基準
101  Membership
   構成員
103  Report of non-compliance
   不履行の報告
104  Protection of members of animal ethics committees
   動物倫理委員会委員の保護

Reviews of code holders and animal ethics committees
 規定保有者と動物倫理委員会の再調査

105  Independent reviews
   独立した審査
106  Purpose
   目的
107  Period to which independent review relates
   独立審査に係る期間
108  Conduct of independent review
   独立審査の施行
109  Accredited reviewers
   正式認可を受けた審査員
110  Performance of duties
   義務の履行
111  Applications for accreditation
   認証評価のための申請
112  Performance standards
   パフォーマンス基準
113  Provisions applying in respect of accreditation and accredited reviewers
   認証評価と審査員に関する適用条件
114  Review
   審査
115  Report
   報告
116  Level of compliance
   適合性の水準
117  Power of Minister to commission review
   委員会の審査に対する省の権限
118  Power of Minister to approve research or testing
   研究や実験の許可に対する省の権限

Penalties 罰則

 

119  Penalties
   罰則

 


  • 85  Restrictions on use of non-human hominids 
    85  人間以外のヒト科動物の使用の制限

     

    (1)No person may carry out any research, testing, or teaching involving the use of a non-human hominid unless such use has first been approved by the Director-General and the research, testing, or teaching is carried out in accordance with any conditions imposed by the Director-General. 

     何人も、人間以外のヒト科の動物の使用を含む研究、実験又は教育を行うことができない。ただし、それが第1次産業省長官によってはじめに承認された使用であり、その研究、実験又は教育が第1次産業省長官によって課せられるあらゆる条件に従ってなされる場合は、この限りではない。


(2)The Director-General may, in giving approval under subsection (1), impose, as conditions of that approval, such conditions as the Director-General thinks fit. 

  (1) のもとで承認を与える第1次産業省長官は、その承認の条件として、当該長官が適切と考える条件を課すことができる。

(3)The Director-General may from time to time, by notice in writing to any person holding an approval under subsection (1),—
 第1次産業省長官は、文書による通知により、 (1)のもとで承認を得る人々に対して、適宜、次のことを行うことができる。

  (a)  revoke any condition of that approval:
    承認条件の撤回。
  (b)  revoke any condition of that approval, and impose another condition in its place:
    承認条件の撤回と、それに変わる他の条件を課すこと。
  (c)  amend any condition of that approval.
    承認条件の修正。

(4) The Director-General must consult with the National Animal Ethics Advisory Committee before exercising the powers conferred by subsection (1) or subsection (2) or subsection (3).
 第1次産業省長官は、(1)、 (2)又は (3)にかかる執行権を行使する前に、国立動物倫理諮問委員会に相談をしなければならない。

(5) The Director-General must not give approval under subsection (1) unless he or she is satisfied—
 第1次産業省長官は、申請者が次のことを満たしていない場合に、(1)のもとで承認を与えてはならない。

  (a)  that the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching is in the best interests of the non-human hominid; or
    その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用が、人間以外のヒト科の動物にとって最大の利益となる場合。又は

  (b)  that the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching is in the interests of the species to which the non-human hominid belongs and that the benefits to be derived from the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching are not outweighed by the likely harm to the non-human hominid.
    その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用が、人間以外のヒト科の動物が属する種のためになり、かつ、その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用による利益が、人間以外のヒト科の動物に対して与える可能性のある危害よりも上回らない場合。

(6)The Director-General must monitor the carrying out of any research, testing, or teaching to which an approval given under subsection (1) relates.
 第1次産業省長官は、(1)の元で与えられた承認に関連する研究、実験又は教育の実施を監視しなければならない。

(7)A person commits an offence who contravenes subsection (1).
 (1)を違反するものは罪に服す。

(8) Nothing in sections 82 to 84 applies in relation to research, testing, or teaching that involves the use of a non-human hominid.
 82節から84節のすべての条項は、人間以外のヒト科の動物の使用を含む研究、実験又は教育に関して適用されない。

 


(Penalties 罰則)

119  Penalties
   罰則

A person who commits an offence against section 82(2) or section 83(2) or section 84A(3) or section 85(7) is liable on conviction, —
第82(2)節、第83(2)節、第84A(3)節又は第85(7)節のいずれかに対して規則違反を犯す者は、次の有罪判決の責任を負う。

(a)  in the case of an individual, to imprisonment for a term not exceeding 6 months or to a fine not exceeding $25,000 or to both; and
  個人の場合、6ヶ月を超えない懲役、$25,000を超えない罰金、又はその両方に処する。


(b) in the case of a body corporate, to a fine not exceeding $125,000.
 法人の場合、$125,000を超えない罰金に処する。

 

Section 119: amended, on 10 May 2015, by section 42 of the Animal Welfare Amendment Act (No 2) 2015 (2015 No 49).
Section 119: amended, on 1 July 2013, by section 413 of the Criminal Procedure Act 2011 (2011 No 81).
第119節:改定動物福祉法(No 2) 2015 (2015 No 49) 第42節により、2015年5月10日に修正された。
第119節:刑事手続法2011 (2011 No 81) 第413節により、2013年7月1日に修正された。

 

 

 

 

動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate