保存版:イルカ猟 捕獲枠・実績

〔 MAP:漁捕獲枠・実績 2015〕
〔 MAP:日本のイルカ解体場 2018〕
〔グラフ:日本のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕
〔グラフ:岩手県のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕
〔グラフ:太地町(和歌山県)のイルカ漁捕獲枠・実績 2001-2015〕

○現在、捕獲枠を持っている県は、8県。
 北海道・青森・岩手・宮城・千葉・静岡・和歌山・沖縄。
 うち、青森・静岡ではすでに行われていません。
 捕獲枠を返上していただけたらすばらしいですね。

○最大捕獲県は岩手県。
 次が和歌山県。

○クジラ解体場は4カ所。
 とはいえ、沖縄での解体はどうなっているのか知りたいものです。

○全体的に捕獲漁は大きく減っています。
 原因が、世論なのか、需要なのか、高齢化なのか、あるいは、イルカ自体が減っているのか不明です。

保存してご活用いただければ幸いです。