GAIN と GAP/GAIN & GAP|LIB

GAIN と GAP

GAIN(大型類人猿情報ネットワーク)
日本で、ヒトを監禁している収容所リスト、マップ、名前、生年月日、家系図のデータベースサイトです。
ぜひご覧ください。
私たちに必要なデータベースです。

https://shigen.nig.ac.jp/gain/index.jsp

日本に監禁されているヒトは、
 ・ゴリラ:6収容所/20人
 ・オランウータン:19収容所/46人
 ・チンパンジー:48収容所/306人
 ・ボノボ:1収容所/6人
 ・テナガザル:43収容所/177人
計555人

GAINは、京都大学霊長類研が運営。京都大学は、動物園とがっちりタッグを組み、野生動物の家畜化に力を貸しています。京都大学は研究ネタを手に入れ、動物園は学術目的というエクスキューズを得る、ウィンウィンの関係。

海外の研究者たちは、GAP を作り、ヒトの権利を獲得し、実験から解放しようと力を尽くし、
日本の研究者たちは、GAINを作り、ヒトの権利を侵害し、実験動物の獲得と利権保持に力を尽くします。

GAP(大型類人猿プロジェクト)
https://www.projetogap.org.br/en/


GAIN & GAP

GAIN (Great Ape Information Network)
This is a database site of a list of camps that confine hominidae in Japan, maps, names, dates of birth, and family tree.
Please take a look.
This is the database we need.

https://shigen.nig.ac.jp/gain/index.jsp

Hominidae confined in Japan
・ Gorilla: 6 camps / 20 people
・Orangutans: 19 camps / 46 people
・Chimpanzee: 48 camps / 306 people
・Bonobo: 1 camp / 6 people
・Gibbon: 43 camps / 177 people
555 people in total.

GAIN is run by Primate Research Institute, Kyoto University. Kyoto University forms a solid tag with the zoo and lends its power to domesticating wild animals. Kyoto University obtains research material, and zoos get excuses for academic purposes.

Researchers abroad have made efforts to create GAP, acquire human rights, and release from experiments,
Japanese researchers make GAIN, infringe on human rights, and strive to acquire experimental animals and retain interests.

GAP (Great Ape Project)
https://www.projetogap.org.br/en/


動物解放団体 リブ|LIB Animal Liberator.net
 Website YouTube
 Facebook Twitter Instagram


〔ご支援〕
 マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中
 MonthlySupporter・Donation・Member


〔参考〕
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由
動物の異常行動リスト
日本一周!動物園水族館調査について
日本一周!動物園水族館調査 全施設 写真/動画まとめ

「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」への解答

上記の意見(?)に回答する手間を省くために、リンクを貼って対応するか、コピペで対応できるように解答を作成しました。
ご活用ください。

リンク用

「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」への解答
http://animal-liberator.net/animal-liberator/oshituke-hihan

コピペ用

【現状】

「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」といった言葉が大ブームである。
自分は意識が高いという振る舞いとともに発言される。

【使用の意図】

・ある主張に対して、その主張を事前に封じ込めるため。・自分のアイデンティティを揺らがせられる危険を察知し、シャットアウトするため。それが例え不正義や、非倫理への指摘であっても。

【背後にある様々な無意識】

少し考えれば、これらの言葉を発することは不可能になる。
例えば、
「被差別者の人権を守ろう」
「子供を守れ」
「戦争をしてはいけない」
「人を殺してはいけない」
「環境を守ろう」
これらは押し付けであり、批判を含んでいる。

批判から、民主主義は生まれ、少数者は権利を確立してきたという歴史や英知がある。
批判ができるということは、自由の現れである。
人類は、批判ができない社会から、批判できる社会を勝ち取ってきた。
批判や押し付けの自由は、憲法に保障された表現の自由である。
批判のできない社会の恐ろしさを認識していただきたい。
自ら民主主義や権利を放棄する言動。

「押し付け〜」「批判しては〜」云々という言葉はファッション。
「わりと〜」が流行ったのと同じ現象。

押し付けてはいけない、という価値観を、押し付けている。
自己矛盾のループ。

空気によって、表現の自由や他者の価値観を押しつぶそうとする試み。
同調圧力。
空気で押しつぶす・同調圧力とは、個人的あるいは集団的な信念や、括弧付きの常識を、まるで真理のように表現し、そこから外れていることは間違っていることであるとし、封殺し、排斥しようとすること。
「忖度文化」「村社会の掟文化」の表れである。
出る杭は打たれる、ということわざにおける、出る杭を打つために使用する。
発言者は、出る杭を打っているという意識は無い。

多くの人がその言葉を、まるで自分は、多様性を認め、あらゆる価値観を包括し、知的に思考しており、意識が高い、とった振る舞いを持って発する。
しかしながら、実態は逆である。
「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」という言葉によって、表現の自由を侵害し、多様性を認めず、価値観を排斥し、知的に思考停止しており、自分が発している言葉を内省的に批判できないほどに意識は低い。

批判を受け入れない態度の方が問題。
自分にとって不都合だから批判を無かったことにしよう、という行為であるが、これは、見たいものしか見ない、見たくないものは見たくない、見たくないものは見たいように見る、という現代の社会問題、個人的問題すべてに底通する重大な問題をはらんだ態度である。

多くの場合、少数者が意見を言うと、「押し付けるな」「批判してはいけない」という言葉が出てくる。
一方、巨大な押し付けには、坑するどころか、意識すらできていない人々もいる。

社会は押し付けでできている。
押し付けとは、法律・人権の尊重・テレビCM・メディア・義務教育・各家庭のルールなど。それらの押し付けは意識下にあり、よい押し付けもあれば、不正義も多い。

大小すべての押し付けを並べ、仕分け、評価し、変えるべきところは変え、取り入れるべきところは取り入れていくことを続けることが、より良い社会を作るということ。それは個人においても同じことである。

人権ランクが低く、報道の自由度が低く、弱者に対するいじめや虐待が続く原因は、市民自らが作っている。

【原因をいくつか】

発言者が弱いため。
アイデンティティを自己覚知できていないゆえに、自分の価値観を否定されると、自分自身が否定されたと感じる。
アイデンティティの保存、または壊される恐怖を事前に予防するために壁を作る。
アイデンティティは壊され続けたほうがよい。そのことこそが人間的成長であり、精神的成長である。

なお、これまで記載したことを認識しながら使用する人や集団もいる。
この場合は、自分たちへの批判を封殺する意図的な営み。
無自覚にこれらの言葉を使っている人は瞬時に無力化されてしまう。

真理めいたことを言うときは、反証を想定し、考えうる反証をすべて潰してから発言したほうがよい。
なぜすぐに反証が可能な発言をまるで真理のように発言し、疑えないかというと、発言者が自分の中で反証していないから。
これは、大きな問題である。
なぜ?ほんとうにそうなのか?といった問いを自分で立て、調べ、回答を出すという教育をされていないため。

【対策】

自分そのものと、自分の価値観や意見は分離する。

自分の価値観や意見を俯瞰し客観視できていれば、押し付けられ批判されても、アイデンティティに入ってこない。
価値観や意見とは一過性のものであり、自己成長とともに、変化するものであり、したほうがよい。
変化が止まった人間は、実際はもう死んでいる。

批判とは、自分の狭く幼稚な価値観や意見やアイデアを成長させてくれるものである。
批判や押し付けを受け、それを仕分けし、自分の内部に入れる、入れないを判断することを繰り替えすことによって、自分がより高まり、強くなっていく。

批判に対して批判することで、両者の認識は高度化していく。
ある価値観(テーゼ)に対し、批判(アンチテーゼ)があり、その両者を比較検討しその一段高い段階(ジンテーゼ)に到達することを意識する。
アンチテーゼを封じ込めることは、ひ弱なテーゼにしがみつくことであり、それは思考的な死であり、成長の終わりである。

【まとめ】

私たちは、
思考し、自己を客観視し、自己覚知し、アイデンティティを相対化することによって、
精神的に成長し、自立自律するそれぞれの過程にある。

ゆえに、押し付けや批判は、自己成長や集団的成長のタネである。

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター募集中 月々500〜Donation〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

動物園水族館調査への反発|LIB

今後ますます増えるでしょう。
日本には、動物に対して冷酷な方々が一定数います。
攻撃は特にYouTubeにきます。
取ったばかりのアカウントで、名前も顔も出さず、感情的で不毛な書き込みをするのが特徴。
卑怯で無礼な方々が多いです。
業界関係者の方も一定数紛れていると考えています。

動物に感情がある、愛情がある、痛みがある、助けて欲しいと思っている、などとはつゆほども思わないのかもしれません。

動物には感情があり、愛情があり、痛みを感じ、助けて欲しいと思っているのです。

よかったらYouTubeへの援護射撃もお願いできればありがたいです。
動物や他者にやさしい人々を、増やしていきましょう。
 
一部抜粋。返答も合わせて、議論のご参考になれば幸いです。
東北サファリパーク爬虫類館
『なーにとぼけたこといってんだかこいつは頭だいじょーぶでちゅかー?』
 
市原ぞうの国(サユリワールド)
『お前ついに市原ぞうの国まで手を出したなすぐ手を引け!不幸なゾウだとふざけんな!ゾウの事をしっかり勉強してきてからいえ!坂本園長の努力を蹴るような発言言ってみろ!貴様を訴えてやる!』
 
よこはま動物園ズーラシア
『子作りを強制ってwwあんたホッキョクグマが絶滅危惧種ってわかってんの?』
『あんたらキチガイの思想や行動にはヘドが出るね』
 
東筑波ユートピア
『こんなアホな活動してるやつはそこまで考えて行動してないんだろうな笑。くだらん調査する前に猿の生態とかもうちょっと勉強してから批判動画上げようね笑』
 
だっこして!ZOO!
『愛誤さんなんとかしてくれよー頼むよー』
 
市原ぞうの国(サユリワールド)
『奇麗ごとだけでは生きていけないのが現実です。大多数の人間が食うためだけに生まれてきた家畜を食らってます。動物が可愛そうというなら、動物園がどうのこうの言う前に、そこをどうにかするのが筋というもの』
 
その他
『頭悪そうな人・・・ ~ 不快以外の感情が出てこないです。』
『仲いいアピール?
いやいやいや、シャチとの、絆ですけど?
尻で乗る?いや、仕事、シャチも、嬉しいと思う。こんなに、トレーナーさんと、近寄ったりできて、パフォーマンスだけど、シャチと、トレーナーさんの、これも、絆』
 
__________________


【クラウドファンディング実施中!】
このような苦しんでいる者への共感もなく、動物の権利も無視した言動がまかり通る社会は、動物にも人間にも優しくない社会です
 

誰にも気付かれず苦しんでいる動物たちに、
気付かれても誰も助けてくれない動物たちに、
光をあてましょう。
11月1日まで

日本中すべての動物園水族館を調査する調査するプロジェクト

『日本一周!動物園水族館調査 南日本編』

ぜひ調査にご支援をお願いいたします。

残り31日。
120万1000円で実現。

ご支援はこちらから。

↓ ↓
動物を解放しよう!

人間至上主義 動物を踏みつける|LIB

人間が動物を踏みつけている写真を集めました。
今の地球、社会、価値観は、『人間至上主義』を基盤に形成されています。
 
地球、すべての生命を資源(人間が自由に利用し、お金に換算できるモノ)として疑いません。
人間でさえも資源です。

それはあまねく人類を捕らえる、
圧倒的な優越感です。
環境保護、環境主義、生物多様性、多様性の尊重、人権、SDGsといった、一見良さそうなものでさえ、人間至上主義に基づいた活動です。
動物園水族館の4つの役割の一つに、『教育』があります。

この”教育”とは、人間至上主義に基づいた、人類は動物を搾取・監禁・利用してもよい、するべきなのだ、という価値観を植え込む教育です。
 

そのような教育のうちの一つが、
人間が動物を踏みつけ、
踏みつけている人間と、
従純な動物に拍手喝采を送る、
動物ショーです。

 
 
ぞうさんのショーや、イルカショーは、本当に楽しいですか?
「みんなが幸せになりますように・・・」に、動物は入っていますでしょうか。

 
地球を踏みつけ、他種の動物を踏みつける生き方から、
地球を尊敬し尊重し、多種の動物を尊敬し尊重する生き方に、
シフトしましょう。
 
当たり前のことを言いますが、共生とは、共に生きる相互から見て共生であることが共生です
 
自分たちの目線からしか見ず、自分の利益を優先して、監禁し、害獣といって殺し、利用するのは、 共生ではなく、強制です。

他者の目から見た私たちはどう見えるか、
自分だったらどう思うか考えること、

それが倫理であり、配慮です。

 

他者から見て、共生だと納得いくような。
本当の 共生 にシフトしていきましょう。
 
__________________

【クラウドファンディング開催中!】

日本中すべての動物園水族館を調査する調査するプロジェクトの後半、

『日本一周!動物園水族館調査 南日本編』
まだまだこのような動物たちが日本中にいます。
誰にも気付かれず苦しんでいる動物たちに、光をあてたい。
ぜひ調査にご支援をお願いいたします。

残り37日。
あと、141万3000円で調査実現。
ご支援はこちらから。
↓ ↓
動物を解放しよう!
_______________________
・A-20 アクアワールド大洗(茨城県)
・A-27 鴨川シーワールド(千葉県)
・Z-35 埼玉県こども動物自然公園(埼玉県)
・Z-34 東武動物公園(埼玉県)
・A-40 新江ノ島水族館(神奈川県)
・A-33 マクセル アクアパーク品川(東京都)
・A-39 横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)
・Z-42 市原ぞうの国 & サユリワールド(千葉県)

人間の命は地球より重いか|LIB

昔の政治家が言った言葉です。
一見美しい言葉のように聞こえます。

しかしこれは、人間一人と、
地球と地球に住む全存在とを比較して、
人間一人の方が重要な存在であると考えていること。
言い換えると、「自分の命は地球より重い」
極めて傲慢な考え方であり、人間至上主義の極北であり、現実が認識できていません。

地球は圧倒的な存在です。
漆黒の宇宙に浮かび、青く輝き、回転し、46億年生き、膨大な生命と無生物を育んできました。
我々はその上にほんの一瞬、生命を受けた儚い存在にすぎません。
私は地球を尊敬しています。

そして地球に住む全存在は、それぞれの種がそれぞれ固有の能力や表現、素晴らしさをもっています。
私は他種を尊敬しています。

人間一人ひとりにまったく同等の価値がありますが、人間以外にもまったく同等の価値があります。
人間一人ひとりは大切でかけがえのない存在ですが、人間以外も大切でかけがえのない存在です。

これまで私たちは、地球と地球に住む生命、そして人間も「資源」や「搾取対象」とみなし、略奪し、殺し、改変し、破壊してきました。

もう止めましょう。

我々人類のあり方、地球や動物や植物との関係を根本的に見直し、シフトする時がきています。