動物園水族館調査への反発|LIB

今後ますます増えるでしょう。
日本には、動物に対して冷酷な方々が一定数います。
攻撃は特にYouTubeにきます。
取ったばかりのアカウントで、名前も顔も出さず、感情的で不毛な書き込みをするのが特徴。
卑怯で無礼な方々が多いです。
業界関係者の方も一定数紛れていると考えています。

動物に感情がある、愛情がある、痛みがある、助けて欲しいと思っている、などとはつゆほども思わないのかもしれません。

動物には感情があり、愛情があり、痛みを感じ、助けて欲しいと思っているのです。

よかったらYouTubeへの援護射撃もお願いできればありがたいです。
動物や他者にやさしい人々を、増やしていきましょう。
 
一部抜粋。返答も合わせて、議論のご参考になれば幸いです。
東北サファリパーク爬虫類館
『なーにとぼけたこといってんだかこいつは頭だいじょーぶでちゅかー?』
 
市原ぞうの国(サユリワールド)
『お前ついに市原ぞうの国まで手を出したなすぐ手を引け!不幸なゾウだとふざけんな!ゾウの事をしっかり勉強してきてからいえ!坂本園長の努力を蹴るような発言言ってみろ!貴様を訴えてやる!』
 
よこはま動物園ズーラシア
『子作りを強制ってwwあんたホッキョクグマが絶滅危惧種ってわかってんの?』
『あんたらキチガイの思想や行動にはヘドが出るね』
 
東筑波ユートピア
『こんなアホな活動してるやつはそこまで考えて行動してないんだろうな笑。くだらん調査する前に猿の生態とかもうちょっと勉強してから批判動画上げようね笑』
 
だっこして!ZOO!
『愛誤さんなんとかしてくれよー頼むよー』
 
市原ぞうの国(サユリワールド)
『奇麗ごとだけでは生きていけないのが現実です。大多数の人間が食うためだけに生まれてきた家畜を食らってます。動物が可愛そうというなら、動物園がどうのこうの言う前に、そこをどうにかするのが筋というもの』
 
その他
『頭悪そうな人・・・ ~ 不快以外の感情が出てこないです。』
『仲いいアピール?
いやいやいや、シャチとの、絆ですけど?
尻で乗る?いや、仕事、シャチも、嬉しいと思う。こんなに、トレーナーさんと、近寄ったりできて、パフォーマンスだけど、シャチと、トレーナーさんの、これも、絆』
 
__________________


【クラウドファンディング実施中!】
このような苦しんでいる者への共感もなく、動物の権利も無視した言動がまかり通る社会は、動物にも人間にも優しくない社会です
 

誰にも気付かれず苦しんでいる動物たちに、
気付かれても誰も助けてくれない動物たちに、
光をあてましょう。
11月1日まで

日本中すべての動物園水族館を調査する調査するプロジェクト

『日本一周!動物園水族館調査 南日本編』

ぜひ調査にご支援をお願いいたします。

残り31日。
120万1000円で実現。

ご支援はこちらから。

↓ ↓
動物を解放しよう!

人間至上主義 動物を踏みつける|LIB

人間が動物を踏みつけている写真を集めました。
今の地球、社会、価値観は、『人間至上主義』を基盤に形成されています。
 
地球、すべての生命を資源(人間が自由に利用し、お金に換算できるモノ)として疑いません。
人間でさえも資源です。

それはあまねく人類を捕らえる、
圧倒的な優越感です。
環境保護、環境主義、生物多様性、多様性の尊重、人権、SDGsといった、一見良さそうなものでさえ、人間至上主義に基づいた活動です。
動物園水族館の4つの役割の一つに、『教育』があります。

この”教育”とは、人間至上主義に基づいた、人類は動物を搾取・監禁・利用してもよい、するべきなのだ、という価値観を植え込む教育です。
 

そのような教育のうちの一つが、
人間が動物を踏みつけ、
踏みつけている人間と、
従純な動物に拍手喝采を送る、
動物ショーです。

 
 
ぞうさんのショーや、イルカショーは、本当に楽しいですか?
「みんなが幸せになりますように・・・」に、動物は入っていますでしょうか。

 
地球を踏みつけ、他種の動物を踏みつける生き方から、
地球を尊敬し尊重し、多種の動物を尊敬し尊重する生き方に、
シフトしましょう。
 
当たり前のことを言いますが、共生とは、共に生きる相互から見て共生であることが共生です
 
自分たちの目線からしか見ず、自分の利益を優先して、監禁し、害獣といって殺し、利用するのは、 共生ではなく、強制です。

他者の目から見た私たちはどう見えるか、
自分だったらどう思うか考えること、

それが倫理であり、配慮です。

 

他者から見て、共生だと納得いくような。
本当の 共生 にシフトしていきましょう。
 
__________________

【クラウドファンディング開催中!】

日本中すべての動物園水族館を調査する調査するプロジェクトの後半、

『日本一周!動物園水族館調査 南日本編』
まだまだこのような動物たちが日本中にいます。
誰にも気付かれず苦しんでいる動物たちに、光をあてたい。
ぜひ調査にご支援をお願いいたします。

残り37日。
あと、141万3000円で調査実現。
ご支援はこちらから。
↓ ↓
動物を解放しよう!
_______________________
・A-20 アクアワールド大洗(茨城県)
・A-27 鴨川シーワールド(千葉県)
・Z-35 埼玉県こども動物自然公園(埼玉県)
・Z-34 東武動物公園(埼玉県)
・A-40 新江ノ島水族館(神奈川県)
・A-33 マクセル アクアパーク品川(東京都)
・A-39 横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)
・Z-42 市原ぞうの国 & サユリワールド(千葉県)

仙台市八木山動物園 切られた 象の鼻|LIB

Readyfor クラウドファンディング実施中。
11月1日まで。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

北日本編で調査した仙台市八木山動物園では、象の鼻を切り取って展示してありました。

動物園の4つの役割の一つに「研究」というものがあります。
日本の動物関係の研究者は、”科学的”で、”客観的”であることに重きをおいていらっしゃるようです。
一見良いように聞こえます。
しかしそれは、”動物をモノ化”し、”共感をしない”ことと同義です。

今話題のイルカのハニーに関して、日本の有名な研究者に相談したところ、
「学生の生体解剖用に使ったらいいんじゃないか」
との返答が返ってきました。
これが科学的態度です。

つまり、動物園水族館ではこれを子供達に教えている。
ゆえに、動物に共感できない、搾取することが当たり前の社会ができが上がっている

それでいいのでしょうか。

この先、わたしたちはずっとそのような、傲慢で、不遜で、愛に欠けた態度で、地球に住み続けるのでしょうか。
これから、未来永劫、動物を搾取し、苦しめ、殺戮し続けるのでしょうか。


動物を見て、癒されて、その遺体を食べ楽しむ場所。それが、動物園・水族館

シマウマの遺体が吊り下げられていました。

ひどいところにロープが通してあります。動物への考え方が感じられます。

動物園水族館は動物の監禁施設。決して出られません。自由になるときは死んだときです。

牢屋です。
自分が一生この中で、生きると想像してみてください。毎日人に見られ、好きなものも食べられず、ここから一歩も離れることはできません。
一生です。
​耐えられるでしょうか。

牢屋

牢屋

動物たちの中でも、猿たちの目は特に雄弁です。ぜひ、目を見てください。いろいろなことが伝わってくるでしょう。


ゴリラのドン。何十年も監禁されています。悪いことなど何一つしていないのに。
​人間を楽しませるためだけに一生をこの中で過ごします。


新しい象の施設は、広くて綺麗なように見えます。
しかしよく見てみてください。
​そこら中に電気ワイヤーが張り巡らされていることに気がつきます。
動物園はなるべく目立たないように工夫しています。


切り取られたラクダの足。
​もちろん八木山に監禁されていたラクダの成れの果てです。

ホッキョクグマの剥製。なぜこの表情にしたのでしょうか。死んでも苦しみ続けているように見えます。


これらの写真は、北日本編の調査のほんの一部です。
南日本編ではさらに、このような調査を行い、日本中全ての動物園水族館で行われていることを可視化し、皆さんと共有し、一緒に考えていきたいと思います。
まずは調査から。

Readyfor クラウドファンディング今日で4日目。
残り47日。
179万4000円で 成立です。

ぜひご支援、ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。
皆さんのご支援がそれだけ未来の動物解放を早めます。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium


動物を解放しましょう!

プロジェクト0『日本に監禁されているゴリラを0に』|LIB

ゴリラ監禁施設は、7施設
計21人のゴリラが監禁されています。

ゴリラはヒトです。
ゴリラを解放しましょう。

収容所は、「絶滅の危機にあるから、保護し繁殖しなければならない」と主張します。
しかし、90年代には、50人のゴリラがいました。
現在21人。
成功していますでしょうか。

また繁殖したとしてもそれは決して野生に帰ることができない、家畜化された生まれながらの奴隷です。
動物の尊厳をないがしろにし、侮辱する行為ではないでしょうか。

そもそも、収容所自体が、現地のゴリラを捕獲し、絶滅の危機に追いやった原因です。
一体何を言っているのか。
現実に自らが引き起こしていることと、その責任を自覚していただきたい。

このプロジェクトは、複数の種を0にするプロジェクトの一つです。
今後それぞれの種に関する情報を収集し、ウェブサイトにまとめていき、広く啓発を図ります。

協力いただける方いらっしゃいましたらお願いいたします。


【ボランティア募集】
・情報収集してくださる方
・ウェブサイトを作ってくださる方

《参考》
ゴリラ監禁施設
 八木山動物公園(宮城県仙台市)〔1人〕
 千葉市動物公園(千葉県千葉市)〔2人〕
 恩賜上野動物園(東京都台東区)〔8人〕
 浜松市動物園(静岡県浜松市)〔1人〕
 日本モンキーセンター(愛知県犬山市)〔1人〕
 東山動植物園(愛知県名古屋市)〔5人〕
 京都市動物園(京都府京都市)〔3人〕

ゴリラの分類
 ニシゴリラ(亜種:ニシローランドゴリラ・クロスリバーゴリラ(350人しかいない))
  ギニア湾沿いの西アフリカ熱帯雨林地帯に生息
  寿命は、40~50年
 ヒガシゴリラ(亜種:ヒガシローランドゴリラ・マウンテンゴリラ・グラウアーゴリラ・ブィンディゴリラ)
  アフリカ中央の熱帯林や山林に生息
  ドラミングするのはヒガシゴリラだけ

人間の命は地球より重いか|LIB

昔の政治家が言った言葉です。
一見美しい言葉のように聞こえます。

しかしこれは、人間一人と、
地球と地球に住む全存在とを比較して、
人間一人の方が重要な存在であると考えていること。
言い換えると、「自分の命は地球より重い」
極めて傲慢な考え方であり、人間至上主義の極北であり、現実が認識できていません。

地球は圧倒的な存在です。
漆黒の宇宙に浮かび、青く輝き、回転し、46億年生き、膨大な生命と無生物を育んできました。
我々はその上にほんの一瞬、生命を受けた儚い存在にすぎません。
私は地球を尊敬しています。

そして地球に住む全存在は、それぞれの種がそれぞれ固有の能力や表現、素晴らしさをもっています。
私は他種を尊敬しています。

人間一人ひとりにまったく同等の価値がありますが、人間以外にもまったく同等の価値があります。
人間一人ひとりは大切でかけがえのない存在ですが、人間以外も大切でかけがえのない存在です。

これまで私たちは、地球と地球に住む生命、そして人間も「資源」や「搾取対象」とみなし、略奪し、殺し、改変し、破壊してきました。

もう止めましょう。

我々人類のあり方、地球や動物や植物との関係を根本的に見直し、シフトする時がきています。