「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」への解答

上記の意見(?)に回答する手間を省くために、リンクを貼って対応するか、コピペで対応できるように解答を作成しました。
ご活用ください。

リンク用

「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」への解答
http://animal-liberator.net/animal-liberator/oshituke-hihan

コピペ用

【現状】

「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」といった言葉が大ブームである。
自分は意識が高いという振る舞いとともに発言される。

【使用の意図】

・ある主張に対して、その主張を事前に封じ込めるため。・自分のアイデンティティを揺らがせられる危険を察知し、シャットアウトするため。それが例え不正義や、非倫理への指摘であっても。

【背後にある様々な無意識】

少し考えれば、これらの言葉を発することは不可能になる。
例えば、
「被差別者の人権を守ろう」
「子供を守れ」
「戦争をしてはいけない」
「人を殺してはいけない」
「環境を守ろう」
これらは押し付けであり、批判を含んでいる。

批判から、民主主義は生まれ、少数者は権利を確立してきたという歴史や英知がある。
批判ができるということは、自由の現れである。
人類は、批判ができない社会から、批判できる社会を勝ち取ってきた。
批判や押し付けの自由は、憲法に保障された表現の自由である。
批判のできない社会の恐ろしさを認識していただきたい。
自ら民主主義や権利を放棄する言動。

「押し付け〜」「批判しては〜」云々という言葉はファッション。
「わりと〜」が流行ったのと同じ現象。

押し付けてはいけない、という価値観を、押し付けている。
自己矛盾のループ。

空気によって、表現の自由や他者の価値観を押しつぶそうとする試み。
同調圧力。
空気で押しつぶす・同調圧力とは、個人的あるいは集団的な信念や、括弧付きの常識を、まるで真理のように表現し、そこから外れていることは間違っていることであるとし、封殺し、排斥しようとすること。
「忖度文化」「村社会の掟文化」の表れである。
出る杭は打たれる、ということわざにおける、出る杭を打つために使用する。
発言者は、出る杭を打っているという意識は無い。

多くの人がその言葉を、まるで自分は、多様性を認め、あらゆる価値観を包括し、知的に思考しており、意識が高い、とった振る舞いを持って発する。
しかしながら、実態は逆である。
「押し付けてはいけない」「批判してはいけない」という言葉によって、表現の自由を侵害し、多様性を認めず、価値観を排斥し、知的に思考停止しており、自分が発している言葉を内省的に批判できないほどに意識は低い。

批判を受け入れない態度の方が問題。
自分にとって不都合だから批判を無かったことにしよう、という行為であるが、これは、見たいものしか見ない、見たくないものは見たくない、見たくないものは見たいように見る、という現代の社会問題、個人的問題すべてに底通する重大な問題をはらんだ態度である。

多くの場合、少数者が意見を言うと、「押し付けるな」「批判してはいけない」という言葉が出てくる。
一方、巨大な押し付けには、坑するどころか、意識すらできていない人々もいる。

社会は押し付けでできている。
押し付けとは、法律・人権の尊重・テレビCM・メディア・義務教育・各家庭のルールなど。それらの押し付けは意識下にあり、よい押し付けもあれば、不正義も多い。

大小すべての押し付けを並べ、仕分け、評価し、変えるべきところは変え、取り入れるべきところは取り入れていくことを続けることが、より良い社会を作るということ。それは個人においても同じことである。

人権ランクが低く、報道の自由度が低く、弱者に対するいじめや虐待が続く原因は、市民自らが作っている。

【原因をいくつか】

発言者が弱いため。
アイデンティティを自己覚知できていないゆえに、自分の価値観を否定されると、自分自身が否定されたと感じる。
アイデンティティの保存、または壊される恐怖を事前に予防するために壁を作る。
アイデンティティは壊され続けたほうがよい。そのことこそが人間的成長であり、精神的成長である。

なお、これまで記載したことを認識しながら使用する人や集団もいる。
この場合は、自分たちへの批判を封殺する意図的な営み。
無自覚にこれらの言葉を使っている人は瞬時に無力化されてしまう。

真理めいたことを言うときは、反証を想定し、考えうる反証をすべて潰してから発言したほうがよい。
なぜすぐに反証が可能な発言をまるで真理のように発言し、疑えないかというと、発言者が自分の中で反証していないから。
これは、大きな問題である。
なぜ?ほんとうにそうなのか?といった問いを自分で立て、調べ、回答を出すという教育をされていないため。

【対策】

自分そのものと、自分の価値観や意見は分離する。

自分の価値観や意見を俯瞰し客観視できていれば、押し付けられ批判されても、アイデンティティに入ってこない。
価値観や意見とは一過性のものであり、自己成長とともに、変化するものであり、したほうがよい。
変化が止まった人間は、実際はもう死んでいる。

批判とは、自分の狭く幼稚な価値観や意見やアイデアを成長させてくれるものである。
批判や押し付けを受け、それを仕分けし、自分の内部に入れる、入れないを判断することを繰り替えすことによって、自分がより高まり、強くなっていく。

批判に対して批判することで、両者の認識は高度化していく。
ある価値観(テーゼ)に対し、批判(アンチテーゼ)があり、その両者を比較検討しその一段高い段階(ジンテーゼ)に到達することを意識する。
アンチテーゼを封じ込めることは、ひ弱なテーゼにしがみつくことであり、それは思考的な死であり、成長の終わりである。

【まとめ】

私たちは、
思考し、自己を客観視し、自己覚知し、アイデンティティを相対化することによって、
精神的に成長し、自立自律するそれぞれの過程にある。

ゆえに、押し付けや批判は、自己成長や集団的成長のタネである。

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター募集中 月々500〜Donation〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

人は感情で変わるが、社会システムはロジックでないと変わらない

ヴィーガニズムにとって、社会システムを変えることの眼目は、ヴィーガンでない人から動物搾取の権利を剥奪することです。

人間がなぜ他の人間を搾取できないか(カタチ上であっても)。
それは法律によって、他の人間を搾取する権利を剥奪しているからです。
倫理や善意をすべての人に期待することは不可能です。
ゆえに、法律(ルール)がある。
しかし法律で権利を剥奪したとしても、人間を殺したい人は必ずおり、場合によっては殺します。
人間を人間から守るためには、法律とペナルティに加え、あらゆる承認と説得とガス抜きと法律以外のペナルティなどで、社会に適応させ包摂していく必要があるわけです。

つまり上記の仕組みから導き出せるのは、動物を人間から守り解放するためには、法律によって動物を搾取する権利を剥奪し、ペナルティを与え、あらゆる社会的機能をもって懐柔する必要がある。

今はその前段階です。
今の段階は、感情や、善意、意思の喚起によって、自分を変え倫理・ヴィーガニズムにコミットできる人数を、可能な限り増やす段階。
その人数が、社会の一定程度、特にリーダー層の一定程度を変革することができたら、
次に、決して変革しない、する見込みの無い人々の権利を剥奪する段階になります。

人間を変革するには感情が最も有効ですが、
社会システムを変革するには、ロジック・科学的根拠で行います。
それを今から準備したい。
私はしています。

社会を説得し、現実的に変革するには、
社会を説得し、現実的に変革する力が必要です。
つまり、自分自身を、社会を説得し、現実を変革する力を持つ人間に高度化することが必須の条件です。

社会を変革するためには社会を知らなくてはなりません。
社会は共通のプラットフォームです。
自分の思想信条の自由・
私的な現実解釈・
個人・所属集団の利益追及
をいったん脇に置き、
すべての参加者が憲法に保障された人生・生活を送り、思想信条の自由を担保することができる共通プラットフォーム=社会システムとは何か、を考えデザインする。
そのことが、より多くの人が、より幸福になる社会システムの設計につながります。
もちろん現実はそんなに甘くはありませんが、それを目的にする価値と効果はあります。

そして、
その共通プラットフォーム=社会システムに、動物までを包摂するのが、ヴィーガニズムであり、アニマリズム(倫理)です。

今からその目標・理念・段階設定を念頭に置きながら活動するのと、しないのとでは、ゴールの達成のスピードが違います。

自分を高度化する教材として、ビデオニュースドットコムというニュースサイトがオススメです。
私は、このサイトで社会理解や、考え方を高度化しました。

特にこの回はビデオニュースドットコムのエッセンスが詰まっており、またPart2に少しだけ動物倫理に触れている箇所があります。
〔カギは制度ではなく心の習慣に〕
1 https://youtu.be/-XyJkkZkLkA
2 https://youtu.be/n-Pv7VoJd78

ぜひ共に高度化しましょう。
私は、私を高度化することが、今最も必要であり効果的であると考えフォーカスしています。

人になんと言われようと、思われようと、すべて雑音です。
自分を変えることは難しく、しかしエキサイティングで、動物解放活動に最も有効です。
そして現実に社会を変革する見識と力をつけ、できれば、LIBというプラットフォームを通じ、社会を変えていければ嬉しく思います。

〔ビデオニュースドットコム〕
YouTube:https://www.youtube.com/user/videonewscom
ウェブサイト https://www.videonews.com/

「ヴィーガンを止めました」という方々の多くは、そもそもヴィーガンではない

ロジカルにご説明します。
前段として、利己↔︎利他は、1か0かではなく、スペクトラムになっている。
100%の利他は、原理的物理的に不可能。

ヴィーガンとは、ヴィーガニズムを実践する個人、あるいはライフスタイル。
ヴィーガニズムとは、
「人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義」
(英国ヴィーガン協会)

健康・スピリチュアル・環境等理由の、完全菜食の方々が、「ヴィーガンを止めた」と表明することがあるが、定義上その方々はそもそもヴィーガンではない。
完全菜食というライフスタイルの人々。

健康・スピリチュアル・環境等動機とは、(程度の差はあれ)自己利益を重視。つまり、自己利益の基準・考え方・価値観・健康状態・スピリチュアル的な指針に変更があった場合、より自己利益が高い方を選ぶのが当然。ゆえに、完全菜食の実行・中止を容易に行う。

ヴィーガンは、動物(利他)をこれ以上傷つけたくないとう強い動機を持っているためにヴィーガンにシフトする。
故に、ヴィーガンを止めるということは、動物(他者)が死ぬということ、動物たちに対して取り返しのつかない裏切りとなるということを強く自覚している。
なのでヴィーガンを止めるということは稀なケースとなる。
(もっとも、ヴィーガン、少なくとも私にとっては、動物と人間はなんら変わらない存在なので、その遺体を食べる行為は人間を食べる行為と変わらず気持ち悪くて無理になるのですが)

完全菜食を止める止めないはもちろん個人の選択であるが、そもそもヴィーガンでない完全菜食の方々が、
「私はヴィーガンを止めた」そのことによって、
・肉(遺体)が美味しかった
・健康になった
・肌が綺麗になった
・霊性が上がった等々表明することは、
人々のヴィーガンへの正しい理解を阻害するとともに、
何よりも、動物たちが、いつ終わるともしれない、搾取と暴力と殺害とを受け続ける一因となるということを、深く自覚していただけるとありがたいです。

_____________________
※菜食は多くの場合、単一の動機によるものではなく、複合的なものである。
それぞれの方々の菜食への動機は、動物・環境・スピリチュアル・健康等といった動機が、それぞれの割合で構成されている。

※「定義」は個人的な主観や想いよりも、時代的な価値観の変遷よりも、大抵の場合はるかに重要で精巧に作られている。
ヴィーガンが立ち戻る場所である。

※「定義」を拡大解釈することは、メリットとデメリットがある。
上記のケース(ヴィーガンの定義を動物動機以外に広げる)の場合、デメリットは取り返しがつかない結果をもたらすこともある。

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔日本一周!動物園水族館調査 進捗〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/
〔マンスリーサポーター募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔動物の異常行動リスト〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

動物がたった一言、言葉を話すことができれば世界は変わる。『助けて』

毎日ドリルを刺され、ブルフックで叩かれ続けている。
もし、あなたがこのような人生を生き続けたらどうでしょう。
言葉を喋ることはできない。
周の人々は誰一人助けてくれない、笑って見ている。
誰かが、自分のことを見つけてくれ、助けてくれたらどうでしょう。
すごく嬉しくはないでしょうか。


ゾウショー、ゾウライド について動物園関係の見解の一部です。
◯施設は「(この動画は)一部の悪意のある人々が撮影したものだ」
◯動物愛護センターは「施設は適切に動物を飼育している」
◯マスコミに動画を送りましたが黙殺(NHK・日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ・琉球新報・沖縄タイムス等)

誰が動物を守るのでしょうか。
本当の動物の味方は誰でしょうか。
動物園でしょうか、動物愛護センターでしょうか。

違います。
事実を知り動物のために声を上げ始めた方々です。

すべての畜産は動物虐待である/All animal husbandry is animal cruelty


【すべての畜産は動物虐待である】


逆に言いますと、動物虐待でない畜産は存在しません。
同様に
・動物の遺体を使用した食品関連
・動物の一部を使用した服飾関連
・動物実験
・動物娯楽産業
・狩猟
・漁業
・養殖
はすべて動物虐待です。


人間の動物に対する行為は明らかに暴力であり、
その暴力を受ける被害者である動物が存在していながら、
なぜ虐待と言わないか。


さらには、なぜほとんどの人々は虐待と認識していないのか、あるいは社会全体として虐待ではないことにしているのか。
さらに酷いことにはまるで善の行為であるように振舞っているのか。


「現実」を人間や社会にとって都合の良い「幻想」で糊塗しているわけです。
私たちは「現実」を見せていきます。
そして動物たちを、虐待の底から救い出しましょう。


【All animal husbandry is animal cruelty】


Conversely,There is no animal abuse animal husbandry.
Similarly
· Food related using animal’s body
· Clothing related using a part of animals
·Animal experimentation
· Animal entertainment industry
·hunting
· Fisheries
· AquacultureAll
are animal cruelty.


Actions against human animals are obviously violence,While there are animals who are victims who receive the violence,Why do not you say abuse?


Moreover,Why are most people not recognized as abuses,Or have you decided not to abuse as a whole society?To make matters worse, is it behaving like being a good act?


I’m pasting “reality” with convenient “illusion” for human beings and society.
We will show “reality”.
Let’s save animals from the bottom of abuse.

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:http://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔日本一周!動物園水族館調査 進捗〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/
〔マンスリーサポーター募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/support

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔動物の異常行動リスト〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

LIB Live School 4 自然生態系 人工生態系

「人間は生態系の頂点だから、動物を支配してよい」
「人間は食物連鎖の頂点だから、肉を食べてもよい」

当然ながら間違いです。

ライオンの檻に入れて差し上げたいほど。
ハンターなどは素手ではイノシシにも勝てません。

人工生態系の王者を気取っている裸の王様が我々人類です。

Readyforの記事はこちら
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/88364

自然生態系を回復しないと行き着く先は地球を巻き添えにした自滅です。
その最大の原因は動物利用
そして根本的な解決策はヴィーガニズムです。

目の前に答えがあるのにわからないというのが、私たちの出来の悪さです。
丁寧に伝えていきます。

____________

クラウドファンディング

「日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018111日、世界ヴィーガンデーの、23:00まで。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

いよいよ明日まで。
あと、141,000円のところまで来ました。

このプロジェクトは、日本の動物解放の歴史のマイルストーンとなるでしょう。。
ぜひご参加ください。

LIB Live School 4: 自然生態系 人工生態系|LIB

弱肉強食 食物連鎖のウソ

「弱肉強食だから動物を食べるのは当然だ」
と、ライオンに2秒で殺されそうな人に言われたことはありますでしょうか。

「食物連鎖だから動物を食べるのは当然だ」
と、牛が怖くて触れない人に言われたことはありますでしょうか。

当然ながら、この主張は根本的に間違っています。

人間など、サバンナやジャングルなど本物の生態系に裸で出たら、数日も生き残れないもやしっ子がほとんどです。
それが、なぜ獣の王のように、傲慢に振舞えているのでしょうか。

それは、人類は自然の生態系と重なるように、長い時間をかけ別に人工の生態系を作り、その中で頂点に君臨しているからです。
(なお、「獣の王=⺨ 王」と書いて狂うです。人類の、動物や地球やあるいは人類自身に対する振る舞いは狂っています。象徴的ですね)

LIB Live School 4: 自然生態系 人工生態系

資料1

資料2

資料3

資料4

いいかげん『収容所』と言うな|LIB

どう見えますでしょうか?

私は、
「いいかげん、動物園、水族館と言うべきではない。」
とお答えします。


動物園水族館という言葉は、まるでポジティブな施設のように聞こえます。
確かに人間から見たらそうでしょう。
そのイメージは、業界側も消費者も壊されたくありません。

しかし、我々のミッションは、動物の権利を獲得し、解放することです。

”我々は、動物側に立って、人間社会を見ている”

動物から見た場合、動物園水族館は、動物の収容所であり、強制監禁施設であり、牢屋です。

動物に対してやさしく、倫理的になるためのきっかけは、
「自分だったらどう感じるか」


あなたは、こんなところに一生閉じ込められたいでしょうか。
毎日毎日、人に見られながら、大声や嘲笑を聴きながら、人生を送りたいでしょうか。
冷たいコンクリートの上で、家族や自然の夢を見ながら、死んでいきたいでしょうか。

人間は動物たちにそれを強いています。

もう止めなければなりません。
もう十分です。

私たちリブは、社会に新しい価値を提供します。
それは、動物に権利を付与し、解放する価値。
そして、動物にも人間にも地球にも優しい社会を作る、という価値です。

着実に前進していきましょう。

私たち、動物を救おうとする人々の、仲間になってください。

【撮影地 動物園水族館【北日本編】より】

Z-5 釧路市動物園(180412 北海道)
Z-15 岩手サファリパーク(180512/ 岩手県一関市)
Z-16 仙台市八木山動物公園(180511/宮城県仙台市)
Z-22 日立市かみね動物園(180707/茨城県日立市)
Z-26 那須サファリーパーク(180709/栃木県那須郡)
Z-29 草津熱帯園(180717/群馬県草津町)
Z-32 群馬サファリパーク(180716/群馬県富岡市)
Z-34 東武動物公園(180524/埼玉県南埼玉)
Z-38 智光山公園こども動物園(180523/埼玉県狭山市)
Z-40 千葉市動物公園(180630/千葉県千葉市)
Z-42 市原ぞうの国 & サユリワールド(180602/千葉県市原市)
Z-46 羽村市動物公園(180526/東京都羽村市)
Z-48 恩賜上野動物園(180619/東京都台東区)
Z-49 井の頭自然文化園
180401/東京都)
Z-51 江戸川区自然動物園(180601/東京都江戸川区)
Z-52 多摩動物公園(180525/東京都日野市)
Z-57 よこはま動物園ズーラシア(180607/神奈川県横浜市)
Z-59 野毛山動物園(180608/神奈川県横浜市1)
Z-60 横浜市立金沢動物園(180613/神奈川県横浜市)
Z-61 平塚市総合公園ふれあい動物園(180605/神奈川県平塚市)

動物園水族館の地元攻略法|LIB

動物園水族館は意図的に、戦略的に地元への巻き込み、ステークホルダー化を図っています。

例えば、

  1. 地元の小・中学生の遠足地とさせる
    ・動物のことに詳しく、動物が幸せに暮らすようにお世話に力を尽くす飼育員さん。
    ・イルカが上に乗せてくれるような、イルカが友達のかっこよいイルカトレーナーさん。
    ・「ゾウさんと心が繋がっ位て、ゾウがなんでもいうことを聞いてくれる優しい象使いさん。
      と触れ合わせます。
      不都合なことは一切伝えません。
    子供達の心にポジティブな体験が深く刻まれます。
  2. 子供達自身で動物園の動物について課題研究させ、動物園の主張する役割を教えこむ
  3. 動物園の掲示物と子供達に作らせ、名前を出す。
  4. 近隣の売店を出店で誘致したり、周辺で駐車場経営している人々に利益を得させる。
  5. 近隣住民を掃除や売店などで雇用する。
  6. 建設や改修で地元の建築業者にお金を落とす。

等。

ファンドレイジング的には優秀で、共感とロイヤリティを高め、ステークホルダーピラミッドを登らせます。

また、行政施設はいわゆる天下り先も。関係の団体も同じ。
また、動物園水族館の建設改修は公共事業です、工事をやってお金を落とす仕組みです。

手法は原発産業が地元を懐柔して行く手法と同じ、プロパガンダ利益供与です。

コップ理論|LIB

ヴィーガンになるには、情報と感情が必要です。

【普通に生きていると】
・動物の悲惨な現状を知らせないように、情報を与えられる。
・搾取することが当たり前という、情報を与えられる。
・動物は納得しているという、情報を与えられる。

社会から動物の悲惨な状況は隠されています。
普通に生きてくると、動物の血1滴も見ることがないでしょう。
見事なものです。
「感謝」「ありがとう」「いただきます」と表現することで、動物の痛みや苦しみは胡散霧消します。

ヴィーガンになった人々は】
・動物の現状に、気がついた。
・搾取することは当たり前でないと、気がついた。
・動物は苦しみ助けて欲しいことに、気がついた。

つまり、正しい情報を知ることが、ヴィーガンのきっかけです。
正しい情報を知ることで、私たちは良心を揺さぶられます。

【コップ理論:ヴィーガンのコップ=良心のコップ】
人それぞれ、心の中にコップがあります。

動物の現状を知ることで共感が生まれ、良心が一滴一滴、心に溜まっていきます。

おちょこタイプ

繊細で感受性が強いタイプです。
屠殺動画を見て、すぐにコップがあふれヴィーガンにシフトします。

フタつきタイプ

映像も知識も入れないように努力します。
映像や知識を入れても、心に入らないように努力します。

コップタイプ

一番多いタイプです。
映像や画像を見て、人の話を聞き、栄養や権利を学び、十分になったある日、ヴィーガンへシフトします。

ダムタイプ

アート集団(うそ)
映像や知識を入れてもビクともしません。
畜産系の学者や学生、科学者、強欲、傲慢、残虐な人々はこのタイプです
活動的には後回しにします。

これからの社会は?】

私たちは、動物搾取が常識とされている社会に生きています。
犬猫以外の動物を守ろうとすると、変な目で見られる社会です。

ヴィーガンの広まりは、インターネットへの情報の広まりとパラレルな関係にあります。

今後、動物の現状を伝える情報はさらに増え続け、減ることは決してありません。
つまり、ヴィーガンは広がり続け、減ることは決してありません。
多くの人はそこまで残虐ではありません。

活動をしていると、無力感や焦燥感を感じることが多いものです。
しかし、長期的な時間軸で見ますと、世界的にすごい勢いでヴィーガンが増え続けています。
ヴィーガンは、人類発生以降、食や衣類や娯楽に動物を利用し続けてきた常識から、パラダイムシフトする大きな転換です。

動物に残虐で差別をする社会は、人間にとっても残虐で差別をする社会です。
動物に優しい社会は、当然人間に優しい社会です。

ヴィーガンに変わってもらうことを、自分一人でやる必要はありません。
私たち動物を心配する人は世界中いて、見えない連携をしています。
ある人がその人に一滴水を注ぎ、また別のある人がその人に一滴水を注ぎ、また別のある人が・・・
そういう一人一人の粘り強く諦めない活動、見えない連携で、着実にヴィーガンは増え、動物の犠牲は減っていきます。

人々の心に良心の一滴を注ぎ続けましょう。