クラウドファンディング 達成しました!

 
 
皆様のおかげで無事達成することができました。
ご参加くださった方、シェアしてくださった方、皆様のお力です。
必ず達成できると確信していましたが、それでも心が焦る時はありました。
ともあれ達成できてホッとしています。
 
これでスタート台に立つことができました。
明日から本格的に準備して、2日には出発します。
長い調査になります。
気合が入り、目が醒める思いがします。
 
この調査が、来たるべき未来、動物の解放のその瞬間を1秒でも早めるために重要なターニングポイントになるように進めていきます。
どうもありがとうございます。
 
 
南日本編の特設サイトを作りました。
まだ何もいじっていない状態ですが、FBページとともに、こちらに進捗をアップしていきます。
今回、中継等は、LIBのFBページで行います。
こちらからご覧いただければと思います。
 
 
 
いよいよ2日に出発し、3日から調査開始です。
ぜひ一緒に調査をしているような感覚で見ていただければと思います。
 
また旅先ではできるだけ多くの方にお会いできればと思います。
調査中はいっぱいいっぱいですので、近くまで来たようでご都合合うようでしたらご連絡いただければうれしいです。
 
 
ともあれ、スタートです。
やりましょう。
 
 
 

市原ぞうの国収容所 ぞうの地獄

『ブルフック』(Bullhook)いう道具をご存知でしょうか。
カギ状の金属を付けた、調教=虐待道具です。

市原ぞうの国では、ブルフック子どものゾウまで殴り、引っ掛け、暴力を振るっていました。

しかし、観客は気づかない。
目の前で暴力と虐待が行われているのに。

市原ぞうの国は、「ぞうのツボを押している」と言っていました。
恥ずかしくないのでしょうか。

また「調教棒」と呼ぶのもインターネットで「ブルフック」と検索されるのを防ぐためでしょう。
日立かみね動物園収容所では「手カギ」と呼んでいました。

 

こんなことはいつまでも続けられません。
いつか必ず止めるときがきます。
止めさせましょう。

 

 

〔世界中のブルフックによる虐待〕
https://youtu.be/oeTbbN16ZDA

 

 

 

【市原ぞうの国】
http://www.zounokuni.com/

住所:〒290-0521 千葉県市原市山小川937
TEL:0436-88-3001
メールフォームhttp://www.zounokuni.com/contact/

 

__________________

 

【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。

クラウドファンディングはこちらから
↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、6日。

日本でも行われている、ゾウの虐待

 
 
調教は、痛みを与えて行われます。
すべての施設が、「ゾウは痛くない」と言います。
 
実際に見ると、明らかに痛がって怯えています。
 
 
日本では、「ドリルで突刺す方法」と「ブルフックで皮膚を引っ掛けたり、叩いたりする方法」が、いまだに行われています。
 
北日本では
 
 
 
YouTubeで「Bullhook」で検索してみると、どのように使われているか見ることができます。
ひどいものです。
 
 
 
「国内最多飼育数となるぞうさん」を誇っている市原ぞうの国は、あろうことか「ツボを押している」と言っていました。
 
 
ぜひ行ってみてください。
そして表面の楽しさや、アナウンスの言葉などではなく、ブルフックを使われた時の、ゾウの動きや表情を見てください。
表面の楽しさのすぐ下に、痛み、怯え、痛みを避けようとするゾウたちの必死の苦しみが見えてきます。
 
それが一回わかってしまえば、もう二度と楽しむことはできません。
 
調教とは虐待です。
ゾウのイベントは、虐待そのものです。
虐待ショーを見て楽しいでしょうか。
 
日本からゾウの虐待をなくしましょう。
 
__________________


 
【クラウドファンディング 実施中】

 
日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】
 
2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。
 
クラウドファンディングはこちらから

↓ ↓

 
残り、7日。
あと1週間。
 
 

第1回 LIBギャザリング ご報告

 
 
熱く議論し、未来を話し合い、食べ、飲み、笑い、癒された充実した2日間でした。
 
 
 
思い出に残るすばらしいギャザリングになりました。
LIBギャザリングは、マンスリーサポーターと会員の方々中心に、毎年9月4日前後、LIB発足を祝い、1年を振返り、未来を話し合う会です。
 
来年は第2回。
来年も充実した楽しい会にします。
ぜひLIBにご参加ください。
未来を作りましょう。
 
 
 
_________________
 
【LIB マンスリーサポーター・会員募集】
__________________


 
【クラウドファンディング 実施中】

 
日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】
2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。
 
クラウドファンディングはこちらから

↓ ↓

残り、11日。
__________________
 
スケジュール
10月20日(土)
【報告】
 1活動報告
 2 会計報告
  〔2017年度収支計算書〕 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1n8Ew3JctACHTV5WEsNPjqDDlqbRyjkMBfECaWUBDI5o/edit?usp=sharing
  〔日本一周!動物園水族館調査【北日本編】収支計算書〕 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1U7MKbNbxX5aHbGayE95dLaJyxZvcru9aNBzIJDGTWLg/edit?usp=sharing
 3 活動予定
 〔組織〕
  来年
  5年後
  10年後
  カリキュラム
 〔事業〕
  南日本編
 〔財源〕
  安定化
  ファンドレイザー
 4 質疑応答・ディスカッション
   各自の活動報告(希望者)
   これからの活動についてディスカション ブレスト
【パーティー】
 ヴィーガンシェフのたっぷり晩ごはん & 力尽きるまで飲みながらディスカッション  
 
10月21日(日)
【パーティー】
 ヴィーガンシェフのたっぷり朝ごはん 
【スコットランドからのレポート】
 プレゼンター:Hiroko Yatu
【開田高原散策】
 
__________________
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

自然生態系 / 人工生態系  (弱肉強食 食物連鎖のウソ)


「弱肉強食だから動物を食べるのは当然だ」
と、ライオンに2秒で殺されそうな人に言われたことはありますでしょうか。

「食物連鎖だから動物を食べるのは当然だ」
と、牛が怖くて触れない人に言われたことはありますでしょうか。

当然ながら、この主張は根本的に間違っています。

 

人間など、サバンナやジャングルなど本物の生態系に裸で出たら、数日も生き残れないもやしっ子がほとんどです。
それが、なぜ獣の王のように、傲慢に振舞えているのでしょうか。

それは、人類は自然の生態系と重なるように、長い時間をかけ別に人工の生態系を作り、その中で頂点に君臨しているからです。
(なお、「獣の王=⺨ 王」と書いて狂うです。人類の、動物や地球やあるいは人類自身に対する振る舞いは狂っています。象徴的ですね)

 

本日(2018年10月16日)21:00から、ライブで解説いたします。

ライブはLIBのFBページで中継します。
https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/

 

【資料1】

 

 

【資料2】

 

 

【資料3】

 

 

【資料4】

 

よかったらご覧ください。

 

ライブ後は、目黒のウォールに移ってアフターです。
https://www.facebook.com/mineto.meguro

 

__________________


【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。
日本一周!動物園水族館【南日本編】
2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。

動物の解放に参加しませんか。
動物を解放しよう。

クラウドファンディングはこちらから
↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、16日。

”エサ”

ふれあい体験のヒヨコは、床や机の角に叩きつけられ、肉食獣や猛禽類のエサになります。

「活妊娠マウス」とは、妊娠中のマウスのこと。子供が生まれたら生きたまま”エサ”とする用に売られています。

ヒヨコは、くちばしや爪をもぎ取られることもあります。
やるのは、子供達に「優しく触ってあげてね」と言っている飼育員たちです。

Readyforの記事「”エサ ”」はこちら
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/87288

 

※この後、かわいそうな写真が続きますが、かわいそうなことをしているのは私たちではなく、私たちはこれを止めようとしているということにご留意ください。

 

 

 

 

ねずみたちは、冷凍され真空パックか、生きたまま活マウスとして売られます。
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&authuser=0&biw=1198&bih=611&tbm=isch&sa=1&ei=3RXEW_xUg7bxBZTRp8AP&q=%E9%A4%8C%E3%80%80%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F&oq=%E9%A4%8C%E3%80%80%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F&gs_l=img.3..0j0i24k1j0i5i30k1l3j0i8i30k1l4.10892.13978.0.14544.16.14.2.0.0.0.318.1541.0j10j0j1.11.0….0…1c.1j4.64.img..4.7.1063…0i4i24k1j0i4k1.0.k7_6vtfMiNs

 

検索用ワードです。検索してみてください。
《活ピンクマウス 活マウス 活妊娠マウス 餌用ヒヨコ》

 

マウスやラット殺し方は、頚椎脱臼。首の付け根を持ち尻尾を勢い強く真っ直ぐ引く。失敗するともがき苦しみます。

 

 

 

知らない人にとっては残酷で、無慈悲で、非倫理的な行為ですが、
収容所(動物園水族館)や収容所ファンはもちろん、爬虫類や猛禽類、両生類を飼育している人々にとっては当たり前です。

競馬馬や家畜も、収容所の”エサ”です。

「動物好き」や「動物慰霊碑」を立てている人々はこういう方々です。

 

 

尊厳も何もありません。

ヒヨコやねずみたち、その他人間に利用搾取されるすべての動物たちは、支配され、暴力を振るわれ、なすすべもなく死んでいきます。
たった一度の人生を。

 

わたしたちは、本当に未来永劫、こんなことをし続けるのでしょうか。

 

動物に権利が必要です。
何としても。

 

権利が無いから、人間たちに無茶苦茶されています。
文字通り、無法地帯です。
この領域では、動物愛護法など何の役にも立ちません。

 

我々 人間たちの暴走を止めるための、新たな法律が必要です。
法律を作りましょう。

 

動物を解放しよう。

__________________


【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018111日、世界ヴィーガンデーまで。
このプロジェクトで動物たちの現状に光を当てましょう。

クラウドファンディングはこちらから
 
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、17日。

 

 

__________________

 

【写真撮影地 (動物園水族館調査【北日本編】より】

171013 野毛山動物園_公開
2 宇都宮動物園収容所(180403/栃木県)
11 釧路市動物園収容所(180412 北海道)
26 旭川市旭山動物園収容所(180430/北海道旭川市)
42 東北サファリパーク収容所(180520/福島県二本松市)
50 多摩動物公園収容所_1180525/東京都日野市)
75 夢見ヶ崎動物公園収容所(180615/神奈川県川崎市)
78 恩賜上野動物園収容所(180619/東京都台東区)

他にもあります。
うまく隠しているところ、
客が入る前に片付けるところなどもあります。

 

 

 

 

 

「いいかげん『収容所』って言うな!」

 

どう見えますか?

 

 

 

私は、
「いいかげん、動物園、水族館と言うな」
とお答えします。

 

Readyforの記事はこちら
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/87230

 

 

動物園水族館という言葉は、まるでポジティブな施設のように聞こえます。
確かに人間から見たらそうでしょう。
そのイメージは、業界側も消費者も壊されたくありません。

 

 

しかし、我々のミッションは、動物の権利を擁護し、解放することです。
つまり、
”我々は、動物側に立って、人間社会を見ている”
ということをわかっていただきたい。

 

動物から見た場合、動物園水族館は、100% 収容所であり、強制監禁施設であり、牢屋です。

 

 

 

 

 

動物に対してやさしく、倫理的になるためのきっかけは、
「自分だったらどう感じるか」


あなたは、こんなところに一生閉じ込められたいでしょうか。
毎日毎日、人に見られながら、大声や嘲笑を聴きながら、人生を送りたいでしょうか。
冷たいコンクリートの上で、家族や自然の夢を見ながら、死んでいきたいでしょうか。

人間は動物たちにそれを強いています。

 

 

もう止めなければなりません。
もう十分です。

 

私たちリブは、社会に新しい価値を提供します。
それは、動物に権利を付与し、解放する価値。
そして、動物にも人間にも地球にも優しい社会を作る、という価値です。

 

着実に前進していきましょう。

私たち、動物を救おうとする人々の、仲間になってください。

 

 

 

__________________


【クラウドファンディング 実施中】
日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。
日本一周!動物園水族館【南日本編】
2018111日、世界ヴィーガンデーまで。

このプロジェクトで動物たちの現状に光を当てましょう。
クラウドファンディングはこちらから
 
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、18日。

__________________

 

【撮影地 動物園水族館【北日本編】より】

1 井の頭自然文化園収容所(180401/東京都)
11 釧路市動物園収容所(180412 北海道)
35 仙台市八木山動物公園収容所(180511/宮城県仙台市)
36 岩手サファリパーク収容所(180512/ 岩手県一関市)
46 智光山公園こども動物園収容所(180523/埼玉県狭山市)1
48 東武動物公園収容所(180524/埼玉県南埼玉)
50 多摩動物公園収容所_1(180525/東京都日野市)
51 羽村市動物公園収容所(180526/東京都羽村市)
59 江戸川区自然動物園収容所(180601/東京都江戸川区)
60 市原ぞうの国収容所 & サユリワールド収容所(180602/千葉県市原市)
62 平塚市総合公園ふれあい動物園収容所(180605/神奈川県平塚市)
64 よこはま動物園ズーラシア収容所(180607/神奈川県横浜市)
66 野毛山動物園収容所(180608/神奈川県横浜市1
73 横浜市立金沢動物園収容所(180613/神奈川県横浜市)
78 恩賜上野動物園収容所(180619/東京都台東区)
87 千葉市動物公園収容所(180630/千葉県千葉市)
95 日立市かみね動物園収容所(180707/茨城県日立市)
97 那須サファリーパーク収容所(180709/栃木県那須郡)
102 群馬サファリパーク収容所(180716/群馬県富岡市)
103 草津熱帯園収容所(180717/群馬県草津町)

 

For English speakers/ 英語ページできました

 
お知り合いの方で動物のことに興味がある方ががいらっしゃいましたら、シェア・紹介いただけるとありがたいです。
_________________________
Hello dear friend.
I always thanks for your friendship.
Today, I kindly ask for your cooperation about animals.
Do you know that Japan has the most aquarium in the world and on top of that,Japan has the 3rd most zoos in the world followed by USA and Germany.
Japan is very small country, and the animals has been incarcerated at very poor environment.
And many abnormal behavior has appeared cue to the heavy stress on many animals.
However, it is even laughing without notice to it .
Why?
Because they get tricked by the beautiful and heartful stories concocted by the facilities.
This project is shed light on the deep darkness with research the Zoos & the Aquariums in all around Japan, this time is Southern Japan.
And to clarify the truth, have noticed in people, it aims to get by changing the consciousness and perspective.
Please support us for animal liberation.
Of course, your participation in the crowdfunding, or share this information.
I appreciate your understanding and cooperation.
 
★ Crowd funding  ” Ready for ” TOP ( Japanese )
 
◎The truth of the Zoos & the Aquariums in Northern Japan
 
◎ Project Introduction ( English )
 
◎ Thanks Returns( English )
 
◎ How to support( English )
 
__________________
〔和訳〕
親愛なる友へ
いつもあなたの友情に感謝しています
今日は動物のことに関して あなたのご協力をお願いしたいことがあります
あなたは 日本の水族館の数が世界で一番多く、動物園はアメリカ、ドイツに次いで世界3番目に多いということをご存知でしたか?
日本はとてもちいさい国、そこで動物たちはとても劣悪な環境で監禁されています。
けれど 来場する人々はその動物たちが苦しんでいることに全く気がつかず、
多大なストレスから来る動物の異常行動の様を喜んで笑ってさえいるのです。
それは何故か?
動物園や水族館が作り上げた、美談マジックにかかっているからです。
このプロジェクトは日本全国(今回は南日本)の動物園と水族館の実態を調査して、その深い暗闇に光を当てるプロジェクトです。
そして真実をあきらかにすることで、人々に気がついてもらい、意識や視点を変えてもらうことを目指しています。
どうか 動物の解放のために私達へのサポートをお願い致します。
クラウドファンディングへのご参加はもちろん、このメールをお知り合いにシェアしていただけることも有り難いです。
あなたのご理解とご協力に心からの感謝を。
 
__________________
 
【クラウドファンディング 実施中】
 
日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。
日本一周!動物園水族館【南日本編】
2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。
 
このプロジェクトで動物たちの現状に光を当てましょう。
クラウドファンディングはこちらから
↓ ↓
 
残り、20日。

「ぼろぼろな駝鳥」 高村光太郎

 
 
 
 
 
「ぼろぼろな駝鳥」 高村光太郎
 
 
何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。
 
動物園の四坪半のぬかるみの中では、
 
脚が大股過ぎるぢゃないか。
 
顎があんまり長過ぎるぢゃないか。
 
雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。
 
腹がへるから堅パンも食ふだらうが、
 
駝鳥の眼は遠くばかりみてゐるぢゃないか。
 
身も世もない様に燃えてゐるぢゃないか。
 
瑠璃色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへてゐるぢゃないか。
 
あの小さな素朴な頭が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。
 
これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。
 
人間よ、
 
もう止せ、こんな事は。
 
__________________


 
Readyforの記事はこちら
 
 
 
ダチョウの詩を教えていただきました。
この詩が書かれたのは、100年前のこと。
私たちは何を学んだのでしょうか。
 
ダチョウ王国収容所は、2ヶ所、
①袖ヶ浦ファーム(千葉県)
②石岡ファーム(茨城県)
ダチョウと触れ合った後に、ダチョウの死体を焼いて食べたり、コラーゲンたっぷりのダチョウの首のスープを食べる施設です。
 
 
 
 
運営している常南グリーンシステム株式会社は日本ではじめて、ダチョウの屠殺場を作った会社。
・ダチョウ畜産
・デパートなどでふれあい体験をするMoff
・移動動物園
・動物プロダクション(TVなどに提供)
も運営している、典型的な動物産業です。
 
 
 
 
袖ヶ浦も石岡も、他にも多くの種類の動物が監禁されており、どちらも多くの問題点がある施設でした。
にも関わらず多くの人々が訪れます。
私が知った頃より成長しています。
 
 
 
 
動物園に関しては、ちゃんと管理しているところでは比較的まともな羽をしていますが、レベルが低いところはこのようになります。そしてこのようになっている施設の方が多い。
 
 
 
ダチョウには何の罪もありません。
 
気づいた人からライフスタイルを変えていきましょう。
いつかきっと、私たちは動物にやさしい社会を作ることができます。
 
 
 
 
 
 
 
__________________


 
【クラウドファンディング 実施中】
 
日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。
日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018年11月1日、世界ヴィーガンデーまで。

 
動物たちを地獄のような場所から、一緒に救い出しましょう。


クラウドファンディングはこちらから

↓ ↓

残り、22日。


 
動物を解放しよう!


 
____________________
 
【写真撮影地】(動物園水族館調査 北日本編より)
86 ダチョウ王国 袖ヶ浦ファーム収容所(180629/千葉県袖ケ浦市)
91 ダチョウ王国 石岡ファーム収容所(180703/茨城県石岡市)
42 東北サファリパーク収容所(180520/福島県二本松市)
97 那須サファリーパーク収容所(180709/栃木県那須郡)
 
※他の施設にもこのようなダチョウは多くいます。