動物達の生き地獄【東北サファリパーク収容所 爬虫類館 】|LIB

カモの牢屋。
爬虫類館全体が、不潔で、臭く、動物たちの鳴き声が響き渡っていました。

(クラウドファンディング残り41日。あと、155万5000円で調査実現決定)

糞尿が散らばり、そこで本能のように糞尿が浮いた水の中から食べ物を探そうとしています。

 

毛はボロボロで、ドロドロに汚れ、足を引きずる子、座って立ち上がらない子、あまりにひどい状況でした。

 

 

他の動物たちもひどい状況です。

・亀たちの水も汚く、床はコンクリかプラスチックの芝生。

 

・ワニの水槽と、カミツキガメの水槽の間のスペースに、ハムスターが入れられていました。
なぜここにハムスターがいるのでしょうか。

 

・キバタンやインコの毛もボロボロだったり、抜けたりしていました。

 

・バックに聞こえるのは、爆走するレーシングカー。繊細でストレスに弱い、クマたちの牢屋の真横を爆音で通っていました。
もちろんクマたちはひどい常同行動に陥っていました。

 

 

動物たちに本当に申し訳ない。
助けられなくてごめんなさい、と、
体全体に匂いが染み付くような臭い建物から出ようとすると、

出口のチケット売り場の女性が、売上の千円札をビラビラ数えていました。

なんという下劣な光景かと思いました。

 

 

東北サファリパークはあまりに問題が多い施設です。

ゾウにドリルを刺しているのもここです。

 

そしてまだまだ問題はあります。
順次共有していきます。

早急の改善要求が必要です。
動物たちにとってはここは存在していい施設ではありません。

ぜひ、意見をお願いします。

__________________

活動は、なるべく上の階層に伝えた方が効果的です。
下記は階層順になっています。
[福島県]
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/
  〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 
  Tel:024-521-1111
  知事に直接連絡が効果的です
[福島県 動物愛護センター]
  024-953-6400
[二本松市
  http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/
  0287-72-6901  
[東北サファリパーク]
  http://tohoku-safaripark.co.jp/
  〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1
  TEL.0243-24-2336 
  FAX.0243-24-2433
  メールフォーム http://tohoku-safaripark.co.jp/contact/
  FB https://www.facebook.com/TohokuSafaripark/
__________________

【クラウドファンディング開催中!】

日本中すべての動物園水族館を調査する
『日本一周!動物園水族館調査【南日本編】』

この映像は『日本一周!動物園水族館調査【北日本編】』の調査で撮影した映像です。

ここで私が行かなければ、このカモたちは誰にも知られないまま、全ての人間に見捨てられて、死んでいくところでした。

しかし、調査のおかげでこのような現状を知らせることができます。

まだまだこのような動物たちが日本中にいます。

クラウドファンディングは残り41日。
あと、155万5000円で調査実現が決定します。

こちらからぜひ調査にご支援をお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

動物を解放しよう!

 

 

アザラシの白内障

【クラウドファンディング開催中 11月1日まで】
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

【少なくない水族館で、アザラシの目が真っ白になっています】

 

飼育員によると塩素のせいだということです。

 

 

ここで挙げた写真は、
日本一周!動物園水族館調査【北日本編】で調査した、
・箱根水族園(神奈川県)
・那須動物王国(栃木県)
・アクアワールド大洗(茨城県)
・仙台うみの杜水族館(宮城県)
のものです。
他の水族館にもいました。

 

爪もぐにゃぐにゃに曲がってしまっているアザラシもいました。

 

 

広い海や湖から連れてこられ、狭いプールや完全室内のプールに押し込まれ、写真のようなタンクから、塩素を入れられます。
 
 
 
ビタミン剤抗生物質を飲まされ、イルカには精神安定剤を使っているという収容所の話も聞きました。

肛門から体温を計られ、血液を取られ繁殖させられ商材としてできるだけ持つようにか管理され、毎日毎日人に見られて生きています。

人間にさえ捕まらなければ。

そして死んでも剥製にされ、自然に還ることもできず、皮膚が擦り切れるまで触られ続けるアザラシもいます。

 

塩素のせいではないんです。
そもそもは私たち人間のせいなんです。
 
 
 
 
 
 

 

「保護された動物ならいいのじゃないか?」

とよく聞かれます。

まず第一に、保護するなら保護施設でいいはずです。
そしてそういった保護施設はすでにあります。

第二に、これが重要なのですが、保護して回復したら自然に戻してくれるわけではないのです。

よく考えてみてください。

営利や存続が命題の動物園水族館にとって、珍しい動物を保護するということは、タダで商材が手に入るということです。
実際に、北海道でアザラシの保護施設とされる、とっかり(あざらし)センターで保護したアザラシは回復しても、海に返されるかどうかは、自治体や指定管理者の方針次第です。また繁殖もどんどんしています。

つまり、保護施設と称しながら、「日本の水族館へのアザラシの供給地」が、本当の姿です。

 

 

 

【クラウドファンディング開催中!11月1日まで。】
あと163万4000円で成立。 残り43日! 

日本中すべての、動物園水族館を調査する
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】』

このような動物たちがいることを、多くの人に知らせたい。
ご支援、ぜひよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium
動物を解放しよう!

 

飼育員は動物に優しいか

リブに情報提供いただいた動画を共有します。

ワニの頭を、飼育員がデッキブラシで叩いている動画です。

 

よかったらリンク先の記事もお読みください

日本一周!動物園水族館調査【南日本編】
【飼育員は動物に優しいか】

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/85668

 

 

 

テレビで見る飼育員、動物園や水族館で働く飼育員は、素敵です。

優しい笑顔、動物のお世話をする一生懸命な姿、優しい語り口、イルカトレーナーはイルカとまるで友達のよう。
子供のころ、憧れていた方も多いでしょう。

さて、飼育員は、本当に動物に優しいのでしょうか。

私には、決してそうは思えません。

・象の頭にドリルを突き刺すのも飼育員。

・異常行動を放置するのも飼育員。

・ふれあい体験に使ったひよこを、机や床に叩きつけて殺して、クチバシや爪をちぎり取って、他の動物の餌にするのも飼育員。

・冷凍マウスや生きている虫を、動物に食べさせるのも飼育員。

・イルカ猟の現場に行き、これから惨殺されるイルカの群れから、水族館でショーに使うイルカ(若くておとなしい女性のイルカ)の選別をするのも飼育員です。

 

「動物」が本当に好きだったら、好きでなくても尊重していたら動物の遺体は食べないはずです。

そして動物の権利を本当に理解したら、動物園や水族館で働くことはできなくなります。

「自由に生きる権利」という最も基本的な権利を侵害し、一生にわたる監禁を行う手助けをする、さらには動物を直接殺すこともあるわけですから。

しかし中には、辛い思いをしている方もいるはずです。

そういう方はぜひ辞めて、別の仕事を探し、動物を救う活動に入ってきていただきたいと思っています。
元有名動物園で働いていた方もリブのメンバーにいます。

動画は5年前撮影されたものだということですが、心配されて情報提供してくださいました(動物愛護法の時効は3年)。
その方の想いを受け取り、皆様と共有させていただきます。

 

_________________

日本中すべての、動物園水族館を調査する
『日本一周!動物園水族館調査【南日本編】』
このような動物を少しでも助けるために。
一緒に動物を解放しましょう。
ご支援、ぜひよろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

悲しい自傷 苦しみは人間とまったく同じ

 

羽村市動物公園収容所に監禁されている、フサオマキザルです。

自分の手や腕や膝や膝や足を、激しく噛み続けていました。
目はどこか別の世界に行ってしまったような、鬼気迫る目。

とても見ていられないほどの、悲しい光景でした。

 

 

羽村市動物公園収容所のキャッチコピーは、
「小さな動物園ならではのアットホームな雰囲気が魅力の動物公園。」


まさか。
動物の異常行動を知ったものにとっては、動物の地獄でしかありません。
〔動物の異常行動リスト〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/list_-abnormal-behavior

 

フサオマキザルは知能が高い猿です。
人間の介護にまで利用されてしまうほどに、気がつくし、理解する動物です。
であるからこそ、多くの収容所で、狂ってしまったフサオマキザルを見ました。
群馬サファリパーク、大宮公園小動物園、抱っこして!Zoo、、、。
どこの子も忘れられません。
苦しそうな姿をありありと思い出します。

収容所の運営者や飼育員は、知っていながら一切触れません。
そんなことでいいのでしょうか。

彼らは、動物を心配している人々を、知識がない、感情的だ、過激だと批判します。
むしろ彼らこそが、知識を悪用し、感情が死に、あるいは誤魔化し、冷酷になってしまっているのではないでしょうか。
心を、動物が本当に好きだった心を取り戻して欲しいです。

 

こんなことを続けてはいけません。
苦しむ動物を見るのはもうたくさんです。

もう止めましょう。

動物を解放しよう。

 

__________________

日本中すべての、動物園水族館を調査する
クラウドファンディング
『日本一周!動物園水族館調査』の【南日本編】

このような動物を少しでも助けるために。
ご支援、ぜひよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

__________________

【51 羽村市動物公園収容所(180526/東京都羽村市)】
調査結果
http://animal-liberator.net/animal-liberator/wp/wp-admin/post.php?post=2678&action=edit

【羽村市動物公園】
Website http://www.t-net.ne.jp/~hamura-z/
住所 〒205-0012 東京都羽村市羽4122番地
TEL 042-579-4041
FAX 042-579-1619
Mail hamura-zoo@t-net.ne.jp

【羽村市役所 企画総務部シティプロモーション推進課】
TEL 042-555-1111(内線342)

ゾウライドやゾウのショーは、最低最悪の遊びです。

Readyfor クラウドファンディング実施中。
11月1日まで。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

この写真は、東北サファリパークで撮影しました。
手の中をよく見てみてください。

 

手の中にあるのはドリルです。

ほとんどのお客さんは気づいていませんが、象使いは手の中にドリルを隠し持っています

 

このドリルでゾウの頭を突き刺します。
ドリルで突き刺すことにより、客を乗せるために大人しくさせたり、

ゾウにお辞儀をさせ、ありがとうをさせます。

 

 

客は大喜びですが、実際はゾウはドリルを刺されて痛いので避けているだけなのです。

 

ゾウライドやショーは極めて非倫理的な行為であり、明らかな動物虐待です。
ドリルやブルフックで痛めつけます。
ブルフックとは、先が金属で尖ったフック状になった調教器具。これで急所を付き、あるいは殴り言うことを聞かせる(写真は日立かみね動物園で撮影)

 

 

さらには、
岩手サファリパークでは、
ゾウ使いがゾウの脇腹を殴り、
市原ぞうの国では、ゾウ使いは立ち上がらないゾウを蹴り上るのを目撃しました。

 

 

そして、客が乗らないときはすぐに足に鎖を巻き、拘束します
そうすると、ゾウはすぐに異常行動をはじめます。


 

わかりますでしょうか。
ゾウは痛くて苦しくて悲しくて、精神的におかしくなっているのです。

経営者や飼育員はそんなことは百も承知でありながら綺麗事を言っています。
市川ゾウの国、さゆりワールドの綺麗事は怖気が立つほどです。

現実を見ましょう。
目を覚ましましょう

ゾウライドは楽しいでしょうか。
ゾウさんのショーは楽しいでしょうか。
お客さんが楽しむために、お金を落とすたびに、ゾウは痛めつけられている。

つまり、

客は、ゾウを痛めつけるために、お金を払っているのです。

 

象に乗るのを拒否しましょう。
象のショーを楽しむのも拒否しましょう。
象の飼育もや拒否しましょう。


私たちは最悪最低のことをゾウたちにし続けています。

 

 

 

 

_______________

 

南日本編でも、ゾウライドやゾウのショーを引き続き調査します。
本気で無くさせたいですね。

Readyfor クラウドファンディングは、今日で5日目。
残り48日。
172万8000円で 成立です。

皆様のおかげで着実に成立に近づいています。ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
また、拡散もよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

動物を解放しよう!

 

_______________

活動は、なるべく上の階層に伝えた方が効果的です。
下記は階層順になっています。
[福島県]
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/
  〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 
  Tel:024-521-1111
  知事に直接連絡が効果的です
[福島県 動物愛護センター]
  024-953-6400
[二本松市
  http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/
  0287-72-6901  
[東北サファリパーク]
  http://tohoku-safaripark.co.jp/
  〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1
  TEL.0243-24-2336 
  FAX.0243-24-2433
  メールフォーム http://tohoku-safaripark.co.jp/contact/
  FB https://www.facebook.com/TohokuSafaripark/
__________________

現在把握できているゾウライドや、ゾウにショーを行わせている非倫理的な施設は、岩手サファリパーク東北サファリパーク那須ワールドモンキーパーク市原ゾウの国の4施設。
いずれも象使いは、手にドリルかブルフックをもって虐待しながら言うことを聞かせていました。

ゾウライドやショーを行なっている施設名。
そして苦しみ続けているゾウたちの名前
女性が多いのがわかると思います。人間も動物も女性の方が搾取されやすい。

【岩手サファリパーク】
  ナッド(女性・ラオス)
  ブンミー(女性・ラオス)
【東北サファリパーク】 
  トンサイ(ラオス)
  ブントーン(ラオス)
【那須ワールドモンキーパーク】 
  カンビアン(ラオス)
  トンクーン(ラオス)
【市原ゾウの国】
  ゆめ花

仙台市八木山動物園 切られた 象の鼻

Readyfor クラウドファンディング実施中。
11月1日まで。
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 

北日本編で調査した仙台市八木山動物園では、象の鼻を切り取って展示してありました。

 

動物園の4つの役割の一つに「研究」というものがあります。
日本の動物関係の研究者は、”科学的”で、”客観的”であることに重きをおいていらっしゃるようです。
一見良いように聞こえます。
しかしそれは、”動物をモノ化”し、”共感をしない”ことと同義です。

今話題のイルカのハニーに関して、日本の有名な研究者に相談したところ、
「学生の生体解剖用に使ったらいいんじゃないか」
との返答が返ってきました。
これが科学的態度です。

つまり、動物園水族館ではこれを子供達に教えている。
ゆえに、動物に共感できない、搾取することが当たり前の社会ができが上がっている

それでいいのでしょうか。

この先、わたしたちはずっとそのような、傲慢で、不遜で、愛に欠けた態度で、地球に住み続けるのでしょうか。
これから、未来永劫、動物を搾取し、苦しめ、殺戮し続けるのでしょうか。



 

 

動物を見て、癒されて、その遺体を食べ楽しむ場所。それが、動物園・水族館

 

シマウマの遺体が吊り下げられていました。

 

ひどいところにロープが通してあります。動物への考え方が感じられます。

 

動物園水族館は動物の監禁施設。決して出られません。自由になるときは死んだときです。

 

牢屋です。
自分が一生この中で、生きると想像してみてください。毎日人に見られ、好きなものも食べられず、ここから一歩も離れることはできません。
一生です。
​耐えられるでしょうか。

 

牢屋

 

牢屋

 

動物たちの中でも、猿たちの目は特に雄弁です。ぜひ、目を見てください。いろいろなことが伝わってくるでしょう。

 


ゴリラのドン。何十年も監禁されています。悪いことなど何一つしていないのに。
​人間を楽しませるためだけに一生をこの中で過ごします。

 


新しい象の施設は、広くて綺麗なように見えます。
しかしよく見てみてください。
​そこら中に電気ワイヤーが張り巡らされていることに気がつきます。
動物園はなるべく目立たないように工夫しています。

 


切り取られたラクダの足。
​もちろん八木山に監禁されていたラクダの成れの果てです。

 

ホッキョクグマの剥製。なぜこの表情にしたのでしょうか。死んでも苦しみ続けているように見えます。


これらの写真は、北日本編の調査のほんの一部です。
南日本編ではさらに、このような調査を行い、日本中全ての動物園水族館で行われていることを可視化し、皆さんと共有し、一緒に考えていきたいと思います。
まずは調査から。

Readyfor クラウドファンディング今日で4日目。
残り47日。
179万4000円で 成立です。

ぜひご支援、ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。
皆さんのご支援がそれだけ未来の動物解放を早めます。

https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

 


動物を解放しましょう!