ミッション

【LIBのミッション】

1. あらゆる動物利用の即時廃止

2. 動物の権利の付与

3. 動物の解放

 

 

【ミッションが何を解決するのか】

LIBが取り組んでいる課題は、『動物利用問題』です。
我々が取り組んでいる課題の全体像を知る人はほとんどいません。
”部屋の中の象” がいます。

人類の動物利用は巨大なものです。
毎年、陸生生物だけで700億もの動物が利用されています。

動物利用問題は二つの系に分かれます。
一つは、『動物への搾取』
一つは、『人類への影響』
です。

『動物への搾取』は5つの系に分かれます。
食・衣・娯楽・実験・野生。
『動物への搾取』は、凄惨さを極めています。

我々は、動物に行なっている現実を知る必要があります。
《参照》映画『アースリングス』(動物利用を描いたドキュメンタリー)
  https://www.youtube.com/watch?v=thFyxG5_V4c&feature=youtu.be

 

そして、膨大な数の動物を人工的に作り出し、
その全てを殺すことによって生み出される『人類への影響』
『人類への影響』も5つの系に分かれます。
健康・社会・倫理・化学・環境。
それは環境に影響を与え、人類自身に返って来ています。

 

 

動物利用製品を供給している産業は、『動物利用産業』(Animal Enterprise)と呼ばれます。
『動物利用産業』は、『動物への搾取』の図と対応しており、
食・衣・娯楽・実験・野生。
の5つの系に分けられます。
動物利用産業は、巨大な市場を形成し、投資が行われ、仕事を創出します。
動物を搾取する産業は、現代社会において無くてはならないとされる産業です。

 

そして『動物利用産業』が生み出した動物製品を消費する巨大な市場があり、『動物消費者』が動物を消費します。
『動物消費者』の消費は5つの系に分けられます。
食・衣・娯楽・実験・野生。
『動物の搾取』『動物利用産業』と同じ系です。
1日の間、自分がどれだけの動物を消費しているか、カウントしてみるとよいかもしれません。
部屋の中や日用品だけでも、数多くの動物を消費していることに気が付くでしょう。

 

『動物利用トライアングル』
『動物消費者』が消費を求め、

『動物利用産業』が供給し、
『動物利用問題』が引き起こされています。
そのトライアングルの足下で、膨大な数の動物たちが利用・搾取・殺害されています。
動物たちの現状は『動物利用産業』によって隠され、『動物消費者』は、『動物利用問題』に気が付くことがありませんでした。

 

しかし今、インターネットの発達により、その状況は変わりました。
動物利用の現状を知り、自らのライフスタイルを変え、消費行動を変えることによって『動物利用トライアングル』から脱却した人々がいます。
それが『ヴィーガン(VEGAN)』です。
『ヴィーガン』とは、巨大な『動物利用トライアングル』から、
たった一人で脱却することができるライフスタイルであり、
たった一人でできる最も効果的な”活動”です。

VEGANの到達点は、動物の解放です。
Veganismを完全菜食主義と呼ぶのは、そのライフスタイルの一旦を表しているにすぎません。

ヴィーガニズムの本義は、『動物解放主義』であり、
ヴィーガンとは『動物解放者』と言えます。

 

 

 

【ミッションが達成すること】

ミッション
 1. あらゆる動物利用の即時廃止
 2. 動物の権利の付与
 3. 動物の解放

動物の解放

たった今、文字通りの地獄にいる動物を救い出し、解放したいと考えています。
人類が動物に行なっていることは壮絶です。

動物の解放のキーワードは
「感性」「感覚」「権利」「倫理」

「感性」
人類は、動物は人類より”知能”が低いと見なしています。
しかし動物たちは、”感性”、豊かな愛情・感情・感覚を持っています。

「感覚」
動物とは動物界に属する全ての存在のことです。

動物界の存在の多くは、判断能力を持ち、自ら動き、口を持ち、痛覚などの感覚を持ち、感情を持っています。
人類が動物界への搾取から脱却することを目指しています。

「権利」
人種によって差別することを「人種差別」、
動物種によって差別することを、『種差別』と言います。

我々の社会は、常に、弱者に権利を付与する方向に進化してきました。
そして今、その社会的な進化は、自助できない究極の弱者である動物に進もうとしています。

「倫理」
倫理とは、自分以外の存在に対して、善を成し悪を行わず、正しく配慮し邪に扱わないことです。
倫理とは、自己利益を抑え、他者の生存を保証し、自由を尊重することと言えます。
我々の動物への振る舞いは倫理的と言えるでしょうか。

人類の解放

動物の解放とは、人類の解放です。
動物解放活動は、人類自身の問題を解決し、人類自身を解放します。

人類の問題は、すべて人類が作り出しています(人類が抱える膨大な社会問題は人類がいなくなったらすべて解決へと向かいます)
その解決の最も有効な鍵であると我々が考えているのが、動物利用からの脱却です。

また我々は、我々自身が、自己認識や社会や他者との関係において、支配被支配の構造に慣れています。
ゆえに我々は、動物を支配することを無意識的に是としていると考えています。
しかし他者への支配を是とすることは、我々自身が支配される表れではないでしょうか

自分自身を解放するためには、他者を解放することです。

 

 

 

ミッションの体現=ヴィーガン


「ヴィーガン」という言葉は、1944年にイギリスにおいてヴィーガン協会の共同設立者であるドナルド・ワトソンによって作られました。
1951年、英国ヴィーガン協会はヴィーガニズムの定義を、
「人間は動物を搾取することなく生きるべきだという主義」
としました。

ヴィーガンは、動物を搾取している製品を消費せず、動物を搾取しない製品を、丁寧に選択しています。

次の食事に、肉や魚を食べないこと。
次に買う服に、ダウンやウールを選ばないこと。
次に買う靴に、革靴を選ばないこと。
次のレジャーに、動物園や水族館を選ばないこと。
次の伴侶動物を、ペットショップから購入しないこと。

日々の選択に動物利用製品を選ばないこと、動物を消費しないことこそが、私たちの社会を良くするために、最も日常的に行え、最も効果が高い活動です。

私(代表 目黒)の人生最良の選択は、間違いなく、ヴィーガンになったことです。
ヴィーガンになることは自分自身の変容をも伴います。
それは身体の変容、精神の変容、深い部分での自己の変容です。

#ヴィーガンになりませんか?