ミッション

【LIBのミッション】

動物の解放


【解説】

動物の解放は何を解決するのか

LIBが取り組んでいる課題は、動物利用問題です。
人類の動物利用は巨大なものです。
毎年、陸生生物だけで700億もの動物が利用されています。
動物利用問題の全体像を知る人はほとんどいません。
動物利用問題は二つに分かれます。
動物への被害人類への被害

動物への被害は、食・衣・娯楽・実験・野生の5つに分けられます。
インターネットの発達により、動物への搾取の現実が急速に知られつつあります。
《参照》映画『アースリングス』(動物利用を描いたドキュメンタリー)
https://www.youtube.com/watch?v=thFyxG5_V4c&feature=youtu.be

膨大な数の動物を人工的に作り出し、そのすべてを殺すことによって生み出される
人類への被害
人類への被害は、健康・社会・倫理・化学・環境の5つに分けられます。

動物製品を供給している産業は、動物産業(Animal Enterprise)と呼ばれます。
動物産業は、食・衣・娯楽・実験・野生の5つの産業に分けられます。
動物産業の市場は巨大です。

動物消費者が、動物たちを消費します。
消費は、食・衣・娯楽・実験・野生 に分けられます。
1日で、自分がどれだけの動物を消費しているか、数えてみるのも良いかもしれません。
部屋の中や日用品だけでも、数多くの動物を消費していることに気が付くでしょう。

動物利用問題が生まれるのは、
動物消費者が動物の消費を求め、
動物利用産業が供給するからです。
そのトライアングルの足下で、膨大な数の動物たちが利用・搾取・殺害されています。
動物たちの現状は『動物利用産業』によって隠され、動物消費者は、動物利用問題に気が付くことがありませんでした。

たった一人で動物解放を VEGAN
インターネットの発達により、状況は変わりました。
動物利用の現状を知り、動物利用トライアングルから脱却する人々が爆発的に増えています。
VEGAN(ヴィーガン)とは、Veganism(ヴィーガニズム)を体現する生き方です。
ヴィーガニズムの到達点は、動物の解放です。
http://animal-liberator.net/animal-liberator/veganism-defined
ヴィーガンとは、動物利用トライアングルから、
たった一人で脱却することができるライフスタイルであり、
たった一人でできる最も効果的な”活動”です。
ヴィーガンになった人々の多くにとって、人生最良の選択はヴィーガンになったことです。

人類として動物解放を ANIMALISM
アニマリズムとは、人間は動物である 動物まで含めた社会システムを考え作っていこう、という考え方です。
私たち人類はこれまで、人間至上主義に基づき、人間のための法・政治・経済・システムをひたすらに構築してきました。
その帰結が現在です。
地球環境は壊れかけ、動植物は大量絶滅し、社会は無関心で残酷、人心は荒廃し、目前の欲に刹那的な楽しみを見出します。
ヨーロッパではすでに、アニマリズムを思想的基盤とした政党が各国にあります。

動物解放は、自己、人類、地球へポジティブな影響をもたらす
私たちの向かう先は決まっています。
それが動物解放。
リブは、日本においてその流れを加速する役割を担います。

パラダイムシフト

なぜ動物を人類から解放すべきなのか

今この瞬間、動物たちは文字通りの地獄の底で苦しんでいます。
https://youtu.be/thFyxG5_V4c

動物は心を持っています。
 (多くの人は忘れてしまって、あるいは気がつかないようにしていますが)

感性について

人類は、動物は人類より”知能”が低いと見なしています。
しかし動物たちは、”感性”、豊かな愛情・感情・感覚を持っています。

感覚について

動物とは、動物界に属する生物のことです。
動物界の生物の多くは、判断能力を持ち、自ら動き、口を持ち、痛覚などの感覚を持ち、感情を持っています。

動物権利(アニマルライツ)について

人種によって差別することを人種差別
動物種によって差別することを、種差別と言います。
我々の社会は、常に、弱者が権利を獲得する方向に進化してきました。
戦後、人権(ヒューマンライツ)が国際的に認められました。
そして今、その社会的な進化は、自助できない究極の弱者である動物に進もうとしています。

倫理の対象として扱われない動物たち

倫理とは、自分以外の存在に対して、善を成し悪を行わず、正しく配慮し邪に扱わないことです。
倫理とは、自己利益を抑え、他者の生存を保証し、自由を尊重することと言えます。
我々の動物への振る舞いは倫理的と言えるでしょうか。
動物は倫理の対象であるべきです。

人類解放

動物の解放とは、人類の解放です。
動物解放活動は、人類自身の社会問題を解決し、精神的未熟さを改善し、人類自身を解放します。

人類の社会問題の多くは、人類が作り出しています。
それら問題解決の最も有効な手段の1つが、動物利用からの脱却です。

我々人類は、支配被支配の構造や精神に囚われています。
ゆえに、動物を支配することを無意識的に当然のこととして考えています。
しかし弱者への支配を行おうとすることは、我々自身が支配されている表れです。

自分自身を解放するためには、他者を解放することです。
他者を解放することで、自分が解放されます。
それは他者にも自分にも 深い心の喜びをもたらすから。

言葉を持たない動物たちは、自ら助けを求めることができません。
動物たちがたった一言、言葉を喋ることができたら。
「助けて」

動物を解放しよう。