「かわいそう」と伝え続けること|動物解放団体リブ

動物を守ろうとする人々の最も深い思い、
「かわいそう」
私たちは「動物がかわいそう」だから活動しています。

多くの利他的、社会的、非営利的活動の根幹には「かわいそう」という感情があります。

「かわいそう」は、共感です。
人や動物と心でつながり、守り、尊重し、やがて仲間になっていくきっかけ。

私たちは、
悲惨な状況にをかれている人類と同様、
悲惨な状況におかれている動物たちを、
心の底から「かわいそう」と思っています。

人は「動物がかわいそう」と言う私たちをバカにします。
これまで何度も何度も、嘲笑されてきました。

しかし「かわいそう」を失った、社会や経済、科学や法律、文化が何をしてきたでしょう。
人間や動物を蔑み、差別し、暴力を振るい、監禁し、殺してきました。
そしてたった今も、それが起こってしまっています。

私たちは「動物がかわいそう」と伝え続けます。

『かわいそう』は、人の心を動かすと信じているから。

DCIM\119GOPRO\GOPR9532.JPG