人は感情で変わるが、社会システムはロジックでないと変わらない

ヴィーガニズムにとって、社会システムを変えることの眼目は、ヴィーガンでない人から動物搾取の権利を剥奪することです。

人間がなぜ他の人間を搾取できないか(カタチ上であっても)。
それは法律によって、他の人間を搾取する権利を剥奪しているからです。
倫理や善意をすべての人に期待することは不可能です。
ゆえに、法律(ルール)がある。
しかし法律で権利を剥奪したとしても、人間を殺したい人は必ずおり、場合によっては殺します。
人間を人間から守るためには、法律とペナルティに加え、あらゆる承認と説得とガス抜きと法律以外のペナルティなどで、社会に適応させ包摂していく必要があるわけです。

つまり上記の仕組みから導き出せるのは、動物を人間から守り解放するためには、法律によって動物を搾取する権利を剥奪し、ペナルティを与え、あらゆる社会的機能をもって懐柔する必要がある。

今はその前段階です。
今の段階は、感情や、善意、意思の喚起によって、自分を変え倫理・ヴィーガニズムにコミットできる人数を、可能な限り増やす段階。
その人数が、社会の一定程度、特にリーダー層の一定程度を変革することができたら、
次に、決して変革しない、する見込みの無い人々の権利を剥奪する段階になります。

人間を変革するには感情が最も有効ですが、
社会システムを変革するには、ロジック・科学的根拠で行います。
それを今から準備したい。
私はしています。

社会を説得し、現実的に変革するには、
社会を説得し、現実的に変革する力が必要です。
つまり、自分自身を、社会を説得し、現実を変革する力を持つ人間に高度化することが必須の条件です。

社会を変革するためには社会を知らなくてはなりません。
社会は共通のプラットフォームです。
自分の思想信条の自由・
私的な現実解釈・
個人・所属集団の利益追及
をいったん脇に置き、
すべての参加者が憲法に保障された人生・生活を送り、思想信条の自由を担保することができる共通プラットフォーム=社会システムとは何か、を考えデザインする。
そのことが、より多くの人が、より幸福になる社会システムの設計につながります。
もちろん現実はそんなに甘くはありませんが、それを目的にする価値と効果はあります。

そして、
その共通プラットフォーム=社会システムに、動物までを包摂するのが、ヴィーガニズムであり、アニマリズム(倫理)です。

今からその目標・理念・段階設定を念頭に置きながら活動するのと、しないのとでは、ゴールの達成のスピードが違います。

自分を高度化する教材として、ビデオニュースドットコムというニュースサイトがオススメです。
私は、このサイトで社会理解や、考え方を高度化しました。

特にこの回はビデオニュースドットコムのエッセンスが詰まっており、またPart2に少しだけ動物倫理に触れている箇所があります。
〔カギは制度ではなく心の習慣に〕
1 https://youtu.be/-XyJkkZkLkA
2 https://youtu.be/n-Pv7VoJd78

ぜひ共に高度化しましょう。
私は、私を高度化することが、今最も必要であり効果的であると考えフォーカスしています。

人になんと言われようと、思われようと、すべて雑音です。
自分を変えることは難しく、しかしエキサイティングで、動物解放活動に最も有効です。
そして現実に社会を変革する見識と力をつけ、できれば、LIBというプラットフォームを通じ、社会を変えていければ嬉しく思います。

〔ビデオニュースドットコム〕
YouTube:https://www.youtube.com/user/videonewscom
ウェブサイト https://www.videonews.com/