リブ 全体戦略/LIB Strategy]

※これまでリブは相手方に打ち手を読まれるのを防ぐため、戦略系は公開しないで進めてきました。これからは、戦略、会議や予算、マンパワーなどすべて公開していく方針に切り替えました。

リブ 全体戦略

動物園水族館問題を2年以上 手掛け、ようやくターゲット設定と未来に繋がる打ち手の設定ができるようになりました。
「情報収集→目標設定→戦略→実行→評価」
の、戦略と実行の中間くらいの位置まで来たということです。

動物園水族館問題全体は、構造で進めていきます。
シャチとゾウに関してはそれぞれ進行させていきながら、全体プランに収束します。
シャチに関しては2023年に大きな見直しを行うことになりますが、そこに関しても打ち手を打っておきます。
活動の効果=インパクト評価はChangeを軸に見ていき、また適宜打ち手を高度化するツールとします。




なおProject 0で扱う5種の動物はそれぞれ問題解決の難易度が違います。
難易度は、社会的背景によって変化しますので、適宜見直しを加えていきます。



[LIB overall strategy decision]

Until now, LIB has been moving forward without revealing the strategy system in order to prevent the opponent from being read by the opponent. From now on, we have switched to a strategy to make all strategies, meetings, budgets, manpower, etc. public.

We have been working on the zoo and aquarium problem for more than two years, and now we can set targets and hitters that will lead to the future.
“Information collection-> goal setting-> strategy-> execution-> evaluation”
It has come to the middle of the strategy and execution.
The entire zoo and aquarium issue will proceed with the structure shown in attached image 1.
The killer whale and the elephant will converge on the overall plan as they progress.
A major review of killer whales will be made in 2023.
The effect of the activity = impact assessment will look at Change as the axis, and will be a tool to improve the batting as appropriate.

The five animals handled in Project 0 have different levels of difficulty in solving problems.
The difficulty will vary depending on the social background, so we will review it as appropriate.