あなたの5分が動物の未来を変えるチカラになれるとしたら…?|動物解放団体リブ

こんにちは。
NPO法人 動物解放団体 リブ、ファンドレイジング担当の板垣さやかと申します。

本日から3月31日(火)まで、『 毎月どうぶつサポーター 』大募集キャンペーンといたしましてリブへのご支援にご参加していただける方を大募集しております。
ご一読いただけると幸いです。

今、世界中は、数え切れないほど多くの問題にあふれています。
環境悪化、貧困、暴力、差別など解決困難な社会問題から、
自身の健康やストレスなど…身の回りの問題まで多岐にわたります。
自分のことで精一杯、他の問題に目を向ける余裕がない人々もたくさんいるでしょう。
そして多くの人は、それらの問題のほとんどが動物利用問題と関係していることを知りません。
しかし、このページを読んでくださっている皆さまのように、気付きを得て、同じ思いを抱き、支えてくださる方々もいます。

今、私たちがするべきことは何でしょうか?
それはまず、同じ思いを抱く 私たちがひとつになり世界に広く示していくことです。
困難な道のりであることは百も承知です。
しかし、皆で力を合わせれば、私たちが強く望む「動物の解放」は必ず実現できると私は思っています。
今、その礎を築いていくことが非常に重要であるとも。

NPO法人 動物解放団体 リブは、この地球上に住む、あらゆる過酷な状況におかれている動物たちの未来を変えようとしています。
そして、社会の未来を、人間の未来を変えようとしています。
リブは皆さまのご支援により、一歩一歩前に進むことができます。
より多くのご支援は、ミッション「動物の解放」を達成していくための重要なエネルギー、パワーとなります。

皆さまにお願いです。
NPO法人 動物解放団体 リブにお力を貸していただけないでしょうか?
『毎月どうぶつサポーター』は、リブの運営を継続的に安定させていくための大切なご支援です。
より多くの方々にご賛同いただくことで、リブはより多くの問題の解決に着手していくことができます。

本日から約3ヶ月間、3月31日までに
100名の『 毎月どうぶつサポーター 』
のご参加を目標としています。
もし、リブの活動にご賛同いただけましたらぜひ、『 毎月どうぶつサポーター 』になってください。
一緒にこの社会を、動物たちの未来を変えましょう。

NPO法人 動物解放団体 リブ
ファンドレイジング担当理事 : 板垣さやか

【 たった5分 毎月どうぶつサポーター 参加手順 】

① こちらをクリック

②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000〜)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

※3月31日までの毎週木曜日、『毎月どうぶつサポーター』大募集キャンペーンの投稿をします。その中でキャンペーンの進捗も報告いたします。
その際、私たちの感謝を表すために、ご支援いただいた方のお名前を掲載させていただければ嬉しいです。寄付ページのメッセージ欄に、本名で掲載してもよいか、ニックネームやイニシャルがよいか、ご希望を記入していただけるとありがたいです。

ReadyforのFBページでご紹介いただきました|LIB

厳しい状況です。

現在クラウドファンディングの日程の半分をすでに過ぎて、
88万6000円。
残り24日で、111万4000円です。
成立には、1日 46000円以上のドネーションが必要。

もしよかったら、日本中に監禁されている動物たちのために、ご参加をお願いいたします。
こちらから
↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

________________

【コラム】

『寄付とは?』
社会貢献(=フィランソロピー)の両輪が、「寄付」「ボランティア」です。
寄付とボランティアの両輪があって、非営利活動となります。
日本ではボランティアだけが社会貢献とされがちですが、
寄付は、それ自体が立派な社会貢献活動なのです。

『非営利活動とは?』
行政や大きいシステムにお任せすることなく、団体と寄付者とボランティアがパートナーとして手を取り合い、民が民の力で民の課題を解決する、重要な手段です。

行政は、良くも悪くも大多数の利益に奉仕する社会活動です。
当然、動物の解放などやりません。
やるとしたら、私たち民の力を合わせて成し遂げます。

団体、寄付者、ボランティアが共通のビジョンと目的を持ち、それぞれができることで社会課題を解決することが非営利活動の真髄です。

決算公開と、ご寄付のお願い|LIB

 

8月10日をもってプロジェクトが無事終了しましたので、
日本一周!動物園水族館調査【北日本】の決算を出しました。

 

振込額  1,339,713円

事業費計  917,177円
運営費計  422,536円
となりました。

みなさん、どうもありがとうございました。

また、もしよかったらご寄付いただけると大変ありがたいです。
調査の人件費は、運営費を6ヶ月で割り出し、1ヶ月
人件費  月 70,423円でした。
個人的な貯金を切り崩しながら活動を続けており、今月中に資金が底を付きます。

 

活動継続のため、ぜひご協力をお願いできればうれしいです。

〔LIB マンスリーサポーター 会員 寄付:ご支援募集中〕
http://animal-liberator.net/animal-liberator/member

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

※事業費=事業に直接かかった費用
 運営費=人件費
※支援者の方には、すべての項目を記載したシートのリンクを送付いたします。ご希望がありましたら、すべての領収書の写真をお送りいたします。
※(180812追記)調査中にいただいた寄付もあります。そちらは年度の決済に算入して公開いたします。

衣替えシーズン 古着で寄付できるBrand Pledge|LIB

Brand Pledge(ブランドプレッジ)は、
Syncable(シンカブル)が行なっている、
古着のブランド品のです。
買取対応ブランド数はなんと7000以上。
マルイやルミネ、パルコなどのショッピングモールに入っているブランドなら大抵は買取対象です。

LIBでもブランドプレッジが行えます。
https://brand-pledge.jp/associate/LIB

手順は、
1. シンカブルからダンボールを取り寄せます。
2. 寄付商品を詰めて返送します。
3. 査定を経て、売上げがLIBに寄付されます。
と簡単。
詳しく&申し込みはこちらから
https://brand-pledge.jp/associate/LIB

古着を打ってしまう前に、ブランドプレッジも。

ただし、毛皮や革製品など、動物利用製品を買取りに回してしまいますと、使われた動物がかわいそうですし、その商品のステマになってしまいますので、ご考慮いただければと思います。