1999年 ニュージーランドが大型類人猿に”法的権利”を与えた原文を翻訳


1999年、ニュージーランドでは、
大型類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)
に一定の権利を認めました

LIBでは、動物へ権利を付与する未来への指針になる資料として、原文を翻訳しました。
〔翻訳:Hiroko Yatsu〕

地球の歴史、あるいは社会史に残る出来事であろうと思います。
遠い未来、極めて大きな一歩であったと評価されるでしょう。

日本は動物に対して極めて意識が低い国であると、まず、自己認識するところから始めなくてはならないと思います。


 

New Zealand:
ニュージーランド

Animal Welfare Act 1999  
動物福祉法 1999
http://www.legislation.govt.nz/act/public/1999/0142/56.0/DLM49664.html

Public Act       1999 No 142    
一般的法律 1999年第142号
Date of assent    14 October 1999   
1999年10月14日承認
Reprinted as at 1 March 2017     
2017年3月1日転載

 

This Act is administered by the Ministry for Primary Industries. 
この法律は1次産業省によって施行される。

 

  • Part 1 Care of animals  
    第1編 動物のケア
  • Part 2
Conduct towards animals 
    第2編 動物への行為
  • Part 3 Animal exports  
    第3編 動物の輸出
  • Part 4 Advisory committees 
    第4編 諮問委員会   
  • Part 5 Codes of welfare 
    第5編 ウエルフェア規定
  • Part 6
Use of animals in research, testing, and teaching 
    第6編 研究、実験及び教育における動物の使用
  • Part 7
Provisions relating to administration 
    第7編  管理に関する規定
  • Part 8 Offences 
    第8編 違反
  • Part 9 Miscellaneous provisions 
    第9編 雑則 

 


Part 6
Use of animals in research, testing, and teaching
第6編 研究、実験及び教育における動物の使用
80  Purposes
   目的
81  Effect of this Part 
   本編の発効

Restrictions 制限事項)

82  Restrictions on research, testing, and teaching involving use of animals
   動物の使用
を含む研究、実験及び教育上の制限
83  Restrictions on carrying out of projects
   プロジェクトの実施における制限
84  Power to carry out certain projects
   特定プロジェクトの実施における権限
84A  Prohibition on use of animals in research, testing, and teaching for making cosmetic
   化粧品製造目的での研究、実験及び教育における動物使用の制限
85  Restrictions on use of non-human hominids 
  人間以外のヒト科動物の使用の制限
86  Revocation of approval
   承認の撤回

(Codes of ethical conduct 倫理的行為規定

87  Codes of ethical conduct
   倫理的行為規定
88  Contents of code of ethical conduct
   倫理的行為規定の内容
89  Application for approval
   承認の適用
90  Changes to proposed code 
   提示された規定の変更

91  Approval of code of ethical conduct  
   倫理的行為規定の承認

92  Time limits 
   時間制限
93  Approval to be personal to code holder
   規定を保有する個人の承認 
94  Duration of approval
   承認の継続期間
95  Application for amendment, suspension, or revocation of code of ethical conduct
   倫理的行為規定の修正、保留又は撤回の適用
96  Amendment, suspension, or revocation 
   修正、保留又は撤回
97  Review of decisions
   決定の再調査

Animal ethics committees 動物倫理委員会

98  Establishment of animal ethics committees
   動物倫理委員会の設立
99  Functions and powers
   機能と権限
100  Criteria
   基準
101  Membership
   構成員
103  Report of non-compliance
   不履行の報告
104  Protection of members of animal ethics committees
   動物倫理委員会委員の保護

Reviews of code holders and animal ethics committees
 規定保有者と動物倫理委員会の再調査

105  Independent reviews
   独立した審査
106  Purpose
   目的
107  Period to which independent review relates
   独立審査に係る期間
108  Conduct of independent review
   独立審査の施行
109  Accredited reviewers
   正式認可を受けた審査員
110  Performance of duties
   義務の履行
111  Applications for accreditation
   認証評価のための申請
112  Performance standards
   パフォーマンス基準
113  Provisions applying in respect of accreditation and accredited reviewers
   認証評価と審査員に関する適用条件
114  Review
   審査
115  Report
   報告
116  Level of compliance
   適合性の水準
117  Power of Minister to commission review
   委員会の審査に対する省の権限
118  Power of Minister to approve research or testing
   研究や実験の許可に対する省の権限

Penalties 罰則

119  Penalties
   罰則

 


  • 85  Restrictions on use of non-human hominids 
    85  人間以外のヒト科動物の使用の制限

    (1)No person may carry out any research, testing, or teaching involving the use of a non-human hominid unless such use has first been approved by the Director-General and the research, testing, or teaching is carried out in accordance with any conditions imposed by the Director-General. 

     何人も、人間以外のヒト科の動物の使用を含む研究、実験又は教育を行うことができない。ただし、それが第1次産業省長官によってはじめに承認された使用であり、その研究、実験又は教育が第1次産業省長官によって課せられるあらゆる条件に従ってなされる場合は、この限りではない。


(2)The Director-General may, in giving approval under subsection (1), impose, as conditions of that approval, such conditions as the Director-General thinks fit. 

  (1) のもとで承認を与える第1次産業省長官は、その承認の条件として、当該長官が適切と考える条件を課すことができる。

(3)The Director-General may from time to time, by notice in writing to any person holding an approval under subsection (1),—
 第1次産業省長官は、文書による通知により、 (1)のもとで承認を得る人々に対して、適宜、次のことを行うことができる。

  (a)  revoke any condition of that approval:
    承認条件の撤回。
  (b)  revoke any condition of that approval, and impose another condition in its place:
    承認条件の撤回と、それに変わる他の条件を課すこと。
  (c)  amend any condition of that approval.
    承認条件の修正。

(4) The Director-General must consult with the National Animal Ethics Advisory Committee before exercising the powers conferred by subsection (1) or subsection (2) or subsection (3).
 第1次産業省長官は、(1)、 (2)又は (3)にかかる執行権を行使する前に、国立動物倫理諮問委員会に相談をしなければならない。

(5) The Director-General must not give approval under subsection (1) unless he or she is satisfied—
 第1次産業省長官は、申請者が次のことを満たしていない場合に、(1)のもとで承認を与えてはならない。

  (a)  that the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching is in the best interests of the non-human hominid; or
    その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用が、人間以外のヒト科の動物にとって最大の利益となる場合。又は

  (b)  that the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching is in the interests of the species to which the non-human hominid belongs and that the benefits to be derived from the use of the non-human hominid in the research, testing, or teaching are not outweighed by the likely harm to the non-human hominid.
    その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用が、人間以外のヒト科の動物が属する種のためになり、かつ、その研究、実験又は教育における人間以外のヒト科の動物の使用による利益が、人間以外のヒト科の動物に対して与える可能性のある危害よりも上回らない場合。

(6)The Director-General must monitor the carrying out of any research, testing, or teaching to which an approval given under subsection (1) relates.
 第1次産業省長官は、(1)の元で与えられた承認に関連する研究、実験又は教育の実施を監視しなければならない。

(7)A person commits an offence who contravenes subsection (1).
 (1)を違反するものは罪に服す。

(8) Nothing in sections 82 to 84 applies in relation to research, testing, or teaching that involves the use of a non-human hominid.
 82節から84節のすべての条項は、人間以外のヒト科の動物の使用を含む研究、実験又は教育に関して適用されない。

 

 


 

(Penalties 罰則)

119  Penalties
   罰則

A person who commits an offence against section 82(2) or section 83(2) or section 84A(3) or section 85(7) is liable on conviction, —
第82(2)節、第83(2)節、第84A(3)節又は第85(7)節のいずれかに対して規則違反を犯す者は、次の有罪判決の責任を負う。

(a)  in the case of an individual, to imprisonment for a term not exceeding 6 months or to a fine not exceeding $25,000 or to both; and
  個人の場合、6ヶ月を超えない懲役、$25,000を超えない罰金、又はその両方に処する。


(b) in the case of a body corporate, to a fine not exceeding $125,000.
 法人の場合、$125,000を超えない罰金に処する。

 

Section 119: amended, on 10 May 2015, by section 42 of the Animal Welfare Amendment Act (No 2) 2015 (2015 No 49).
Section 119: amended, on 1 July 2013, by section 413 of the Criminal Procedure Act 2011 (2011 No 81).
第119節:改定動物福祉法(No 2) 2015 (2015 No 49) 第42節により、2015年5月10日に修正された。
第119節:刑事手続法2011 (2011 No 81) 第413節により、2013年7月1日に修正された。

 


 

 

 

”悪い文化”は、淘汰されていく

文化には、”良い文化””悪い文化”があります。

”悪い文化”の本質は、差別文化であり、暴力文化です。
文化には、明らかに権力のある男性が作って来たと思われるものがあります。


それは強者にとって都合の良いシステムを、”文化”と称しているにすぎない。

 

昔からそのような文化は世界中に見られました。
そして、差別文化、暴力文化は、時代と共に淘汰されてきました。

私たちは自己としても社会としても進化しています。
その進化とは常に、強者から弱者を救い、自分らしく生きられるようにする方向に進んできています。

私たちは、弱者への暴力に目を見開き、”悪い文化”を淘汰してきました。
次は、究極の弱者、動物への”悪い文化”に目を見開き、淘汰する番です。

 

それは文化のアップデートであり、倫理のアップデートです。

イルカを「人」と認めた、インド中央動物園庁の原文を翻訳

2013年話題になった
「インドがイルカを「人」と認めた」
https://wired.jp/2013/06/12/dolphin-identified-human/
というニュース。

 
 
原文は、『non-human persons』という表現でした。
 

LIBでは、その重要な資料である、インド政府の原文を入手し翻訳しました。
〔翻訳:Hiroko Yatsu

非常に立派で尊厳のある態度です。

 


INDIA:
インド

MINISTRY OF ENVIRONMENT & FORESTS
環境森林保護省
Central Zoo Authority
中央動物園庁

N0. 20-1/2010-CZA(M) /2840 
DATE: 17.05.2013  
2013年5月17日施行

Circular

回覧

Sub:- Policy on establishment of dolphinarium – Regarding.
イルカの水族館の設置に関する方針


Time and again, it has been brought to the notice of this Ministry that the State Governments through various departments,
development corporations in particular, have been planning to develop dolphinarium in the State with main aim to attract tourism for commercial purpose with the intention of organizing dolphin show etc.
本省はこれまで、商業目的の観光客を呼び込むことを主な目的としてイルカショーなどを企画する意図のもと、州政府が様々な部局、特に特定の開発公団を通じて、州内でのイルカ水族館の開発を計画してきたことについて、何度も通知してきたところである。

 

Whereas under Section 2(39) of Wild Life (Protection) Act, 1972 the denition of ‘zoo’ is given as an establishment, whether stationary or mobile, where captive animals are kept for exhibition to the public [and includes a circus and rescue centres but does not include an establishment of a licensed dealer in captive animals.]” and as such, the dolphinarium will fall under the denition of ‘zoo’,
1972年野生動物(保護)法第2節(39)には、「動物園」とは、固定・移動の別にかかわらず市民への展示(サーカス及びレスキューセンターを含むが、捕獲動物の有資格取扱業者の施設は含まない)のために捕獲動物を飼育する施設であると定義されており、イルカ水族館はその「動物園」の定義に該当するのだが。

 

Whereas as per 38H (1) of Wild Life (Protection) Act, 1972, no zoo shall be operated without being recognized by Central Zoo Authority and as per Section 38H (1A) a zoo shall not be established without obtaining prior approval of the Central Zoo Authority. Moreover, such zoo requires approval of the Hon’ble Supreme Court of India, in terms of the Order dated 20.11.2000 passed in W. P. No. 47/1998-Navin M. Raheja V/s Union of India and Ors.
1972年野生動物(保護)法第38H節(1)によって、すべての動物園は、中央動物園庁による承認なしに運営されてはならず、第38H節(1A)によって、中央動物園庁の事前承認を得ることなしに開設されてはならないのだが。加えて、かかる動物園は、W. P. No.47/1998-Navin M. Raheja v/s Union of India and Orsで通過した2000年11月20日付の命令に関してHon’ble最高裁判所の承認を必要とするのであるが。

 

Whereas as per Section 38H (4) of Wild Life (Protection) Act, 1972, no recognition to a zoo shall be granted unless the Central Zoo Authority is satisfied that it is for the interest of protection and conservation of wildlife,
1972年野生動物(保護)法第38H(4)によって、中央動物園庁がその動物園を野生動物の保護と保存の利益に資すると認めない限り、動物園としての承認がなされないのだが。


Whereas the Gangetic dolphin and Snubfin dolphin are listed in Schedule-I and all Cetacean species are listed in Schedule II part I of the Wild Life (Protection) Act, 1972,
ガンジスイルカとオーストラリアカワゴンドウは、1972年野生動物(保護)法のスケジュールIに列挙され、すべてのクジラ種は同法のスケジュールII第1部に列挙されているのだが。

 

Whereas Government of India has declared Gangetic Dolphin as its national aquatic animal with a view to protect these endangered species,
インド政府はガンジスイルカを、絶滅危惧種を保護するという観点で、国定水生動物に指定したのだが。

 

Whereas cetaceans in general are highly intelligent and sensitive, and various scientists who have researched dolphin behavior have suggested that the unusually high intelligence; as compared to other animals means that dolphin should be seen as “non-human persons” and as such should have their own specific rights and is morally unacceptable to keep them captive for entertainment purpose,
一般にクジラ目は知性と感覚が高度に発達しており、イルカの行動を研究する様々な研究者が、他の動物と比べて非常に稀なその知的能力の高さは「ヒト科以外の人間」としてみなされるべきであり、彼らには特別の権利を付与すべきであることから、彼らをエンターテイメントの目的で捕獲飼育することは道徳的に受け入れられないと示唆してきたのだが。

 

Whereas, cetaceans in general do not survive well in captivity.Confinement in captivity can seriously compromise the welfare and survival of all types of cetaceans by altering their behaviour and causing extreme distress.
一般にクジラ目は、監禁された環境では十分に生き残ることができないのだが。捕獲状態での監禁は、彼らの行動を変化させ極度のジストレスを引き起こすことによって、あらゆるタイプのクジラ目のウエルフェアと生命維持に深刻な被害を与え得る。


Therefore, in view of the foregoing, the Ministry of Environment and Forests, Government of India have decided not to allow establishment of dolpinarium in the country. The State Governments are advised to reject any such proposal for dolphinarium to any person/ persons, organizations, Government agencies, private or public enterprises that involves import, capture of cetacean species to establish for commercial entertainment, private or public exhibition and interaction purposes whatsoever. 
それゆえ、これらの観点から、インド政府環境森林保護省は、インド国内のイルカ水族館の開設を許可しないことに決定したところである。州政府は、商業的エンターテイメント、私的または公的な展示と交流、その他の目的でクジラ目の輸入や捕獲を行うすべての人や人々、組織、政府団体、民間企業や公営企業に対して、イルカ水族館の計画を却下するよう助言される。

 

This issues with the approval of the competent authority
これは所管官庁の承認のもと発令する。

 

 


以上

 

2013年時点で、インド、コスタリカ、ハンガリー、チリは、商業的なエンターテインメント目的でのクジラ目の動物の捕獲と輸入を廃止しました。
経済的利益の獲得や他種を利用した娯楽を放棄し、種を超えて権利を認めた、立派で尊い態度です。

それに比べて日本はどうでしょうか。
イルカやクジラを
エンターテイメントに使役し、精神病や病気に追い込み、
あるいは”害獣”として、また”文化”として、捕獲あるいは殺害し、
美辞麗句を隠れ蓑にし、享楽を楽しみ、経済的な利益を追求し、利権を保持しています。

イルカクジラの問題は、大きく4つの軸に分けられます。

1.沿岸捕鯨(追込み猟・突きん棒猟・太地町)
2.調査捕鯨(南氷洋)
3.水族館問題(動物の娯楽・利用監禁・身体的精神的虐待)
4.鯨類への水銀の蓄積による人類への健康被害

日本ではこれら全てに関して、自己利益のみを追い求める、あるいは自分には関係ないとばかりに思考停止しています。
これは立派で尊い態度と言えるでしょうか。

世界は動物に対して権利を与える方向に確実に進んでいます。
日本は動物への意識が30年遅れていると言われます。
しかし、日本でも、動物に配慮し、動物の擁護や救済に取り組み始める人々が確実に増えています。

インドでも数多くの方の尽力によって、この方針が決まるところまで来ました。
我々もいつの日かこのような立派な態度を示すことができるようになりましょう。

 

《参考》
【イルカのハニーの物語】
http://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_honey_story

 

本日の資料: 犬吠埼に関する、一般の声・各ニュースの論調

「犬吠埼マリンパーク、閉館しちゃうの寂し過ぎる。小学校の校外学習でも行ったし大人になってからも何だかんだ年1で行ってたよー…本当に寂しい。悲しい。本当にお疲れ様でした。今までありがとうございました。」

「沢山の思い出が蘇る。母が亡くなった時も癒してくれたイルカ達

「施設には学校関係者らを名乗って「長い間ありがとうございました」と感謝を伝える電話が、三十日朝から多く寄せられているという。」

突然の幕引きに惜しむ声

「犬吠埼灯台周辺が寂しくなってしまう」と惜しむ声が聞かれた。

来館者「この子(娘)が小さいときによく来ていて、最近この子(孫)が生まれて、またこの間から来始めた。マリンパークなくなっちゃうの寂しいよね」

ニュースのコメント欄やツイッター上などでは、惜しんだり感謝したりする声や「なぜこんな急に」と驚く声が交錯している。

「越川信一市長は「銚子観光の中心、犬吠埼にある施設として、何らかの活用を望んでいる。市としてもできる限りの協力をしたい」

「運営会社は取材に対し、「水質に問題はない」と反論している。」

 

さて、これまで一生に渡って監禁され、見世物にされ死んでいったイルカや、鳥や、魚たちのことに思いを馳せる人はどれほどいるでしょうか。
そして今まさに、体も心も病み、苦しんでいるハニーを思いやる人々はどれほどいるのでしょうか。

この話を美談にさせてはいけません。

「動物産業」↔︎「動物消費者」
「見せたいものだけ見せる」↔︎「見たいものだけ見る」
暗黙の了解に、「事実」を見せる必要があります。

このままでは、ハニーも、これまで監禁され見世物にされて来た、ペンギンやウミガメや魚たちが浮ばれません。

こちらが今回の件を報じた
【マスコミのリスト】です。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1zHO6bNGx5N7Adw6pNGVryirL-aTOFmr1lbAruUZcM6w/edit#gid=0
こちらが資料です。
http://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_compile

ぜひ、ハニーや残された動物たちの今後のために声を届けていただければと思います。
今も多くの方が、動いてくださっています。
一人一人の声が、ハニーや残された動物たちの命を救います。

【犬吠埼マリンパークを報じた記事のリンク】

○東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/…/201801/CK2018013102000130.html
○毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180130/ddl/k12/040/180000c
○産経新聞
http://www.sankei.com/…/news/180130/rgn1801300055-n1.html
○千葉日報
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/472076

【TV】
○読売テレビ
www.ytv.co.jp/press/society/TI20268353.html
○日本テレビ
http://www.news24.jp/sp/articles/2018/01/31/07384430.html

【ネット】
○グーグルニュース
https://news.goo.ne.jp/…/mainichi…(毎日新聞)
https://news.goo.ne.jp/…/region/chiba-20180130120122.html(千葉日報)
○ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14235900/
○楽天ニュース
https://news.infoseek.co.jp/article/jtownnet_255181/
○Yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl
○Amebaニュース
https://news.ameba.jp/entry/20180130-996
○doomoニュース
https://topics.smt.docomo.ne.jp/…/sankei-lif1801300022

 

イルカのハニーの物語

【イルカのハニーの物語】

 
2005年5月、大海原で自由に生きていたハニーは、太地町の追込み漁船により捕らえられました。
若い女性のイルカだったハニーは、水族館関係者によって選別され、生捕りにされました。
生け捕りにされるのは、大人しく若い女性のイルカと決まっています。
残った仲間たちは食料になるために血の海の中で惨殺されました。
 
そして、千葉県 銚子市 犬吠埼に連れてこられ、犬吠埼マリンパークの、狭く汚いタンクに入れられました。
それから13年間、一度もタンクの外に出ることができずに生きています。
 
それから1年後、2006年6月26日、ハニーは息子のマリンを産みます。
ハニーの伴侶が誰かは不明ですが、おそらく同じタンクで、目の前で伴侶を失っています。
 
狭いタンクでの、ハニーとマリンとビィーの3人での長い生活
ビィーは1993年4月、長崎県壱岐から連れてこられた女性のイルカです。
 
そして、2016年、息子のマリンが、同じプールの中で死んでしまいます
多機能不全でした。
ビィーとハニーの2人になった生活。
目の前で次々と仲間を失っていく気持ちはどのようなものだったでしょう。
 
2017年9月に私たちがはじめて犬吠埼マリンパークに視察に行ったときには、タンクの水は非常に汚く、緑色、魚が住めないような水質でした。
しかし、まだビィーと2人でジャンプや高速で泳ぐなどの”ショー””させられて”いました。
 
そして、去年2017年の12月、とうとうビィーが死んでしまいました。
死因不明は不明です。
1993年から24年間、犬吠埼の狭いタンクの中だけで生き、死にました。
 
ハニーはたった一人になりました。
今年2018年1月28日、犬吠埼マリンパーク閉鎖3日前に見たハニーは、背中が傷つき、明らかに心を病んでいました。
私たちに気づくと、懸命に身体を移動させ私たちから隠れるように隣のプールへ移動して身をひそめ、体を左右に揺り動かしていました。
 
そしてハニーの行き先は決まっていません。
人間に弄ばれた人生、ハニーがこれからどうなるか、誰にもわかっていません。
 
 
 
 

【私たちの責任】

私たちに、ハニーにこのような人生を歩ませる権利はあるのでしょうか。
 
犬吠埼マリンパーク関係者、元トレーナー、銚子市、水族館ファン、自称動物好き、すべての人々がハニーを利用し尽くし、搾取しました。
そして今、素知らぬ顔を決め込み、責任から逃避します。
動物園水族館関係者の典型的な振る舞いです。
一般人やマスコミは、いい人ぶり、ハニーや犬吠埼マリンパークに感謝を捧げ、懐かしんでいます。
 
これだけの人間が関わっているのに、目の前にいるのに、ハニーがこれだけ傷ついているということに全く気が付きません。
彼ら全て、私たちすべてが、ハニーの心を殺しました。
 
「相手が自分だったらどう思うか」
それが動物擁護の根源です。人権擁護の根源と同じです。
 
 
 
 

【イルカのハニーに幸せを】

プロジェクト『イルカのハニーに幸せを』を立ち上げました。
 
目的は2つ
①ハニーやペンギン、ウミガメ、その他の動物たちの行く末を把握する
②今回の件を最大限活用して、最大限の啓発を行う
 
①に関して
・行き先を突き止めた方はぜひ共有してください。お礼といっては何ですがLIBのステッカーを差し上げます。
・犬吠埼マリンパークは、全ての動物を、無料譲渡するとニュースにありました。
もしそれが本当だとしたらリリースの前例を作る唯一無二のチャンスでもあります。
リリースに興味がある大学や研究者などご存知、あるいは、調べることができましたら、教えていただければ嬉しいです。可能性は低いでしょうがチャンスは拾いに行きます。
 
②に関して
各自シートを元に電話やメール等でアクションをお願いいたします。
ステークホルダーシート
https://docs.google.com/spreadsheets/d/17UrTIRYkGwV5VoiLGCs7G4Yvgs3K7myhaVuG-_Y11H0/edit?usp=sharing
※記載情報はすべて公開情報です。
 
この件で発信される場合は、下記のハッシュタグの記載をお願いいたします。
#イルカのハニーに幸せを
 
 
 

【犬吠埼マリンパークへのアクションの経過】

まとめました。
ご一読ください
 
 

犬吠埼マリンパークの犠牲になったイルカたち

すでにご存知の通り、犬吠埼マリンパークが閉鎖になりました。
しかし、
・ハニーが背中を怪我しており、心も病んでいる様子。

・ウミガメがピクリとも動かなかった
・他の魚たちも心配
などの問題が引き続きあります。
閉鎖したからいいというものではありません。
今後、LIBとして2つの目的を進めていきます。

 

①ハニー(イルカ)や他の動物たちの行き先をウォッチし、安全を見届ける。殺させない。
②今回の件を最大限活用して、水族館・マスコミ・銚子市のステークホルダーへ啓発。

 

昨年12月に死んだビー
一昨年死んだハニーの息子のマリン
どうなったかすらわからない、エポエル
その前にいた4人のカマイルカたち。

 


 

この水族館の犠牲になったイルカたちの弔いのためにも、ハニーの今後のためにも、今回の件を最大限利用し、効果を最大化するアクションを行います。
ご協力いただける方は、
フェイスブックグループ:Animal Liberatorにご参加ください。

https://www.facebook.com/groups/AnimalLiberator/

なお、戦略や打ち手を話し合い、具体的に仕掛けていきます。
基本的には代表 目黒と会ったことがある方、あるいは信用できる方からのご紹介があった方のみの、承認とさせていただきます。

 

動物園の猿は年に一度、【顔に入墨】を入れられる

 

Readyforは、
26日(金)23:00終了まで残り1日と14時間
目標人数150人まで、あと23人
目標金額150万円まで、あと64,000円


日本初のプロジェクトにぜひご参加ください。

https://readyfor.jp/projects/doubutsu/announcements/70697

________________________ 

動物園の猿は、個人識別のために 年に一度、【顔に入れ墨】を入れられます。

耳を疑うような話ですが、動物園では 動物に対して、ごく当たり前に行うことのようです。

 

顔に入れ墨を入れるという事実を、 動物園のガイドツアーで聞いた時に思ったことは、
「動物園の動物たちへの扱いは、まるで昔の犯罪者への扱いのようだ」
ということでした。

日本では江戸時代に、“”犯罪者” に対し入れ墨を入れる習わしがありました。


(写真はネットからお借りしています)

しかし、あくまでもそれは、重大な犯罪を犯した者に対しての戒め、罪人の印でした。

 

そんな顔への入れ墨を 「なんの罪もない者へ」 「強制的に」 行うことは、侮辱であり、紛れも無い差別なのではないでしょうか。

そこに動物の尊厳などはあるはずもなく、 ガイドツアーで説明を聞いた来園客は 動物だからいいのだ、と無意識に刷り込まれているような気がします。

 

知らない場所へ無理矢理に連れてこられ、 閉じ込められ、 常に異種動物の目に晒され、 隠れる場所もなく、 自由の一切を奪われた動物たち。

何の罪もない動物たちは人間によって ある日突然、“終身刑” を言い渡されたとも言えます。

「年に一度、取り押さえられて 顔に入れ墨を入れるなんて、 猿にとっては恐怖でストレスなのではないですか? 」

と、動物園の副園長にお聞きすると、
「悪しき習慣で、変えていかなくてはいけないのだけれども。」
という答えが返ってきました。

飼育員が変わることがよくあり、 見分けがつけられないため 猿のためにも仕方がないことだ、というのが理由のようです。

 

囚われて、顔に入れ墨をされた 罪なき動物たち。
動物園は、誤りであるという認識を持っています。

とすれば、
私たちはそれを求めていない、という声を上げることで
「悪しき習慣」は中止になる可能性があります。

日本一周!動物園水族館調査でも、どこの動物園で入墨を入れているのか明らかにしていこうと思います。

 

つくづく思いますのが、動物園にいる猿は本当に幸せでない顔をしているということです。

人間に近いから、表情がわかりやすいですね。

 

 

 

Readyfor、残りあと4日。最後の目標、150人 150万円。

皆様の温かいご支援、動物たちのために何かをしたいという、それぞれの想いのお陰で、
第二目標金額の131万円に到達することができました。

本当にありがとうございます。

第二目標金額の達成も、皆様の想いの結集、そしてご助力・ご協力があったからです。

 

そして、期間はあと4日しか残っておりません。
いえ、期間はまだ4日も残っております。

ここからは、より多くの人々が、動物園水族館にいる動物たちを心配していることを示すため支援者人数を集めていきたいと思い、支援しやすいよう『プロジェクト応援!署名コース』を設置させていただきました。

現在ご支援いただいている方は107名。

 

ここから4日間で『150名』まで増やすことに挑戦したいと思います。

そして、現在の131万円の予算に加え、より丈夫な中古車を購入するために、プロジェクト期間中、可能な限り挑戦を続けさせていただきたいと思います。第二のネクストゴールは『150万円』とさせていただきました。

 

支援者人数 150人
支援金額  150万円

 

期間は後4日、行けるところまで行こうと思います。
困難かもしれません。
引き続き、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/doubutsu/announcements/70627

 

『毛皮にさよなら!名古屋パレード2018』でマイクをさせていただきました。

 

 

アニマルライツ中部主催
「毛皮にさよなら!名古屋パレード2018」
に参加させていただきました。

 

動物利用問題を知り、ヴィーガンになって、はじめて参加した活動は、2年前の
「毛皮にさよなら!名古屋パレード2016」
でした。

あの頃は、まさか自分が日本中全ての動物園水族館を回るプロジェクトを始めるとは、夢にも思っていませんでした。
そして、初参加したパレードから2年後、マイクをさせていただくことになるとも夢にも思っていませんでした。
ありがとうございます。

以前も申しましたが、毛皮問題も、動物園水族館問題も、
動物利用問題は全て繋がっています。

それは”人間の問題”なのです。

 

 

私たち人類が、他種の動物や地球に何をしているか、
気づき、見つめ、受け入れ、脱却する勇気と決断を持っていただけるよう、
これからも、自分たちの活動を進め、他団体や個人と協力し合いながら進んでいこうと思います。

 

アニマルライツ中部からのコメントです。
「今日の告知をご協力頂いた方、 行きたいけど来れなかった方も、ありがとうございました。 
これからも動物への搾取が減ってゆくよう、 あらゆる方法で啓発し、 
また 皆様と、各々協力出来るアクションは、 共にご一緒出来たら幸いです☆彡 
お疲れ様でした~!!」

 

スタッフの皆さま、
用意、告知、グッズ作成、準備、許可申請、マネージメント、後片付け、その他多くの運営、本当に大変だったと思います。
こちらこそ本当にどうもありがとうございました。
お疲れ様でした。

 

〔アニマルライツ中部〕
 ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/archubu
 Facebook
  https://ja-jp.facebook.com/ARchubu/
 Twitter
  https://twitter.com/archubu
 ベジ漫画Natsumiのビーガン日和
  http://vegemanga.cocolog-nifty.com/

 

___________________

Readyforは、1月26日(金)まで。
残り8日。
NEXTGOALまで、117,000円!
https://readyfor.jp/projects/doubutsu