5 ゾウの生態

《制作中》

知能 ゾウの知能
家族 ゾウは家族を大切にする
 ゾウは、母と子の群れ、親戚。 男性のゾウは単独。
足 ゾウの足はセンサー
 ゾウの足の裏は、様々な情報を感じ取ります。遠くで雨が降り始めた振動、
目 ゾウの目
 ゾウの目は
鼻 ゾウの鼻の使い方
 ゾウの鼻は、 アフリカゾウの鼻は、アジアゾウの鼻は

Project0 ゾウは、日本の収容所に監禁されているゾウを解放し0にします。
日本に初めてゾウが連れてこられたのは江戸時代、1721年。それ以来、無数のゾウが連れてこられ、あるいは繁殖させられ、一生を監禁されて、使い捨てにされてきました。日本のゾウは不幸な人生を送ります。戦時猛獣処分、浅草花やしきのゾウ、ブルフックやドリルによる虐待、そして今も日本各地で行われているたった1人で生きさせる単独飼養。日本のゾウへの意識や扱いのレベルは極めて低いものです。広大な土地を群れで生きる、賢く愛情深いゾウ。これ以上、人類に監禁させ、弄ばせてはいけません。本当の意味で、保護し、共生する新たな関係を作る時です。
ゾウを解放しよう。