本を買う

日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

ぜひご一読ください。

電子書籍 「動物園水族館閉鎖」のご購入はこちら ↓

5月9日 ウェビナー アンチ対応の基本|動物解放団体リブ

活動を続ける限り、現れ続けるアンチの方々。




未来にはマイノリティーになるでしょうが、私たちが生きている間は難しいかもしれません。
そんなアンチの対応について、俯瞰的に分析するとともに、具体的な対応策についても提案いたします。
よかったらご参加ください。

『アンチ対応の基本』

〔日時〕2020年5月9日 13:30-15:30

〔スケジュール〕
  13:00 ウェビナーオープン
     メールアドレスにZoomの入室ページをお送りします。
     接続に不安のある方は事前にテストを
  13:30 開始
  15:00 質問と会話
  15:30 終了

〔コンテンツ〕
心構え、考え方、ポジショニング、心理的働きから、具体的な対応までお話しします。
例)共感的コミュニケーションと排他的コミュニケーション
  人が怒る原因はただ一つ
  絶対ビューと相対ビュー
  和をもって尊しとなさない
  ヴィーガンはただの人
  人を変えようとしない
  自分の守り方
  アンチが待ち遠しくなる

〔参加費〕
 無料

〔お申込み方法〕  
Facebook、Twitter、Instagramいずれかのメッセンジャーから、下記を記入してお申込みください。
すでに参加希望をされている方は不要です。
 ___
 【件名】アンチ対応ウェビナー参加者希望|お名前
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

〔Zoomの用意
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

コロナ禍が続いた場合、動物園や水族館は、動物を殺し始める|動物解放団体リブ

予言しておく。

【コロナ禍が続いた場合、動物園や水族館は、動物を殺し始める】

安い動物から順次殺し、高価な動物を存続させる。
あるいは増えすぎていた動物や年をとった動物を、この機会に乗じて殺すだろう。

動水は 自らを被害者とし 動物に謝罪し、哀れみながら殺す。
動水ファンは仕方がないと納得し承認する。
ありがとう、ごめんなさい、感謝が飛び交う。

つまり、動水と観客は戦時猛獣処分と全く同じロールプレイを行う。

年表:事故 動物園水族館 動物への被害
1941年〜1945年が戦時猛獣処分

戦時猛獣処分のときの、動物の殺し方は凄まじかった。
年表を参考にしていただきたい。

ここに上げられているのは猛獣とされた動物のみ。
草食動物や小型動物は入っていない。
戦時猛獣処分で動水に殺された動物の総数は闇の中である。

戦後、動水は自分たちが行なった動物の殺害を「戦争のせい」「軍部のせい」あるいは「誰もが被害者だ」と正当化した。
自らの罪に向き合わず、反省していない。
その証拠に、戦争後、舌の根も乾かないうちに、すぐに動物を集め始めた

コロナ禍でも同じストーリーをたどる。
「コロナのせい」「誰もが被害者だ」
動物搾取者に一人も悪い人はいない。
そしてまた動物を集め始め、同じことを繰り返す

彼らもバカではない。非常時に再び動物を殺す事態を想定している。
が、対応はしない。
なぜか。
飯の種だからだ。

無駄なコストはかけたくない。
動物を殺せば事足りる。
そして殺すのは所有者や運営ではなく、飼育員だ

なお言うまでもないが、動水は、殺してもわからない動物は常に殺している。
動物園水族館が動物を幸せにすることは、あり得ない

解決法は、書くのもバカバカしいが、
『最初から監禁しないこと』

動物を守るために、動物園水族館を閉鎖させよう。
日本において、動水閉鎖の最も先頭に立っているのが、リブに関わってくれている人々だ。
リーフレットを配り、動水に声を届け、周りの人たちに伝えよう。


リーフレット
https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

(目黑)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

ウェビナー:アンチ対応の基本|動物解放団体リブ

需要ありますでしょうか。
参加者10名以上になりそうでしたら、Zoomで行います。

内容は、
・コミュニケーション可能な人と、不可能な人の見分け方、それぞれへの対処法
・絶対ビューと相対ビュー
・認知の歪み
・承認欲求を満たさせてあげない:動物虐待者への間違った対応がさらなる動物虐待を招いている
・あるいは満たさせてあげた上で離脱する
・攻撃性を生む要素
・アンチへの対応事例、優先順位
・個人としての対応と、団体としての対応の違い
・アンチを利用する
といった内容になると思います。

なおアンチへの対応は、難しい対応が求められるヴィーガンへも使えます。
その場合、
・ヴィーガンはただの人
・ヴィーガンは一枚岩であるという幻想、仲良くしなくてはならないという同調圧力は無視する
・承認欲求型ヴィーガン、活動家
となります。

聞いてみたいという方いらっしゃったら、animal.liberator.net@gmail.comに、以下をご記入の上送付いただければと思います。
すでにリブのウェビナーにご参加いただいたことがある方は、お名前だけで結構です。


 【件名】ウェビナー:アンチ対応の基本 参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔メッセージ・ご質問〕あれば


参加費は無料です。

イルカやシャチが好きなら、解放しよう|If you like dolphins and killer whales, liberate them|動物解放団体リブ

イルカやシャチが好きなら、解放しよう(太地町くじらの博物館)

「イルカ好き」や”「シャチ好き」の人々が、イルカやシャチのショーを求め、お金を落とすがゆえに、自由なイルカやシャチが、捕獲されます。

監禁されているイルカやシャチは、心も体も病気にされ、人間にレイプ(人工授精)され、自然に帰ることのできない赤ちゃんを産まされます。

水族館で生まれたイルカたちは、生まれながらの奴隷として、観客を楽しませます。

しかし、観客の中には、イルカたちに起こっている事実を知り、水族館に行かない、お金を落とさない決断をした方もいて力強く思います。
何よりも、イルカやシャチにとってすばらしいことです。

イルカが好き、シャチが好きならば、雄大な自然の中で暮らすイルカやシャチの自由や権利を尊重しましょう。
ぜひ私たちと一緒に、鯨類を守りましょう。


【毎月どうぶつサポーター募集/ Donate】
¥1,000円/month〜
リブの活動は支援者の温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
① URLをクリック
  https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力