Dolphin Hunting Survey Complete Guide

This is a guide for activists who want to do dolphin activities, people who want to do something for dolphins, people who are interested in learning about dolphins and dolphin hunting.
A guide to visit, observe and investigate dolphin hunting.

Table of contents

  1. The purpose of this guide and how to use it
  2. Preparations
    1. Travel preparations
      1. How to make a schedule
      2. Transportation
      3. Accommodation
      4. Meals
      5. What to bring on the day of the dolphin-hunting survey
      6. Equipment
      7. Budget
    2. Questions/Worries
  3. Flow of the day
    1. Get up and leave
    2. Seeing off the dolphin hunting boats
    3. Observing the movement of the dolphin hunting boats
      1. If it appears Dolphin hunting boats have begun to drive dolphins.
      2. If it seems boats have given up catching dolphins and return
      3. End of hunting
      4. Advice
  4. Where dolphins are
    1. Sea pen cages
    2. Dolphin Pools
  5. Facilities, historic sites, etc.
  6. Conclusion
  7. Information Materials

1. Purpose of the guide and how to use it

How to use:

The “Dolphin Hunting Survey Complete Guide” is designed to be open and informative at each stage of your journey, much like a global travel book.
When planning a trip or booking accommodation go to:”2. Preparation
On the day of the survey, what time to get up, where to go, and what to do go to: “3. Flow of the day.” The spots you should see are: “4. Where dolphins are” and “5. Facilities, historic sites, etc.” If you are hungry, you can also search for a restaurant in: “2. Preparation” or 4. Meals.
Please add this page to your favorites so that you can always open it as a friend on your trip. The dolphin hunting survey, is an invaluable part of your trip, and will surely help you.

Purpose:

An increasing number of people feel that they must change their way of thinking about dolphins and protect them.
Behind the fun dolphin show, dolphins have been found to be suffering from mental illness and physical illness due to imprisonment.
It has become clear that many of the dolphins in aquarium shows around the world are caught by Japanese dolphin hunts.
We also know that some dolphins not taken captive are killed and eaten.

We Japanese are the ones who capture, use and kill the most dolphins in the world.
If we Japanese change, we can greatly reduce the suffering of dolphins.

The author of this guide, Mr. Meguro, has visited Taiji several times and stayed for a long time. We have investigated dolphin hunting, recorded and reported on the appearance of dolphins being driven in and the appearance of dolphins being pulled up.
After reading books about Taiji, visiting historic sites, and talking to many people, including Taiji townspeople, lawmakers, and people in the government office, I can say that visiting Taiji and actually seeing dolphin hunting and dolphins is an invaluable experience.

I feel that more and more people like me want to know about Japanese dolphin hunting, which is the source of the suffering of dolphins, and want to see it with their own eyes.

This guide is for such people.
I want you to go see, experience, and experience dolphin hunting with your guide in one hand. And I want it to be an opportunity to do something about it.

Each person’s thoughts and actions move people and society.

Let’s release the dolphins.

2. Preparation

In the preparation section, we will tell you about specific travel preparations and answer questions and concerns that many people have.

1. Travel preparation

1. How to make a schedule

First, answers to questions many people wonder about.

Q. Is there dolphin hunting on weekends and holidays?
A. Yes. I think many people will visit on weekends and holidays. Unless the weather is stormy, dolphin hunting will take place.

Q. How often do dolphins get caught in this hunting?
A. It varies depending on the season, the weather, and the time when dolphins migrate. Even if you go to see dolphin hunting, you don’t catch dolphins every time. Of course, it’s best not to catch dolphins, but it’s also important to actually witness dolphin hunting. The longer you stay at one time, the more likely you are to see dolphins.

Q. On what kind of days is dolphin hunting not carried out?
A. On stormy days or during typhoon. Wind is more important than rain for dolphin hunting. Even if it is raining, if there is no wind, they may go out, and even if it is sunny, if the wind is strong, they will not go out. On the day after a typhoon, check the strength of the wind and predict whether or not hunting starts.

Here, we will introduce two patterns of schedules using Saturdays and Sundays. If you can stay for a long time, it is a good idea to use it as a reference for the first stay.
Pattern 1 is recommended, since you can observe the hunting twice.

Pattern 1

Friday arrival at Nachikatsuura Night: Accommodation
Saturday morning: observe hunting until Noon: Taiji town tour Night: Accommodation Sunday morning: observe hunting, lunch: tour of Taiji town evening: return home

Pattern 2

Saturday morning: Arrive at Nachikatsuura Day: Visit Taiji Town Night: Accommodation Sunday morning: observe dolphin hunting, lunch: tour of Taiji town evening: return home

Patterns of schedules

2. Transportation

Travel either by car, train, or a highway bus.
It’s best to stay in Nachikatsuura, next to Taiji, so head to Nachikatsuura. However, if you start from Nachikatsuura, you need a car.
Go by car or rent a car locally.
*Rent-a-car 660 is cheap.
Car rental service comparison.

Travel from Tokyo

Car: Tokyo → [Navi search] → Nachikatsuura (7 hours ~)
Train: Tokyo [Tokaido Shinkansen] → Nagoya Station [JR Kisei Main Line Limited Express] → Kii-Katsuura Station (5 hours 30 minutes ~)
High-speed bus: (As of 2021, operation is suspended due to Covid)

Travel From Osaka

Car: Osaka [Hanwa Expressway] [Kisei Expressway (free section)] → Susami Minami IC [R42] → Nachikatsuura (3 hours 30 minutes ~)
Train: Shin-Osaka Station [JR Kisei Main Line Limited Express] → Kii-Katsuura Station (3 hours 30 minutes ~)

3. Accommodation

You can stay at a hotel / a guest house, or a night in the car.

Hotel / guest house

Hotel / guest house list

In Nachikatsuura, there is Hotel Charmont,
It is a camp for foreign activists. There is also a staff member (the one in the linked photo) who is familiar with the situation at this time, so it is recommended for those who want to hear the story.

Guest House

Airbnb

Overnight in the car

Roadside Station Nachi (361-2 Hamanomiya, Nachikatsuura Town, Higashimuro District, Wakayama Prefecture)
Nassaenchi (3845 Nassayama, Taiji-cho, Higashimuro-gun, Wakayama Prefecture)

  • For bathing, take a bath at the roadside station Nachi. There are many hot springs in the neighborhood, so please search for it.

4. Meals

MAP: Dolphin hunting Vegan Map

What vegans care about is food. We have made a map of shops and supermarkets that support vegans, so please make use of it.

MAP: Dolphin Hunting Vegan Map

Marker colors:
Blue: Vegan compatible
Green: Supermarket, etc.

Meals on days of dolphin hunting observation

On the day of the dolphin hunting survey, wake up while it is still dark.
The progress of dolphin hunting varies from day to day.
Therefore, I can’t figure out when to eat, and I’m exhausted and end up following the progress of dolphin fishing.
Here are some recommended patterns for how to eat.

Breakfast

Eat before departure, or after arriving in Taiji, eat what you have prepared in advance while waiting for the dolphin hunting boats to depart.
It is recommended to buy bread from the bakery “Koppe” in Nachikatsuura for breakfast and emergency food. Please note that Sunday is a holiday.
It is also recommended to have a warm drink. Hot drinks that you drink on a cold, dark morning are soothing.

Lunch

There are 3 main patterns.
1 If there is no dolphin hunting
→ Go home and eat somewhere.
2 When there will be dolphin killing
→ The time is short, from driving in to killing and landing without interruption. No time to eat. Eat a little when you move the car, or go home and eat somewhere.
3 When capturing dolphins
→ After driving in, there is time to prepare for capture and wait for the arrival of dolphin trainer aquarium officials. You may use that time to eat.

The way to distinguish between 2 and 3 is if dolphin fishermen enter ‘Kageura’ (killing cove) one after another after driving the dolphins 2. It is 3 when most of the dolphin hunters return to the Taiji fishing port.

In the case of 3, it keeps moving. It’s a good idea to bring something that you can eat in a short time, or buy fruits or Inari, rice balls at the “Fishing Cooperative Supermarket” and eat them at the right time.

(* There is a debate about dropping money at fishery cooperative supermarkets, etc. The reason is: those who oppose the purchase because it funds Taiji Town and the fishery cooperative can benefit the continuation of dolphin fishing. Conversely by purchasing something there, you can connect with towns people and they get to know who you are. Both have advantages and disadvantages, so follow your thoughts. I think it’s good)

Dinner

Please refer to “MAP: Dolphin Fishing Vegan Map”.
If you finish eating supper in the evening and go to bed as soon as possible, so you can complete the survey the next day. I finished eating at 15:00 and went to bed at 20:00.

5. What to bring on the day of the dolphin hunting survey

Food (example)

Warm drinks and water, snacks such as rice balls, bread, bananas, nutrition bars, peanut butter, etc.

Clothing:

Morning
Knit caps, things that cover the mouth, mufflers, gloves, winter innerwear, hoodies, jumpers, winter pants, winter shoes, etc.
It gets cold in the morning. In particular, the place to observe the movement of dolphin hunting boats is from the cape, which is exposed. It’s best to dress warmer than you expect to need. Keep skin out of the open air as much as possible and block the openings (nose, mouth, ears) to prevent heat from escaping. It’s best to layer your socks and wear tall, cold- weather shoes to keep your feet warm.
Noon
Hats, sunglasses, gloves, long-sleeved T-shirts, etc.
As the sun rises, the temperature rises and it can even become T-shirt weather. Sun protection is important because there is nothing to block the sun.
Rain
Umbrella, boots, waterproof hat, etc.

The idea of clothing during the survey is similar to mountain climbing. Protect your body from temperature and sunlight by preparing clothes in anticipation of various weather conditions and flexibly putting on and taking off as required at the site.

6. Equipment

For reference, I will introduce the equipment that LIB uses during the survey.

Equipment:

Camera: Nikon COOLPIX P1000, Canon kiss
Tripod: Large tripod Manfrotto (video head), small tripod
Smartphone: 3 units (for SNS relay: Insta, Facebook, Twitter), fixed mount
Mobile router: For communication (DoCoMo is good because it is in the countryside) Rechargeable battery: Large capacity
Binoculars: Vixen’s has better cost performance
Camera bag: All of the above equipment (except for a large tripod)

Especially recommended are the Nikon COOLPIX P1000 and binoculars.
P1000: With 125x optical zoom and 250x dynamic fine zoom, it is a very good camera that can capture the appearance of dolphins swimming in the distance. It can also be used when shooting inside the butcher house from a distance. It is convenient to have one.
Binoculars: Required for dolphin hunting surveys. It is used when searching for dolphin hunting boats from the top of the cape, observing the movement of fishing boats, and observing the types and appearance of dolphins. It can be used not only for dolphin hunting surveys, but also for observing animal injuries, skin conditions, eyes, etc. at zoos, aquariums, and safari parks.

A good app to have:

It is convenient to install an application that shows the following information, such as Wind direction and speed, tide, pressure distribution, rainfall range, temperature, sunrise time. When predicting the flow of dolphin hunting locally, patterns due to the weather will gradually become visible.

7. Budget

Basic: Transportation + Gasoline + Accommodation + Meals
Others: Equipment, binoculars, souvenirs, etc.

2. Questions / Worries

Q: Are Taiji people scary?
A: I’m not scared. I have the impression that there are many kind people. They will teach you a lot and will be kind to you. Most people will be kind to you if you don’t take an unpleasant attitude.

Q: Are the fisherman scary?
A: I’ve been to Taiji for a few years now, but until now we haven’t interfered much with each other. When I meet them, I say hello and keep an appropriate distance.
However, in late 2020, the relationship between dolphin fishermen and fishermen and activists was the worst I’ve ever experienced.
Aggressive, insulting, and socially inappropriate attitudes can be offensive to fishermen and others. With that in mind, I think it’s best to keep an appropriate distance and say hello normally if you have the opportunity. As a member of society, it is important to maintain politeness, act, and choose words carefully.

Q: Are there Right Wingers?
A: Usually there are not.
Those who have seen the movie “The Cove” or Sea Shepherd videos on YouTube may find the impression strong and scary presence, but most of the time there is none.
It’s more likely on a special day, such as the day before or the first day of the dolphin hunting season.
Especially as of 2021, there are few foreign activists due to the effects of infectious disease, so it seems that the activities are less active. From my personal experience, it was okay if I treated them normally and politely. They will treat you kindly, such as lending you a leisure seat when you sit down.

Q: Are there police there?
A: During the hunting season, the police are on the land and the Japan Coast Guard is on the alert. In some cases, police officers may ask you about your duties. Some activists are trying to counter it, but I think it’s better to cooperate. For the police, we activists are on the alert, but at the same time police protect us. I personally think that it would be beneficial to let them know that you am in Taiji. There is nothing wrong with being friendly.

About Activists:
There are various activists. Some are good, others have problems. You should be careful about who you interact with.

3. Flow of the day

We have made a map of the basic route for conducting dolphin hunting surveys in Taiji Town, places where dolphins are trapped, and other facilities. Please help us when you go to the site.

GoogleMAP: Taiji Dolphin Hunting Survey Map

Marker color:
Red: 3 Flow of the day (dolphin hunting observation route)
Blue: 4 Places where dolphins are kept (sea pens)
Orange: 4 Places where dolphins are kept (facilities)
Green: 5 facilities, historic sites, etc.

Simple map:

The route of the dolphin hunting observation proceeds in the order of ① → ② → ③.

Taiji Dolphin Hunting Survey: MapSimple map

1. Get up and leave

Before sunrise, when the surroundings become slightly brighter, dolphin hunting boats depart. Therefore:
Wake up: 2 hours 30 minutes before sunrise
Departure from Nachikatsuura: 1 hour and 30 minutes before sunrise
Arrive in Taiji: 1 hour before sunrise
If you go early, you will have more time.

Check the time of sunrise

You can arrive at one of the following three locations.

1-1 Taiji Fishing Port: Higashinohama Parking Lot (with toilet)
1-2 Above the embankment (When approaching the embankment from the eastern beach, there is a staircase on the right end. Be careful of falling)
1-3 Old Road (Turn right at the crossroads of the pedestrian crossing that has gone up the slope of Prefectural Road 240 and go down the narrow road. It is a little wider, where the bench is placed.)

From these places, you can see off the dolphin hunting boat and take a picture.

2. Seeing off dolphin hunting boats

Before sunrise, 11 to 12 dolphin hunting boats depart in a line when the surroundings become brighter.

Here, it is good to remember the characteristics of dolphin hunting boats while shooting and relaying. The characteristic of dolphin hunting boats is whether or not banger poles are installed on the left and right sides of the boat.

A banger pole is a tool that drives dolphins. It is a metal rod about the size of a clothesline, with an umbrella-like tip to diffuse the sound. When driving dolphins, the tip is inserted into the sea and the other end is hit with a mallet, to make a loud sound, while maneuvering. When sailing, the bar is on the side of the cockpit and is down toward the front of the ship. (See photo)
When the dolphin hunting boat is not fishing, you can check it at the “dolphin hunting boat mooring place” on the MAP.

Dolphin hunting boat and banger poles, under sail

When the dolphin hunting boat go offshore, move to the top of the cape. One of the following three places is good on the cape.

2-1 Toumyouzaki (Turn left at the crossroads of the pedestrian crossing that has gone up the slope of Prefectural Road 240. You can see it well from the tip, but it’s a little walk).
2-2 Observatory (Turn left at the crossroads of the pedestrian crossing that has gone up the slope of Prefectural Road 240. You can see it well).
2-3 Kajitorizaki (Because it is far away, it is difficult to move by car)

If you move fast, you can see dolphin hunting boats expanding offshore.
(* Observe traffic regulations. Especially when going to 2-1 Tomeizaki and 2-2 Observatory, the road is narrow and there are children, so go slowly. 2-3 Deer often appear on the road to Kajitorizaki).

3. Observe the movement of the dolphin hunting boats

Observe the movement of the dolphin hunting boats from the top of the cape.

There are only two deployments from here.
I Dolphin hunting boats have begun to drive dolphins.
II The dolphin hunting boats gave up catching dolphins and came back.

Continue observing the sea with binoculars to determine whether it is I or II. The judgment criteria are as follows.

I Dolphin hunting boats have begun to drive dolphins. Judgment criteria:
About 10 ships lined up in a row offshore, and if they were heading to the left (north), it would be judged that they had begun to drive dolphins. This line-up is also called a formation.

The hunting formation formed offshore looks like dots.
As the dolphin hunting boats approaches the shore, you will be able to see the shape of the boats.

Here is the flow of dolphin fishing. If you read it in advance, you can see the flow of the day. Taiji Dolphin Hunting Documentary

II The dolphin hunting boats gave up catching dolphins and came back. Judgment criteria:
If dolphin hunting boats return in a row.

Hunting boats go beyond the horizon looking for dolphins. There are many ships off the coast, so check with binoculars and P1000.
If you look at the whole thing with binoculars, take pictures with P1000, then check if there are banger boats. There are many ships out in the sea on Saturdays and Sundays, so watch carefully. By repeating the survey of dolphin hunting, you will be able to understand the atmosphere (shape, size, color, steering method, direction and speed, etc.).

1. If it appears Dolphin hunting boats have begun to drive dolphins.

When dolphins are being driven

Go to one of the following locations:
3-1 Takababe Hill (near the tunnel in Hatajiri Bay, take the road to the hotel “White Whale”. Look left at “White Whale” and climb the road next to the embankment. Do not disturb the neighbors. Stop the car as close to the embankment as possible. (Reference: Parking space when climbing the hill). When you enter the parking lot of “White Whale” on foot, there is a staircase on the left side.
3-2 Hatajiri Bay = The Cove (Cars park in the parking lot in front of the Whale Museum. There are several places to observe. From the road above, from the small square on the side of the road, from the beach below)

3-1 Takababe Hill
Left side of Takababe:
“Kageura” the killing cove is just below the left side after climbing the stairs.
Below is the small bay where dolphins are captured and killed.
In some places, you can clearly see dolphins trying to protect their children. Also divers (dolphin hunters) entering the sea and catching dolphins, and dolphin trainers carrying dolphins. The area where dolphins are captured and killed is covered with a gray sheet so that they cannot be seen. From where you can’t see, you can hear the sounds of dolphins breathing, the sound of splashing water, the voices of dolphin hunters, and the voices of dolphin trainers sorting dolphins.

Looking down on ’Kageura’ killing cove from the left side of Takababe hill
You can shoot like this with a telephoto lens

Takababe Interior:
From the innermost part of the stairs, you can see the dolphins being gradually driven from the Taiji fishing port.

When the dolphins are driven in, police officers and Taiji Town Hall officials are on the alert.

3-2 Hatajiri Bay = The Cove
You can observe dolphins trapped in fishing nets and dolphin hunting methods that gradually narrow the nets. “Kageura” (killing cove) is invisible behind the rocks.
When the dolphins are driven in, Hatajiri Bay is being watched by police officers and the Japan Coast Guard.
Depending on the day, Fisheries Agency staff, Fisheries Agency-related research institute staff, animal vocational school teachers and students, etc. visit.
Surveillance cameras are installed here and there.
Dolphins that are to be sold to the aquarium may be left overnight in Hatajiri Bay. When I go to check the situation at night, I can hear the breathing sounds of the dolphins. Security guards hired by Taiji Town are on alert all night long.

View of dolphin hunting boats from Hatajiri Bay
Kageura ‘killing cove’ is on the right. Dolphins disappear as they are driven in.

Exception- For the capture of Pacific white-sided dolphins, go to “1-2 on the embankment
If the dolphins that have been driven are Pacific white-sided dolphin, they will be caught outside the embankment of the Taiji fishing port.
Unlike other dolphins, Pacific white-sided dolphins escape in all directions rather than in groups. Therefore, at this point, the pods of Pacific white-sided dolphins are netted and captured. Pacific white-sided dolphins are only captured for sale in the aquarium. This species is not considered delicious, so they don’t kill it.
I have also captured and killed Risso’s dolphin at this point. At this time, it took time to drive into Hatajiri Bay, so it is probable that it was captured at this point to reduce labor.

To determine if the dolphins driven in are Pacific white-sided dolphins, watch for the possibility when a small boat begins to work outside the embankment of the Taiji fishing port.
From Takababe Hill, you can check if they are doing such work, but after you move to Hatajiri Bay, you will not be able to check on this work.
In that case, if the ship arrives too late, consider whether to go “1-2 on the embankment”. Sometimes it’s just a hassle to drive in, in which case they will pass each other.

When conducting dolphin hunting observations, always try to estimate the progress of fishing and make difficult decisions ahead of time.

After the dolphins are captured and killed

The dolphin drive
I Killing
II Capture
III Release

Follow the fate of either.

I When dolphins have been killed:

Dolphin bodies are either transferred from a small boat to a dolphin fishing boat or left on the small boat, taken to the Taiji fishing port. Dolphin bodies are pulled up from the sea side of the (Facilities: #7. Wholesale Market, on Map) at Taiji Fishing Port and dismantled inside. Dolphin bodies are hidden by a blue sheet, but as they are drawn inside the butcher house, it pulls up and they may be visible through the gap.

II When dolphins have been captured

A small boat carrying live dolphins heads for the Taiji fishing port. Depending on the day, boats may also head toward Moriura Bay. The dolphins will be moved to the sea pen cages: (#1 Taiji fishing port on map) in the Taiji fishing port, and after a while, a dolphin trainer will come to measure the length and check the physical characteristics of each dolphin. Dolphins that have died from stress on the day of capture or the next day may be withdrawn from the pen and brought to the wholesale market to be sold as meat.
If dolphins are brought toward Moriura Bay, they will probably be delivered to Dolphin Base, Moriura Bay, or Nachikatsuura’s sea pen cages.
In both cases of killing I, and II capture, if you move to Taiji fishing port in a hurry (comply with traffic regulations), the killed dolphins will be pulled up to the wholesale market or captured. You can see dolphins being put in the sea pen cages. These sea pen cages can be observed well from “1-2 on the embankment”.

III When dolphins are released

There are two patterns.
① After capturing for sale in the aquarium, the net containing the other dolphins is removed, and the dolphin hunting boats will ring the banger polls to drive the remaining dolphins away. This is because otherwise, dolphins will remain around the Taiji fishing port, due to concerns about their friends. They can also get lost and go into the set nets and cause damage to fishermen’s gear.
② The remaining dolphins may be put on a small boat, carried offshore and then thrown away.

If you want to take a picture, move to “1-2 on the embankment” for both ① and ② and take a picture. For ②, you can go to “2-1 Tomeizaki” to shoot, but it will be a race against time and
it will be quite difficult. In both cases, it’s so far away that you can’t shoot without the P1000.

2. If it seems boats have given up catching dolphins and return

The place where the dolphin fishing boat departed early in the morning,
1-1 Taiji Fishing Port: Higashinohama Parking Lot
1-2 on the embankment
1-3 Old Road
Return to see the return of the ships.

Count and check the number of ships leaving the port and the number of ships returning. Depending on the day, a few boats may not come back, ase it seems that they are fishing for other things or picking up coral.
The design of each dolphin fishing boat is different, so you can observe it from “1-2 on the embankment”. In rare circumstances, fishing boats engaged in other fishing may find a pod of dolphins and contact the fishery cooperative, and then the whole dolphin hunting fleet may depart again.

3. End of hunting

When all the dolphin hunting boats and small skiff boats return to the “dolphin fishing boat mooring place” behind the Taiji Fisheries Cooperative, it is finally judged that the hunting is finished.
When most of the boats come back, hunting is virtually over, so if you have time, explore:
4. Where the dolphins are
5. Facilities / Historic sites / Others

You should visit these.

4. Advice

We will tell you how to stay safe and what you should keep in mind when you work in Taiji.

-Comply with the law (traffic code (speed limit, temporary stop, pedestrian priority), no-fly zone, drone no-fly zone, and all other laws).
・ Take measures against infectious diseases.
・ Do not be hostile to the townspeople. The dolphin hunting problem has been prolonged by people taking a hostile attitude.
・ Be careful when driving as there are many deer and wild boars.
・ About the tsunami. It is understood that the Nankai Trough earthquake will come at any
time. A promising candidate for the epicenter is the seabed just off the coast of Taiji Town. Taiji has been devastated by past tsunami. The tsunami is expected to arrive in just minutes. Protect yourself by checking the hills and routes where you can evacuate, wherever you are.

4. Where the dolphins are

After dolphin hunting is concluded, or if there is no fishing, I think it’s a good idea to go around the places where the dolphins are trapped. Dolphins are housed in floating sea pen cages or concrete and glass pools.

The sea pen cages are made of a frame and a net, with a box shape and a depth of about 3 to 4 m. When pulling up a dolphin, the net is pulled up from all sides to make it shallower so that the dolphin cannot swim before catching it.

1. Sea Pen Cages

4. Where the dolphins are located, The sea pen cages are indicated by a blue marker.
I will describe it by the route that goes around from the Taiji fishing port.

1. Taiji fishing port
Owned by Taiji Fisheries Cooperative. Stock of dolphins for sale to domestic and international aquariums and brokers

2. Whale beach cove
Hatajiri Bay = Another name for The Cove. Dolphin hunting is carried out in winter, but in summer, tourists can swim with dolphins in there.

3. Taiji Whale Museum
It is divided into a sea pen area in the whale show area and more sea pen cages in the back. Stock of dolphins for breeding, research, sale to brokers, and breeding loans with domestic aquariums. There is a rare, white variant of Rissos dolphin, “Hamata”.
When the museum opened in 1969, the short-finned pilot whale was captured and confined, but soon all died. Since then, they have confined various cetacean species, such as orca.

4. Dolphin Base
Dolphin swim, dolphin training, dolphin trainer training, etc. The president, Haruyuki Miyoshi, is a former Whale Museum employee. When the Whale Museum was founded, he was one of the people who started and established dolphin drive hunting. He made the beginning of Japanese dolphin training. A former Taiji-cho congressman, he is also now running for mayoral election. From his book, “A dream given by dolphins“.

5. Moriura Bay ①
Owned by Taiji Fisheries Cooperative. Dolphin show and dolphin training. Go through the Taiji Field Kayak office and walk along the sea sidewalk.

6. Moriura Bay ②
Unknown owner. There is also a story that there is a white variant of Hanagondou “Yuji”.

7. Moriura Bay ③
Owned by Taiji Town Whale Museum and Taiji Town Development Corporation. Moriura Bay Whale sea concept breeding dolphins, entertainment dolphins, stock of dolphins for sale to domestic and overseas aquariums and brokers.
Moriura Bay is probably the place with the largest number of confined dolphins in the world.

Sea pen cages holding dolphins captured by Taiji dolphin hunting.

8. Nachikatsuura
Owner unknown (World ranch?).

2. Dolphin Pools

4 Places where dolphins are located. The facilities are indicated by orange markers.

1. Taiji Whale Museum Show Pool
A show pool from the time the Whale Museum opened. It was up-to-date when it opened in 1969. Shows of Pacific white-sided dolphins and striped dolphins.

2. Taiji Whale Museum observation tunnel pool
This pool contains an albino bottlenose dolphin, striped dolphins, spotted dolphins, rough- toothed dolphins, and melon-headed whales—all placed in a small aquarium.

3. Dolphin Resort
Features dolphin touching, dolphin training, dolphin trainer training, etc.
Reservations are required for the tour, but you can enter for free for junior high school students and above for 200 yen, 4 to elementary school students for 100 yen, and 3 years and under.
Established by Mr. Kazuichi Kaibara, who is from Osaka Prefecture. The pool where dolphin tours are currently held was once the pool of Mr. Kaibara’s villa, where he used to raise dolphins as pets. At that time, the media and others pointed out his luxurious lifestyle, such as traveling to and from Osaka by helicopter.

5. Facilities / Historic sites / Others

5. Facilities and historic sites are indicated by green markers, and others are indicated by yellow.
Listed in the order of travel route from Nachikatsuura to Taiji.

Institution:

1. Nagi
In the future, this will be connected to the sea of Moriura Bay Whale by a promenade, making it a major resort that provides hotel and recreation. Nagi’s predecessor was Green Pia Nanki, (a large-scale recreation place of pension facilities) where the existence of concessions became a problem because it was diverted to public pensions and was established in the hometown of successive Ministers of Health, Labor and Welfare. In 2007, it was said that “Nachikatsuura Town signed a lease agreement with Boao, a Chinese paper company, at the office of the Minister of Economy, Trade and Industry, Mr. Toshihiro Nikai.

2. Road Station Taiji
The facility is owned by the town and operated by the Taiji Fisheries Cooperative. It sells dolphin meat and whale meat. The toilet is a must-see. Luxury toilet like a hotel. Taiji has the largest number of public toilets per inhabitant in Japan. The mayor of Sanken is passionate about expanding the toilets. “A town where dolphin money is turned into toilets”.

3. Whaling ship (Daiichi Kyomaru)
A catcher boat for mothership whaling. Such whaling is carried out with one huge mothership and several catcher boats. The mother ship is huge and dismantles and refrigerates whales, and the catcher boat is smaller than the mother ship and captures and kills whales. The front of the Daiichi Kyomaru is a straight road, and if you stand there, you can feel the viewpoint of a whale, being chased to be killed.

4. Taiji Whale Museum
Opened in 1969. Taiji’s modern drive hunting began to capture pilot whales for display at the Whale Museum. The method of driving dolphins with a banger is technology from the Izu Peninsula, Shizuoka Prefecture. Taiji’s earliest drive hunting was commissioned by the Whale Museum and led by fishermen. Museum staff were also fishing for pilot whales and driving with harpoons. It wasn’t until 1973 that the first successful dolphin drive hunt was successful.

5. Taiji Town Hall
This is the center of development of the industrial infrastructure using dolphins and whales, and the implementation of tourism and town policies focused on dolphins and whales. There is an office of Taiji Town Development Corporation in the government office. Taiji Town Development Corporation, along with the real estate business, is engaged in promotion projects such as (brokering) sales of living dolphins, introducing whale meat to school lunches, and promoting meat sales to rural areas. The president is the town mayor Sangen. By moving the dolphin sales from the Taiji Whale Museum to the Taiji Development Corporation, it is no longer necessary to disclose the sales destination.

6. Taiji Town Fisheries cooperative
It is composed of four fishing unions, including a fixed net union. Isana union (dolphin hunting union) is a part of Taiji fishermen’s cooperative.

7. Taiji Town Fisheries cooperative Supermarket
A supermarket directly managed by the Taiji Fisheries Cooperative. You can buy groceries such as fruits. Fresh dolphin meat and frozen whale meat are lined up. The day after the dolphin hunting, the next day, the meat of the dolphins that had just been killed is on sale. Photographing is not possible, so comply with it.

8. Wholesale Market
Owned by Taiji Fisheries Cooperative. Dolphin landing, dismantling, and dolphin meat auctions are held. It also dismantles by-catch whales. Wholesalers participate in the auction, and the day after dolphin hunting, supplying markets such as Fukuoka, Okayama, and Osaka.

9. Wada’s Rock Gate
The remains of the gate leading to the Wada family, which established old historical whaling in Taiji. Made by hollowing out a rock. Currently, houses are lined up behind the gate.

10. Stationary nets
In 2020, set nets became a hot topic because of the by-catch of minke whales and humpback whales in Taiji. Whales and dolphins are trapped as by-catch in set nets all over Japan.

11. Old-historical net- whaling boat area
In the old-historic whaling, Yamami discovers a whale and informs the whale fisherman off the coast, and the Seiko ship threatens the whale with a sound and drives it into the net spread by the net ship. At this location, the net boat was waiting for the whales to be driven in.

12. Institute of Cetacean Research (Planned construction site)
The design of the splendid building is open to the public.

13. Hiramidai
Like Tomeizaki and Kajitorizaki, Yamami was a place to spot whales and signal instructions to whale hunters during the ancient whaling era. It is also a place where unwanted human babies were thrown down.

3. Of the flow of the day
2-1 Remains of an ancient whaling facility in Tomeizaki
2-3 There is a whale memorial and a lighthouse in Kajitorizaki.

Others

  1. Place where you can observe dolphin sea pen cages: Moriura Bay
    If it was not off limits, you could get off at the beach.
  2. Place where you can see dolphin pens: Moriura Bay
    Be careful when crossing the road.
  3. Undercover police car waiting area
    During the dolphin-hunting season, an undercover police car, is on the alert for activists, and is always on standby.

6. Conclusion

Due to the influence of the movie “The Cove”, there is an image that Taiji is a scary place. However, the actual Taiji town is a calm and laid-back place with beautiful sea and nature.

Taiji Town wants to use dolphins as a resource, and we want to protect dolphins. The positions are exactly the opposite, but humans can exchange ideas and discuss.

The people of Taiji are not homogenous. There are those who want to continue dolphin hunting, those who really want to stop, those who are not interested at all. When I asked the locals, they said that most of them weren’t interested.

I think the Japanese as a whole have a similar structure. Most have no knowledge of dolphins and are indifferent to what is happening with dolphin hunting and aquariums. If so, telling others about dolphins, what we experience and know, should increase the number of people who want to protect dolphins.

In dolphin hunting, dolphins are captured and killed one after another. In aquariums around the world, dolphins are still suffering.

We are standing on the side of dolphins and other animals and trying to release them.
I want to make that day arrive as early as possible. Liberation can be achieved by having as many people as possible interested in and expressive about animal issues.

A diversity of people may progress diverse goals by engaging in diverse activities. I hope more people will go to Taiji to protect the dolphins.
You can have the courage to go to Taiji.
I just wish you can go, to see, experience and feel.

I’m sure something will change in you. And it will be a very important experience for you.

Information Materials

GoogleMAP: Dolphin huntiing survey route
GoogleMAP: Dolphin Hunting Vegan Map
Dolphin hunting documentary and further info
Dolphin hunting Survey Complete Guide.pdf (in preparation)

Call for support

Animal Liberator’s activities are continued by your warm support.

Let’s change the future of animals and our future together.

1 Click the link
2 Select the amount of support (¥ 1,000 ~)
3 Next, enter the required information

Monthly Animal Supporter (Japanese)

Inquiries
animal.liberator.net@gmail.com

Japanese version: Dolphin Hunting Survey Complete Guide


2021年10月3日(日) 20:00~ インスタライブ:イルカ漁調査完全ガイド 解説


イルカ漁調査完全ガイド』を解説する、インスタライブを行います。

ガイドは長文です。
そこで、ガイドの内容、使い方を一緒に見ていきましょう。

イルカ漁を実際に自分の目で見てみたい人、
行きたいと思っているけど一歩踏み出せない人、
興味がある人、
ガイドの解説をし、質問を受付けます。
ご参加ください。

【概要】

[日時]
10月3日(日) 20:00~
[場所]
リブ Instagram (*フォローをお願いします)

〔ご支援募集〕 

リブの活動は、みなさまのあたたかいご支援により支えられています。
一緒に、動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう。

[毎月どうぶつサポーター]
→ 寄付頻度「毎月」を選択
[単発寄付]
→ 寄付頻度「今回のみ」を選択

≫ ご支援はこちらから

イルカ漁 調査 完全ガイド

本ガイドは、イルカの活動をしたい活動家、イルカのために何かしたい人、イルカや イルカ漁 に興味を持った人が、イルカ漁を訪れ、観察・調査できるようになるためのガイドです。

もくじ

解説動画

  1. ガイドの使い方、目的
  2. イルカ漁 調査 準備編
    1. 旅行準備
      1. スケジュールの立て方
      2. 交通手段
      3. 宿泊
      4. 食事
      5. 調査当日 持っていくもの
      6. 機材
      7. 予算
    2. 疑問・不安
  3. 当日の流れ
    1. 起床、出発
    2. イルカ漁 開始、イルカ漁船の見送り
    3. イルカ漁船の動きを観察
      1. イルカ漁船がイルカを追い込み始めた。と判断した場合
      2. イルカ漁船がイルカ捕獲を諦め帰ってきた。と判断した場合
    4. イルカ漁 終了
    5. アドバイス
  4. イルカがいる場所
    1. 生簀
    2. 施設
  5. 施設・史跡・その他
  6. おわりに
  7. 《資料》

解説動画

『イルカ漁調査完全ガイド』を順番に解説しました。
ガイドの内容、使い方を一緒に見ていきましょう。

1 ガイドの使い方

使い方

地球の歩き方という本を知っていますか?
「イルカ漁調査 完全ガイド」は地球の歩き方のように、旅の各段階で開いて情報を得られるように作られています。

旅のプランニングや、宿泊先を予約するときは、「2. 準備編
調査当日、何時に起きて、どこに行き、何をすれば良いかは、「3. 当日の流れ
見ておいたほうがいいスポットは、「4. イルカがいる場所」「5. 施設・史跡・その他
お腹が空いたら「2. 準備編 4. 食事」でレストランを探すこともできます。

本ページを、お気に入りに登録して、あなたの旅の友としていつでも開けるようにしておいてください。
イルカ漁調査という得がたい体験の旅、きっとあなたの役に立つでしょう。

目的

イルカに対しての考え方を変えて、守っていかなければならない、と思う人が増えてきました。
楽しいイルカショーの陰で、イルカたちは、監禁状態による精神異常や病気に苦しんでいることがわかってきました。
世界中の水族館のイルカショーのイルカたちのほとんどが、日本のイルカ漁で捕獲されていることがわかってきました。
捕獲されるイルカ以外のイルカたちは、殺され、食べられていることも知っています。

世界で最もイルカを捕獲し、利用し、殺しているのは、私たち日本人です。
私たち日本人が変われば、イルカの苦しみを大きく減らすことができます。

本ガイドの執筆者、目黒は、複数回にわたって長期間、太地を訪れています。
イルカ漁を調査し、追い込まれるイルカたちの姿、引き上げられるイルカたちの姿を記録し、レポートしてきました。
太地に関する書籍を読み、史跡を訪れ、太地町民や議員、役場の人々など、多くの人と話しました。
そんな私が言えることは、太地を訪れ、実際にイルカ漁やイルカたちを見てくることは、とても貴重で得難い経験です。

私と同じように、イルカたちの苦しみの根源となっている日本のイルカ漁について知りたい、自分の目で見てみたいという人が増えていることを感じています。

本ガイドは、そんな人々のためのガイドです。
ガイドを片手にイルカ漁を見に行き、体験し、感じて欲しい。
そして、何かをするきっかけとなって欲しいと望んでいます。

一人一人の想い・行動が、人を、社会を動かします。

イルカを解放しよう。

2 イルカ漁 調査 準備編

準備編では、具体的な旅行準備についてお伝えし、多くの人が疑問・不安に思うことについて回答します。

1 旅行準備

1 スケジュールの立て方

まず多くの人が疑問に思うことに回答します。

Q. 土日休日にイルカ漁はある?
A. あります。多くの人が土日休日を利用して訪れることになると思います。荒天でない限り、イルカ漁は行われます。

Q. イルカ漁でイルカが捕まる頻度は?
A. 季節や天候、イルカが回遊してくる時期によってまちまちです。イルカ漁を見に行ったとしても、毎回イルカが捕まるわけではありません。もちろん、イルカが捕まらないことが最も望むことですが、イルカ漁を実際に見ることも大事です。一度の滞在日数が多い方が、イルカが捕獲される確率が高まります。

Q. イルカ漁が行われない日は?
A. 台風など荒天の日。イルカ漁にとっては雨よりも風が重要です。雨が降っていても風が無ければ出漁するときがありますし、晴れていても風が強ければ出漁しません。台風の翌日などは、風の強さを確認して出漁するかどうかを予想しましょう。

ここでは土日を利用したスケジュールを2パターンご紹介します。長期滞在できる方は、滞在最初の参考とすると良いでしょう。
おすすめはパターン1です。漁を2回見ることができます。

パターン1

金曜日 那智勝浦着 夜:宿泊
土曜日 朝:漁を見に 昼:太地町見学 夜:宿泊
日曜日 朝:漁を見に 昼:太地町見学 夕:帰宅

パターン2

土曜日 朝:那智勝浦着 昼:太地町見学 夜:宿泊
日曜日 朝:漁を見に 昼:太地町見学 夕:帰宅

イルカ漁 調査 スケジュール オススメパターン

2 交通手段

車、電車、高速バスのいずれかです。
宿泊は太地町の隣、那智勝浦町が良いので、那智勝浦に向かうと良いでしょう。
しかし、那智勝浦を起点とする場合、車が必須です。
車で行くか、現地でレンタカーを借ります。
レンタカー660が安いです。
レンタカーサービス比較

東京から

 車:東京→ [ナビ検索]→ 那智勝浦(7時間〜)
 電車:東京[東海道新幹線]→ 名古屋駅[JR紀勢本線 特急]→ 紀伊勝浦駅(5時間30分〜)
 高速バス:(2021年現在 感染症により運行停止中)

大阪から

 車:大阪[阪和自動車道][紀勢自動車道(無料区間)]→ すさみ南IC[R42号]→ 那智勝浦(3時間30分〜)
 電車:新大阪駅[JR紀勢本線 特急]→ 紀伊勝浦駅(3時間30分〜)

3 宿泊

ホテル・民宿、ゲストハウス、車中泊のいずれかとなります。

ホテル・民宿

ホテル・民宿リスト

那智勝浦には、外国人活動家の定宿、ホテル シャルモントがあります。当時の事情に詳しいスタッフ(リンク先の写真の方)もいるので、話を聞いてみたいという方にはおすすめです。

ゲストハウス

Airbnb

車中泊

道の駅 なち(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮361-2)
夏山園地(和歌山県東牟婁郡太地町夏山3845)

* 入浴は、道の駅 なちで温泉に入れます。近隣には温泉が多いですので検索してみてください。

4 食事

MAP:イルカ漁 ヴィーガンマップ

ヴィーガンが気になるのは食事。ヴィーガン対応してくれるお店、スーパーなどをマップにしましたのでお役立てください。

MAP:イルカ漁 ヴィーガンマップ

マーカーの色
 :ヴィーガン対応
 :スーパーなど

イルカ漁調査当日の食事

イルカ漁調査当日は、まだ暗いうちに起床します。
イルカ漁の進行は、その日によって違います。
ですので、食事を摂るタイミングがつかめず、疲れ切ってイルカ漁の進行を追うことになってしまいます。
ここでは食事の取り方について、おすすめのパターンをお伝えします。

朝食

出発前に食べるか、太地へ移動した後、イルカ漁船出港待ちの時間に、事前に用意したものを食べます。
那智勝浦にあるパン屋「コッペ」のパンを買っておくのは、朝食、非常食におすすめです。日曜日は休日なので注意が必要です。
暖かい飲み物を用意しておくのもおすすめです。まだ暗い寒い朝に飲む温かい飲み物は、癒されます。

昼食

大きく3パターンあります。
1 イルカ漁がなかった場合
 → 帰ってどこかで食べます。
2 イルカを殺害する場合
 → 追い込みから、殺害、水揚げまでが途切れなく行われ、時間は短いです。食事をする時間無し。車の移動時に少し食べるか、帰ってどこかで食べます。
3 イルカを捕獲する場合
 → 追い込んだ後、捕獲準備とイルカトレーナー水族館関係者の到着を待つ時間があります。その時間を利用して、食べることになります。

2と3の見分け方は、イルカを追い込んだ後、イルカ漁師が続々と影浦に入っていったら2。イルカ漁師の大部分が太地漁港に帰ったら3です。

3の場合、動きっぱなしになります。短い時間で食べられるものを持って行くか、タイミングを見て「漁協スーパー」で果物かお稲荷さんなどを購入して食べると良いでしょう。

( * 漁協スーパーなどにお金を落とすことに関しての議論があります。購入に反対する人は、太地町や漁協の資金となりイルカ漁の存続を利するという理由。購入する人は、太地町で何かを購入することで人との繋がりが生まれる、自分の人となりを知ってもらえるなどの理由です。どちらが正解ということはない議論、どちらもメリットデメリットがある議論ですので、自分の考えに従えば良いと思います)

夕食

「MAP:イルカ漁 ヴィーガンマップ」をご参照ください。
夕食は、夕方には食べ終え、できるだけ早く就寝すると、翌日充実した調査ができます。私は15時には食べ終え、20時には就寝していました。

5 調査当日 持っていくもの

食べ物(例)

おにぎり、パン、バナナ、栄養バー、ピーナッツバター等、暖かい飲み物、水。

衣料


ニットキャップ、口を覆うもの、マフラー、手袋、防寒インナー、パーカー、ジャンパー、防寒ズボン、防寒靴 等
朝は冷えます。特に、イルカ漁船の動きを観察する場所は岬の上で、吹きっさらしです。少しオーバーかなと思うくらいに暖かい格好をするのが良いでしょう。皮膚が外気に極力触れないようにし、開口部(鼻・口・耳)を塞ぐと熱が逃げません。足が冷えないように、靴下を重ねばきし、背が高い防寒用の靴を履くとベストです。

ハット、サングラス、手袋、長袖Tシャツ等
日が昇ると気温が上がり、Tシャツになることもあります。日を遮るものがないため、日焼け対策が重要です。

カッパ、長靴、防水ハット等
カッパは防寒着にもなりますので重宝します。

調査の際の服装の考え方は、登山と似ています。様々な天候を予想し服を用意、現場ではフレキシブルに着脱して、気温や日差しから身体を守ります。

6 機材

参考までに、リブが調査の際に使用する機材を紹介します。

機材

カメラ:ニコン COOLPIX P1000、Canon kiss
三脚:大型三脚 Manfrotto(ビデオ用雲台)、小型三脚
スマホ:3台(SNS中継用:Insta、Facebook、Twitter)、固定用マウント
モバイルルーター:通信用(田舎なのでDocomoが良い)
充電池:大容量のもの
双眼鏡:Vixenのものがコスパが良い
カメラバッグ:上記機材(大型三脚以外)がすべてはいるもの

特におすすめは、ニコン COOLPIX P1000と、双眼鏡です。
P1000:光学125倍ズーム、ダイナミックファインズーム250倍と、遠くで泳いでいるイルカの姿も捕らえられる非常に優れたカメラです。遠くから畜舎の中を撮影する時などにも使えます。一台持っておくと便利です。
双眼鏡:イルカ漁調査に必須です。岬の上からイルカ漁船を探すとき、漁船の動きを観察するとき、イルカの種類や様子を見るときなどに使用します。イルカ漁調査だけではなく、動物園や水族館、サファリパークで、動物の怪我や皮膚の状態、目などを観察する時にも使用できます。

あると良いアプリ

現地でイルカ漁の流れを予想するときなど、以下の情報がわかるアプリを入れておくと便利です。天候による漁のパターンなども次第に見えてきます。

風、潮汐、気圧配置、降雨の範囲、気温、日の出、方位

7 予算

基本:交通費+ガソリン代+宿泊代+食事代
他:機材、双眼鏡、おみやげ代等

2 疑問・不安

太地の人はこわくないの?
こわくありません。優しい人が多い印象です。いろいろ教えてくれますし、親切にしてくれます。こちらが不快な態度、価値観を否定するような態度を取らなければ、ほとんどの人は優しくしてくれるでしょう。

漁師はこわくないの?
数年前から太地に通っていますが、これまではお互いあまり干渉せず、会えば挨拶するなど、適切な距離を保っていました。
しかし2020年後半、イルカ漁師や漁協関係者と活動家の関係は、私が体験した中で最も悪化しました。
攻撃的な態度を取ったり、侮辱的な態度、社会的に適切で無い態度を取れば、漁師の方や関係者の方が気分を害することもあるでしょう。
それらを踏まえ、適切な距離を保ち、もし機会があれば普通に挨拶をすれば良いと思います。
社会人として当たり前に礼節を保ち、行動し、言葉を選ぶことが大事です。

右翼はいるの?
普段はいません。
映画「The Cove」や、YouTubeでシーシェパード狩りを見たことがある人は、その印象が強く、怖いと思われるかもしれませんが、ほとんどの期間は来ていません。
イルカ漁期が始まる前日や初日など、特別な日に来ています。
特に2021年現在、感染症の影響により外国人活動家が少ないので、活動は活発ではないようです。
個人的な経験から言えば、普通に礼儀正しく接していれば問題ありませんでした。座るときにレジャーシートを貸してくださるなど、優しく接してくれます。

警察はいるの?
期中は、陸は警察、海は海上保安庁が、警戒に当たっています。
場合によっては警官に職務質問されることもあります。対抗しようとする活動家もいますが、私は協力した方が良いと判断しています。警察にとって、私たち活動家は警戒対象でもありますが、同時に守ってもくれています。私自身は、自分が太地町にいるということを知られていた方がメリットがあると考えています。友好的に接して悪いことはありません。


活動家について
活動家には様々な人がいます。良い人もいますが、問題がある人もいます。
誰と関わるかには、慎重になった方が良いでしょう。

3 当日の流れ

太地町でイルカ漁調査を行う基本ルート、イルカが囚われている場所、その他施設等をMAPにしました。現地に行かれた際には、お役立てください。

GoogleMAP:太地町 イルカ漁調査マップ

 マーカーの色
  :3 当日の流れ(イルカ漁調査ルート)
  :4 イルカがいる場所(生簀)
  :4 イルカがいる場所(施設)
  :5 施設・史跡・その他

簡易マップ

イルカ漁調査のルートは、①→②→③と進行します。

イルカ漁 調査 ルートマップ

1 起床、出発

日の出前、周囲がうっすら明るくなってきたら、イルカ漁船が出港します。
ゆえに、
起床:日の出の2時間30分前
那智勝浦出発:日の出の1時間30分前
太地到着:日の出の1時間前
と設定すると時間に余裕がもてます。

日の出の時間を調べる

到着場所は、以下の三ヶ所のいずれかが良いです。

1-1 太地漁港:東の浜駐車場(トイレあり)
1-2 堤防の上(東の浜から堤防に近づくと、右端に階段がある。転落注意)
1-3 旧道(県道240号の坂を上りきった横断歩道の十字路を右折し、細い道を下る。少し広くなった、ベンチが置いてある場所。)

これら場所から、イルカ漁船を見送り、撮影することができます。

2 イルカ漁 開始、イルカ漁船の見送り

日の出前、周囲が明るくなってきたら11〜12隻のイルカ漁船が列をなして出港します。

ここで、撮影・中継するなどしながら、イルカ漁船の特徴を覚えておくと良いです。
イルカ漁船の特徴は、船の左右にバンガーが設置されているか否か。

バンガーとは、イルカを追い込む道具のことです。
物干し竿ほどの太さの金属製の棒で、音を拡散させるために、先が傘のようになっています。イルカを追い込むときは、先を海中に差し入れ、操縦しながらもう一方の端を金槌で叩き、音を出します。
航行時は、操縦席の後ろ側あたりに棒の上がきていて、船の前方に向かって下になっています。(写真参照)
イルカ漁船が出漁していないときは、MAPの「イルカ漁船 係留場所」に停泊しているのでそこで確認もできます。

イルカ漁 イルカ漁船とバンガー
航行中のイルカ漁船とバンガー

イルカ漁船が沖合に出て行ったら、岬の上へ移動。
岬の上は、以下の三ヶ所のいずれかが良いです。

2-1 燈明崎(県道240号の坂を上りきった横断歩道の十字路を左折。突端からよく見えるが、少し歩く)
2-2 展望台(県道240号の坂を上りきった横断歩道の十字路を左折。よく見える)
2-3 梶取崎(遠いので車での移動でないと厳しい)

早く移動すれば、沖合いへ向けて展開していくイルカ漁船が見られます。
(*交通法規遵守のこと。特に、2-1 燈明崎、2-2 展望台へ行く際は、道が狭く、子供もいるのでゆっくり走る。2-3 梶取崎への道はシカがよく出ます)

3 イルカ漁船の動きを観察

岬の上から、イルカ漁船の動きを観察します。

ここからの展開は2つしかありません。
Ⅰ イルカ漁船がイルカを追い込み始めた。
Ⅱ イルカ漁船がイルカ捕獲を諦め帰ってきた。

Ⅰか、Ⅱかを判断するため、双眼鏡で海上を観察し続けます。
判断基準は以下。

イルカ漁船がイルカを追い込み始めた。とする判断基準
沖合に10隻前後の船が横一列に並び、左(北)の方向に向かっていたら追い込まれ始めたと判断する。この一列になった姿を、フォーメーションともいう。

イルカ漁 フォーメーション 沖合
沖合で組まれたフォーメーションは、点のように見えます。
イルカ漁 フォーメーション 沿岸
岸に近づいてくると、船の形がわかるようになる。

イルカ漁の流れはこちらです。事前に目を通しておくと、当日の流れがわかります。
太地町 イルカ漁ドキュメンタリー

イルカ漁船がイルカ捕獲を諦め帰ってきた。とする判断基準
 イルカ漁船が連続で帰ってきたら。

漁船は、水平線より向こうまで行き、イルカを探します。
沖に出ている船は多いので、双眼鏡やP1000を駆使し確認。
双眼鏡で全体を見て、P1000で撮影しバンガーの有無を確認すると、確認作業がスムーズにできます。
土日は海に出ている船の数が多いので、注意深く観察するようにします。
イルカ漁の調査を繰り返していると、雰囲気(形、大きさ、色、操舵の仕方、向かう方向やスピードなど)で判るようになってきます。

1 イルカ漁船がイルカを追い込み始めた。と判断した場合

イルカが追い込まれているとき

次のいずれかの場所に移動します。
3-1 たかばべ(畠尻湾のトンネル近く、ホテル「白鯨」へ向かう道に入る。「白鯨」を左に見て通り過ぎ、堤防の横の道に登る。近隣住民の邪魔にならないように、車をなるべく堤防に近づけて止める。(参照:たかばべに登る際の駐車スペース)徒歩で「白鯨」の駐車場へ入ると左側に階段がある。登り切ると広場になっている)
3-2 畠尻湾=The Cove(車はくじらの博物館手前の駐車場に止める。観察に適した場所はいくつかある。上の道路から、道路脇の小さい広場から、下の浜から)

3-1 たかばべ
たかばべ左側:
階段を登り切ってすぐ左側の真下が、「影浦」。
イルカを捕獲・殺害する小さな湾です。
場所によっては、イルカが子どもを守ろうとしている姿、ダイバー(イルカ漁師)が海に入ってイルカを捕獲している姿や、イルカトレーナーがイルカを運んで行く姿がはっきり見えます。
イルカが捕獲・殺害される場所はグレーのシートでカバーされ、見ることができないようになっています。
影浦が見えない場所からは、イルカの呼吸音、暴れる水しぶきの音、イルカ漁師の声、イルカトレーナーがイルカを選別している時の声が聞こえます。

イルカ漁 畠尻湾=The Cove たかばべから見下ろした光景
たかばべ左側から影浦を見下ろした様子
イルカ漁 イルカ漁師によるイルカの捕獲
望遠を使うとこのように撮影できます


たかばべ奥:
階段を上がって一番奥の場所から、太地漁港方面から徐々に追い込まれていくイルカの姿が確認できます。

イルカが追い込まれたとき、たかばべには、警察官、太地町役場職員が警戒に当たっています。

3-2 畠尻湾=The Cove
漁網に閉じ込められたイルカたち、網を徐々に狭めていくイルカ漁の方法が観察できます。「影浦」(かげうら)は岩の陰になり見えません。
イルカが追い込まれたとき、畠尻湾には、警察官、海上保安庁が警戒に当たっています。
日によっては、水産庁職員、水産庁関係の研究機関の職員、動物専門学校の教師と生徒などが見学しています。
そこここに監視カメラが設置されています。
水族館へ販売すると決められたイルカが、畠尻湾に一晩とどめ置かれることがあります。夜に様子を確認しに行くと、イルカたちの呼吸音が聞こえます。一晩中、太地町に雇われた警備員が警戒に当たっています。

イルカ漁 黒煙を吹くイルカ漁船
畠尻湾から
イルカ漁 追い込まれたカズハゴンドウ
右側が影浦。奥に行くと見えなくなります。

例外)カマイルカの捕獲の場合は「1-2 堤防の上」へ
ただし、追い込んだイルカがカマイルカの場合、太地漁港の堤防の外で捕獲します。
カマイルカは他のイルカと異なり、まとまってではなく、四方八方に逃げます。ゆえに、この地点でカマイルカのポッド(群れ)を網で取り囲み、捕獲します。カマイルカは、水族館販売用の捕獲のみです。美味しくないので殺害しません。
ハナゴンドウをこの地点で捕獲殺害したこともあります。このときは、畠尻湾に追い込むのに手間取ったため、労力削減のためにこの地点で捕獲したものと思われます。

追い込んだイルカがカマイルカかどうかの判断は、太地漁港の堤防の外で、小船が作業し始めたらその可能性を考えます。
たかばべからは、その作業をしているかどうか確認できますが、畠尻湾に移動した後だと、この作業の確認は不可能になります。
その場合は、船が来るのがあまりに遅かったら、「1-2 堤防の上」に行くかどうか検討します。
単に追い込みに手間取っているだけのこともあり、その場合はすれ違いになります。

イルカ漁調査時は、常に漁の進捗を推測し、先回りする難しい判断を繰り返します。

イルカが捕獲・殺害された後

追い込まれたイルカは、
殺害
捕獲
Ⅲ リリース

のいずれかの運命をたどります。

殺害された場合

イルカの遺体は、小舟からイルカ漁船に移されるか、小船に乗せたまま、太地漁港へ向かいます。
太地漁港の「施設:7 卸売市場」の海側からイルカの遺体が引き上げられ、中で解体されます。
引き上げる際はブルーシートで隠されますが、隙間から見えることもあります。

捕獲された場合

イルカを乗せた小舟は、太地漁港に向かいます。日によっては森浦湾方面にも向かうこともあります。
イルカは、太地漁港内の「生簀:1 太地漁港」に移され、しばらく経つとイルカトレーナーがきて、体長測定や身体的な特徴の確認を行います。
捕獲当日や翌日、ストレスで死んでしまったイルカが生簀から引き上げられ、卸売市場に運び込まれることもあります。
なお、森浦湾方面に向かった場合は、ドルフィンベェイス、森浦湾、那智勝浦の生簀のいずれかに搬入されると思われます。

Ⅰ 殺害された場合、Ⅱ 捕獲された場合、いずれの場合も、急いで(交通法規遵守のこと)太地漁港へ移動すれば、殺害されたイルカが卸売市場に引き上げられるところや、捕獲されたイルカが生簀に入れられるところが見られます。生簀に入れられるところは、「1-2 堤防の上」からよく観察できます。

リリースされる場合

2パターンあります。
① 水族館販売用に捕獲した上で、それ以外のイルカが入った網を外し、イルカ漁船がバンガーを鳴らして追い払います。これは、イルカが仲間を心配するなどして太地漁港周辺に残り、定置網に入って漁業者に被害を及ぼさないためです。
②残ったイルカを小船に乗せて、沖に運んで捨てます。

撮影したいときは、①、②、共に「1-2 堤防の上」へ移動し、撮影します。
②は、「2-1 燈明崎」までいって撮影することもできますが、時間との競争となりかなり大変です。
どちらの場合もかなり遠いので、P1000がないと撮影できません。

2 イルカ漁船がイルカ捕獲を諦め帰ってきた。と判断した場合

早朝、イルカ漁船出港を見送った場所、
1-1 太地漁港:東の浜駐車場
1-2 堤防の上
1-3 旧道

へ戻り船の帰港を見ます。

出港時の船の数を数え、帰港する船の数を数え、確認します。
日によっては、数隻帰ってこない時もありますが、その時は他の漁をしているか、珊瑚を取っているようです。
イルカ漁船のデザインは一隻一隻異なるので、「1-2 堤防の上」から観察しても良いでしょう。
なお、他の漁を行っている漁船が、イルカの群れを見つけ、漁協に連絡したら再び出港する場合もあります。

4 イルカ漁 終了

太地漁協裏の「イルカ漁船 係留場所」にすべてのイルカ漁船と、小舟が帰ってきたら漁が終了したと最終判断します。

大方の船が帰ってきたら漁は実質終了ですので、時間があれば、
4 イルカがいる場所
5 施設・史跡・その他

へ行かれてみると良いでしょう。

5 アドバイス

太地町で活動するにあたって、守った方が良いこと、心がけておいた方が良いことをお伝えします。

・法律は遵守する(交通法規(制限速度・一旦停止・歩行者優先)、立ち入り禁止区、ドローン飛行禁止区、その他全ての法律)。
・感染症対策を行う。
・町の人に敵対的な態度を取らない。イルカ漁問題に関しては、敵対的な態度をとることによって解決を遅らせてきた。
・シカやイノシシが多いので運転に注意。
・津波について。南海トラフ地震がいつ来てもおかしく無い状況です。震源地の有力な候補とされている場所は、太地町沖合すぐの海底です。太地はこれまで、津波によってなんども壊滅的な被害を受けてきました。津波は、早い場合数分で到達することが予想されています。いつどこにいても、避難できる高台とルートを確認し、身を守ってください。

4 イルカがいる場所

イルカ漁が終わったら、あるいは漁が無かったら、イルカたちが囚われている場所を中心に回ると良いと思います。イルカたちは、海に浮かべた生簀(いけす)か、コンクリートとガラスのプールに入れられています。

なお、生簀は枠と網でできており、深さ3〜4mほどのボックス型になっています。イルカを引き上げるときは、四方から網を引き上げ、深さを浅くして、イルカを泳げなくしてから捕獲します。

1 生簀

4 イルカがいる場所 生簀は、のマーカーで示しています。
太地漁港から回るルートで記載します。

1 太地漁港
太地漁協所有。国内外の水族館、ブローカーに販売する用のイルカのストック

2 クジラ浜海水浴場
畠尻湾=The Coveの別名。冬はイルカ漁が行われ、夏は観光客がイルカと泳げるサービスが行われる。

3 太地町立くじらの博物館
クジラショーエリアの生簀と奥の生簀に分かれている。繁殖用、研究用、ブローカーへの販売、国内水族館とのブリーディングローン用のイルカのストック。白変種のハナゴンドウ「ハマタ」がいる。
1969年開館当初、コビレゴンドウを捕獲監禁したが、ほどなくすべて死亡した。その後、シャチなど様々な鯨類を監禁してきた。

4 ドルフィンベェイス
ドルフィンスイム、イルカトレーニング、イルカトレーナー育成などを行う。社長の三好晴之氏は、元くじらの博物館職員。くじらの博物館設立時、イルカ追い込み漁を開始し、確立させた人々の一人。日本のイルカトレーニングの黎明期を作った。元太地町議会議員。町長選にも立候補されている。著書に「イルカのくれた夢」。

5 森浦湾①
太地漁協所有。イルカショー、イルカトレーニングを行う。太地フィールドカヤックの事務所を抜けて、海上の歩道を歩いていく。

6 森浦湾②
所有者不明。白変種のハナゴンドウ「ユウジ」がいるとの話も。

7 森浦湾③
太地町立くじらの博物館、太地町開発公社所有。森浦湾鯨の海構想の繁殖用のイルカ、娯楽利用のイルカ、国内外の水族館・ブローカーに販売する用のイルカのストック。
森浦湾は、おそらく世界で最も大量のイルカを監禁している場所。

森浦湾 生簀


8 那智勝浦
所有者不明(ワールド牧場?)。

2 プール

4 イルカがいる場所 施設は、のマーカーで示しています。

1 太地町立くじらの博物館 ショープール
くじらの博物館開館当時からのショープール。1969年開館時点では最新式だった。カマイルカ、スジイルカのショーを行っている。

2 太地町立くじらの博物館 マリナリュウム
狭い水槽に、アルビノのバンドウイルカ「スピカ」、スジイルカ、マダライルカ、シワハイルカ、カズハゴンドウが入れられている。

3 ドルフィンリゾート
イルカタッチ、イルカトレーニング、イルカトレーナー養成などを行う。
見学は予約が必要ですが、中学生以上200円、4歳から小学生100円、3歳以下無料で入場することができます。
大阪府出身、海原壱一(かずいち)氏が設立。現在イルカ見学が行われているプールは、かつては海原氏の別荘のプールであり、ペットとしてイルカを飼育していた。当時、大阪との間をへリコプターで移動するなどの豪華な暮らしを、メディア等で指摘されていた。

5 施設・史跡・その他

5 施設・史跡のマーカー、その他はで示しています。
那智勝浦から太地に入るルート順で記載します。

施設

1 梛(なぎ)
将来的に、森浦湾くじらの海と遊歩道でつなぎ、ホテルやレクリエーションを提供する一大リゾートとする予定。梛の前身は、公的年金流用や、歴代の厚生労働大臣の地元へ設置されたことから利権の存在が問題となったグリーンピア(大規模年金保養基地年金施設)の一つ、グリーンピア南紀。また、2007年「那智勝浦町が中国系ペーパーカンパニーのボアオと、二階俊博経済産業大臣室で賃貸借契約を交わした」とされ問題となった。

2 道の駅 太地
施設は町所有、運営は太地漁協。イルカ肉やクジラ肉を販売している。トイレは必見。ホテルのような豪華なトイレ。太地町は住民あたりの公衆トイレの数が日本一。三軒町長がトイレの拡充に情熱を燃やしている。「イルカがトイレに変わる町」。

3 捕鯨船(第一京丸)
母船式捕鯨の、キャッチャーボート。母船式捕鯨は、巨大な母船1隻とキャッチャーボート数隻で行う。母船は巨大であり、クジラの解体・冷蔵を行い、キャッチヤーボートは母船より小型で、クジラの捕獲殺害を行う。第一京丸の前方はまっすぐの道であり、そこに立つと殺されるために追われるクジラから視点を感じられる。

4 太地町立くじらの博物館
1969年開館。太地町の近代的イルカ追い込み漁は、くじらの博物館で展示利用するイルカの捕獲を行うために始まった。バンガーでイルカを追い込む方法は、静岡県伊豆半島の技術。最初期のイルカ追い込み漁は、くじらの博物館主導で、漁師たちに依頼して行なった。博物館職員もイルカ漁を行い、銛を打ち込むなどしていた。
最初にイルカ追い込み漁が成功したのは、1973年になってから。

5 太地町役場
イルカ・クジラ産業基盤整備、イルカ・クジラを軸とした観光立町政策等を行う。
役場内に太地町開発公社の事務所がある。太地町開発公社は不動産業とともに、生体イルカの販売(ブローカー)、鯨肉の学校給食への導入、地方への販促など、普及促進事業を行なっている。社長は三軒町長。イルカの生体販売を、太地町くじらの博物館から、太地町開発公社に移動することにより、販売先を公開しなくてよくなった。

6 太地町漁業協同組合(太地漁協)
定置網組合など4つの組合で構成されている。いさな組合(イルカ漁師の組合)は太地漁協の一部。

7 太地漁協スーパー
太地漁協直営のスーパー。果物など食料品を購入できる。生鮮イルカ肉や冷凍クジラ肉がが並ぶ。イルカ漁があった日、翌日は、殺害されたばかりのイルカの肉が売っている。写真撮影は不可なので、遵守する。

8 卸売市場
太地漁協所有。イルカの水揚げ、解体、イルカ肉の競りが行われる。混獲されたクジラの解体も行う。卸売業者が競りに参加、イルカ漁の翌日には、福岡、岡山、大阪などの市場に供給される。

9 和田の岩門
太地で古式捕鯨を成立させた和田家に通じる門の跡。岩をくりぬいて作ったもの。現在、門の奥は住宅が所狭しと並んでいる。

10 定置網
2020年、ミンククジラとザトウクジラの混獲で話題になった定置網。日本全国の定置網にクジラやイルカが混獲されている。

11 古式捕鯨 網船待機場所
古式捕鯨は、山見がクジラを発見、沖のクジラ漁師に知らせ、勢子船はクジラを音で脅して、網船が広げている網に追い込む。この場所で、網船はクジラが追い込まれてくるのを待っていたという。

12 日本鯨類研究所(建設予定地)
立派な建物のデザインが公開されている。

13 平見台
燈明崎、梶取崎と同様、古式捕鯨時代の山見(やまみ:クジラを発見し、クジラ漁師に指示を送る場所)であった。また、生まれすぎた人間の赤ちゃんを間引きするために、赤ちゃんを投げ落とした場所でもある。

3 当日の流れの、
2-1 燈明崎には古式捕鯨の施設跡
2-3 梶取崎にはクジラ慰霊碑や灯台がある。

その他

1 「生簀:森浦湾①」が見える場所
 立ち入り禁止になっていなかったら海岸に降りられる。

2 「生簀:森浦湾①」が見える場所
 道路の横断に注意。

3 覆面パトカー待機場所
 イルカ漁期中、活動家の警戒に当たる覆面パトカーが常時待機している。

6 おわりに

映画「The Cove」などの影響で、太地町は怖いところだというイメージがあります。
しかし、実際の
太地町は、海や自然がとても美しく、穏やかでのんびりした場所です。

太地町はイルカを資源として利用したい、私たちはイルカを守りたい。
立場は真逆ですが、人間同士、考え方を交換し、議論することができます。

太地の人々は一枚岩ではありません。
イルカ漁を続けたい人、本当は止めて欲しい人、全く関心が無い人。
地元の人に聞くと、関心が無い人がほとんどだと言っていました。

日本人全体も同じような構造だと思います。
イルカについて知識がなく、イルカ漁や水族館で起こっていることに無関心です。
とすれば、イルカのこと、私たちが体験し、知っていることを伝えれば、イルカを守りたいと思う人々を、もっともっと増やすことができるはず。

イルカ漁では、イルカたちは次々と捕獲され、殺害されていきます。
世界中の水族館では、イルカたちはたった今も苦しんでいます。

私たちは、イルカをはじめとする動物たち側に立ち、解放しようとしています。
その日を一日でも早くしたい。
一人でも多くの人々が動物に関心を持ち、表現することで、解放は実現できます。

多様性ある人々が、多様性ある活動を行うことによって、多様性あるターゲットを動かします。
イルカたちを守るために、より多くの人に太地町に行ってもらいたいと思っています。
太地町に行くのに勇気は入りません。
ただ行き、見て、体験し、感じて欲しいと思っています。

きっと、あなたの中で何かが変わるでしょう。

そしてそれは、あなたにとって、とても大切な体験となるでしょう。

《資料》

GoogleMAP:イルカ漁 調査ルート
GoogleMAP:イルカ漁 ヴィーガンマップ
イルカ漁ドキュメンタリー
イルカ漁調査 完全ガイド.pdf(準備中)


〔ご支援募集〕 

リブの活動は、みなさまのあたたかいご支援により支えられています。
一緒に、動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう。

[毎月どうぶつサポーター]
→ 寄付頻度「毎月」を選択
[単発寄付]
→ 寄付頻度「今回のみ」を選択

≫ ご支援はこちらから


〔電子書籍『動物園水族館閉鎖』〕

動物園水族館が好きな人、はっきりした理由はわからないけどあまり好きではない人。
筆者は、動物園水族館が好きでした。
その筆者がなぜ日本にある283カ所もの施設を調査しようと決意したのか、そして動物園水族館で何を見てきたのか、この本にすべてが詰まっています。
動物園水族館が好きな人ほど読んでいただきたい一冊。

価格は ≫ ¥1,000

売り上げはすべてリブの活動資金になります。

書籍『動物園水族館閉鎖』

≫ ご購入はこちらから(Amazon)

太地町のイルカ漁期

【太地町のイルカ漁は、いつからいつまで?】

〔書籍『イルカ解放』抜粋〕

わかりにくい太地町のイルカ漁期。
3パターンですので覚えてしまいましょう。

①イルカ追い込み漁(イルカ類):9月1日〜2月末日(6ヶ月間)
②イルカ追い込み漁(ゴンドウ類)9月1日〜4月末日
(8ヶ月間)
③イルカ突棒漁:1月1日〜8月末
(8ヶ月間)


以下はイルカ漁期をわかりにくくさせているポイントです。
整理しておくと活動に役立ちます。

[整理ポイント①:太地のイルカ漁は2種類]

1 イルカ追い込み漁(おいこみりょう)

・イルカを畠尻湾に追い込み、網で捕獲、銛で殺害する漁法。
・捕獲して水族館へ販売用と、殺害して食用の2種類の用途のために行う。
・和歌山県太地町の太地町漁業協同組合のみが許可されている

2 イルカ突棒漁(つきぼうりょう)

・沖で船の上から銛でイルカを突き刺して捕獲する漁法。
・殺害して食用にするために行う。
・太地の他、那智勝浦や串本など和歌山県各地で許可されている。

[整理ポイント②:イルカ追い込み漁には、2つ漁期がある]

イルカ追い込み漁は、①イルカ類と②ゴンドウ類で漁期が異なる。

[整理ポイント③:イルカ類にはハナゴンドウが入っている]

イルカ類(6種):カマイルカ、スジイルカ、マダライルカ、シワハイルカ、バンドウイルカ(5種)と、ハナゴンドウ(1種)。
ゴンドウ類(3種):カズハゴンドウ、オキゴンドウ、マゴンドウ
(* ハナゴンドウがイルカ類入れられているのは慣習)

[整理ポイント④:水産庁が設定している漁期との違い]

水産庁が設定しているイルカ漁期と、和歌山県で行われる実際のイルカ漁期は異なります。
水産庁のページには、以下のように書いてあります。
・イルカ追い込み漁(鯨類追込網漁業)の漁期は、9月〜翌年8月の1年中
・いるか突棒漁業の漁期も同様に、9月〜翌年8月の一年中
漁期の違いの原因は、
・水産庁が、捕獲枠と漁期の設定を行い
・各都道府県知事が、水産庁設定の制限内でそれぞれの地域の実情に合わせて許可を出す
からです。
実際のイルカ漁期は、都道府県知事が発行する許可証(鯨類追込網漁業許可証、いるか突棒漁業許可証)に記載されています。

[整理ポイント⑤:日本各地でイルカ漁期が異なる]

各都道府県知事が、地域の実情に合わせて漁期を設定しています。

[整理ポイント⑥:同じ漁でも様々な名前が使われる]

水産庁が設定する正式な名称、各都道府県が設定する名称、慣習的な名称、活動家が使用する名称などがあります。
「いるか追込漁業」: 鯨類追込網漁業(げいるいおいこみあみぎょぎょう|和歌山県)、イルカ追い込み漁、イルカ追込み漁、イルカ追込み猟(活動家が使用する。イルカは哺乳類であるから。また英語ではDolphin Hunting)など。
「いるか突棒漁業」: イルカ突き棒漁、いるか突きん棒漁、イルカ突き棒猟など。

《参考》
水産庁, 令和3(2021)年度漁期のいるか漁業の鯨種別捕獲枠, https://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/attach/pdf/index-27.pdf
和歌山県漁業調整規則, https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010100/reiki/reiki_honbun/k501RG00001622.html


【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択

2021年今期のイルカ追い込み漁の捕獲可能人数は、1,849人|2021 The number of dolphin drive hunters that can be caught this season is 1,849

『イルカ解放』:今期のイルカ追い込み漁の捕獲可能人数は、1,849人

人間で言いますと、小さな村のいくつかを絶滅させるほどの人数です。

2021年9月1日から、和歌山県太地町でイルカ追い込み漁(2021年度漁期)が始まります。
今年も多くのイルカが殺されてしまうでしょう。
また、多くのイルカが家族から引き離され、水族館へと売られていくでしょう。

2020年度漁期からの変更点は、オキゴンドウが70人から49人に減った点です。
太地町において、オキゴンドウは2011年から捕獲されていません。
水産庁は科学的な調査に基づき決めているとしていますが、10年間1人も捕獲されていないオキゴンドウの捕獲枠を、今年21人減らした根拠が合理的であると考えることは難しいでしょう。

他の種に関しては、捕獲枠の変更はありませんでした。

動物解放団体リブでは、今期、【『イルカ解放』:XX 】とし、イルカ解放活動に役立つ知識や考え方を共有、多くの人がイルカの保護に関心を持ち、活動に参加することを促します。


[“Let’s liberate dolphins”: The number of dolphin drive hunters that can be caught this season is 1,849]

(google translate)

In human terms, there are enough people to extinct some of the small villages.

From September 1st, 2021 dolphin drive hunting will begin in Taiji, Wakayama Prefecture.
Many dolphins will be killed this year as well.
Also, many dolphins will be separated from their families and sold to aquariums.

The change from the 2020 hunting season is that the number of false killer whales has decreased from 70 to 49.
False killer whales have not been captured in Taiji since 2011.
The Fisheries Agency says it is based on scientific research, but it would be difficult to think that the rationale for reducing the number of false killer whales that have not been captured for 10 years by 21 this year is reasonable.

For other species, there was no change in catch quota.

In this term, we will call it [“Let’s liberate dolphins: ? ], share knowledge and ideas useful for dolphin liberation activities, and encourage many people to be interested in dolphin protection and participate in the activities.


【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択


《参照》
令和3(2021)年度漁期のいるか漁業の鯨種別捕獲枠:https://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/attach/pdf/index-27.pdf