太地町で覚える湾の名前は二つ 畠尻湾/ 森浦湾|動物解放団体リブ

畠尻湾(はたけじりわん)は、イルカを殺し捕獲する湾。「The Cove」の舞台。
森浦湾(もりうらわん)は、イルカを繁殖させる湾。

畠尻湾(The Cove)(Googleマップ)
https://goo.gl/maps/Ac4NtZ45AKQitxcC6

森浦湾
36個の生簀が見えます。イルカの姿も見えます。
常時、繁殖用 販売用の、大量のイルカがストックされています。
https://goo.gl/maps/FzXpLaqcp3ETr1S87


クラウドファンディング実施中
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額  46万円
 必要金額  84万円

 終了日 7月23日(海の日)
 残日数 25日

ご参加、ご支援はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


森浦湾を仕切り、
①イルカの繁殖・販売
②観光客にイルカとのふれあいなどをさせる
ビジネスが計画されています。
今年中に完成予定。

イルカ産業は、イルカを家畜化することによって、入手できるサイクルを構築しようとしています。

ゆえに、各水族館は生き残りをかけて、
繁殖の研究(大学と協働)
イルカの貸し借り(ブリーディングローン)
人工授精(人間によるレイプ)
を行なっています。

森浦湾は、イルカの繁殖を大規模に行い、世界の水族館のイルカ供給基地となろうとしています。

水族館がある限り、不幸なイルカはいなくなりません。

では、未来のイルカの解放はどう進めるか。

水族館の観客が、イルカに共感し、お金を落とさなければ、
旨味は無くなり、
イルカを捕まえ、繁殖させるコストが合わなくなります。

つまり、
ターゲットは、観客。
目標は、イルカマーケットを淘汰。
手段は、啓発。
https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

それをいかに高度化するか。


森浦湾の写真

1 森浦湾の大量の生簀

2 カマイルカとイルカトレーナー

3 イカを持っている。ハナゴンドウの生簀ということ(ハナゴンドウはイカを好む)。

ヴィーガン子育て|動物解放団体リブ

ヴィーガン子育てを応援する情報サイト 『ヴィーガン子育て』さんが、動物園水族館の問題を掲載してくださっています。
丁寧な記事で、説得力があります。

クラウドファンディングの募集も呼びかけてくださっています。

ぜひご一読を。

(画像をクリック)

もう一つ、小学3年生の子が書いた、「動物園や水族館はひつようですか? 」という文章がありました。
心が揺さぶられます。

『ヴィーガン子育て』SNS
Facebook: https://www.facebook.com/vegankosodate/
Twitter: https://twitter.com/vegan_kosodate
Instagram: https://www.instagram.com/vegankosodate/


クラウドファンディング 終了日まで1ヶ月を切りました。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

【クラウドファンディング実施中】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額  69万円
 必要金額  61万円

 終了日 7月23日(海の日)
 残日数 16日

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございます。

プロジェクト内容とご支援はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

Crowd funding: Let’s liberate dolphins! ~ Survey, interview and book writing on dolphin hunting ~

An English page has been created.
Your support will be appreciated.

https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

This project is performed based on the three activities.

1 Survey on dolphin hunting and interview with the concerned parties
2 Remote broadcast of dolphin hunting
3 Write and publish a book on dolphin hunting

1 Survey on dolphin hunting and interview with the concerned parti

During the peak of dolphin hunting period (from September 1, 2020 to the end of February, 2021), I will conduct survey the dolphin hunting and interview with the concerned parties to collect the information 5 times in total and for more than 50 days
I will establish the evidence that can persuade the society to realize the release of dolphins in the future.”

2 Live broadcast of dolphin hunting

I perform live broadcast via social media on the day of dolphin hunting to deliver what happens on the spot to Japan and the world.
*No dolphin hunting is conducted on a heavy-weather day
The live broadcast was performed via social media
for 12 days in total during the hunting period from 2018 to 2019, and
for 14 days in total during the hunting period from 2019 to 2020.
I actually felt that more people know the actual condition of dolphin hunting thanks to this live broadcast.
I will perform much more live broadcasts to increase people who know the actual condition of dolphin hunting.”

3 Write and publish a book on dolphin hunting

I will write the book at the same time as survey, interview and live broadcast.
(The image of book, it will be published in the digital version.)
This book is intended to make suggestion to the evidence why dolphins should be released and the future.

In Japan, there is no book written in a critical position regarding dolphin hunting.
I write a book that may be an important trigger in the history of dolphin release in Japan based on our collected information, materials and experiences.
After the hunting period finishes, I will refine the sentences many times and publish it by the autumn 2021.

https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

笑えない お笑いイルカショー(アドベンチャーワールド)|動物解放団体リブ

実際にイルカ漁を見て、水族館用にイルカが捕まえられ、イルカトレーナーに連れ去られ、残された家族が殺された姿を見、イルカショーの見え方が変わりました

イルカ漁にはイルカトレーナーも参加しています。

イルカトレーナーが、イルカを自然から引き離してきているという事実も知られていません。

書籍「イルカ漁」ではそのような実態もしっかり記述します。

イルカを守りたい方、自然に、自由に生きているイルカが好きな方、ぜひプロジェクトにご支援ください。

【クラウドファンディング実施中】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額  69万円
 必要金額  61万円

 終了日 7月23日(海の日)
 残日数 16日

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございます。

プロジェクト内容とご支援はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

2日目支援者19名 〜最初のクラウドファンディングについて思い出すこと〜|動物解放団体リブ

【クラウドファンディング実施中】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

目標金額 130万円
支援金額  21万円
必要金額 109万円

終了日 7月23日(海の日)
残日数 36日
(2020年6月17日時点)

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございます。

↓ プロジェクトページはこちら(画像をクリック)


3年前に行った最初のクラウドファンディング
「日本一周!動物園水族館調査【北日本編】」
を思い出していました。

最初のクラファンは、事前にメールを出し、かなり準備を整えてからスタートしました。
しかし、今回のクラファンは、事前のお願いも一切せず、告知もせず、いきなりプロジェクトを公開しました。

このやり方で成功するかどうかは、
自分やリブが信頼されているか否か、
これまでの活動が評価されているか否か
で決まります。

信頼されず、評価されていなければ、集まらない。
信頼され、評価されていれば、集まる。
これはチャレンジでした。

結果、これだけの方が、やり遂げることを信じ支援してくださいました。

前回は、リブ立ち上げと同時にクラファンを行いました。
その時点で、私には実績もなく、やり遂げるかどうかも、わからない状態でした。

今回は、日本一周調査というハードなプロジェクトをやり遂げたという実績があります。
ここ2日間で支援してくださった方々も、信頼をもって力を貸してくれていることを感じています。

思い返すに、最初のクラウドファンディングで支援してくださった方々はよく、あの当時の、実績も何も無い私に支援してくださったと思います。
感謝しきりです。

現在、データベースの基盤、すべての施設をMAPに載せる作業は完成しました。
あとは、最終的な完成に向けて、施設ごと調整しているところです。


下記のウェブサイトのトップページにMAPがあります。
ご活用ください(「21 サンピアザ水族館」まで完成)
重要なデータベースであることがわかると思います。
 ↓
NPO法人 動物解放団体リブ

引き続き、
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』
への、ご参加ご支援をお待ちしております。

共にイルカを守りましょう。

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

↓ プロジェクトページはこちら(画像をクリック)