256 日本モンキーセンター(190329/愛知県犬山市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・京都大学霊長類研究所が運営の中心
・旧型動物園
・異常行動、怪我が多い


京都大学は、動物園業界に影響力を持ち、日本モンキーセンター、熊本サンクチュアリ、京都大学白浜水族館など、自らも施設を運営する大学。
熊本サンクチュアリでは各地の動物園にチンパンジーを貸し出し、生まれながらの奴隷を作っています。

京都大学霊長類研究所は世界的に有名な研究機関ですが、一方、2020年4月22日には、日本モンキーセンターに隣接する京都大霊長類研究所の研究費5億円の不正支出で、日本モンキーセンター所長の松沢哲郎特別教授、霊長類研の友永雅己教授ら4人が処分されるとされています。

「科学」や「研究」は免罪符とはなりません。
私たちはすでに、「科学」や「研究」を行うのは人間であり、研究結果は研究者の立場や欲望によって変わることを知っています。
科学者や研究者が、肩書きで信用される時代は終わっています。
科学者や研究者の信用信頼は、行動によって判断されます。

科学者や動物園水族館関係者は「かわいそう」を下に見ます。
しかし、「かわいそう」を失った科学や研究が、何をしてきたでしょうか。
これまで、動物、地球、そして人間自身に最大の災厄をもたらしてきたのが「科学」です。

動物への前時代的な扱いは、時代とともに収束しなければなりません。

リブは、動物それぞれを個々の存在として捉える視点、個性や尊厳や権利・自由を保証する真の共生社会等、新たな時代のビジョンを見せていきます。

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

《準備中》

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 大型類人猿》
  Project0 大型類人猿 日本の大型類人猿を0に
  YouTube


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)


Z-95 日本モンキーセンター/Japan Monkey Centre

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre/
Tw:https://twitter.com/j_monkeycentre?lang=ja
Insta:https://www.instagram.com/jpnmonkeycentre/
YouTube:https://www.youtube.com/user/JapanMonkeyCentre

〔連絡先〕
Mail:-
TEL:0568-61-2327
FAX:0568-62-6823
住所:484-0081 愛知県犬山市犬山官林26

〔リンク〕
Web:http://www.j-monkey.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

〔情報〕
種類:民
所有:(公財)日本モンキーセンター
運営者:〃
JAZA:〇

〔LIB情報〕
調査日:2019年3月29日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/190329-256-j-monkey
写真:https://photos.app.goo.gl/aZXy8U3Z5L5PV9hr9
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrVxhat7LQS9-RHVvgh11TW

プロジェクト0『日本に監禁されているゴリラを0に』|LIB

ゴリラ監禁施設は、7施設
計21人のゴリラが監禁されています。

ゴリラはヒトです。
ゴリラを解放しましょう。

収容所は、「絶滅の危機にあるから、保護し繁殖しなければならない」と主張します。
しかし、90年代には、50人のゴリラがいました。
現在21人。
成功していますでしょうか。

また繁殖したとしてもそれは決して野生に帰ることができない、家畜化された生まれながらの奴隷です。
動物の尊厳をないがしろにし、侮辱する行為ではないでしょうか。

そもそも、収容所自体が、現地のゴリラを捕獲し、絶滅の危機に追いやった原因です。
一体何を言っているのか。
現実に自らが引き起こしていることと、その責任を自覚していただきたい。

このプロジェクトは、複数の種を0にするプロジェクトの一つです。
今後それぞれの種に関する情報を収集し、ウェブサイトにまとめていき、広く啓発を図ります。

協力いただける方いらっしゃいましたらお願いいたします。


【ボランティア募集】
・情報収集してくださる方
・ウェブサイトを作ってくださる方

《参考》
ゴリラ監禁施設
 八木山動物公園(宮城県仙台市)〔1人〕
 千葉市動物公園(千葉県千葉市)〔2人〕
 恩賜上野動物園(東京都台東区)〔8人〕
 浜松市動物園(静岡県浜松市)〔1人〕
 日本モンキーセンター(愛知県犬山市)〔1人〕
 東山動植物園(愛知県名古屋市)〔5人〕
 京都市動物園(京都府京都市)〔3人〕

ゴリラの分類
 ニシゴリラ(亜種:ニシローランドゴリラ・クロスリバーゴリラ(350人しかいない))
  ギニア湾沿いの西アフリカ熱帯雨林地帯に生息
  寿命は、40~50年
 ヒガシゴリラ(亜種:ヒガシローランドゴリラ・マウンテンゴリラ・グラウアーゴリラ・ブィンディゴリラ)
  アフリカ中央の熱帯林や山林に生息
  ドラミングするのはヒガシゴリラだけ