バラバラにされるハナゴンドウ/Risso’s dolphins to be dismantled|動物解放団体リブ

バラバラにされるハナゴンドウ


ついさっきまで自由に泳いでいたハナゴンドウたち。
悲しい。
動物たちを解放したいです。

[Risso’s dolphins to be dismantled]


They were swimming freely until just a while ago.
Sad.
I want to liberate animals.

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

 

ゴンドウくじらの遺体/Pilot whale corpse|動物解放団体リブ

ゴンドウくじらの遺体


右側がゴンドウたちの内臓。「うでもの」(茹で物)と呼ばれます。
左側がゴンドウたちの骨の隙間の筋肉や軟骨。「ほねはぎ」(骨剥ぎ)と呼ばれます。
自然の中で自由に生きていたイルカやクジラがこのような姿になります。

イルカ、クジラ、そして全ての動物たちは、自分自身の人生を謳歌する権利があります。
イルカに自由を。
動物を解放しよう。

※ここでいうゴンドウくじらとは、ゴンドウ系のクジラのうち、捕獲対象種であるカズハゴンドウ、ハナゴンドウ 、コビレゴンドウ、オキゴンドウの4種類のいずれか。

Pilot whale corpse


The right side is the internal organs of the pilot whales. It is called “Udemono” (boiled food).
The left side is the muscle and cartilage in the gap between the bones of the pilot whales. It is called “Honehagi” (bone stripping).
Dolphins and whales that lived freely in nature look like this.

Dolphins, whales, and all animals have the right to enjoy their own lives.
Freedom for dolphins.
Let’s release the animals.

※The term “Gondo whale” here is one of the four species to be captured: Melon-headed whale, Risso’s dolphin, Short-finned pilot whale, and False killer whale.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

本日 太地町に向かいます/Today, I will head to Taiji|動物解放団体リブ

本日、太地町に向かいます。

これから来年の7月まで、太地町をはじめとして、東京、島嶼部、岩手など日本各地を移動しながら活動を行います。

今の日本は、イルカたちにとって世界で一番危険な場所です。
日本に近づけば、捕獲され水族館に売られるリスク、殺されるリスクが高まります。
私は、日本を世界で一番イルカを愛する国にしたいと思っています。

イルカ漁や水族館、つまりイルカへの暴力や搾取に賛成するのが愛国者のような空気がありますが、それは違うと私は思います。
イルカや動物と共に、この美しい日本の自然を共有し生きるのが、郷土愛を体現する真の愛国者であると信じます。

ぜひ、みなさんもイルカのこと、日本のことについて知っていただければ嬉しいです。
一人の変化は、現実を変えていきます。
イルカを救えるのは、他でもない、私たちです。

これからしばらく、中継が増えると思います。
その中ではイルカたちや、イルカ産業の知識なども伝えていきます。
お役に立つと思いますので、ご覧ください。
(目黑峯人)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


Today, I will head to Taiji.
From now until July of next year, I will be active while moving around Taiji-cho, Tokyo, islands, Iwate and other parts of Japan.

Japan is the most dangerous place for dolphins in the world.
Dolphins are at increased risk of being captured and killed as they approach Japan.
I want to make Japan a country that loves dolphins.

There is patriotism in favor of dolphin hunting and aquariums, violence and exploitation of dolphins, but I think that is not the case.
I believe that sharing and living this beautiful Japanese nature with dolphins and animals is a true patriot who embodies local love.

I hope everyone will learn more about dolphins and Japan.
The change of one person changes the reality.
We are the only ones who can save dolphins.

I think the number of broadcasts will increase for a while.
I will also share information about dolphins and the dolphin industry.
I think it will be useful, so please have a look.

(Mineto Meguro)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

9月、イルカ漁が始まる|動物解放団体リブ

今年もまた9月になると同時に、イルカ漁の猟期に入ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」   

太地町の三軒町長の言葉です。 

2014117日、追い込み漁によりアルビノのバンドウイルカが捕獲されました。

この時、同時に約233頭のバンドウイルカの群れが追い込まれました。 

まだ1歳の子どもだった、アルビノのイルカ。 

母親をはじめ、家族や仲間の群れはどうしても目立ってしまう アルビノの子供イルカを真ん中におき、取り囲み 大勢で守りながら泳いでいたそうです。 

このようなイルカの行動に思慮深さを感じずにはいられません。 

この日捕獲された233頭のバンドウイルカの群れは、5日間にわたり選別が行われ、最終的に47頭が生体捕獲、46頭が殺されました。  

現在も 「スピカ」と名付けられたアルビノのバンドウイルカは、くじらの博物館に収容されています。 

大勢の家族や仲間で、1人の子どもを守ろうとしていたイルカたち。 

太地町長の言葉が蘇ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」 

想像力は、イルカや他の動物たちにだけ与えられたものではないはずです。

しかし太地町長の言葉に、思慮深さを感じ取ることができるでしょうか。 

決められるのは私たちです。 

イルカたちのドラマも忘れることなく、どうするべきか判断していってほしいと思います。

そのために、周知にご協力頂ければ幸いです。

 

リブ 板垣さやか

This year, it will be September again and the dolphin drive hunting season will start.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 It is the words of Mayor Sangen of Taiji Town.

 January 17, 2014, by drive-in fishing

 Albino bottlenose dolphins have been captured.

 At this time, a group of approximately 233 banded dolphins were driven at the same time.

 An albino dolphin who was still a year-old child.

 The mother, herd of family and friends

 An albino dolphin, who stands out, is placed in the middle, surrounded by many people swimming while protecting.

 I can’t help feeling “thoughtfulness” in these dolphin behaviors.

 The herd of 233 bottlenose dolphins captured that day was screened for 5 days, eventually 47 were captured live and 46 were killed.

 The Albino bottlenose dolphin, still named “Spica”, is housed in the Whale Museum.

 A large number of families and friends, dolphins trying to protect one child.

 The words of Mayor Taiji come back to life.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 Imagination isn’t just for dolphins and other animals.

 However, is it possible to feel “thoughtfulness” in the words of Mayor Taiji?

 We can decide.

 I would like you to decide what to do without forgetting the dolphins’ drama.

 Therefore, we would appreciate it if you could cooperate with us.

 Lib Sayaka Itagaki

クラウドファンディング終了しました/Crowdfunding finished|動物解放団体リブ

【クラウドファンディング終了しました】

クラウドファンディングが成立、ネクストゴールも達成しました。
現在 出発のための準備を行なっています。

クラウドファンディングを通して、これまでイルカ漁について知らなかった多くの方々に知っていただくことができました。
特にSalesforceの岡本様と、Still a VeganのJaysonさんのご尽力は、未来に続く多大な効果をもたらされたと思います。
コラボできてよかったです。

また、プロジェクトを陰で支え、広め、支援を獲得してくださった方もいらっしゃいます。
書籍についても、引き続き一緒に進めていきたいと思います。

プロジェクトの進捗は、随時SNSやウェブサイトで発信します。
ご参加ご支援いただいた方々、シェアしていただいた方々、応援していただいた方々、ありがとうございました。

皆さんと共に、イルカの解放、動物の解放に進んでいけることを光栄に思います。


[Crowdfunding finished]

Crowdfunding was successful and the next goal was achieved.
I am preparing for departure.

Through crowdfunding, we were able to get to know many people who did not know about dolphin hunting until now.
In particular, the efforts of Ms. Okamoto of Salesforce and Mr. Jayson of Still a Vegan have brought great effects that will continue into the future.
It was a good collaboration.

There are also people who have supported, spread and gained support for the project.
I would like to continue working on the book together.

The progress of the project will be announced on SNS and websites.
We would like to thank all those who supported us.

I am honored to work with you to liberate dolphins and animals.