笑えない お笑いイルカショー(アドベンチャーワールド)|動物解放団体リブ

実際にイルカ漁を見て、水族館用にイルカが捕まえられ、イルカトレーナーに連れ去られ、残された家族が殺された姿を見、イルカショーの見え方が変わりました

イルカ漁にはイルカトレーナーも参加しています。

イルカトレーナーが、イルカを自然から引き離してきているという事実も知られていません。

書籍「イルカ漁」ではそのような実態もしっかり記述します。

イルカを守りたい方、自然に、自由に生きているイルカが好きな方、ぜひプロジェクトにご支援ください。

【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

支配 被支配:カマイルカ 吻 (ふん) を手につけさせる|動物解放団体リブ

イルカとイルカトレーナーには、信頼関係があるといいます。

あなたは、誰かに自由を奪われ、監禁され、芸をしないと食べ物をもらえず
その誰かは、あなたに働かせることによって、お金儲けをし生活費を稼いでいます。

それは信頼関係と言えるでしょうか。

自然から捕らえられたイルカを、海に返し、そこにイルカトレーナーと昔の家族がいたら、イルカはどちらを選ぶでしょう。
あなただったらどちらを選びますか?


【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


なぜ水族館でイルカを飼育してはいけないのか ①|動物解放団体リブ

この映像は、イルカの異常行動を捉えたもの。
のとじま水族館のカマイルカです。


【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


水族館でイルカを飼育してはいけない理由の一つは、異常行動

異常行動とは、動物園や水族館に監禁された動物の精神的な症状が、行動に表現されたもの。
人間の場合、拘禁精神病拘禁反応と呼ばれ、刑務所や精神病棟等に監禁された人などに現れます。

イルカの異常行動は
・自傷
・嘔吐
・仲間への攻撃
・自殺

など水族館のイルカは精神的な危機下にあります。

〔異常行動リスト:イルカ〕

イルカの異常行動が現れるのは、ショーではなく、その合間です。

ただ浮いているだけ、という行動も異常行動
見たことがある方もいるかもしれません。

自然のイルカは、遊んでるか、食べてるか、寝てるか。
じっと浮いているだけのイルカは、自然界ではあり得ません。

肉体的な苦痛も辛いですが、精神的な苦痛も辛いものです。
外傷的な苦痛は見てわかりますが、精神的な苦痛は知識をもってじっくり観察する必要があります。

監禁され、利用されているイルカは苦しんでいる
ということを一人でも多くの人に伝えていくことによって、イルカに共感し、守り、解放しようとする人を増やします。

そのきっかけとなる本を書き上げるプロジェクト、ご賛同いただける方は、クラウドファンディングへのご参加ご支援をお願いいたします。

イルカを助けましょう。

Readyforの記事はこちら
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting/announcements/136448

2日目支援者19名 〜最初のクラウドファンディングについて思い出すこと〜|動物解放団体リブ

【クラウドファンディング実施中】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

目標金額 130万円
支援金額  21万円
必要金額 109万円

終了日 7月23日(海の日)
残日数 36日
(2020年6月17日時点)

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございます。

↓ プロジェクトページはこちら(画像をクリック)


3年前に行った最初のクラウドファンディング
「日本一周!動物園水族館調査【北日本編】」
を思い出していました。

最初のクラファンは、事前にメールを出し、かなり準備を整えてからスタートしました。
しかし、今回のクラファンは、事前のお願いも一切せず、告知もせず、いきなりプロジェクトを公開しました。

このやり方で成功するかどうかは、
自分やリブが信頼されているか否か、
これまでの活動が評価されているか否か
で決まります。

信頼されず、評価されていなければ、集まらない。
信頼され、評価されていれば、集まる。
これはチャレンジでした。

結果、これだけの方が、やり遂げることを信じ支援してくださいました。

前回は、リブ立ち上げと同時にクラファンを行いました。
その時点で、私には実績もなく、やり遂げるかどうかも、わからない状態でした。

今回は、日本一周調査というハードなプロジェクトをやり遂げたという実績があります。
ここ2日間で支援してくださった方々も、信頼をもって力を貸してくれていることを感じています。

思い返すに、最初のクラウドファンディングで支援してくださった方々はよく、あの当時の、実績も何も無い私に支援してくださったと思います。
感謝しきりです。

現在、データベースの基盤、すべての施設をMAPに載せる作業は完成しました。
あとは、最終的な完成に向けて、施設ごと調整しているところです。


下記のウェブサイトのトップページにMAPがあります。
ご活用ください(「21 サンピアザ水族館」まで完成)
重要なデータベースであることがわかると思います。
 ↓
NPO法人 動物解放団体リブ

引き続き、
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』
への、ご参加ご支援をお待ちしております。

共にイルカを守りましょう。

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

↓ プロジェクトページはこちら(画像をクリック)

初日9名の方が応援 〜書籍『イルカ漁』の内容〜|動物解放団体リブ

【クラウドファンディング実施中】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

目標金額 130万円
支援金額   9万円
必要金額 121万円

終了日 7月23日(海の日)
残日数 36日
(2020年6月15日時点)

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございます。

ぜひご参加ご支援ください。
一緒に世の中を変えましょう。

プロジェクト内容とご支援はこちらから
 ↓
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

書籍『イルカ漁』について

私は、いつの日がイルカを解放する日が来ると信じています。
そのための、今後の日本のイルカ解放活動の基盤となる、バイブルのような本を書く心構えで、このプロジェクトに望んでいます。

現時点での目次を共有します。
この書籍で、イルカ漁のすべてを網羅するつもりです。


目次

はじめに

第一部 立場
 第一章 動物解放とは
     動物解放は、自由・権利など哲学的・普遍性を目指す社会的進化の延長にある
 第二章 動物利用問題 
 第三章 動物利用問題におけるイルカ利用の位置付け

第二部 イルカとは
 第一章 伝説
 第二章 イルカとは(進化・生態・種類・分布)
 第三章 イルカと人間
  第一節 イルカを搾取する(イルカ漁のある地域)
  第二節 イルカと共存する(人間を助けた例 壱岐)

第三部 イルカ漁
 第一章 イルカ漁の歴史
 第二章 イルカ漁の概要
  第一節 免許 漁期 捕獲枠 捕獲量の推移
  第二節 イルカ漁師
 第三章 イルカ漁の実際
  第一節 手順
 第四章 現代イルカビジネス
  第一節 イルカ肉と水族館
  第二節 ビジネスモデル(値段・くじらの海・輸出・輸入)
  第三節 利益
 第五章 利権構造
  第一節 官(水産庁 IWC レッドリスト 調査方法)
  第二節 政治(自民党 水族館議連 捕鯨議連)
  第三節 学術(近畿大学・京都大学・三重大学等)
  第四節 報
 第六章 今後の展開
  第一節 イルカ漁の未来
  第二節 繁殖・養殖へ

第四部 水族館
 第一章 概要(数 リスト 特徴分析)
 第二章 蛇口(繁殖:人工授精 混獲)
 第三章 イルカの異常行動
 第四章 薬漬け
 第五章 イルカトレーナー  シャチトレーナー
 第六章 客の認識

第五部 イルカを守る人々
 第一章 歴史
 第二章 プレーヤー(団体 イベント インタビュー)
 第三章 成果(法律 映画 本 学者 解放 サンクチュアリ)
 第四章 日本の現状 

第六部 未来 
 第一章 ビジョン
 第二章 リブの事業
 第三章 あなたにできること


イルカたちのため、ご支援ください。

クラウドファンディング
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 ↓ 画像をクリック