東北ツアーレポ:野ざらしにされたクジラの骨/ Tohoku Survey Report: Whale Bone|動物解放団体リブ

東北ツアーレポ:野ざらしにされたクジラの骨

日本の小型捕鯨を行う会社の一つ「外房捕鯨」の宮城県 鮎川出張所。

クジラの骨が野ざらしにされていました。
ツチクジラかミンククジラだと思われます。

歌を繋いだり、知恵を繋いだり、他種の子どもを育ててあげるなど、文化的生活を送るクジラたち。
反クジラ保護(捕鯨推進)の人々は、人類の文化の文化を守ることを旗印に、クジラたちの文化を破壊しています。

人間至上主義(ヒューマニズム)から、すべての動物の自由と尊厳を保障するアニマリズムへ。


[Tohoku Survey Report: Whale Bone]


Ayukawa branch office in Miyagi prefecture of “Sotobo Whaling”, one of the small whaling companies in Japan.

The bones of the whale were left untouched.
It seems to be a Baird’s Beaked Whale or a Minke whale.

Whales lead a cultural life by connecting songs, connecting wisdom, and raising children of other species.
Anti-whale protection people are destroying the culture of whales in order to protect the culture of human culture.

From humanism to animalism that guarantees the freedom and dignity of all animals.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation


〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

東北ツアーレポ:小型捕鯨漁船/ Tohoku Survey Report: Small Whaling Boat|動物解放団体リブ

【東北ツアーレポ:小型捕鯨漁船】


宮城県 桃浦漁港の横の道路を入っている時、偶然停泊しているの気がつき撮影した、小型捕鯨船5隻の内の3隻です。
・幸栄丸(第八
・大勝丸(第三)
・純友丸(第五十一)

今年の小型捕鯨はクジラが見つからず、すでに漁の中止を決めています。
ですので太地漁港に第七勝丸が帰ってきています。

クジラたちを殺す捕鯨砲が確認できます。
自由に生きるクジラたちは、ある日突然殺されます。
日本人も食やお金への欲望を抑え、かけがえのない、地球の仲間であるクジラを守る必要に目覚める必要があります。


[Tohoku Survey Report: Small Whaling Boat]


Three of the five small whaling boats I took when I happened to be moored while entering the road next to the Momonoura fishing port in Miyagi prefecture.
・ Koei Maru (No.8)
・ Daikatsu Maru (No.3)
・ Junyumaru (No.51)

No whales were found in this year’s small whaling, and they have already decided to stop whaling.
Therefore, the 7th Katsumaru is back at the Taiji fishing port.

You can see the harpoon cannon that kills the whales.
Free-living whales are suddenly killed one day.
Anti-whale protectors need to awaken to the need to curb their desire for food and money and protect their irreplaceable, Earth-mate whales.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation


〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

黒毛和牛と言われる生きもの/Horrific life of black-haired cattle (Kuroge-wagyu)|動物解放団体リブ

【黒毛和牛と言われる生きもの】

最初から殺される計画で誕生させられて、親子愛を引き裂かれて、太るための飼料だけ与えられて、来る日も来る日も、つながれたままの不自由で不快な毎日。そして最期に恐怖の中、殺されていく。
こんな悲しい生涯🐃が、他にあろうか。

2020年8月             
日本での牛🐃🐂の屠殺数 81800

彼等に【苦しむ能力】がある以上、その精神的、肉体的苦痛は我々人類が、その立場になって受ける感覚となんら変わらない。

あなたなら、「感謝」と引き換えに受け入れられますか?

動物解放団体リブ 宮田龍治

Horrific life of black-haired cattle (Kuroge-wagyu)

They are brought into this life already destined to be killed, tearing mother and child love, hooked for life, frightened everyday just waiting for the day to be slaughtered… how can we possibly imagine what a sad life of theirs !Those poor beings who are named as “livestock’s”

Total number of slaughter of cows, in japan August2020. 81800

Since they do possess the sensation of pain, it is no different as we humans would be feeling when we are in their shoes …

Will you be accepted in exchange for appreciation?

Animal Libelator Ryoji Miyata