クラウドファンディング『イルカを解放しよう!』終了報告

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』 7月10日をもってプロジェクトを一旦終了いたします。

ご支援いただいた皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

【進捗】

私は終了日を7月23日だと勘違いしお知らせしていましたが、7月10日でした。
いずれにせよ、脱稿には遠く、完成までには時間がかかります。
リターンとして現在までの原稿を一旦お送りさせていただき、改めて完成版をお送りいたします。

プロジェクトの3本の軸は以下
1. イルカ漁の調査と関係者への取材
2. イルカ漁中継
3. 本を執筆し出版する
活動の総括に関しては、終了報告へ
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting/accomplish_report

【収支報告】

皆様からご支援いただいた資金は、1,760,000円。
内訳)
家賃光熱費 546,596円
車両費 649,156円
通信運搬費(Wifi、電話、切手等)  138,530円
新聞図書費(本、資料、海図)  86,677円
機材(撮影機器、周辺機材等) 226,713円
計 1,702,672円
その他消耗品等に活用させていただきました。

【最後に】

皆様のご支援、ご参加により、プロジェクトを無事終了させることができました。
本は完成しませんでしたが、引き続き執筆を続けています。
今後もイルカ解放、動物解放のために様々な活動、発信を行い、社会の変化を促していきます。

クラウドファンディングの終了報告にファンディングのお知らせで恐縮なのですが、
リブの事業を拡大するために、毎月どうぶつサポーターの募集をしています。
継続的なご支援もご検討いただければ嬉しく思います。

皆様のご参加、ご支援に重ねて感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人 動物解放団体リブ
代表 目黒峰人


【毎月どうぶつサポーター募集】
¥1,000円/month〜
リブの活動はご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択(1,000円〜)


【電子書籍】
『動物園水族館閉鎖』
http://u0u0.net/bffw
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

折れ曲がったクジラ「リティー」は亡くなりました

The whale with a bent body, ‘Retty’ died.

2021年3月10日、私たちが映像に収めた約1ヶ月後、身体が折れ曲がってしまった オキゴンドウの「リティー」は亡くなりました。

八景島シーパラダイスによると、原因不明 だそうです。

水族館側は 繰り返し、この病気は自然界でもあり得ることだ、と言っていました。

インタビューで、飼育員はオキゴンドウについて
社会性が強く、仲間に 自分のごはんを分け与えるというエピソードを語っています。

しかし 水族館は、広い海で自由に泳いでいた 仲間思いの「リティ」をたくさんの仲間や家族から引き離しました

そして 水族館は、野生動物だった「リティー」をコンクリートの小さなプールに収容し、
14年もの長きにわたり、ショーをさせました

水族館は「リティー」に 自然界ではあり得ないことを強いてきました。

水族館の言う通り、「自然界でもあり得る病気で、ケアにベストを尽くした」から良いのでしょうか。

【折れ曲がったクジラ「リティー」】は 不自然な環境の中、その生命を終わらせました

「リティー」のためにも、このことを周りの方々や水族館に伝え、是非を問うて頂ければと思います。

また、次の「リティー」を生まないために署名にご協力ください。

【署名】

イルカの赤ちゃん・子ども・母親たちを守ろう!
~イルカ追い込み漁で捕獲殺害をしない規定を求めます~

http://chng.it/z9QhxHWD6k

________________

[Petition]

Save baby, young, mother dolphins! 

~ We request a provision on capture by drive hunting ~

http://chng.it/6mnLM4qPW6

「リティー」の動画 2021.2.11

参考資料http://www.seaparadise.co.jp/file/20210310_okigondou_lxgkkpmdkbixktiywpnuiefvbvncrbtv.pdf
(リブ 板垣さやか)

________________________

【A-40 横浜 八景島シーパラダイス/Yokohama Hakkeijima Sea Paradise】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕FB/Tw/Insta/YouTube

〔連絡先〕TEL:045-788-8888
住所:236-0006 神奈川県横浜市八景島
Web:http://www.seaparadise.co.jp/
_______________

【毎月どうぶつサポーター募集】
¥1,000円/month~
リブの活動はご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
① https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択(1,000円~)

________________

【電子書籍】

『動物園水族館閉鎖』

日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

http://u0u0.net/bffw

#横浜八景島シーパラダイス #八景島シーパラダイス #八景島 #シーパラダイス #シーパラ #ドルフィンファンタジー #アクアミュージアム #ふれあいラグーン #イルカ #イルカショー #バンドウイルカ #カマイルカ #オキゴンドウ #Project0イルカ #日本のイルカを0に #イルカに自由を #水族館閉鎖 #Hakkeijima #SeaParadise #falsekillerwhale #Retty

東北ツアーレポ:野ざらしにされたクジラの骨/ Tohoku Survey Report: Whale Bone|動物解放団体リブ

東北ツアーレポ:野ざらしにされたクジラの骨

日本の小型捕鯨を行う会社の一つ「外房捕鯨」の宮城県 鮎川出張所。

クジラの骨が野ざらしにされていました。
ツチクジラかミンククジラだと思われます。

歌を繋いだり、知恵を繋いだり、他種の子どもを育ててあげるなど、文化的生活を送るクジラたち。
反クジラ保護(捕鯨推進)の人々は、人類の文化の文化を守ることを旗印に、クジラたちの文化を破壊しています。

人間至上主義(ヒューマニズム)から、すべての動物の自由と尊厳を保障するアニマリズムへ。


[Tohoku Survey Report: Whale Bone]


Ayukawa branch office in Miyagi prefecture of “Sotobo Whaling”, one of the small whaling companies in Japan.

The bones of the whale were left untouched.
It seems to be a Baird’s Beaked Whale or a Minke whale.

Whales lead a cultural life by connecting songs, connecting wisdom, and raising children of other species.
Anti-whale protection people are destroying the culture of whales in order to protect the culture of human culture.

From humanism to animalism that guarantees the freedom and dignity of all animals.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation


〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

東北ツアーレポ:小型捕鯨漁船/ Tohoku Survey Report: Small Whaling Boat|動物解放団体リブ

【東北ツアーレポ:小型捕鯨漁船】


宮城県 桃浦漁港の横の道路を入っている時、偶然停泊しているの気がつき撮影した、小型捕鯨船5隻の内の3隻です。
・幸栄丸(第八
・大勝丸(第三)
・純友丸(第五十一)

今年の小型捕鯨はクジラが見つからず、すでに漁の中止を決めています。
ですので太地漁港に第七勝丸が帰ってきています。

クジラたちを殺す捕鯨砲が確認できます。
自由に生きるクジラたちは、ある日突然殺されます。
日本人も食やお金への欲望を抑え、かけがえのない、地球の仲間であるクジラを守る必要に目覚める必要があります。


[Tohoku Survey Report: Small Whaling Boat]


Three of the five small whaling boats I took when I happened to be moored while entering the road next to the Momonoura fishing port in Miyagi prefecture.
・ Koei Maru (No.8)
・ Daikatsu Maru (No.3)
・ Junyumaru (No.51)

No whales were found in this year’s small whaling, and they have already decided to stop whaling.
Therefore, the 7th Katsumaru is back at the Taiji fishing port.

You can see the harpoon cannon that kills the whales.
Free-living whales are suddenly killed one day.
Anti-whale protectors need to awaken to the need to curb their desire for food and money and protect their irreplaceable, Earth-mate whales.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation


〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

本日2020年4月29日 ウェビナー 第五回 水族館閉鎖|動物解放団体リブ

本日は、水族館についてです。
イルカ漁を止めるには、需要、つまり水族館を閉鎖させなければいけません。
(写真は八景島シーパラダイスのコビレゴンドウ)

[内容]
1. 日本の水族館
2. イルカ監禁水族館は関東以西がほとんど
3. 監禁しているのは水族館ばかりではない
4. 下劣系イルカショーTOP5=特に力を入れるべき施設
5. 日本のシャチの監禁のリーダー
6. イルカ漁をやめさせるには、関東以西の活動が鍵
7. 日本の水族館だけを解決してもイルカ漁は止まらない

イルカを心配する方々が真剣に学び、話し合う貴重なイベント。
ご参加いただければ幸いです。

[時間割]
 20:30 ZoomのURL送付
  ※参加申し込みは19:30締切。
  ※メールアドレスへ一括送付します。
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]アンケートに記入し、メールで申し込む
 以下のアンケートにご記入の上、animal.liberator.net@gmail.comにお申込みください。
 ※すでにお申し込みの方は申し込み不要です。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]
 1回 500円。
 単発での受講も可能です。
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[Zoomの用意]
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。

[開催概要]
日本ではイルカ漁は伝統文化だとされています。
しかしその実態はほとんど知られていません。
・イルカ漁には、イルカトレーナーや水族館関係者が参加している。
・日本の太地町は、世界中の水族館への世界最大のイルカ供給基地である。
水族館やメディアは実態を伝えようとしません。
これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターし、日本中すべての水族館を調査した、動物解放団体リブの目黒が、イルカ漁の全体像をお伝えします。

[日程]
 終了 4月1日(水) 第一回 イルカの種類と捕獲枠
 終了 4月8日(水) 第二回 太地町と日本と世界
 終了 4月15日(水) 第三回 イルカ漁の手順
 終了 4月22日(水) 第四回 イルカ漁調査の手順
◯4月29日(水) 第五回 水族館閉鎖(¥500)
 5月6日(水) 第六回 イルカ漁からの卒業(〃)