黒毛和牛と言われる生きもの/Horrific life of black-haired cattle (Kuroge-wagyu)|動物解放団体リブ

【黒毛和牛と言われる生きもの】

最初から殺される計画で誕生させられて、親子愛を引き裂かれて、太るための飼料だけ与えられて、来る日も来る日も、つながれたままの不自由で不快な毎日。そして最期に恐怖の中、殺されていく。
こんな悲しい生涯🐃が、他にあろうか。

2020年8月             
日本での牛🐃🐂の屠殺数 81800

彼等に【苦しむ能力】がある以上、その精神的、肉体的苦痛は我々人類が、その立場になって受ける感覚となんら変わらない。

あなたなら、「感謝」と引き換えに受け入れられますか?

動物解放団体リブ 宮田龍治

Horrific life of black-haired cattle (Kuroge-wagyu)

They are brought into this life already destined to be killed, tearing mother and child love, hooked for life, frightened everyday just waiting for the day to be slaughtered… how can we possibly imagine what a sad life of theirs !Those poor beings who are named as “livestock’s”

Total number of slaughter of cows, in japan August2020. 81800

Since they do possess the sensation of pain, it is no different as we humans would be feeling when we are in their shoes …

Will you be accepted in exchange for appreciation?

Animal Libelator Ryoji Miyata

バラバラにされるハナゴンドウ/Risso’s dolphins to be dismantled|動物解放団体リブ

バラバラにされるハナゴンドウ


ついさっきまで自由に泳いでいたハナゴンドウたち。
悲しい。
動物たちを解放したいです。

[Risso’s dolphins to be dismantled]


They were swimming freely until just a while ago.
Sad.
I want to liberate animals.

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

〔動物園水族館閉鎖〕

電子書籍『動物園水族館閉鎖
日本一周 動物園水族館調査を元に、動水問題を網羅し徹底的に批判した書籍。
ご購入はこちら

 

ゴンドウくじらの遺体/Pilot whale corpse|動物解放団体リブ

ゴンドウくじらの遺体


右側がゴンドウたちの内臓。「うでもの」(茹で物)と呼ばれます。
左側がゴンドウたちの骨の隙間の筋肉や軟骨。「ほねはぎ」(骨剥ぎ)と呼ばれます。
自然の中で自由に生きていたイルカやクジラがこのような姿になります。

イルカ、クジラ、そして全ての動物たちは、自分自身の人生を謳歌する権利があります。
イルカに自由を。
動物を解放しよう。

※ここでいうゴンドウくじらとは、ゴンドウ系のクジラのうち、捕獲対象種であるカズハゴンドウ、ハナゴンドウ 、コビレゴンドウ、オキゴンドウの4種類のいずれか。

Pilot whale corpse


The right side is the internal organs of the pilot whales. It is called “Udemono” (boiled food).
The left side is the muscle and cartilage in the gap between the bones of the pilot whales. It is called “Honehagi” (bone stripping).
Dolphins and whales that lived freely in nature look like this.

Dolphins, whales, and all animals have the right to enjoy their own lives.
Freedom for dolphins.
Let’s release the animals.

※The term “Gondo whale” here is one of the four species to be captured: Melon-headed whale, Risso’s dolphin, Short-finned pilot whale, and False killer whale.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

中期計画第二弾 【畜産】開始/medium-term plan “Livestock Industry”|動物解放団体リブ

中期計画第二弾 【畜産】開始

2017年の9月4日にリブを設立、当初の中期計画通り、本日2020年の9月4日から畜産に事業範囲を拡大します。


畜産業で特に注力するのは、です。
イルカの事業実施中ですが、順次 情報収拾を行い、皆様に共有します。

リブの事業フローは、
情報収拾→分析→目標設定→戦略→実行

まずは情報収拾から。
イルカに関する書籍を書き上げた後、本格的に畜産を手がけます。

目黑峯人


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

Start of the second medium-term plan “Livestock Industry”

LIB was established on September 4, 2017, and the business scope will be expanded to the livestock industry from September 4, 2020 today, as originally planned.


A particular focus of the livestock industry is cattle and horses.
We are currently conducting a project on dolphin hunting, but we will collect information in sequence and share it with everyone.

The LIB project flow is
Information collection → analysis → target setting → strategy → execution

First, collect information.
After writing a book about the dolphin industry, we will be working on the livestock industry in earnest.

Mineto Meguro


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

本日 太地町に向かいます/Today, I will head to Taiji|動物解放団体リブ

本日、太地町に向かいます。

これから来年の7月まで、太地町をはじめとして、東京、島嶼部、岩手など日本各地を移動しながら活動を行います。

今の日本は、イルカたちにとって世界で一番危険な場所です。
日本に近づけば、捕獲され水族館に売られるリスク、殺されるリスクが高まります。
私は、日本を世界で一番イルカを愛する国にしたいと思っています。

イルカ漁や水族館、つまりイルカへの暴力や搾取に賛成するのが愛国者のような空気がありますが、それは違うと私は思います。
イルカや動物と共に、この美しい日本の自然を共有し生きるのが、郷土愛を体現する真の愛国者であると信じます。

ぜひ、みなさんもイルカのこと、日本のことについて知っていただければ嬉しいです。
一人の変化は、現実を変えていきます。
イルカを救えるのは、他でもない、私たちです。

これからしばらく、中継が増えると思います。
その中ではイルカたちや、イルカ産業の知識なども伝えていきます。
お役に立つと思いますので、ご覧ください。
(目黑峯人)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


Today, I will head to Taiji.
From now until July of next year, I will be active while moving around Taiji-cho, Tokyo, islands, Iwate and other parts of Japan.

Japan is the most dangerous place for dolphins in the world.
Dolphins are at increased risk of being captured and killed as they approach Japan.
I want to make Japan a country that loves dolphins.

There is patriotism in favor of dolphin hunting and aquariums, violence and exploitation of dolphins, but I think that is not the case.
I believe that sharing and living this beautiful Japanese nature with dolphins and animals is a true patriot who embodies local love.

I hope everyone will learn more about dolphins and Japan.
The change of one person changes the reality.
We are the only ones who can save dolphins.

I think the number of broadcasts will increase for a while.
I will also share information about dolphins and the dolphin industry.
I think it will be useful, so please have a look.

(Mineto Meguro)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation