9月、イルカ漁が始まる|動物解放団体リブ

今年もまた9月になると同時に、イルカ漁の猟期に入ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」   

太地町の三軒町長の言葉です。 

2014117日、追い込み漁によりアルビノのバンドウイルカが捕獲されました。

この時、同時に約233頭のバンドウイルカの群れが追い込まれました。 

まだ1歳の子どもだった、アルビノのイルカ。 

母親をはじめ、家族や仲間の群れはどうしても目立ってしまう アルビノの子供イルカを真ん中におき、取り囲み 大勢で守りながら泳いでいたそうです。 

このようなイルカの行動に思慮深さを感じずにはいられません。 

この日捕獲された233頭のバンドウイルカの群れは、5日間にわたり選別が行われ、最終的に47頭が生体捕獲、46頭が殺されました。  

現在も 「スピカ」と名付けられたアルビノのバンドウイルカは、くじらの博物館に収容されています。 

大勢の家族や仲間で、1人の子どもを守ろうとしていたイルカたち。 

太地町長の言葉が蘇ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」 

想像力は、イルカや他の動物たちにだけ与えられたものではないはずです。

しかし太地町長の言葉に、思慮深さを感じ取ることができるでしょうか。 

決められるのは私たちです。 

イルカたちのドラマも忘れることなく、どうするべきか判断していってほしいと思います。

そのために、周知にご協力頂ければ幸いです。

 

リブ 板垣さやか

This year, it will be September again and the dolphin drive hunting season will start.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 It is the words of Mayor Sangen of Taiji Town.

 January 17, 2014, by drive-in fishing

 Albino bottlenose dolphins have been captured.

 At this time, a group of approximately 233 banded dolphins were driven at the same time.

 An albino dolphin who was still a year-old child.

 The mother, herd of family and friends

 An albino dolphin, who stands out, is placed in the middle, surrounded by many people swimming while protecting.

 I can’t help feeling “thoughtfulness” in these dolphin behaviors.

 The herd of 233 bottlenose dolphins captured that day was screened for 5 days, eventually 47 were captured live and 46 were killed.

 The Albino bottlenose dolphin, still named “Spica”, is housed in the Whale Museum.

 A large number of families and friends, dolphins trying to protect one child.

 The words of Mayor Taiji come back to life.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 Imagination isn’t just for dolphins and other animals.

 However, is it possible to feel “thoughtfulness” in the words of Mayor Taiji?

 We can decide.

 I would like you to decide what to do without forgetting the dolphins’ drama.

 Therefore, we would appreciate it if you could cooperate with us.

 Lib Sayaka Itagaki

クラウドファンディング終了しました/Crowdfunding finished|動物解放団体リブ

【クラウドファンディング終了しました】

クラウドファンディングが成立、ネクストゴールも達成しました。
現在 出発のための準備を行なっています。

クラウドファンディングを通して、これまでイルカ漁について知らなかった多くの方々に知っていただくことができました。
特にSalesforceの岡本様と、Still a VeganのJaysonさんのご尽力は、未来に続く多大な効果をもたらされたと思います。
コラボできてよかったです。

また、プロジェクトを陰で支え、広め、支援を獲得してくださった方もいらっしゃいます。
書籍についても、引き続き一緒に進めていきたいと思います。

プロジェクトの進捗は、随時SNSやウェブサイトで発信します。
ご参加ご支援いただいた方々、シェアしていただいた方々、応援していただいた方々、ありがとうございました。

皆さんと共に、イルカの解放、動物の解放に進んでいけることを光栄に思います。


[Crowdfunding finished]

Crowdfunding was successful and the next goal was achieved.
I am preparing for departure.

Through crowdfunding, we were able to get to know many people who did not know about dolphin hunting until now.
In particular, the efforts of Ms. Okamoto of Salesforce and Mr. Jayson of Still a Vegan have brought great effects that will continue into the future.
It was a good collaboration.

There are also people who have supported, spread and gained support for the project.
I would like to continue working on the book together.

The progress of the project will be announced on SNS and websites.
We would like to thank all those who supported us.

I am honored to work with you to liberate dolphins and animals.

本日 7月21日 インスタでコラボライブ配信|動物解放団体リブ

【残り57時間 25万円 ネクストゴール166万円】


本日 7月21日(火) 20:00〜 Still a Veganさんと、
インスタでコラボライブ配信!

イルカについてお話します。

ライブ配信はこちらから
stillavegan
https://www.instagram.com/stillavegan/


【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


Live collaboration with Still a Vegan on Instagram!

Today 21st July (Tue) 20:00-

[Crowd funding]

“Let’s liberate dolphins! ~ Survey, interview and book writing on dolphin hunting ~”

Target amount of 1,660,000 yen (≒ $12,105)
Support amount 1,410,000 yen
Required amount: 250,000 yen

End date July 23 (sea day)
57 hours remaining

Please support us.
https://animal-liberator.net/animal-liberator/readyfor-dolphinhunting1

太地町で覚える湾の名前は二つ 畠尻湾/ 森浦湾|動物解放団体リブ

畠尻湾(はたけじりわん)は、イルカを殺し捕獲する湾。「The Cove」の舞台。
森浦湾(もりうらわん)は、イルカを繁殖させる湾。

畠尻湾(The Cove)(Googleマップ)
https://goo.gl/maps/Ac4NtZ45AKQitxcC6

森浦湾
36個の生簀が見えます。イルカの姿も見えます。
常時、繁殖用 販売用の、大量のイルカがストックされています。
https://goo.gl/maps/FzXpLaqcp3ETr1S87


クラウドファンディング実施中
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額  46万円
 必要金額  84万円

 終了日 7月23日(海の日)
 残日数 25日

ご参加、ご支援はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


森浦湾を仕切り、
①イルカの繁殖・販売
②観光客にイルカとのふれあいなどをさせる
ビジネスが計画されています。
今年中に完成予定。

イルカ産業は、イルカを家畜化することによって、入手できるサイクルを構築しようとしています。

ゆえに、各水族館は生き残りをかけて、
繁殖の研究(大学と協働)
イルカの貸し借り(ブリーディングローン)
人工授精(人間によるレイプ)
を行なっています。

森浦湾は、イルカの繁殖を大規模に行い、世界の水族館のイルカ供給基地となろうとしています。

水族館がある限り、不幸なイルカはいなくなりません。

では、未来のイルカの解放はどう進めるか。

水族館の観客が、イルカに共感し、お金を落とさなければ、
旨味は無くなり、
イルカを捕まえ、繁殖させるコストが合わなくなります。

つまり、
ターゲットは、観客。
目標は、イルカマーケットを淘汰。
手段は、啓発。
https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

それをいかに高度化するか。


森浦湾の写真

1 森浦湾の大量の生簀

2 カマイルカとイルカトレーナー

3 イカを持っている。ハナゴンドウの生簀ということ(ハナゴンドウはイカを好む)。

ヴィーガン子育て|動物解放団体リブ

ヴィーガン子育てを応援する情報サイト 『ヴィーガン子育て』さんが、動物園水族館の問題を掲載してくださっています。
丁寧な記事で、説得力があります。

クラウドファンディングの募集も呼びかけてくださっています。

ぜひご一読を。

(画像をクリック)

もう一つ、小学3年生の子が書いた、「動物園や水族館はひつようですか? 」という文章がありました。
心が揺さぶられます。

『ヴィーガン子育て』SNS
Facebook: https://www.facebook.com/vegankosodate/
Twitter: https://twitter.com/vegan_kosodate
Instagram: https://www.instagram.com/vegankosodate/


クラウドファンディング 終了日まで1ヶ月を切りました。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting