本日 太地町に向かいます/Today, I will head to Taiji|動物解放団体リブ

本日、太地町に向かいます。

これから来年の7月まで、太地町をはじめとして、東京、島嶼部、岩手など日本各地を移動しながら活動を行います。

今の日本は、イルカたちにとって世界で一番危険な場所です。
日本に近づけば、捕獲され水族館に売られるリスク、殺されるリスクが高まります。
私は、日本を世界で一番イルカを愛する国にしたいと思っています。

イルカ漁や水族館、つまりイルカへの暴力や搾取に賛成するのが愛国者のような空気がありますが、それは違うと私は思います。
イルカや動物と共に、この美しい日本の自然を共有し生きるのが、郷土愛を体現する真の愛国者であると信じます。

ぜひ、みなさんもイルカのこと、日本のことについて知っていただければ嬉しいです。
一人の変化は、現実を変えていきます。
イルカを救えるのは、他でもない、私たちです。

これからしばらく、中継が増えると思います。
その中ではイルカたちや、イルカ産業の知識なども伝えていきます。
お役に立つと思いますので、ご覧ください。
(目黑峯人)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


Today, I will head to Taiji.
From now until July of next year, I will be active while moving around Taiji-cho, Tokyo, islands, Iwate and other parts of Japan.

Japan is the most dangerous place for dolphins in the world.
Dolphins are at increased risk of being captured and killed as they approach Japan.
I want to make Japan a country that loves dolphins.

There is patriotism in favor of dolphin hunting and aquariums, violence and exploitation of dolphins, but I think that is not the case.
I believe that sharing and living this beautiful Japanese nature with dolphins and animals is a true patriot who embodies local love.

I hope everyone will learn more about dolphins and Japan.
The change of one person changes the reality.
We are the only ones who can save dolphins.

I think the number of broadcasts will increase for a while.
I will also share information about dolphins and the dolphin industry.
I think it will be useful, so please have a look.

(Mineto Meguro)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

狭すぎる新屋島水族館のイルカプール / Too small tank for dolphin in Shin-Yashima Aquarium | 動物解放団体リブ

狭い水槽に入れられた新屋島水族館のイルカ達 Captive dolphins kept imprisoned in such a small tank.

【狭すぎる新屋島水族館のイルカプール】

これほど窮屈なプールがあるでしょうか? 香川県新屋島水族館のイルカプールは非常に狭くて汚い。太地のイルカ猟でつかまり、連れてこられたイルカたちのうつろな目。1日100kmもの海を泳げるイルカにとって、最悪の環境です。胸をレーザーで焼かれ、口元と尾びれに痛々しい傷があるイルカも入れられています。ケガの治療はきちんと行われているのでしょうか?その上、人間を頭に乗せて運んだり、ジャンプをしなければ餌もまともにもらえないイルカの苦悩を考えてほしい。イルカを監禁するすべての水族館には。

Too small tank for dolphin in Shin-Yashima Aquarium

I have never seen such a small tank for dolphin ever before. It is a very dirty and way too small tank in Shin-Yashima Aquarium, Kagawa, Japan. We can see these captive dolphins hopeless faces. They were taken here from Taiji dolphin hunt. It is no doubt for dolphins who can swim up to 100 km per day to be kept here is Hell of the world. One dolphins had laser burns on her chest and scars on her snout and tail fin also. I wonder if she has been taken an appropriate treatment by veterinarian? Dolphins here are forced to carry people on their heads and repeat cheap jumping due to beg for a little bit food each day. All aquariums which sacrifice dolphins for money have to consider more about how inhumane they have been.

「自由に泳ぎ回る賢いイルカ等のクジラ類を、水族館で完全飼育することは生物学的・生態学的に不可能である」ことを証明する世界各地の専門家20名の文書です。(Marine Connection org) Below is the scientists/marine biologists have issued a statement opposing the keeping of cetaceans in captivity and 20 of them signed for it. http://marineconnection.org/wp-content/uploads/2016/07/Scientists_statement_on_captive_cetaceans_08Feb16.pdf_______________

〔ご支援/Donation〕

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力

早死にする水族館のイルカ / Captured dolphins dying young in aquariums | 動物解放団体リブ

日本のイルカ猟でつかまった水族館のイルカ 
A captured dolphin who has been kept in the aquarium after dolphin hunt of Japan.

【早死にする水族館のイルカ】

人間につかまり水族館へ売られたイルカはとても悲惨です。
1989年、日本から米・マイアミ水族館へ輸出されたミナミバンドウイルカ2人とハナゴンドウ2人も、観客を喜ばせる奴隷にされ、全員若くして亡くなりました。

マイアミ水族館に買われて8か月後、ティアカは骨髄浮腫になって死亡。
1995年、ガンキーが胃腸炎と腸毒素血症で死亡。
1997年、ダースが急性肺及び胃出血で死亡。
2000年、最後の1人、パールが出血性潰瘍で死亡。
マイアミ水族館だけで、若い110人のイルカを亡くしました。

全国各地の水族館に閉じこめたイルカは次々早死にしています。
それでも日本は、イルカを売って儲けようと、毎日つかまえ続けます。
「助けて!」親子を引き裂くイルカ猟は、この世の地獄。
私たちが水族館へ行くたび、イルカはつかまり売られます。
本当にイルカが好きなら、水族館へ行くのをやめましょう。

Captured dolphins dying young in aquariums

Captured, miserable dolphins are imprisoned in and out of the world.
2 Pacific bottlenose dolphins and 2 Risso’s dolphins imported to Miami Seaquarium died after spending as slaves for human’s entertainment.
Tiaka succumbed to “hydroplasia of the marrow” just 8 months later.
Ganky died of “gastroenteritis and enterotoxemia” in 1995.
Darth died of “acute pulmonary & stomach hemorrhagic” in 1997.
Pearl died of “hemorrhagic ulceration” in 2000.
110 dolphins have died at only Miami Seaquarium so far. Captured dolphins have died young all over Japan. Yet Japan never stop the dolphin hunt for money every single day during the hunt season.
“Help me!” Dolphins babies and mothers are teared apart in such cruel hunt.
As long as we go to aquariums, innocent dolphins are caught day by day.

Don’t pay aquariums if you truly like dolphins.

犠牲者110人のイルカを出した米・マイアミ水族館 (Ric O’Barry’s Dolphin Project)https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/photos/a.325210180845835/3203531269680364/?type=3&theater

〔ご支援/Donation〕

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation

 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力

 




捕鯨という大罪/Big Sin of Whaling|動物解放団体リブ

自由に泳ぐミンククジラの親子

【捕鯨という大罪】

新型コロナ感染拡大中の今、国税50億円もかかる捕鯨が必要でしょうか?
4月24日青森県八戸沖で捕鯨団に殺された、何も悪くないミンククジラ。
長年捕鯨国だったアイスランドの捕鯨会社2社はすでに捕鯨中止を発表
莫大な税金をかける日本の捕鯨は、税金の無駄遣い海の環境破壊と言えます。

アイスランドの捕鯨業者、今年もクジラ漁断念(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3280325?cx_part=search

Big Sin of Whaling

Why do we have to pay our tax of 50 billion yen for whaling even when COVID-19 is still spreading all over Japan?
One Innocent Minke Whale has been slaughtered in 24/04 by Japanese whalers.(Gaibou Hogei Company, Miyagi)
Iceland 2 whaling companies declared they cancelled whaling and one of them would never start whaling anymore.
Whaling itself leads to waste of our tax and destruction of the ocean.


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)