早死にする水族館のイルカ / Captured dolphins dying young in aquariums | 動物解放団体リブ

日本のイルカ猟でつかまった水族館のイルカ 
A captured dolphin who has been kept in the aquarium after dolphin hunt of Japan.

【早死にする水族館のイルカ】

人間につかまり水族館へ売られたイルカはとても悲惨です。
1989年、日本から米・マイアミ水族館へ輸出されたミナミバンドウイルカ2人とハナゴンドウ2人も、観客を喜ばせる奴隷にされ、全員若くして亡くなりました。

マイアミ水族館に買われて8か月後、ティアカは骨髄浮腫になって死亡。
1995年、ガンキーが胃腸炎と腸毒素血症で死亡。
1997年、ダースが急性肺及び胃出血で死亡。
2000年、最後の1人、パールが出血性潰瘍で死亡。
マイアミ水族館だけで、若い110人のイルカを亡くしました。

全国各地の水族館に閉じこめたイルカは次々早死にしています。
それでも日本は、イルカを売って儲けようと、毎日つかまえ続けます。
「助けて!」親子を引き裂くイルカ猟は、この世の地獄。
私たちが水族館へ行くたび、イルカはつかまり売られます。
本当にイルカが好きなら、水族館へ行くのをやめましょう。

Captured dolphins dying young in aquariums

Captured, miserable dolphins are imprisoned in and out of the world.
2 Pacific bottlenose dolphins and 2 Risso’s dolphins imported to Miami Seaquarium died after spending as slaves for human’s entertainment.
Tiaka succumbed to “hydroplasia of the marrow” just 8 months later.
Ganky died of “gastroenteritis and enterotoxemia” in 1995.
Darth died of “acute pulmonary & stomach hemorrhagic” in 1997.
Pearl died of “hemorrhagic ulceration” in 2000.
110 dolphins have died at only Miami Seaquarium so far. Captured dolphins have died young all over Japan. Yet Japan never stop the dolphin hunt for money every single day during the hunt season.
“Help me!” Dolphins babies and mothers are teared apart in such cruel hunt.
As long as we go to aquariums, innocent dolphins are caught day by day.

Don’t pay aquariums if you truly like dolphins.

犠牲者110人のイルカを出した米・マイアミ水族館 (Ric O’Barry’s Dolphin Project)https://www.facebook.com/RicOBarrysDolphinProject/photos/a.325210180845835/3203531269680364/?type=3&theater

〔ご支援/Donation〕

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation

 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力