Animalism(アニマリズム)とは何か〜

アニマリズムの定義

動物の自由と尊厳を確立し
倫理と権利の対象とすべきであるとする主義であり
動物を社会に包摂するための指針

アニマリズムとは、ヒューマニズムを拡大したもの。
アニマリズムは、動物までを共感の対象、平等な存在として捉えます。
その上で法律や社会システムを考え直していく指針でもあります。

これまでのヒューマニズムをベースにしたやり方では、うまくいかないことは明らかです。
ヒューマニズムとは、人間至上主義とも言えます。
現在の社会状況、地球環境を見ればその失敗は明らかです。


今回、Ryuko Miura (Animal Rights Activist)さん
Animal Rights Hawai’i  http://animalrightshawaii.org/
に、The Animalistという方の、「アニマリズムとは何か?」という文章を翻訳していただきました。


ヨーロッパの動物党の中には、アニマリスト党という名前の党もあります。
日本では、何十年後になるかわかりませんが、政治的に一つの流れを作っていく兆しを感じています。

LABにアニマリスト党の情報も追加しています。
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/


以下、本文です。


【Animalism(アニマリズム)とは何か?】

What is animalism?


一言で言えば、アニマリズムはヒューマニズム(人間/人道主義)と非常に似ていますが、対象が人間だけでなく、すべての感性(五感)を持った動物も含んでいます。


ヒューマニズムとは、人間の利益や価値観に注目した理論、哲学、態度、あるいは生き方です。特徴としては、超自然主義を拒絶し、個人の尊厳と価値観、理性と思考力を通して目指す自己実現のための能力を強調する哲学です。


アニマリズムは、すべての動物の、命そのものの価値観に注目、強調した、道徳的で哲学的な思想です。アニマリズムはヒューマニズムと似ていますが、アニマリズムでは、ヒューマニズムで種が違うという理由で排除している、人間以外の感性を持つ動物も含んでいます。アニマリズムは文字通りすべての動物の健康、幸福、福利等を促進奨励する考え方です。


アニマリストは、動物を身体的な痛みを感じる能力を持つ、五感を持った個人として見なします。


また、アニマリストは善悪を区別して行動できるか(主体=人間)できないか(受動=動物)という点に注目し、議論します。そして、動物が善悪の区別ができる存在ではない、という理由だけで、動物には権利を持つ資格がない、または人間が動物の手助けをする必要がない、という考えに強く反対します。


アニマリズムは、ヒューマニズムの価値の対象を人間だけでなく、苦しむ能力があるすべての動物にまで広げたものと見なすことができます。


アニマリストは日常生活の中で、ライフスタイルや政治的な選択をするときに、動物(五感を持った人間以外の動物)の利益を考慮に入れ行動します。


もちろん、例えばクモ、魚、ウサギ、鶏、そして人間は、まったく同じニーズと権利を持っていませんが、共通点として、それらはすべて生きることに興味を持っており、苦しむことを望んでいない、という点があげられます。例えば、鶏の命そのものと、鶏自身の生きたい、苦しみを避けたい、という願望の観点から考えると、アニマリストがブロイラーの鶏肉を買うことを正当化することはできません。この場合、一時的な料理の満足感と、鶏の生涯にわたる苦しみと死を比較すると一目瞭然です。では、例えば幼い人間の子供を傷つける可能性がある、有毒な蜘蛛を排除、殺す、というケースはどうでしょうか。もちろんヒューマニズムの観点からいくと、蜘蛛の排除は論理的な反応です。その場合も、アニマリズムの考え方は、人間の子供と蜘蛛の生きたい、苦しみを味わいたくないという、両者(人間と蜘蛛)を平等に扱う思考を通して何をすべきかの結論を出します。もちろんその場合、道徳的考察は、死が可能な限り痛みのないものであるべきことを提案しています。


アニマリストにとって、ベジタリアン、ビーガン、そして肉食をできるだけ最小限に抑える、という動物に対して思いやりのある生き方を選択し、実践することは理にかなっています。また、動物が人間の娯楽のための道具、または商品として扱われる動物レースやロデオのような活動は、明らかに倫理的道徳的に不正な行為と考えます。また、アニマリストは時間やお金を寄付する場合、どこの動物慈善団体を選ぶかを、重要な要素としてとらえています。


アニマリストはヒューマニストと同じように、一般に確立された教義や迷信よりも、証拠に基づき、論理的、客観的、合理的に思考を展開することを重要視します。


アニマリズムは動物福祉、動物の権利、動物の平等、動物の解放、反種差別、そしてビーガニズムと密接に関連しています。
アニマリズムとビーガニズムの違いは、ビーガニズムが非常に具体的なライフスタイルを規定しており、ビーガニズムの間では相違、差異、不一致、例外を認めないという点です。
分析的にいうと、個人がビーガニズムのルールに例外を作った場合、もはやその個人はビーガンとは呼べません。
アニマリズムの基本は反種差別主義であり、ビーガニズムよりも広範囲に問題をとらえ、選択肢や倫理観を議論し、相違を受け入れます。


「私は“アニマリスト”という言葉が大好きです。なぜならそれは本当に効果的だと思うし、私が目指すものについての特徴と状況を的確に説明しているからです。またポジティブな点も大好きです。アニマリズムは何かに対しての反抗運動ではない点、先を見越している点、そして何よりもポジティブな言葉を使っている点も大好きな理由です。」 
-ウエイン シモンズ-

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:https://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放を成遂げる仲間になりませんか。
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

ヴィーガニズムの定義(英国ヴィーガン協会 レスリー・クロス, 1951)


http://www.all-creatures.org/articles/veganism-defined.html

ヴィーガンの定義(1951年レスリー・クロス氏著)


All-Creatures.org掲載のヴィーガンのライフスタイル関連記事を反映。
環境、動物、人間ともに平和に暮らせる道について論じたエッセイです。

Gentle Worldに寄稿されたレスリー・クロス氏のエッセイ。
レスリー・クロス氏は英国ヴィーガン協会(1944年設立)の初代副会長を務めた人物です。
このエッセイは1951年に初めて発表されました。


ここで言うヴィーガニズムとは福祉ではなく、生き物と人間の精神のための解放である。
ヴィーガニズムとは、奴隷制の主従関係が問題点の1つである故に、妥協することのできない認識であり、現在の関係性に耐えうる努力をすることではない。
奴隷制という慣習は廃止されなければいけない。
また何か巧妙な制度が築かれる前に。

最近、ヴィーガン協会はこの活動が志す目標を明確化するために改正・拡張されたルールを採用した。
当協会の目的と「ヴィーガニズム」の言葉の意味は、これまでは個人的好みと推論の問題になっていたが、今後は以下のように定義する:

「当協会の目的は、人間による動物の搾取を失くすことである」
そして

「ヴィーガニズムとは、人間は動物の搾取なしで生きるべきであるとする主義である。」

当協会は
「人間による生体解剖や狩猟、労働、畜産物や食物と、その他動物搾取に関連する動物の利用を無くすことを目指す」
と誓約している。

この目的を達成したいと願い、各々の環境が許す限り、理想的な生活を心がけようとする人であれば、誰でも当協会の会員になれる。
会員となった人がどう行動するかについての宣誓はしなくてもよいが、この目的への賛同は公表すること。
当協会の門は誰にでも開かれているので、すべての支援者を歓迎している。
当協会の任務の管理と方向性は、会員にかかっているともいえる。

この現象をもたらすには、動物福祉に関連する運動の中でヴィーガニズムを目立たせることだ。
なぜなら、ヴィーガニズムとは全体を指すことを明確にしていて、抽象概念やその他の関連運動という1つの事柄だけを指しているわけではないからだ。
1つ1つの運動は問題ごとに直接対応しているために原理よりも実務に基づいているが、一定の実務が論理的に行き着くのがヴィーガニズムの原理なのである。

仮に、例えばヴィーガンの原理が食生活に適用された場合、動物由来の食品は避けるべきで厳格なベジタリアンになるべきである、とすぐに受け取られるだろう。
ある人は様々な理由でベジタリアンになるだろう ― 博愛主義、健康、単なる好みの食生活、など。
この原理は個人的感情に基づいているために理由は様々だ。
しかしながらヴィーガニズムは、自身の目的のために生き物を利用する権利はないとする原理であり、それ以外は何もない。
したがってヴィーガン食は、「果物、ナッツ、野菜、穀物とその他健康によい非動物由来品」にすべて基づいており、「生肉、魚、鶏肉、卵、はちみつと動物乳とその他動物由来品」を除外している。

ヴィーガンの世界では、生き物は自然の平静と健全とともに再融合している。
著名で歴史的な過ちが進化の過程で与えた影響は大きく、これらは正されなければならない。
仲間である生き物が人間の個人的興味のために利用されるという着想は、もしかすると人間的思考においては圏外でほとんど考えられないとされるかもしれない。
この着想から考えると、ヴィーガニズムは福祉ではなく、生き物と人間の精神のための解放である。
ヴィーガニズムとは、奴隷制の主従関係が問題点の1つである故に妥協することのできない認識であり、現在の関係性に耐えうる努力をすることではない。
奴隷制という慣習は廃止されなければいけない。また何か巧妙な制度が築かれる前に。

ヴィーガニズムは搾取が消滅した、愛のある主張の真実の中に存在しており、人間の奴隷解放運動のような歴史的な流れを持っている。
もしヴィーガニズムが実行されれば、人間が行ってきた動物に対するすべての過ちは自然と消え去るだろう。
ヴィーガニズムの中心にあるのは思いやりから来る癒しの力であり、人間のみが成し得る最高の愛の表現法だ。
それは見返りを求めずに与えることである。
それだけではなく、自己の低い本質からの多くの欲求からも解放されるため、自身への恩恵は計り知れないだろう。



Veganism Defined (written by Leslie Cross, 1951)

Articles Reflecting a Vegan Lifestyle From All-Creatures.org
Vegan lifestyle articles that discuss ways of living in peace with humans, animals, and the environment.

FROM
Leslie Cross, posted on Gentle World
Leslie Cross was Vice-President of the very first Vegan Society, in the UK. This essay was presented first in 1951.

In this light, veganism is not so much welfare as liberation, for the creatures and for the mind and heart of man; not so much an effort to make the present relationship bearable, as an uncompromising recognition that because it is in the main one of master and slave, it has to be abolished before something better and finer can be built.

Recently the Vegan Society adopted revised and extended rules which among other things clarify the goal towards which the movement aspires. The Society’s object and meaning of the word “veganism”, which have until now been matters of inference and personal predilection, are now defined as follows:

“The object of the Society shall be to end the exploitation of animals by man” and “The word veganism shall mean the doctrine that man should live without exploiting animals.”

The Society pledges itself to “seek to end the use of animals by man for food, commodities, work, hunting, vivisection and all other uses involving exploitation of animal life by man.”

Membership in the Society is available to all who wish to see the object achieved and who undertake to live as closely to the ideal as personal circumstances permit. An Associate makes no promise as to behaviour but declares himself in agreement with the object. The door is thus widely opened, and the Society welcomes all who feel able to support it. Direction and management of the Society’s work, however, rest with the members.

The effect of this development is to make veganism unique among movements concerned with animal welfare. For it has crystallised as a whole and not, as are all other such movements, as an abstraction. Where every other movement deals with a segment – and therefore deals directly with practices rather than with principles – veganism is itself a principle, from which certain practices logically flow.

If, for example, the vegan principle is applied to diet, it can at once be seen why it must be vegetarian in the strictest sense and why it cannot contain any foods derived from animals. One may become a vegetarian for a variety of reasons – humanitarian, health, or mere preference for such a diet; The principle is a smatter of personal feeling, and varies accordingly. Veganism, however, is a principle – that man has no right to exploit the creatures for his own ends – and no variation occurs. Vegan diet is therefore derived entirely from “fruits, nuts, vegetables, grains and other wholesome non-animal products,” and excludes “flesh, fish, fowl, eggs, honey and animal milk and its derivatives.”

In a vegan world the creatures would be reintegrated within the balance and sanity of nature as she is in herself. A great and historic wrong, whose effect upon the course of evolution must have been stupendous, would be righted. The idea that his fellow creatures might be used by man for self-interested purposes would be so alien to human thought as to be almost unthinkable. In this light, veganism is not so much welfare as liberation, for the creatures and for the mind and heart of man; not so much an effort to make the present relationship bearable, as an uncompromising recognition that because it is in the main one of master and slave, it has to be abolished before something better and finer can be built.

Veganism is in truth an affirmation that where love is, exploitation vanishes. It possesses historical continuity with the movement that set free the human slaves. Were it put into effect, every basic wrong done to animals by man would automatically disappear. At its heart is the healing power of compassion, the highest expression of love of which man is capable. For it is a giving without hope of a getting. And yet, because he would free himself from many of the demands made by his own lower nature, the benefit to man himself would be incalculable.




〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

VEGANISM=動物解放主義 VEGAN=動物解放者|LIB

VEGANISM=動物解放主義
VEGAN=動物解放者

「完全菜食」はそのライフスタイルの一部でしかありません。
VEGANISMの本質、VEGANのすべての行動は、
未来の動物解放につながっています。

そして、人類の解放にも。



動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:https://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate