ヒヨコ達を助けることができました+ 定期連絡 + Clubhouse|動物解放団体リブ


和歌山城公園動物園で行われるはずだった『ひよこ釣り』イベントが中止となりました。


悲しいことですが、ヒヨコたちは成長し、いずれどこかのタイミングで殺されてしまうでしょう。

しかし、これはみなさま一人一人の、ヒヨコを助けたいという想い、そして行動が社会を動かした好例です。
社会は確実に変わりつつあります。
そしてその流れは、速く、強くなっています。
動物を守ろうとする人々は増えることはあれど、減ることは決してありません。

これからも一緒に動物達を、助け、守り、解放する活動ができることを、力強く、そして嬉しく思います。
感謝しています。
どうもありがとうございました。

そして
本日夜、2つイベントを行います。


20:00〜 『不定期連絡』


今回の件「ひよこ釣り」中止についての評価とともに、これからの動物解放の未来、動物消費と動物産業の予想を、活動家のみどりさん(@green_veganism)と一緒に語ります
Instagram:https://www.instagram.com/minetomeguro/
Facebook:https://www.facebook.com/mineto.meguro

21:00〜 Clubhouse

A&ANS主催『【ヒューマニズムからアニマリズムへ〜人新世を生きる現代人へ】プレイベント
A&ANSの矢田さんと対談します。
「3月19日zoomで配信するイベントの概要を講師の目黒峰人さんに伺います。海外では多くの有名人がヴィーガンです。日本では、その生き方はまだまだ理解されていないように感じます。人間中心主義では、なぜこれから立ち行かなくなるのか。現在のご活動も伺いながら、お聞きします。」
https://www.joinclubhouse.com/event/xeO9Y0pE

ぜひご参加ください。

ご協力のお願い ひよこつり|動物解放団体リブ

【ご協力のお願い】


和歌山城公園動物園に貼ってあった告知です。


イベントで、「ひよこつり」が行われ、釣られたひよこをくばるようです。
問題点は、

1 飼育の適性がある人物かどうか、終生飼育ができるかどうか、十分確認せず譲渡すること
家庭の事情、飼育のスペースや福祉が確保されるかどうかなど譲渡先の条件が不明なこと
適性に飼育されなかったニワトリが人間に危害を与える危険性があること

私たちの社会が感染症の危険の只中にあり、また鳥インフルエンザが人間へ感染したことが確認されるなか、人間や社会を危機に陥れかねないリスクを発生させること

そして最も重要なことは、感情や感覚があり、物言えぬ動物であるニワトリをモノのように扱うこと
「メスばかりです」と女性性や女性としての機能を搾取していること
金魚、鯉、メダカに関しても同様の問題がある。
これら、動物の尊厳をないがしろにした態度が、子どもの情操教育に与える影響

以上のことからこのイベントには問題があると判断できます。

森下氏は代表取締役であり、動物取扱責任者であるということです。
動物取扱責任者としての適性も疑問視されます。

皆様にご協力いただきたいのは、
このイベントを中止させるために、関係各所に意見を届けること
イベントが行われた場合、発生したリスク・被害の確認と責任の所在をはっきりさせること
3 今後このようなイベントを行わないように求めること
4 動物に優しい子どもを育てること。”動物を使わない”イベント・教室・講演会等々を行い、動物の尊厳や自由を尊重する社会を作ること
です。

動物のためにも人間のためにも、どうぞよろしくお願いいたします。
ぜひひよこや魚たちが犠牲になることを未然に防ぎましょう。

【意見の届け先】


和歌山市保健所 073-433-2261
和歌山城公園動物園(和歌山城整備企画課) 073-435-1044
ピヨピヨカンパニー 090-9116-3078
 Website http://www.piyokan.com/