イルカの攻撃性|動物解放団体リブ

イルカの攻撃性

(執筆中の電子書籍『イルカ解放』から抜粋:第一部 第三章 第三項「イルカの攻撃性」)

【子殺し】

バンドウイルカの若い男性は、同じバンドウイルカの子供を殺すことが知られています。
バンドウイルカの歯型がついた、死んだ赤ちゃんイルカの漂着も多数記録されています。

子殺しは、ライオンやチンパンジーにも見られる行動。
ライオンの女性は、子供を殺されると、次の子供を作るために発情します。
バンドウイルカも同様の行動を取っているのではないかと推察されています。

イルカが子イルカを殺そうとする

【ネズミイルカの殺害】

イルカは、ネズミイルカを弄び、殺します。
これは例外的なことではなく、イルカがネズミイルカを殺害している数多くの報告例があります。
1時間以上も死体を弄んでいる姿も報告されています。
殺しているのは、一人で生きている男性のイルカのようです。

このような行動を取る理由は、間違った子殺し(ネズミイルカをバンドウイルカの子供と間違って子殺ししている)、遊び、性的欲求不満などと推察されています。

ネズミイルカを殺すイルカ

【サメを殺す】

サメはイルカを恐れています。
イルカは自己防衛や子供を守るために、サメを殺すからです。
サメは単独で生きていますが、イルカはポッドで生きています。
またサメよりもイルカの方が泳ぎが早いため、戦いはイルカに有利です。

キューバの東にある、タークス・カイコス諸島には、JOJOというイルカがいます。
JOJOは男性のイルカで、自ら人間とミュニケーションを取りに来ることで知られ、タークス カイコス諸島政府に国宝に指定されています。
JOJOはディーン・バーナル氏と特に強い関係を築いています。
バーナル氏とJOJOの物語は、様々な映画などの作品となっています。
JOJOは、バーナル氏や人間をサメから守りますが、そのサメは砂に押し付け窒息させて殺します。
JOJOがサメを殺しすぎるため、バーナル氏はJOJOからサメを守らなくてはないほどです。

https://www.instagram.com/direct/inbox/:JOJOのインスタグラム]

人間を守るためにサメを殺すJOJO

【フグドラッグ】

イルカは時にフグを咥えて遊ぶことがあります。
これはフグが出す毒(テトロドキシン)によって酩酊するためと言われています。
お酒のようなものとして楽しんでいるのかもしれません。
子供のイルカが人間にプレゼントとしてフグを持ってきてくれたこともあるそうです。

フグ毒で酩酊するバンドウイルカ

【人間への攻撃】

イルカが人間を攻撃した例も報告されています。ここに挙げている事例はすべてバンドウイルカです。

[野生下]

2013年、アイルランド、ドーリンで、ダスティと名付けられ、人間と一緒に泳いでいたイルカが突然攻撃的になり、人間の女性を攻撃しました。女性は、脊椎を6つ、肋骨を3本折り、肺に損傷を負いました。ダスティは複数の人間を攻撃しています。

ダスティが女性を攻撃する
ダスティが男性を攻撃する。

[水族館]

2012年 アメリカ
オーランドのシーワールドでイルカが、8 才の女の子を襲い、腕に噛み付き、水の中に引きずり込みそうになりました。
2016年 アメリカ
マイアミのイルカ娯楽利用施設で、イルカが男性に突進し、尾びれで叩きつけました。

客を攻撃するバンドウイルカ


2019年 メキシコ
カンクンのイルカ娯楽施設で、2人のイルカが10歳の女の子に体当たりし、噛みつき、怪我を負わせました。

イルカを守る

しかし、攻撃的な側面があるからといって、捕獲、監禁、殺害して良いとはなりません。

客観的に見れば、我々人類こそが、他種動物はもちろん同種でさえも、最も攻撃・殺害している動物です。

イルカやクジラは、人間と同じ、動物です。

ストレスを感じるときもあれば、怒るときもあります。
好きな人間もいれば、嫌いな人間もいます。
自分の子供を守るときや、性的興奮状態にあるときは攻撃的になりますし、
自分の優位を保つために仲間をいじめたりもします。

人間と同じように個性があり、優しいイルカもいれば、攻撃的なイルカもいます。

イルカなど野生動物を害獣として攻撃・殺害しようとするのは、人間自身の無知からくる恐怖や、経済的損失を、相手の存在そのものを殺害・排除することで解決しようとする短絡的な思考・行動です。
水族館などイルカ娯楽利用施設が、イルカを捕獲、監禁、利用し、イルカショーをさせることは、動物たちの権利に対する冒涜、動物の領域への侵犯です。

動物と人間の関係は、人間が大人になる、つまり動物のことを学び、適切な距離を人間側が保ち、保護し、責任を持つべきであると考えます。

攻撃され、あるいは損害を受けた場合、我々人類がが無知であったと自覚・反省し、評価・改善することによって、真の共生を実現することができます。

人類の知性や、客観的視点、倫理観、科学、技術を駆使し、動物と適切な距離を保つ術を開発し、動物の自由を優先することが、動物と私たち人類の未来の在り方です。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

笑えない お笑いイルカショー(アドベンチャーワールド)|動物解放団体リブ

実際にイルカ漁を見て、水族館用にイルカが捕まえられ、イルカトレーナーに連れ去られ、残された家族が殺された姿を見、イルカショーの見え方が変わりました

イルカ漁にはイルカトレーナーも参加しています。

イルカトレーナーが、イルカを自然から引き離してきているという事実も知られていません。

書籍「イルカ漁」ではそのような実態もしっかり記述します。

イルカを守りたい方、自然に、自由に生きているイルカが好きな方、ぜひプロジェクトにご支援ください。

【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting

リーフレット『シャチ』完成しました|動物解放団体リブ

《表》

《裏》

シャチを守るためにお役立てください。
お申し込みは文末から。

【子供を連れ去られたシャチの家族】

1997年、太地町で10人のシャチの群れが追い込まれ、その内5人が「学術目的」の名目で生け捕りにされました。

捕われた5人の中には子供のシャチも含まれていました。

シャチの群れは家族だけで構成されています。
その絆はとても強く、生涯、家族の群れで一緒に過ごします。

〈太地町のシャチ捕獲のドキュメンタリー〉

撮影:エルザ自然保護の会

先述通り、捕われた子どものシャチの様子も映されています。

子どものシャチは泣いていました。(4:20)
こんな事を言うとおかしいと思われるかもしれません。
けれど 聴いてみてください。
鳴く、という表現は当てはまらないのです。
子どものシャチは泣いていました。

その悲しみに満ちた叫び声は、人の子どもの泣き声のようです。

残りの5人の家族は、海へ放された後も
なかなかその場から離れようとせず、漁師たちがボートで追い払っても、留まろうとする姿が胸に突き刺さります。

子どものシャチが捕われ、泣いている横で、人の女性の笑い声と子供たちの声が聞こえてきました。

すべての母親に問いたい。
あなたたちの子供が目の前で連れ去られたら、すぐにその場を離れることなんてできますか?
どんな思いがしますか?

動物たちと私たちは、何も変わらないのです。

捕われた子どものシャチは、その後たった4ヶ月で死亡しました。
(和歌山県アドベンチャーワールド)

シャチがもう二度と野生から捕われないように、
そして、水槽で一生を過ごす不幸なシャチを増やさないように、
リブはリーフレットを作りました。

野生のシャチやイルカは 困難があろうとも、生きる喜びに満ちていると聞いた事があります。

動物園や水族館にいる、囚われの動物たちのことを周りの人に伝える時、リーフレットをぜひ利用してください。

リーフレットご希望の方は、20部まで無料で送付いたします。

リーフレットお申し込みは 画像をクリック ↓

動物を解放しましょう。

(リブ 板垣さやか)

アドベンチャーワールド 『シャチ』/Adventure World “Orca” (9/ 12)|動物解放団体リブ

【アドベンチャーワールド (計13回)】
1回  幻想と現実 
2回  ゾウ
3回 
4回  ホッキョクグマ
5回  クマ
6回  サイ
7回  イルカ:イルカショー
8回  イルカ:収容環境
9回  シャチ
10回 パンダ
11回 ワオキツネザル
12回 シカ
13回 動物

【アドベンチャーワールド 『シャチ』】(9 /12)

アドベンチャーワールドはこれまで、14人のシャチを収容し、すべて死亡させています。
施設と観客の犠牲にされてしまいました。

現在は世界的な批判が高まり、シャチの収容できずにいます。
金や見たい触りたいエサをやりたいといった人間の短絡的な欲望の充足を志向しますが、海外の環境のにより、抑えられている状況です。

彼らに自助は期待できません。
もしシャチが監禁可能となったら、日本では、数多くの水族館が獲得に動き始めるでしょう。
日本の動物園水族館は、あまりに意識が低く、倫理的に劣っていると言わざるを得ません。

水族館は「種の保全」施設であると主張します。
しかし実際には、アドベンチャーワールドだけで14人ものシャチを殺しました。
ゾウ、イルカ、シャチ、ゴリラ、ホッキョクグマ、すべて減らしてきました。

動物解放とは、主権者の意識を高め、消費行動の変化を促すことです。

[アドベンチャーワールドで死んだシャチ 14人]

キアヌ(女)(1968アメリカから 12年で死亡)
名無し(女)(1979太地町 1ヶ月で死亡)
名無し(女)(1979 太地町 2ヶ月で死亡)
ベンケイ(男)(1979 太地町 10年で死亡)
ウシワカ(男)(1980 アイスランド 3年で死亡)
ルカ(女)(1980 アイスランド 19年で死亡)
ゴロー(男)(1985 太地町 20年で死亡)
アイ(女)(1989 アイスランド 7年で死亡)
ラン(女)(1989 アイスランド 15年で死亡)
名無し(女)(1997 太地町 4ヶ月で死亡)
名無し(女)(1997 太地町 4ヶ月で死亡)
キュー(男)(1997 太地町 7年で死亡)

太地町から7名:全員死亡(うち4名は4ヶ月以内に殺している)
アメリカから1名:死亡
アイスランドから4名:全員死亡


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


Adventure World “Orca”

Adventure World has confined 14 killer whales to date.
All are died.
The killer whale has been sacrificed at the facility and the audience.

Today, global criticism is growing and the killer whales are unable to accommodate.
We aim to satisfy human short-term desires such as wanting to do gold and want to see and touch, but this situation is being restrained by the overseas environment.

We can’t expect them to help themselves.
If killer whales become confined, many aquariums in Japan will begin to acquire.
Japanese zoos and aquariums are too unconscious and ethically inferior.

The aquarium claims to be a “species conservation” facility.
But in fact, Adventure World alone killed as many as 14 killer whales.

[14 killer whales in Adventure World]

Keanu (female) (died in 12 years from the United States in 1968)
Unnamed (female) (1979 died in Taiji-cho 1 month)
Unnamed (female) (1979 died in Taiji-cho 2 months)
Benkei (male) (died in 1979 Taiji-cho 10 years)
Ushiwaka (male) (died in 3 years in 1980 Iceland)
Luka (female) (died in 1980 Iceland 19 years)
Goro (male) (died in 1985 Taiji-cho 20 years)
Eye (female) (died in 1989 Iceland 7 years)
Orchid (woman) (died in 1989 Iceland 15 years)
Unnamed (Female) (1997 Taiji-cho died in 4 months)
Unnamed (Female) (1997 Taiji-cho died in 4 months)
Kew (male) (died in 1997 Taiji-cho seven years)

7 Orca from Taiji: All died (4 killed within 4 months)
1 Orca from The United States: died
4 Orca from Iceland: All died