イルカ猟調査レポート:出発-那智勝浦(2020/1/29)|動物解放団体リブ

1月29日〜2月15日まで行った、イルカ猟調査のレポートをまとめます。

2020年1月29日 太地イルカ猟調査出発

2020年1月30日 那智勝浦到着

那智勝浦町は太地町の隣の町。
新しく作られていたイルカの生簀を見にいきました。
ここからさらに多くのイルカが、水族館などに供給されるでしょう。

リンク

レッドコーヴとは、入江が血の色に染まる日。イルカたちの捕獲や殺害のあった日です。
ブルーコーヴとは、青い海の日。イルカたちが無事だった日です。

20200129-30 出発-那智勝浦到着
20200131 レッドコーヴハナゴンドウ捕獲1・殺害4
20200201 ブルーコーヴ
20200202 レッドコーヴスジイルカ捕獲3・殺害37 
20200203 レッドコーヴハンドウイルカ捕獲6
20200204 レッドコーヴマダライルカ捕獲20・リリース15
20200205 ブルーコーヴ
20200208 ブルーコーヴ
20200209 レッドコーヴスジイルカ殺害30
20200210 レッドコーヴハンドウイルカ殺害5・リリース5
20200211 レッドコーヴカズハゴンドウ殺害35
20200212 レッドコーヴハンドウイルカ_殺害4・リリース26
20200213 ブルーコーヴ
20200214 ブルーコーヴ
20200215 ブルーコーヴ

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

レッドリスト 〜泥棒が作る財産目録〜|動物解放団体リブ

レッドリストはたくさんある

レッドリストと聞くと思い浮かべているのは、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでしょう。
しかし、騙されていませんか?

イルカ漁や捕鯨や根拠は、日本行政が作ったレッドリストです。
日本では、
陸上の動物のレッドリストは、環境省
海中の動物のレッドリストは、水産庁
が作っています。

IUCNレッドリストと水産庁レッドリストの比較

IUCNと水産庁のレッドリストを比較してみましょう。

IUCNレッドリスト(クジラ目のみ)

CR 3種
EN 10種 
VU 7種
NT 6種
LC 34種
DD 29種

水産庁レッドリスト(すべての海棲生物)

CR 0種
EN 0種 
VU 0種
NT 0種
(LC 0種)
DD 1種

水産庁のレッドリストは信用できるか

IUCNレッドリストには、クジラ目89種類すべて入っています。
中でも、日本が商業捕鯨を行なっているイワシクジラは絶滅危惧種ENです。
パンダやシーラカンスより、絶滅の危険が高い。

IUCNレッドリストは、地球を守るために作られたもの。
水産庁レッドリストは、利益を確保し、天下りを確保するために作られたもの。

泥棒に、我が家の財産目録を作らせているようなものです。


【太地町 イルカ猟調査 同行者募集】

太地町のイルカ猟の流れを余すところなく伝えます。
太地町立くじらの博物館や森浦ワン(クジラ牧場)を案内します。
貴重な企画です。
まだ、名古屋出発組と、自車で現地集合の方を募集しています。

https://www.facebook.com/events/2502742226616469/


関連投稿

《参照》
35 Updated Cetacean Red List Assessments published in Nov 2018
https://iucn-csg.org/35-updated-cetacean-red-list-assessments-published-in-nov-2018/
水産庁レッドリスト
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170321.html