本日 太地町に向かいます/Today, I will head to Taiji|動物解放団体リブ

本日、太地町に向かいます。

これから来年の7月まで、太地町をはじめとして、東京、島嶼部、岩手など日本各地を移動しながら活動を行います。

今の日本は、イルカたちにとって世界で一番危険な場所です。
日本に近づけば、捕獲され水族館に売られるリスク、殺されるリスクが高まります。
私は、日本を世界で一番イルカを愛する国にしたいと思っています。

イルカ漁や水族館、つまりイルカへの暴力や搾取に賛成するのが愛国者のような空気がありますが、それは違うと私は思います。
イルカや動物と共に、この美しい日本の自然を共有し生きるのが、郷土愛を体現する真の愛国者であると信じます。

ぜひ、みなさんもイルカのこと、日本のことについて知っていただければ嬉しいです。
一人の変化は、現実を変えていきます。
イルカを救えるのは、他でもない、私たちです。

これからしばらく、中継が増えると思います。
その中ではイルカたちや、イルカ産業の知識なども伝えていきます。
お役に立つと思いますので、ご覧ください。
(目黑峯人)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


Today, I will head to Taiji.
From now until July of next year, I will be active while moving around Taiji-cho, Tokyo, islands, Iwate and other parts of Japan.

Japan is the most dangerous place for dolphins in the world.
Dolphins are at increased risk of being captured and killed as they approach Japan.
I want to make Japan a country that loves dolphins.

There is patriotism in favor of dolphin hunting and aquariums, violence and exploitation of dolphins, but I think that is not the case.
I believe that sharing and living this beautiful Japanese nature with dolphins and animals is a true patriot who embodies local love.

I hope everyone will learn more about dolphins and Japan.
The change of one person changes the reality.
We are the only ones who can save dolphins.

I think the number of broadcasts will increase for a while.
I will also share information about dolphins and the dolphin industry.
I think it will be useful, so please have a look.

(Mineto Meguro)


【Please support us】

https://animal-liberator.net/animal-liberator/support-us

・Monthly animal supporter
・One-time donation

スジイルカ3 スジイルカたちの屠殺/Striped dolphin3 Striped dolphins slaughter |動物解放団体リブ

【イルカ漁 3/3:スジイルカたちの屠殺】

(2011/1/18 太地町)

イルカの屠殺は、先の尖った棒で呼吸口の後ろを突き刺します。
”人道的”屠殺とされますが、長い間苦しむイルカもいます。
神経の反射と主張されることもありますが、ここから太地漁港に運ばれるまでの長い時間、苦しそうに動いているイルカもいます。

これは2011年の映像ですが、今年2020年始めに太地町で漁を見た時には、スジイルカたちは全滅させられていました。

世界で最もイルカに残酷な国だ思われている日本、そしてそれは事実です。
世界で最も多くのイルカを殺し、最も多くのイルカを監禁しています。
イルカ漁に目を瞑ることも、水族館でイルカショーを楽しむことも、残酷な行為です。

世界で最もイルカに優しい国になるために、あなたにできることがあります。

[イルカたちのために あなたができること]

https://animal-liberator.net/animal-liberator/timetodo

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

【Dolphin Hunting 3/3:Striped dolphins slaughter】

Dolphins slaughter, use a pointed stick to pierce the part of the spinal cord.
Although said to be “humane” slaughter, some dolphins suffer for a long time.
It is sometimes claimed to be a nerve reflex, but some dolphins are struggling for a long time before being transported to Taiji fishing port.

This is a video of 2011, but when I saw hunting in Taiji Town in early 2020, the striped dolphins were annihilated.

Japan, which seems to be the cruelest country for dolphins in the world, and that is true.
Killing the most dolphins in the world and keeping the most dolphins in captivity.
Keeping an eye on dolphin fishing and enjoying a dolphin show at the aquarium are cruel.

There are things you can do to become the most dolphin-friendly country in the world.

The dolphins are waiting for our help.


【Please support us】
Donation page from the link in the profile section.
Let’s change the future of animals together.

スジイルカ2 タープの下に引き込まれる/Striped dolphin2 Pulled under the tarp |動物解放団体リブ

【スジイルカ 2/3:イルカたちは タープの下に引き込まれます】

(2011/1/18 太地町)

現在、イルカたちが殺される場面は隠されています。
この撮影場所から撮影することはできなくなりました。

現場にいる私たちには、殺され、苦しみ、痛がるイルカたちの呼吸音や、尾びれで水面を叩く音のみが聞こえてきます。
忘れられない音です。
今年もまた9月から始まります。

イルカたちは、私たちの助けを待っています。

[イルカたちのために あなたができること]

https://animal-liberator.net/animal-liberator/timetodo

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

【Striped dolphin 2/3:Striped dolphin driven into Hatakejiri Bay】

Currently, The scene where the dolphins are killed is hidden.
We can no longer shoot from this location.

We at the scene can only hear the breathing sounds of dolphins killed, suffering, and aching, and the sound of a tail fin tapping the surface of the water.
This is an unforgettable sound.

The dolphins are waiting for our help.

9月、イルカ漁が始まる|動物解放団体リブ

今年もまた9月になると同時に、イルカ漁の猟期に入ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」   

太地町の三軒町長の言葉です。 

2014117日、追い込み漁によりアルビノのバンドウイルカが捕獲されました。

この時、同時に約233頭のバンドウイルカの群れが追い込まれました。 

まだ1歳の子どもだった、アルビノのイルカ。 

母親をはじめ、家族や仲間の群れはどうしても目立ってしまう アルビノの子供イルカを真ん中におき、取り囲み 大勢で守りながら泳いでいたそうです。 

このようなイルカの行動に思慮深さを感じずにはいられません。 

この日捕獲された233頭のバンドウイルカの群れは、5日間にわたり選別が行われ、最終的に47頭が生体捕獲、46頭が殺されました。  

現在も 「スピカ」と名付けられたアルビノのバンドウイルカは、くじらの博物館に収容されています。 

大勢の家族や仲間で、1人の子どもを守ろうとしていたイルカたち。 

太地町長の言葉が蘇ります。 

「イルカ追い込み漁は残酷ではない。」 

想像力は、イルカや他の動物たちにだけ与えられたものではないはずです。

しかし太地町長の言葉に、思慮深さを感じ取ることができるでしょうか。 

決められるのは私たちです。 

イルカたちのドラマも忘れることなく、どうするべきか判断していってほしいと思います。

そのために、周知にご協力頂ければ幸いです。

 

リブ 板垣さやか

This year, it will be September again and the dolphin drive hunting season will start.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 It is the words of Mayor Sangen of Taiji Town.

 January 17, 2014, by drive-in fishing

 Albino bottlenose dolphins have been captured.

 At this time, a group of approximately 233 banded dolphins were driven at the same time.

 An albino dolphin who was still a year-old child.

 The mother, herd of family and friends

 An albino dolphin, who stands out, is placed in the middle, surrounded by many people swimming while protecting.

 I can’t help feeling “thoughtfulness” in these dolphin behaviors.

 The herd of 233 bottlenose dolphins captured that day was screened for 5 days, eventually 47 were captured live and 46 were killed.

 The Albino bottlenose dolphin, still named “Spica”, is housed in the Whale Museum.

 A large number of families and friends, dolphins trying to protect one child.

 The words of Mayor Taiji come back to life.

 “Dolphin drive hunting is not cruel.”

 Imagination isn’t just for dolphins and other animals.

 However, is it possible to feel “thoughtfulness” in the words of Mayor Taiji?

 We can decide.

 I would like you to decide what to do without forgetting the dolphins’ drama.

 Therefore, we would appreciate it if you could cooperate with us.

 Lib Sayaka Itagaki

本日2020年5月6日 ウェビナー 最終回 イルカ漁からの卒業|動物解放団体リブ

いよいよ最終回。
最後は、具体的な目標と戦略と計画についてです。
動物解放団体リブの今後の展開についても共有します。

〔スケジュール〕
 20:30 ZoomのURL送付
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

〔お申込み方法〕  
以下のアンケートにご記入の上、リブのSNSいずれかのメッセンジャーからお申込みください。
※これまで参加いただいた方のお申込みの方は不要です。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

〔参加費〕
 1回 500円。
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

〔Zoomの用意
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。