194 沖縄美ら海水族館(190122/沖縄県国頭郡)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

【特徴】

・内閣府が運営
・大量のオキゴンドウ

監禁されているイルカの種類は
ハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ
マダライルカ
シワハイルカ
ユメゴンドウ
オキゴンドウ

タンクの数は
イルカラグーン×5
オキちゃん劇場×4


Dolphins
Bottlenose Dolphin
Indo-Pacific Bottlenose Dolphin
Pantropical Spotted Dolphin
Rough-toothed Dolphin
Pygmy Killer Whale
False Killer Whale

The number of tanks
Dolphin Lagoon × 5
Okichan Theater x 4


美ら海水族館は、日本政府 内閣府が運営しています▲
海の中道水族館は、国土交通省▲

四大ギャンブルも国が運営しています。
 競馬 農林水産省▲
 競輪 経済産業省
 オートレース 経済産業省
 競艇 国土交通省
その他
 スポーツくじtoto/BIG 文部科学省
 宝くじ 総務省の天下り先
 パチンコ 警察庁

このうち、動物搾取を推進する事業▲を行っているのは、
 内閣府
 国土交通省
 農林水産省

これら事業に動物消費者がお金を落とし、政治家や学者やマスコミ、周辺産業が、それぞれの利益を求めてぶら下り、利権集団を構成しています。

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

《準備中》

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 イルカ》
 Project0 イルカ
 YouTube
 イルカ・シャチの異常行動
 イルカ漁ドキュメンタリー 〜イルカはどこから来るのか〜

《参考 魚》
 魚類における恐怖・不安行動とその定量的観
 魚は痛みを感じるか


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


A-126 沖縄美ら海水族館/Okinawa Churaumi Aquarium

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/kaiyohaku.churaumi/
Tw:https://twitter.com/chura_churarin
Insta:https://www.instagram.com/kaiyohaku_churaumi/
LINE:https://page.line.me/pau0087e
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCXjkj8-HaOvX7o-fzhOu7Ng

〔連絡先〕
Mail:https://churaumi.okinawa/contact/
TEL:0980-48-3748 FAX:0980-48-4444
住所:905-0206 沖縄県 国頭郡本部町字石川424

〔リンク〕
Web:https://churaumi.okinawa/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%BE%8E%E3%82%89%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8

〔情報〕
種類:国
所有:内閣府沖縄総合事務局・都市再生機構
運営者:(一財)沖縄美ら島財団
JAZA:◯

〔LIB情報〕
調査日:2019年1月22日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/190122-194-churaumi
写真:https://photos.app.goo.gl/qfsLaYKtcWjZL5ZD7
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCq5yLze7wjirwIiTSJmmLhq

イルカやシャチが好きなら、解放しよう|If you like dolphins and killer whales, liberate them|動物解放団体リブ

イルカやシャチが好きなら、解放しよう(太地町くじらの博物館)

「イルカ好き」や”「シャチ好き」の人々が、イルカやシャチのショーを求め、お金を落とすがゆえに、自由なイルカやシャチが、捕獲されます。

監禁されているイルカやシャチは、心も体も病気にされ、人間にレイプ(人工授精)され、自然に帰ることのできない赤ちゃんを産まされます。

水族館で生まれたイルカたちは、生まれながらの奴隷として、観客を楽しませます。

しかし、観客の中には、イルカたちに起こっている事実を知り、水族館に行かない、お金を落とさない決断をした方もいて力強く思います。
何よりも、イルカやシャチにとってすばらしいことです。

イルカが好き、シャチが好きならば、雄大な自然の中で暮らすイルカやシャチの自由や権利を尊重しましょう。
ぜひ私たちと一緒に、鯨類を守りましょう。


【毎月どうぶつサポーター募集/ Donate】
¥1,000円/month〜
リブの活動は支援者の温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
① URLをクリック
  https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

159 海の中道海浜公園 マリンワールド海の中道(181224/福岡県福岡市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

【特徴】

・日本国営水族館

¥【日本国営水族館 悪魔の集会】¥

マリンワールド海の中道、国土交通省が事業主体。
少なくとも6種類20人、大量のイルカを監禁利用しています。
 ハンドウイルカ9人
 カマイルカ4人
 ハナゴンドウ 2人
 オキゴンドウ1人
 コビレゴンドウ1人
 スナメリ3人

日本の水族館の駄目なところを全て集めたような施設。
知性のかけらもないイルカショー。
生きている魚や貝を料理に見立てた展示。
イルカを見ながら、動物の遺体を食べさせるレストラン。
朝から晩までフクロウを展示する猛禽屋。
嘘と誤魔化し、共感のかけらもない掲示物。

悪魔が運営しているような水族館でした。

今回のコロナウィルスで、日本国がどれだけ主権者に冷淡か、わかったと思います。
ことここにおいても、自分たちの利益やポジションに汲々としています。

しかしそれは、日本人がどれだけより弱者に冷淡か、の鏡。

コロナ騒動が終わった後、また弱者を殺し続けるライフスタイルや経済に戻るつもりでしょうか。

私たちには、失敗から学ぶ能力があります。
変えるべきは自分の心、ライフスタイル。

遺体を食べない、着ない、動物に芸をさせて喜ばない、自分たちの健康のために動物を実験に使わない、
弱者を可能な限り、傷つけない、守ろうと決心すること。
ヴィーガンというライフスタイルに踏み出すこと。


ヴィーガンとは、私たち自身、社会、地球を良化する重要な一歩です。

[Aquarium owned by Japan: Demon Rally]

Marine World Uminonakamichi: Owned by Ministry of Land, Infrastructure and Transport
At least 6 types and 20 dolphins are used for confinement.
 9 Bottlenose
 4 Pacific white-sided
 2 Risso’s
 1 False Killer Whale
 1 Short-Finned Pilot Whale
 3 Finless Porpoise

A dolphin show with no intellect.
An exhibition that uses living fish and shellfish as food.
A restaurant where you can eat the remains of animals while watching the dolphins.
Moukin-ya that displays owls from morning till night.
A fraudulent bulletin board with no sympathy.

It was an aquarium operated by the devil.

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

《準備中》

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 イルカ》
 Project0 イルカ
 YouTube
 イルカ・シャチの異常行動
 イルカ漁ドキュメンタリー 〜イルカはどこから来るのか〜

《参考 魚》
 魚類における恐怖・不安行動とその定量的観
 魚は痛みを感じるか


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【A-113 マリンワールド海の中道/Marine World Uminonakamichi】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/MarineWorld.uminonakamichi/
Tw:https://twitter.com/marine_uminaka
Insta:https://www.instagram.com/marineworld.uminaka/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCZXKTcGKoc7gYhBPoxNhoDg

〔連絡先〕
Mail:info@marine-world.co.jp
TEL:092-603-0400
FAX:
住所:811-0321 福岡県福岡市東区大字西戸崎18-28

〔リンク〕
Web:https://marine-world.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%B5%B7%E3%81%AE%E4%B8%AD%E9%81%93

〔情報〕
種類:行政
所有:国- 国土交通省
運営者:株式会社海の中道海洋生態科学館
JAZA:◯

〔LIB情報〕
調査日:2018年12月24日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/181224-159-uminaka-marine
写真:https://photos.app.goo.gl/N27akXktaysM2GnaA
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCp4sWU7oZYXKjr28BSTP1sM

ウェビナー:第一回 イルカ漁と対象種|動物解放団体リブ

(※ウェビナーとは、ウェブで行うセミナーのこと)
2020年4月1日からスタートです。
よかったらご参加ください。

[開催概要]
日本では、
イルカ漁はどのように行われているか、
現場で何が起こっているか、
どのような背景の元に産業が成り立っているか、
イルカ守ろうとする活動はどのような根拠によって行われているのかなど、
整理されないまま、議論が行われ、あるいは無知のままに置かれています。
 動物解放団体リブの目黒が、これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターした経験と収集した知見を元に、イルカ漁の全体像を整理してお伝えします。

[目的]
 イルカ漁の実態、水族館との関係、イルカ漁水族館利権について正しく知ることによって、日本人のイルカ漁の知見を正確なものとする。
 イルカを守る強い活動家と、そのサポーター、潜在的共感者を増やす。
 イルカ解放活動を、正確な知識・データに基づく、説得可能なロジックを持った活動へと進化させる。

[日程](変更あり)
 4月1日(水) 第1回 イルカ漁とは?
 4月8日(水) 第2回 イルカ漁の手順
 4月15日(水) 第3回 イルカ漁調査の手順
 4月22日(水) 第4回 水族館閉鎖
 4月29日(水) 第5回 イルカ漁からの卒業

[時間割]
 20:55 ZoomのURL送付(メールアドレスへ一括送付します)
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]
animal.liberator.net@gmail.com
 以下のアンケートにご記入の上お申込みください。
 ※参加申し込みは、20:00で締め切らせていただきます。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]
 初回無料。
 第2回以降 500円
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[参加方法]
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 予定の時間の5分前になりましたら、メールアドレスに参加URLとパスワードをお送りします。
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。
 

[内容](仮)
第1回 イルカ漁とは
 1 捕獲されるイルカの種類
   いるか漁業(イルカ追い込み漁・突棒漁業)
 2 捕獲枠
   推移
   捕獲枠の調べ方
 3 太地町
   トイレ
 4 イルカをめぐる日本の力学
   水産庁
   政治家
   利権組織
   卸 小
   右翼
 5 イルカをめぐる世界の力学
   イルカを守ろうとする人々ー消費者ーイルカ産業
 6 日本と世界のすれ違い
   プロパガンダ合戦
   日本の主張
   海外の主張
 7 イルカについて
   イルカとは
   生態

動物解放ウェビナー:イルカ漁|動物解放団体リブ

(※ウェビナーとは、ウェブで行うセミナーのこと)

[開催概要]

日本では、
イルカ漁はどのように行われているか、
現場で何が起こっているか、
どのような背景の元に産業が成り立っているか、
イルカ守ろうとする活動はどのような根拠によって行われているのかなど、
整理されないまま、議論が行われ、あるいは無知のままに置かれています。
 動物解放団体リブの目黒が、これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターした経験と収集した知見を元に、イルカ漁の全体像を整理してお伝えします。  

[目的]

 イルカ漁の実態、水族館との関係、イルカ漁水族館利権を抑えることによって、日本人のイルカ漁の知見を正確なものとする。
 イルカを守る活動家と、そのサポーター、潜在的共感者を増やす。
 イルカ解放活動を、正確な知識・データに基づく、説得可能なロジックを持った活動へと進化させる。

[日程]

(活動状況によって変更あり)
 4月1日(水) 第1回 イルカ漁とは?
 4月8日(水) 第2回 イルカ漁の手順
 4月15日(水) 第3回 イルカ漁調査の手順
 4月22日(水) 第4回 水族館閉鎖
 4月29日(水) 第5回 イルカ漁からの卒業

[時間割]

 20:55 ZoomのURL送付(メールアドレスへ一括送付します)
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]

 メッセンジャーやanimal.liberator.net@gmail.comから、以下のアンケートにご記入の上お申込みください。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]

 初回無料。
 第2回以降 500円
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[参加方法]

 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 予定の時間の5分前になりましたら、メールアドレスに参加URLとパスワードをお送りします。
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。

[内容](仮)

第1回 イルカ漁とは

  イルカをめぐる世界の力学
  イルカについて(生態・種類・捕獲枠)
  太地町
  イルカをめぐる日本の力学
  水産庁
  捕鯨との関係(日本鯨類研究所・共同船舶etc)
  レッドデータ(IUCN、環境省との対立)
  右翼
  プロパガンダ合戦

第2回 イルカ漁の手順

  追込み漁・突き棒漁・沿岸捕鯨・商業捕鯨
  イルカ猟師・イルカトレーナー・水族館・動物専門学校
  イルカ漁の手順
  バンガーボート

第3回 イルカ漁調査の手順

  コーヴモニター
  時間と場所
  来期のイルカ漁調査

第4回 水族館の裏の顔

  イルカシャチを監禁する水族館
  JAZA・JACRE
  水族館応援議連
  イルカショー・シャチショーはドル箱

第5 イルカ漁からの卒業

  高齢化・経済の縮小
  南海トラフ
  世界的な意識の高まりと、ガラパゴス日本
  私たちイルカを守ろうとする人々の役割
  活動指針